タイヤショップ

タイヤ専業店の景況感厳しく 新型コロナウイルスの影響も
ニュース 482
482

タイヤ専業店の景況感厳しく 新型コロナウイルスの影響も

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響がタイヤ専業店にも広がりつつある。全国タイヤ商工協同組合連合会が、全国のタイヤ組合に設置している情報連絡員からの報告をまとめた情報連絡調査票によると、2月の景況感は感染拡大による経済不安から大きく悪化した。  各地域からは「観光会社、飲食店等でキャンセルが相次ぎ、輸入品を専門にしている運送会社も仕事量が激減している。このままでは我々の業種にも影響が出てくるだろう…

タグ: , , , , ,
死亡事故含む33件の事故が発生 2019年の空気充てん作業
ニュース 339
339

死亡事故含む33件の事故が発生 2019年の空気充てん作業

 2019年にタイヤ空気充てん作業に関連する事故が33件発生したことがJATMA(日本自動車タイヤ協会)の調査で分かった。事故件数は近年高止まりしており、昨年も作業者が死亡する事故が1件、重軽傷を負った事故は12件あった。痛ましい事故を撲滅するためには、業界全体で適正作業と法令順守の徹底が強く求められる。  死亡事故はタイヤ専業店で起きた。トラック・バス用タイヤでパンクの修理依頼があり、パンク箇所…

タグ: , , , ,
足立区の平野タイヤ商会「環七沿いで一番の存在に」
ディーラー 725
725

足立区の平野タイヤ商会「環七沿いで一番の存在に」

 「環七通り」「かんなな」――これらの通称で知られる都道318号環状7号線。正式名称は「東京都市計画道路幹線街路環状第7号線」という。その「環七」沿いで、強烈な個性を放っているタイヤショップがある。有限会社平野タイヤ商会がそれだ。代表取締役の杉村直泰さん、専務取締役の丹羽薫さんに話を聞いた。 原点回帰。店舗販売で業容拡大  平野タイヤ商会の所在地は東京都足立区椿。環七通りと都道106号線・鳩ヶ谷街…

タグ: ,
プロトコーポレーション、名古屋グランパスエイトとユニフォーム・パートナー契約
ニュース 181
181

プロトコーポレーション、名古屋グランパスエイトとユニフォーム・パートナー契約

 プロトコーポレーションは1月14日、名古屋グランパスエイトとユニフォーム・パートナー契約を結んだと発表した。  名古屋グランパスエイトが運営するプロサッカーチーム「名古屋グランパス」の公式ユニフォームに、プロトコーポレーションが運営するクルマ・ポータルサイト「グーネット」のロゴが掲出される。契約期間は2020年度から3年間の予定。  東海地区のプロスポーツチームとのパートナー契約は、プロ野球球団…

タグ: ,
機動力と技術力でサービスを展開する「ミスタータイヤマン東大阪店」
ディーラー 414
414

機動力と技術力でサービスを展開する「ミスタータイヤマン東大阪店」

 今春レポートした株式会社東大阪タイヤサービス(石賀良一社長)本店に引き続き、今回はミスタータイヤマン東大阪店(東大阪市菱江3丁目)を訪問した。この日は天皇の即位礼正殿の儀が行われるため祝日だったが、同店は年末年始を除き年中無休で、取材を快く迎えてくれた。 機動力と技術力でサービスを展開  東大阪タイヤサービスは1973年10月、先代が個人商店として創業し、1992年に法人化した。「ミスタータイヤ…

タグ: ,
グッドイヤーがドイツでオンライン通販のテスト開始
ニュース 112
112

グッドイヤーがドイツでオンライン通販のテスト開始

 米グッドイヤーは12月3日、ドイツでオンラインのタイヤ販売を試行すると発表した。ウェブサイトでタイヤの購入と、取り付けを実施する小売業者およびスケジュールを設定できる。購入代金と作業料はオンラインで先払いするため、ユーザーは予約時間に店舗に来店するだけで済むという。  同社は、「当社のEコマース(電子商取引)ソリューションは高品質かつサービス志向の消費者に焦点を当て、タイヤ小売業者との緊密な連携…

タグ: , ,
オートウェイの輸入ホイール 該当商品の無償交換を実施
ニュース 871
871

オートウェイの輸入ホイール 該当商品の無償交換を実施

 プロトコーポレーションは12月3日、国が定める安全基準に満たない輸入ホイールを販売したとして逮捕された連結子会社のオートウェイの代表取締役社長ら3名及びオートウェイが同日付けで不起訴処分になったと発表した。  当該の3名は、11月13日付けで不正競争防止法違反の疑いで愛知県警に逮捕されていた。  プロトコーポレーションでは、「コンプライアンスをより意識した適切な経営判断を行うための体制作り、グル…

タグ:
地域密着の事業展開を推進するタイヤガーデン掛川
ディーラー 410
410

地域密着の事業展開を推進するタイヤガーデン掛川

 1954年に創業したサカモト(静岡県掛川市)は、県道415号線沿いで「タイヤガーデン掛川」を運営している。同社がモットーとするのは、「お客様のニーズにお応えできること、サカモトにしかできないタイヤサービスのご提供」だ。同社ではどのような形でユーザーのニーズに対応しているのか――ショップの店長を務める稲垣勝也さんに、現在の取り組みと将来の展望を聞いた。 ニーズに応え、多様なサービスを提供  サカモ…

