リトレッドタイヤ

トーヨーリトレッド 全自動機械を新たに導入
ニュース 527
527

トーヨーリトレッド 全自動機械を新たに導入

 新潟県糸魚川市でリトレッドタイヤを製造するトーヨーリトレッドでは、働きやすい環境を目指し、工場の整備を継続して行っている。リトレッドタイヤを製造する現場として、重たいタイヤを扱うことや、材料などの加熱に伴う室温の高さなど、労働環境は過酷になりがちだ。後藤高根社長は、「そういった問題を解消していく方向で投資をしなければ、今後は人手不足などを含め、操業が難しくなっていく」と語る。  製造設備の整備は…

タグ: , , ,
リトレッドタイヤの一部で追加関税半減へ 米中貿易交渉で合意
ニュース 108
108

リトレッドタイヤの一部で追加関税半減へ 米中貿易交渉で合意

 米中両政府は12月13日、貿易交渉で第1段階の合意に達したと発表した。米国は今年9月1日に約1200億ドル(約13兆円)相当の中国製品に発動した関税を15%から7.5%に半減させる。対象には一部のリトレッドタイヤなどが含まれる。  今回の合意は来年1月に署名する見通し。ただ、2018年9月に乗用車用タイヤやトラック・バス用タイヤなどを含む2000億ドル相当の中国製品に発動した関税は25%のままと…

タグ: , , ,
ミシュラン 輸送業界にハード・ソフト両面からソリューション提案
レポート 418
418

ミシュラン 輸送業界にハード・ソフト両面からソリューション提案

 日本ミシュランタイヤは9月20日、新潟県糸魚川市内で「2019年アドバンスユーザーミーティング」を開催し、全国の運送会社から約60人が参加した。当日は、ミシュランのリトレッドタイヤを製造するトーヨーリトレッドを見学したほか、ドライバーの定着に向けたサービス提案をはじめとするセミナーを実施。運送業界の多様な課題に応えたソリューションをアピールした。  運送業界の経営環境は、慢性的なドライバー不足や…

タグ: , , , ,
ミシュラン「X One」シリーズ拡充 リトレッド販売も2割増へ
ニュース 261
261

ミシュラン「X One」シリーズ拡充 リトレッド販売も2割増へ

 日本ミシュランタイヤは、トラック・バス用ワイドシングルタイヤ「X One」(エックス・ワン)のラインアップを拡充する。北米で展開されているオールシーズンタイヤ「X One LINE ENERGY D」を半年以内に国内へ導入するほか、4月に発売した冬用タイヤ「X One LINE GRIP D」の新サイズを投入する。タイヤサイズはともに445/50R22.5となる見込み。  「X One」は複輪を…

タグ: , ,
ブリヂストン、最新旅客機「A350」に航空機用ラジアルタイヤを供給
ニュース 267
267

ブリヂストン、最新旅客機「A350」に航空機用ラジアルタイヤを供給

 ブリヂストンは、日本航空(JAL)が9月から就航した新型旅客機「A350」に航空機用ラジアルタイヤを供給したと発表した。  航空機用タイヤは、機体の高荷重のもと高速度で離着陸を繰り返す過酷な状況で使用されるため、高い耐久性を要する。加えて、飛行中の燃費向上のためにタイヤの軽量化も求められる。  今回の装着タイヤは、耐久性と軽量化を両立させたラジアル構造「RRR」(トリプルアール)を採用しており、…

タグ: , ,
ミシュラン「X One」と「3R」で環境貢献と経済性を両立
ニュース 222
222

ミシュラン「X One」と「3R」で環境貢献と経済性を両立

 日本ミシュランタイヤは3月に都内でトラック・バス用タイヤの報道向け説明会を開催し、持続可能なモビリティへの貢献を目指していく同社のソリューションを訴求した。トラックではダブルタイヤが主流の国内市場で、同社が提案するシングルタイヤが普及すれば人手不足が深刻化する輸送事業者の課題解決につながるほか、環境負荷低減という観点からもインパクトを与える可能性がある。  「より良いサービスを提供してモビリティ…

タグ: , , , ,
ブリヂストンのグループ会社が資源のリユースで表彰
ニュース 194
194

ブリヂストンのグループ会社が資源のリユースで表彰

 ブリヂストンは10月12日、グループ会社のブリヂストンBRMが産業環境管理協会主催の「平成30年度 資源循環技術・システム表彰」において、最高位の「経済産業大臣賞」を受賞したと発表した。  この表彰制度は廃棄物の発生抑制や再使用、再資源化への優れた事業や取り組みの奨励・普及を図ることを目的として1975年にスタートした。  ブリヂストンBRMはトラック・バス用リトレッドタイヤの製造を行っており、…

