サステナビリティ

コンチネンタル ペットボトル由来のポリエステル活用
ニュース 114
114

コンチネンタル ペットボトル由来のポリエステル活用

 独コンチネンタルは4月5日、ペットボトル由来のポリエステルを使用したタイヤを発売すると発表した。「プレミアム・コンタクト6」「エココンタクト6」「オールシーズン・コンタクト」の各5サイズで、カーカス部のポリエステルをすべてリサイクル素材に置き換える。  今回は一般的な方法とは異なる新しいプロセスでペットボトルをリサイクルしたポリエステル繊維を活用する。同社によると、こうした材料の大量生産を行うの…

タグ: , ,
住友ゴム、NLJとパートナー契約 持続可能な物流の実現へ
ニュース 382
382

住友ゴム、NLJとパートナー契約 持続可能な物流の実現へ

 住友ゴム工業は3月17日、ネクスト・ロジスティクス・ジャパン(NLJ)と株式出資契約およびパートナー契約を締結したと発表した。  NLJは、ドライバー不足などの課題に直面する物流業界の顧客ニーズに応えるため、新しい物流の形を提案する新会社として2018年に設立した。CASE技術を活用した高効率輸送スキームの構築を目指しており、住友ゴムは昨年6月からNLJと協業で、連結トラックによる他荷主との共同…

タグ: ,
10代のアイデア活かす ミシュラン、将来の社会課題解決に向けて
ニュース 351
351

10代のアイデア活かす ミシュラン、将来の社会課題解決に向けて

 仏ミシュランは若い世代の考え方を取り入れながら社会課題に対する解決策を探るためのプロジェクトをスタートした。国内では日本ミシュランタイヤが主導して取り組みを本格的に始める。活動の理念に共感した高校生らと連携して現在起きている環境問題への対応をはじめ、将来を見据えた様々な課題解決に取り組んでいく。今後、活動の輪が広がることが期待される。  ミシュラングループは昨年「DREAM」(ドリーム)と名付け…

タグ: , , ,
ノキアン、オープンコンペの募集開始 サステナビリティ推進へ
ニュース 230
230

ノキアン、オープンコンペの募集開始 サステナビリティ推進へ

 フィンランドのノキアンタイヤは2月2日、産業界や学術界を対象としたオープンコンペティションの募集を開始したと発表した。同社ではサステナブルなタイヤ開発を実現するイノベーションを創出を目指す。  同社は2030年末までにタイヤに使用する原材料の50%をリサイクル素材または再生可能材料にし、生産時のCO2排出量の50%削減を目標に掲げている。「このコンペティションはゴールラインへの到達の一助となる」…

タグ: ,
TOYO TIRE「サステナビリティ方針」公表 環境対応と走りの愉しさ両立へ
ニュース 280
280

TOYO TIRE「サステナビリティ方針」公表 環境対応と走りの愉しさ両立へ

 TOYO TIREは2月15日、事業活動でのCO2排出量を2030年に2019年比46%削減し、2050年にカーボンニュートラルを目指すことなどを盛り込んだ「サステナビリティ経営方針」を公表した。また、技術革新や商品力強化、サプライチェーンでの連携に取り組み、2030年にタイヤ1本あたりのCO2排出量を2019年時点より20%減らすほか、次世代モビリティに対応した研究開発も積極化する。  会見で…

タグ: ,
持続可能なレースタイヤ 横浜ゴム「スーパーフォーミュラ」へ供給
ニュース 279
279

持続可能なレースタイヤ 横浜ゴム「スーパーフォーミュラ」へ供給

 横浜ゴムは2月17日、同社がワンメイクタイヤサプライヤーを務める「全日本スーパーフォーミュラ選手権」に、2023年以降もADVAN(アドバン)レーシングタイヤを継続供給すると発表した。また、2023年以降はサステナブル素材を活用したレーシングタイヤを供給する予定で、今年から開発をスタートする。  サステナブル素材を活用したレーシングタイヤの供給は、スーパーフォーミュラを統括する日本レースプロモー…

タグ: , ,
ノキアン、9割を持続可能な材料にしたコンセプトタイヤ発表
ニュース 407
407

ノキアン、9割を持続可能な材料にしたコンセプトタイヤ発表

 フィンランドのノキアンタイヤは1月26日、使用する原材料の93%をリサイクル素材か再生可能原材料が占める冬用のコンセプトタイヤ「グリーン・ステップ」を発表した。  「グリーン・ステップ」は天然ゴムや再生可能オイル、もみ殻灰シリカといった再生可能原材料と、スチールやカーボンブラックなどのリサイクル素材を活用した。同社では「コンセプトタイヤに向けて創造したイノベーションは将来のタイヤに取り入れられる…

