ニュース

住友ゴムがIoT企業と提携、ソリューション展開強化へ
ニュース 67
67

住友ゴムがIoT企業と提携、ソリューション展開強化へ

 住友ゴム工業は5月16日、トライポッドワークス(仙台市)および台湾のSYSGRATION(シスグレイション社)の2社と基本業務提携契約を締結したと発表した。TPMS(タイヤ空気圧監視システム)を軸に両社の知見を活用することで、運送業界におけるメンテナンスの効率化や省人化といった課題に対して、グローバル展開を見据えたソリューションの構築や新たなサービスを目指す。  実用化の時期は未定だが、今後、T…

タグ: , , , ,
NITTOのSUV用タイヤ2商品 TOYO TIREが国内導入
ニュース 89
89

NITTOのSUV用タイヤ2商品 TOYO TIREが国内導入

 TOYO TIREは、NITTO(ニットー)ブランドのSUV用タイヤ「Mud Grappler」(マッド・グラップラー)と「Trail Grappler(トレイル・グラップラー)M/T」を6月1日から発売開始する。価格はともにオープン。2商品は既に北米で販売されており、ユーザーのオフロード用タイヤへの関心が高まってきているというタイヤ販売店の声を受けて国内導入を決めた。  「Mud Grappl…

タグ: , , ,
国内タイヤメーカー4社の1~3月期業績 為替と原料上昇響き減益に
ニュース 459
459

国内タイヤメーカー4社の1~3月期業績 為替と原料上昇響き減益に

 国内4社の第1四半期業績が出揃った。タイヤ販売は中国など一部の市場で落ち込みがあったものの、全体的には堅調に推移した。ただ、原材料価格の上昇や為替の影響により全社が減益となった。また、前年同期には米税制改革による法人税率の引き下げがあったことの反動もあった。なお、通期業績は固定資産売却益を計上したことで上方修正した横浜ゴムを除いて3社が従来予想を据え置いた。 ブリヂストン ORRは堅調な需要続く…

タグ: , , , , ,
横浜ゴムの平塚製造所が「湘南国際村めぐりの森植樹祭」に参加
ニュース 34
34

横浜ゴムの平塚製造所が「湘南国際村めぐりの森植樹祭」に参加

 横浜ゴムの平塚製造所(神奈川県平塚市)は、5月12日に「湘南国際村めぐりの森」で開催された「第16回湘南国際村めぐりの森植樹祭」に参加した。当日は同社の従業員とその家族を含めた13名が参加。他のボランティアスタッフも含め総勢約500名で、875平方メートルの敷地内に33種類の苗木を合わせて4000本植樹した。  湘南国際村は、神奈川県により「緑陰滞在型の国際交流拠点」をコンセプトに1994年に横…

タグ: ,
「レベル4」対応タイヤ、2020年に実用化へ 住友ゴムと群馬大学が共同研究
ニュース 194
194

「レベル4」対応タイヤ、2020年に実用化へ 住友ゴムと群馬大学が共同研究

 住友ゴム工業は5月8日、群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センター(CRANTS)との協業で、レベル4の完全自動運転に対応したタイヤ周辺サービスの共同研究を開始すると発表した。2020年の実用化を目指し、共同研究は最長で2021年まで実施する予定。  今回の研究は、センサーを使用して走行時のタイヤ空気圧・温度を監視することで、パンクなどのトラブル発生時のメンテナンスに対応するもの。タイヤに関す…

タグ: , ,
コンチネンタル 先進技術を活用し建設事業向けソリューション強化
ニュース 201
201

コンチネンタル 先進技術を活用し建設事業向けソリューション強化

 独コンチネンタルはこのほど、タイヤの空気圧管理システムなど建設事業向けデジタルソリューションビジネスを紹介した。  同社の空気圧管理システム「Conti Pressure Check」(コンチ・プレッシャー・チェック)はタイヤに装着されたセンサーのデータを車内や手持ちの機器に表示するシステム。複数の車両を24時間モニタリングするテレマティクスソリューションに統合することも可能だ。  また、タイヤ…

タグ: , ,
ハンコックが「ハンコックタイヤ&テクノロジー」に社名変更
ニュース 108
108

ハンコックが「ハンコックタイヤ&テクノロジー」に社名変更

 韓国のハンコックタイヤは5月8日、社名を「Hankook Tire&Technology」(ハンコックタイヤ&テクノロジー)に変更したと発表した。親会社のハンコックタイヤワールドワイドは「Hankook Technology Group」(ハンコック・テクノロジー・グループ)となった。  同社グループは、ハンコックブランドを核とする統合されたブランドシステムの確立を図り、そのほか5つの関連会社の…

タグ: ,
ミシュランの航空機用ラジアルタイヤ「Air X」エアバスA380型機に採用
ニュース 121
121

ミシュランの航空機用ラジアルタイヤ「Air X」エアバスA380型機に採用

 日本ミシュランタイヤはこのほど、5月に全日本空輸(ANA)が導入するエアバス「A380型機」に航空機用ラジアルタイヤ「MICHELIN Air X」(ミシュラン・エア・エックス)の採用が決定したと発表した。  「エア・エックス」には、「ニアゼログローステクノロジー」というタイヤ寸法の増大をゼロに近づける同社独自の技術を搭載している。航空機用タイヤは乗用車用などに比べて高内圧で使用されるため、窒素…