タグ: , ,
ブリヂストン バスの乗降をバリアフリーに 実用化へ向けて技術をアピール
ニュース 555
555

ブリヂストン バスの乗降をバリアフリーに 実用化へ向けて技術をアピール

 9月26日、27日に都内で開催された技術展示会「カウントダウンショーケース2018」にブリヂストンがブースを出展し、バス乗降時のバリアフリー化に貢献する技術として「バリアフリー用新コンセプトタイヤ」と「次世代正着縁石」を紹介した。  同社は2015年10月から横浜国立大学、2016年8月からは日本交通計画協会も交えて、バスの正着性向上に関する共同研究を行っている。  従来はバスが停留所に止まる際…

タグ: , , , , ,
ミシュラン、トラック・バス用タイヤの「3R」展開を加速
レポート 660
660

ミシュラン、トラック・バス用タイヤの「3R」展開を加速

 日本ミシュランタイヤは7月26日、新潟県内でトラック・バス用タイヤの「3R」コンセプトに関する説明会を開催し、同社がリトレッドタイヤの生産を委託する髙瀬商会の関連会社、トーヨーリトレッドの製造現場を公開した。3Rはミシュランがトラック・バス用タイヤ事業を展開する上で重要な柱となっており、輸送業界の課題解決に繋がるソリューションとして一層の普及が期待されている。 「X One」のリトレッド生産開始…

タグ: , , ,
ミシュラン、ワイドシングルタイヤ「X One」3000台超へ
ニュース 345
345

ミシュラン、ワイドシングルタイヤ「X One」3000台超へ

 日本ミシュランタイヤは9月下旬を目処にトラック・バス用ワイドシングルタイヤ「X One」(エックスワン)で、リトレッドの国内生産を始める。リグルーブなどと併せて同社が進める3Rコンセプトを「X One」にも展開することが可能となり、コストメリットや輸送効率向上を広く訴求していく。将来的に新たなパターンの投入も検討しており、「X One」の装着台数を2020年に2000台、2030年までに3000…

タグ: , ,
ミシュランから2種類の「X Oneリトレッド」10月発売
ニュース 469
469

ミシュランから2種類の「X Oneリトレッド」10月発売

 日本ミシュランタイヤは、トラック・バス用シングルタイヤ「X One」(エックスワン)のリトレッドタイヤを10月から販売する。今回発売するのは、「XDN2 リトレッド」とトレーラー用の「MULTI ENERGY T(マルチ・エナジー・ティー)リトレッド」の2パターン。販売サイズはともに455/55R22.5で、価格はオープン。  「XDN2 リトレッド」は、あらゆる天候の路面で優れたグリップ性能を…

タグ: , , ,
2017年の更生タイヤ出荷、トラック・バス用は3年ぶりプラス
ニュース 1,003
1,003

2017年の更生タイヤ出荷、トラック・バス用は3年ぶりプラス

 更生タイヤ全国協議会がまとめた2017年の更生タイヤ出荷本数は前年比0.3%減の129万本となった。  総出荷本数の約9割を占めるトラック・バス用タイヤは2.5%増の119万1000本で3年ぶりに前年を上回った。一方、ライトトラック用の更生タイヤは25.3%減の8万8900本と5年連続で減少したほか、産業車両用タイヤが10.0%減の9900本、建設車両用タイヤも約9割減の200本となった。トラッ…

タグ: , ,
【ミシュラン】3Rを輸送業界の課題解決の切り札に
レポート 961
961

【ミシュラン】3Rを輸送業界の課題解決の切り札に

 日本ミシュランタイヤは7月28日、新潟県内でトラック・バス用タイヤの「3R」コンセプトに関するユーザー向けセミナーを実施した。3Rはミシュランが推奨するリグルーブやリトレッドを活用することにより、タイヤの経費を削減するとともに、廃棄物の削減や省資源化、CO2排出量の削減を図るもの。当日は北陸信越地区を中心とした運送会社やタイヤディーラーなど約60名の関係者が参加した。会場では同社の取り組み状況が…

タグ: , , , ,
2016年の更生タイヤ出荷 2年連続で減少
ニュース 1,044
1,044

2016年の更生タイヤ出荷 2年連続で減少

 更生タイヤ全国協議会(五味達夫会長)は5月26日に都内で第33期通常総会を開き、2016年(1月~12月)の更生タイヤ出荷本数が前年比4.9%減の129万9500本だったと報告した。11年ぶりのマイナスとなった2015年に続き、2年連続で前年を下回った。そのうち、全体の9割を占めるトラック・バス用タイヤの出荷本数は6.0%減の116万1700本だった。  昨年は輸出タイヤの減少による台タイヤの増…

タグ: , ,
【ブリヂストン】リトレッドタイヤの管理ツールを刷新
ニュース 381
381

【ブリヂストン】リトレッドタイヤの管理ツールを刷新

 ブリヂストンは4月24日、トラック・バス用リトレッドタイヤに関するデジタルソリューションツール「BASys」(ベイシス)を刷新したと発表した。昨年から市場投入を始めた欧州に続き、今年4月には南米をはじめとしたグローバル展開を開始した。将来的には日本市場への導入も検討している。  「ベイシス」は、使用済タイヤを回収しリトレッド工場で検査、修理、加工を経て、ユーザーのもとへ戻すまで、各プロセスの情報…

タグ: , ,