タグ: , ,
日本ミシュランタイヤ、グローバル最適生産をスタート
ニュース 748
748

日本ミシュランタイヤ、グローバル最適生産をスタート

 日本ミシュランタイヤは3月に発売開始する乗用車用タイヤ「PILOT SPORT 5」(パイロット・スポーツ・ファイブ)でグローバル統一スペックを採用した。これにより、市場ごとに最適な地域で生産することが可能となり、輸送距離の短縮を図りつつ環境負荷低減を進める。  2016年に国内市場で発売した従来品「PILOT SPORT 4」は、製品の多くを欧州から輸入していた。一方、新商品では大半のサイズを…

タグ: , ,
住友ゴム白河工場 地域に貢献する持続可能な工場へ
レポート 1,396
1,396

住友ゴム白河工場 地域に貢献する持続可能な工場へ

 住友ゴム工業の国内最大級の生産拠点である白河工場(福島県)は、地域に貢献する持続可能な工場を目指し、従業員が活き活きと働ける環境づくりの一環としてワーク・ライフ・バランスの改善や女性従業員の活躍推進に注力している。同工場の取り組みについて、面川寿彦工場長と総務課の秡川弥生課長代行に取材した。 風通しの良い職場で働きやすく  白河工場は、2021年11月時点で約1600名が従業員として働く住友ゴム…

タグ: , , , , ,
住友ゴム 中国の2工場で再生エネ活用 CO2大幅削減へ
ニュース 434
434

住友ゴム 中国の2工場で再生エネ活用 CO2大幅削減へ

 住友ゴム工業は1月18日、中国の常熟工場と湖南工場で1月から購入電力の全てを再生可能エネルギー由来の電力へ切り替えたと発表した。また、2022年下期には太陽光発電の導入を計画しており、中国の2工場でタイヤ製造時に排出されるCO2は、2021年度比で約70%削減できる見込みだという。  住友ゴムグループは、2021年8月に発表した「サステナビリティ長期方針」の中で、グループ全工場から排出されるCO…

タグ: , , ,
7割を持続可能な原材料に 米グッドイヤーが開発
ニュース 377
377

7割を持続可能な原材料に 米グッドイヤーが開発

 米グッドイヤーは1月5日、持続可能な原材料の使用比率が70%を占めるタイヤを開発したと発表した。  同社では「2020年に全て持続可能な原材料で構成されたタイヤを10年以内に作るという目標を設定しており、そのゴールに向かって大きく前進した」としている。  このタイヤには、メタン、二酸化炭素、植物ベースの油からそれぞれ生成した3種類のカーボンブラックが採用されており、二酸化炭素の排出量削減、バイオ…

タグ: , ,
学生にグローバル企業の経験を ブリヂストン「コミュニケーション教室」開催
ニュース 288
288

学生にグローバル企業の経験を ブリヂストン「コミュニケーション教室」開催

 ブリヂストンは11月26日、東京都の台東区立柏葉中学校で出張授業「グローバルコミュニケーション教室~世界につながる伝える力~」を実施した。  今回の出張授業は、グローバル化に伴って多様なバックグラウンドを持つ人々と関わる機会が増えていることを背景に、「伝える力」を磨く大切さについてロールプレイで学習できるもの。中学1年生の120人が参加した。  授業の冒頭では、ブリヂストンがグローバルで事業を展…

タグ: , , ,
タイヤ産業プロジェクトCEO会議 持続可能性の成果確認
ニュース 435
435

タイヤ産業プロジェクトCEO会議 持続可能性の成果確認

 タイヤ産業プロジェクト(TIP)は11月4日、世界のタイヤ生産能力のおよそ60%を占めるタイヤメーカーのCEOが参画するCEO会議をオンラインで開催した。この会議は2年に一度開催し、TIPの活動の進捗・成果を確認するとともに、今後2年間の活動計画を承認する。  今回は今年5月にタイヤ産業として持続可能性に貢献するためにセクターロードマップを発行したことを確認。これは、タイヤ産業がSDGs(持続可…

タグ: ,
ブリヂストンとミシュランが連携 再生カーボンの利用拡大へ
ニュース 537
537

ブリヂストンとミシュランが連携 再生カーボンの利用拡大へ

 ブリヂストンと仏ミシュランは、11月22日から23日にオランダのアムステルダムで開催される「Smithers Recovered Carbon Black Conference」で、再生カーボンブラックの利用拡大についての公開討論に参加すると発表した。  両社は、カーボンブラックの再生技術の確立と新品タイヤ生産への利用拡大の展望について討論する予定。また、その実現に向けて、タイヤメーカー各社、カ…

タグ: , , ,
エンバイロ、2030年までに 廃タイヤ工場を30拠点へ拡充
ニュース 500
500

エンバイロ、2030年までに 廃タイヤ工場を30拠点へ拡充

 スウェーデンのリサイクル企業エンバイロは10月15日、2030年までに30拠点の廃タイヤのリサイクルプラントを設立すると発表した。  今後10年間で90億スウェーデンクローナ(約1191億円)以上を投資し、年間のリサイクル能力は廃タイヤ90万トン以上となる見込み。現在は、リサイクル能力を年間で廃タイヤ12万トン分増強できるように体制を構築しているという。  なお、仏ミシュランがチリに建設している…

タグ: , , ,