タグ: , ,
自工会 2019年度の重点方針公表 CASEへの施策など明確化
ニュース 99
99

自工会 2019年度の重点方針公表 CASEへの施策など明確化

 日本自動車工業会(自工会)は5月13日に都内で会見を開き、2019年度の重点方針を発表した。今後、CASEの進展を踏まえた安心・安全で環境に優しいモビリティ社会の実現に向けて必要な施策の明確化を図る。そのほか、次世代につなぐ豊かなクルマ・バイク文化の創造や、持続的発展を支えるビジネス環境の整備にも取り組んでいく。  豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は、「保有をベースにした色々なバリューが生まれる…

タグ: ,
住友ゴム「チーム エナセーブ 未来プロジェクト」を全国8カ所で実施
ニュース 82
82

住友ゴム「チーム エナセーブ 未来プロジェクト」を全国8カ所で実施

 住友ゴム工業は4月24日、日本ユネスコ協会連盟との共同事業「チーム エナセーブ 未来プロジェクト」を今年も実施すると発表した。5月26日に新潟県で行う「新津丘陵の自然・森林・歴史遺産の保全・整備プロジェクト」を皮切りに、全国8カ所計8回の活動を予定している。  「チーム エナセーブ」は、低燃費タイヤ「エナセーブ」シリーズの売上の一部を活用して行う2つの環境保全活動。  その中で、「チーム エナセ…

タグ: , ,
横浜ゴムが協賛「世界少年野球大会」今夏に福島で開催
ニュース 77
77

横浜ゴムが協賛「世界少年野球大会」今夏に福島で開催

 横浜ゴムはCSR活動の一環として一般財団法人世界少年野球推進財団が開催する「第29回世界少年野球大会 福島大会」に協賛する。大会は7月30日から8月7日にかけて行われる。  世界少年野球大会は、王貞治氏とハンク・アーロン氏が全世界に正しい野球を普及させるとともに、子どもたちの友情と親善の輪を広げる目的で開始した。1990年の米ロサンゼルス市での第1回大会以来、毎年夏に開催されている。今回の福島大…

タグ: ,
三つ星も3軒「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版」発売
ニュース 73
73

三つ星も3軒「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版」発売

 日本ミシュランタイヤは愛知、岐阜、三重の3県で厳選した飲食店・レストランと宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版」を5月17日に発売する。国内で発表するミシュランガイドのセレクションとしては、20、21、22エリア目。また、3県全域を同時に調査し、そのセレクションを1冊で発表するのは初めて。  今回、愛知県は276軒の飲食店・レストランと26軒の宿泊施設、岐阜県は92…

タグ: , ,
トレルボルグが伊企業を2社買収 欧州の農機用タイヤ市場を強化
ニュース 83
83

トレルボルグが伊企業を2社買収 欧州の農機用タイヤ市場を強化

 スウェーデンの大手ゴム・自動車製品メーカー、トレルボルグはこのほど、伊北部のイツァーノに本社を置くプロヴァナ・ソリューションズとプロヴァナ・クオリティー・センターの買収を完了したと発表した。トレルボルグでは今回の買収の目的を「魅力ある市場セグメントでの地位強化戦略の一環」としている。  プロヴァナ・ソリューションズは、トラクターディーラーや農家にタイヤとホイールを展開する卸売会社。プロヴァナ・ク…

タグ: , ,
低燃費タイヤが8割に 自動車タイヤ協会まとめ
ニュース 179
179

低燃費タイヤが8割に 自動車タイヤ協会まとめ

 JATMA(日本自動車タイヤ協会)に加盟する会員メーカー6社が販売する市販用夏タイヤで低燃費タイヤの割合が2018年に80.7%となったことが分かった。  国内のタイヤラベリング制度は2010年にスタートした。制度開始初年度の割合は21.7%だったが、翌2011年には40.7%に拡大。その後も各社が低燃費性能とウェットグリップ性能を向上した商品を相次いで投入したことで、2013年に59.8%と初…

タグ: , ,
コンチネンタル、電気バス専用タイヤ「Conti Urban HA3」を開発
ニュース 136
136

コンチネンタル、電気バス専用タイヤ「Conti Urban HA3」を開発

 独コンチネンタルはこのほど、同社初の電気バス用タイヤ「Conti Urban HA3」を開発したと発表した。タイヤサイズは315/60R22.5 154/148J(156 150F)。1軸当たりの積載許容量を通常より0.5トン増やし、8トンまで積載が可能。  これまで電気バス用タイヤはバッテリーなどの重さを含めた総重量を支えるため、グリップ性能と頑丈さ、通常のタイヤ以上の積載能力を兼ね備えている…

タグ: , , ,