ニュース

金属3Dプリンターが生み出す価値「ミシュランAMアトリエ」稼働開始
レポート 181
181

金属3Dプリンターが生み出す価値「ミシュランAMアトリエ」稼働開始

 日本ミシュランタイヤは4月15日、群馬県太田市の研究開発拠点内に開所した「ミシュランAMアトリエ」の内部を報道陣に公開した。  「積層造形」(アディティブ・マニュファクチャリング)は樹脂や粉体などの薄い層を積み重ねて立体物を製作する技術。「3Dプリント」とも呼ばれ、複雑な形状が…

中部タイヤセンター 一宮市の新拠点で機動力を一層高く
ディーラー 2,842
2,842

中部タイヤセンター 一宮市の新拠点で機動力を一層高く

 名古屋市港区に本社を構えるタイヤ専業店、中部タイヤセンターは2019年6月、愛知県北西部の一宮市に同社にとって3カ所目となる営業所を開設した。これまで本社と西部営業所(海部郡飛島村)をベースに事業を展開してきたが、機動力を一層高めて顧客ニーズへ応えるための新規出店となる。林鋼司…

独自製品で作業性と安全性を両立 小野谷機工「APL-3000」「RSC-01MDβ」
レポート 383
383

独自製品で作業性と安全性を両立 小野谷機工「APL-3000」「RSC-01MDβ」

 小野谷機工(福井県越前市)はこのほど、リフト能力を高めつつ安全装備を強化したパワーリフターの新製品「APL-3000シリーズ」と、出張時の作業性向上に配慮した積載用セーフティケージ「RSC-01MDβ」を発売した。同社は以前より整備の軽労化や効率化だけではなく、安全性向上にも寄…

金属3Dプリンターが生み出す価値「ミシュランAMアトリエ」稼働開始
レポート 181
181

金属3Dプリンターが生み出す価値「ミシュランAMアトリエ」稼働開始

 日本ミシュランタイヤは4月15日、群馬県太田市の研究開発拠点内に開所した「ミシュランAMアトリエ」の内部を報道陣に公開した。  「積層造形」(アディティブ・マニュファクチャリング)は樹脂や粉体などの薄い層を積み重ねて立体物を製作する技術。「3Dプリント」とも呼ばれ、複雑な形状が…

市場ニーズに応えたグッドイヤーの商用車用オールシーズン「VECTOR 4SEASONS CARGO」
レポート 809
809

市場ニーズに応えたグッドイヤーの商用車用オールシーズン「VECTOR 4SEASONS CARGO」

 季節ごとのタイヤの履き替えが不要で、突然の降雪時にも安心して走行できることから国内市場でもユーザーが広がってきたオールシーズンタイヤ。れまでSUVや乗用車などに装着されるケースが多かったが、その利便性の高さは商用車の利用者にとっても同じことが言えるだろう。日本グッドイヤーが2月…

過去の特集

【特集】4月8日はタイヤの日
【タイヤの日とは?】
より多くのドライバーにタイヤへの関心を高め、交通安全対策の推進活動を行う日。タイヤ各社や関連団体が各地で点検活動やイベントを開催し、安全啓発を行う。なお4月8日の由来は、春の全国交通安全運動の実施月である4月を、また8は輪(タイヤ)のイメージからとったもの。
【特集】東日本大震災から5年
東日本大震災から5年が経ちます。被災者がどのような状況に置かれ、いかにして立ち上がろうしているのか。また大きな被害を受けて業務停止を余儀なくされた企業は復旧へ向けてどう取り組んできたのか――5年という大きな節目となった今、当時の報道の一部ではありますが、改めて編集しました。