タグ: ,
ピレリ、メルボルンにフラグシップストア「P ZERO WORLD」オープン
ニュース 113
113

ピレリ、メルボルンにフラグシップストア「P ZERO WORLD」オープン

 伊ピレリはこのほど、オーストラリアのメルボルンにフラグシップストア「PIRELLI P ZERO WORLD」をオープンした。同社はスポーツカーやラグジュアリーカーのユーザーをターゲットに「P ZERO WORLD」をグローバル展開しており、米国、ドイツ、モナコ、ドバイに続く5店舗目となる。  「P Zero World」のコンセプトは、「タイヤのブティック」。新店舗は1200平方メートルの敷地…

タグ: , ,
カーディーラーのスタッフ向けに「スタッドレス体感試乗会」開催
レポート 411
411

カーディーラーのスタッフ向けに「スタッドレス体感試乗会」開催

スタッフ自身が体験し的確なアドバイスへ  KTグループの神奈川ハマタイヤは10月9~11日の3日間、横浜市内のスケートリンクで「スタッドレスタイヤ体感試乗会」を開催した。  当日は同グループ企業の神奈川トヨタ自動車、トヨタカローラ横浜、ネッツトヨタ横浜、ネッツトヨタ湘南やトヨタレンタリース神奈川及びトヨタサービスセンター神奈川㈱のスタッフ、販売店などが参加。  この試乗会はエンドユーザーに対し、積…

タグ: , , , ,
タイヤワールド館ベスト、エリア最大級の物流センター竣工
レポート 732
732

タイヤワールド館ベスト、エリア最大級の物流センター竣工

 タイヤワールド館ベスト(安井仁志社長)は9月11日、仙台市宮城野区の本社に新設した「本社物流センター」の竣工式を現地で行った。新たな物流拠点は2階建てで約15万本のタイヤ・ホイールが保管できる東北エリアで最大級の倉庫となっている。今後、県内に分散している倉庫を1カ所に集約するとともに、来年夏をメドに最新の倉庫管理システムを導入することで、物流システムを効率化させて多様化する顧客ニーズに応えていく…

タグ: , , ,
オートバックス 店舗特性に合わせてタイヤ選びに独自性
ディーラー 740
740

オートバックス 店舗特性に合わせてタイヤ選びに独自性

 大手カー用品店「オートバックス」をはじめ、様々なストアブランドを展開しているオートバックスセブン。売り場面積が300坪以上の「スーパーオートバックス」や中古カー用品店など、今年3月時点の国内店舗数は597にのぼる。その中から、昨年11月にリニューアルオープンした「A PIT AUTOBACS SHINONOME」(ア・ピット・オートバックス東雲)や首都圏のスーパーオートバックスを訪れ、「タイヤ販…

タグ: , , ,
オートバックスで働くフィリピンの技能実習生が「特定技能1号」取得
ニュース 375
375

オートバックスで働くフィリピンの技能実習生が「特定技能1号」取得

 オートバックスセブンと加盟店契約を結ぶユーエイは9月17日、同社店舗で受け入れているフィリピン人技能実習生1名が、新在留資格「特定技能1号」の自動車整備分野で初めて特定技能外国人として許可を受けたと発表した。  このスタッフは2016年9月に来日し、ユーエイの運営する「スーパーオートバックスKUKI」(埼玉県久喜市)で金属塗装職種の技能実習生として受け入れた。これまで、三級自動車ガソリン・エンジ…

タグ: , ,
ブリヂストン AIで冬タイヤの摩耗診断サービス開始
ニュース 340
340

ブリヂストン AIで冬タイヤの摩耗診断サービス開始

 ブリヂストンは、グループ会社のブリヂストンリテールジャパンが9月17日からウェブサイト上でスタッドレスタイヤの摩耗状況を診断するサービスを全国で開始すると発表した。  同サービスは乗用車用タイヤのトレッド面をスマートフォンで撮影すると、AI(人工知能)がウェブサイト上で摩耗状況を診断して結果を表示するもの。これまでは夏タイヤで実施してきたが、今後はスタッドレスタイヤも摩耗診断が可能になる。  ス…

タグ: , ,
「パンク修理が危険な場合も」業界団体がユーザー向けに啓発ポスター
ニュース 563
563

「パンク修理が危険な場合も」業界団体がユーザー向けに啓発ポスター

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)はこのほど、パンク修理作業に関する安全啓発ポスターを作成して、タイヤ販売店への配布を始めた。ポスターはパンク修理作業時の事故撲滅を目的としており、販売店が危険と判断した場合には修理を断るケースがあることをユーザー側に周知していく。同会がユーザーを対象にこうしたポスターを展開するのは初めて。  販売の現場では、修理依頼があったタイヤに引きずり痕がある場合など、オペ…

タグ: , , ,