タイヤショップ

IT活かし関係性構築へ 日本ミシュランタイヤ、1万人にアプローチ
ニュース 316
316

IT活かし関係性構築へ 日本ミシュランタイヤ、1万人にアプローチ

 日本ミシュランタイヤはこのほど、トラック・バス用タイヤなど生産財タイヤの販売店や顧客約1万人を対象にメールレターの配信を始めた。新型コロナウイルスの感染防止のため、対面での営業活動や集合形式でのイベントが制限される中、インターネットを活用して商品の紹介やミシュランのサービスを利用するユーザーの評価などを定期的に訴求している。  メールの配信先はタイヤ販売店のほか、運送会社や建設会社など様々な取引…

タグ: , , , ,
ユーザーへ空気圧点検を啓発 タイヤ協会がポスター作成
ニュース 451
451

ユーザーへ空気圧点検を啓発 タイヤ協会がポスター作成

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)はこのほど、タイヤの空気圧適正管理を啓発するポスターとチラシを発行した。同会が2015年から2019年に実施した点検活動では、乗用車の4台に1台が空気圧不足のまま使用されていることが分かっている。一方、空気圧が不適正の状態だと燃費が悪化するほか、偏摩耗によるタイヤ寿命の低下、さらにはバーストにつながる可能性もある。ドライバーへ空気圧は自然に低下することを訴求する…

タグ: , ,
住友ゴム、ドライバー自身によるタイヤ点検を特設サイトで紹介
ニュース 274
274

住友ゴム、ドライバー自身によるタイヤ点検を特設サイトで紹介

 住友ゴム工業はドラえもんと一緒にセルフタイヤ点検が学べる特設サイト(https://tyre.dunlop.co.jp/tyre_safety/)を開設し、定期的なタイヤの点検や空気圧の重要性を啓発していく。同社がタイヤに起因する事故の未然防止を目的として2008年から毎年実施してきた「DUNLOPダンロップ 全国タイヤ安全点検」の新たな形と始めるもの。サイト内では点検チェックシートや点検ポイン…

タグ: , ,
オートバックスセブン――外国人材を活かす 技能実習生受け入れから15年
レポート 3,224
3,224

オートバックスセブン――外国人材を活かす 技能実習生受け入れから15年

 自動車の整備に携わる人材不足が叫ばれて久しい中、オートバックスセブンは2006年から国内の整備需要に応えるため、また日本の整備技術を広めるという国際貢献の観点から「外国人技能実習制度」の取り組みを継続して行ってきた。当初はコミュニケーションの壁などがあったものの、開始から15年が経った今では店舗での教育体制も整い、軌道に乗ってきているという。これまでの取り組みの成果と将来への展望を取材した。 人…

タグ: , , , ,
伊藤自転車商会タイヤサービス 日常を足元から支え続ける
ディーラー 1,029
1,029

伊藤自転車商会タイヤサービス 日常を足元から支え続ける

 今回訪問した伊藤自転車商会タイヤサービス(長野県伊那市美篶3132-1)は国道361号線、「信州伊那アルプス街道」沿いに店舗を構えている。敷地は広く、ダンプカーも入るピットには様々な機材が並び、タイヤのショールームも併設されている。地域に根差し、地元の顧客を大切にしながら営業を続けてきた同店の成り立ちや取り組みを代表の伊藤英幸さんに取材した。 親近感のあるお店作りを  伊藤自転車商会タイヤサービ…

タグ: , ,
“冬商戦”へ期待高まる メーカー各社が様々な施策を展開
ニュース 835
835

“冬商戦”へ期待高まる メーカー各社が様々な施策を展開

 9月に入り北日本からTVCMが始まるなど、本格的な冬タイヤの商戦期を迎えつつある。昨シーズンは値上げ前の仮需や消費増税による需要の変動、記録的な暖冬を受けた販売の伸び悩みがあったことから今年にかける期待は大きい。このような中で、各社は様々な施策で需要喚起に注力する。  昨年は8月に各社の価格改定があり、また10月には消費増税がスタートするなど、例年とは異なる環境下で商戦が進んだ。さらに、全国的な…

タグ: , , , , , , ,
タイヤケアのプロからの提言――もっと安全なクルマ社会へ
レポート 1,091
1,091

タイヤケアのプロからの提言――もっと安全なクルマ社会へ

 横浜市鶴見区にある渡辺タイヤサービス。運送会社向けにトラック用タイヤの販売、サービスを手掛けており、渡辺剛満社長はユーザーの安全運行へ人一倍の情熱と強い信念を持って日々の仕事に取り組んできた。その渡辺さんが「ここ数年、タイヤのトラブルが目に見えて増加傾向あるのでは」と危機感を抱いている。現場で何が起きているのか、長年タイヤを見てきたプロとしてその要因をどう推定しているのか――「ほかの販売店さんと…

タグ: , , , ,
パンク修理の啓発ポスター改訂 日本自動車タイヤ協会
ニュース 740
740

パンク修理の啓発ポスター改訂 日本自動車タイヤ協会

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)は7月15日、2019年8月に発行した「パンク修理作業に関する安全啓発ポスター」を改訂し、パンク修理を断るケースの1つとして「空気圧0kPaの場合」を追加した。  同社では「パンク修理作業における作業者の安全をより確保していくため」としている。  ポスターの発行部数は2万6710部。会員タイヤメーカーの系列販売店や全国タイヤ商工協同組合連合会を通じ、タイヤ販売店…

タグ: , , ,
タイヤ販売でオンラインシステムの活用 新型コロナ機に拡充も
ニュース 910
910

タイヤ販売でオンラインシステムの活用 新型コロナ機に拡充も

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月から5月にかけて全国で緊急事態宣言が発令された。この間、人との接触を8割減らすことが呼び掛けられ、在宅勤務を導入したり、社外との接触を抑えた企業も多い。こうした制約や顧客ニーズの移り変わりもあり、タイヤ卸の現場で変化が起きている――従来の電話やFAXによる発注方法に加え、オンラインで商品を発注するシステムの整備・活用拡大への取り組みや、WEB上での商品説明…

タグ: , , , ,
住友ゴム“withコロナ”の社会経済活動をタイヤ点検でサポート
ニュース 339
339

住友ゴム“withコロナ”の社会経済活動をタイヤ点検でサポート

 住友ゴム工業は7月1日から9月30日に、全国の直営店(タイヤセレクト、タイヤランド)とダンロップタイヤショップグループで、タイヤに起因する事故の未然防止を目的としたタイヤ点検の強化活動「#タイヤ安全点検しよう!」を実施すると発表した。新型コロナウイルス感染症に伴う休業要請や外出自粛を経て、都道府県を超えた外出に向けて社会経済活動が徐々に再開する中、定期的なタイヤ点検や空気圧の重要性を啓発していく…

タグ: , , ,
ピレリ 安全なタイヤサービスを提供するための動画を公開
ニュース 254
254

ピレリ 安全なタイヤサービスを提供するための動画を公開

 伊ピレリは5月にタイヤディーラー向けに安全なサービスを提供するための参考動画を公開したと発表した。  この動画は新型コロナウイルスの感染予防として店舗の消毒や配置換えを行う際の推奨事項を映像にまとめたもの。待合室に収容可能な最大人数、車や敷地内の衛生管理方法のほか、マスクの着用などスタッフが勤務時に守るべき衛生ルールなどを提示している。また、非接触型の支払い方法と一緒に新しいオンライン予約システ…

タグ: , , ,
グッドイヤー タイヤを販売するごとに寄付 新型コロナへの支援
ニュース 281
281

グッドイヤー タイヤを販売するごとに寄付 新型コロナへの支援

 新型コロナウイルスの感染リスクが続く中、海外のタイヤメーカーが支援活動を積極的に進めている。米グッドイヤーは5月26日、小売サービス「ロール・バイ・グッドイヤー」を通じてタイヤを販売するごとにNPOに寄付を行うと発表した。実施期間は6月30日まで。タイヤ1本につき、約100食分に相当する10ドルをNPO「フィーディング・アメリカ」に寄付する。  ロール・バイ・グッドイヤーのセス・クルガーズ氏は「…

タグ: , , , ,
横浜ゴム、チェルシーのサイン入りユニフォームが当たるキャンペーン実施
ニュース 319
319

横浜ゴム、チェルシーのサイン入りユニフォームが当たるキャンペーン実施

 横浜ゴムは「タイヤガーデンメールマガジン登録キャンペーン」を開始したと発表した。応募期間は6月30日まで。  このキャンペーンは、自系列タイヤショップ「タイヤガーデン」のメールマガジンに新規で登録したユーザーの中から抽選で6名に、英プレミアリーグ「チェルシーFC」のウィリアン・ボージェス・ダ・シルヴァ選手、タミー・エイブラハム選手などの直筆サイン入りユニフォームが当たるもの。詳細は専用フォームで…

タグ: ,
初めて工場を大幅リニューアルし前へ さなだタイヤ販売
ディーラー 1,125
1,125

初めて工場を大幅リニューアルし前へ さなだタイヤ販売

 神奈川県厚木市にある、さなだタイヤ販売。1979年の創業以来、トラック用タイヤをはじめ商用車をメインに事業を展開してきた同社が昨年11月、社屋と工場を全面的にリニューアルした。真田大輔社長は「自分が建てたのではなく、従業員とお客様が建ててくれたもの」と特別な思いを口にする。その上で「これから会社が1日でも長く継続できるようにすることが大切」と話す。真田社長には、ここに至るまで多くの苦難を乗り越え…

タグ: ,
コロナ時代の新常態 タイヤ業界でも感染防止と経済の両立へ
ニュース 1,304
1,304

コロナ時代の新常態 タイヤ業界でも感染防止と経済の両立へ

 新型コロナウイルスの感染拡大を防止するための緊急事態宣言が全面的に解除されてから1週間あまり。国内で経済活動が本格的に再開しつつある中、タイヤの生産現場や販売店でも社会的距離(ソーシャル・ディスタンス)の確保や従業員の体調管理の徹底といった感染対策を取りながら「ニューノーマル(新常態)」への対応が始まっている。  国内の工場は自家用車で通勤する従業員が多く、また工場内の配置も通常時から十分な間隔…

タグ: , , , , , ,