グッドイヤー

ミシュラン、グッドイヤーの2020年業績 新型コロナの販売減響く
ニュース 221
221

ミシュラン、グッドイヤーの2020年業績 新型コロナの販売減響く

 仏ミシュランの2020年の業績は売上高が前年比15.2%減の204億6900万ユーロ(約2兆6248億円)で、販売数量が14%マイナスに影響した。  セグメント営業利益は37.6%減の18億7800万ユーロで、価格ミックスや原材料価格、販管費の削減が増益に寄与したが、販売数量減や固定費の悪化が響いた。  ただ、タイヤ需要は上半期に新型コロナウイルスの感染拡大やロックダウンで大幅に落ち込んだが、下…

タグ: , , ,
グッドイヤー、クーパータイヤを約2941億円で買収
ニュース 852
852

グッドイヤー、クーパータイヤを約2941億円で買収

 米グッドイヤーは現地時間の22日、米クーパータイヤを約28億ドル(約2941億円)で買収すると発表した。ライトトラック用タイヤやSUV向けタイヤを強化するとともに、北米と中国市場でプレゼンスを強化する。  グッドイヤーの2019年の売上高は136億9000万ドルで世界3位。クーパータイヤは27億5000万ドルで世界13位だった。クーパーの従業員数は約1万人。合弁を含めて世界に10カ所の生産拠点が…

タグ: , , ,
日本グッドイヤー ミニバン用の新商品「E-Grip RVF02」を発表
ニュース 648
648

日本グッドイヤー ミニバン用の新商品「E-Grip RVF02」を発表

 日本グッドイヤーは1月19日、静岡県の富士スピードウェイで試乗会を開き、3月から発売するミニバン用タイヤの新商品「E-Grip RVF02」を披露した。これまで商品ゾーンを拡充してきた「エフィシェントグリップ」シリーズに新しく加わるモデルで、ミニバン特有のフラつきの低減や摩耗の抑制に配慮しつつ、静粛性も高めたことが特徴。13~20インチの全40サイズを展開し、高級ミニバンからワゴン、SUVまで幅…

タグ: , , ,
グッドイヤー 自動運転トラック企業と提携してソリューションを提供
ニュース 233
233

グッドイヤー 自動運転トラック企業と提携してソリューションを提供

 米グッドイヤーは11月17日、自動運転トラックの技術を持つ米トゥーシンプル社と提携したと発表した。トゥーシンプル社の自律型貨物運送ネットワーク「オートノマス・フレート・ネットワーク」(AFN)にタイヤと管理ソリューションを提供する。  また、両社は自動運転トラック及びタイヤのより良い予知保全の実現や、タイヤの寿命の把握、二酸化炭素の影響の抑制のため摩耗の調査を実施する。トゥーシンプル社では、「自…

タグ: , , ,
ミシュラン、グッドイヤーの1~9月期業績 販売減も需要回復へ
ニュース 528
528

ミシュラン、グッドイヤーの1~9月期業績 販売減も需要回復へ

 仏ミシュランの第3四半期(1~9月)の業績は、売上高が前年同期比16.8%(30億900万ユーロ)減の148億8800万ユーロ(約1兆8393億円)だった。主に販売量が17.0%(30億4600万ユーロ)減少したことが響いた。  セグメント別では、自動車および関連販売事業の売上高が16.2%減の72億3600万ユーロで、販売量は16.6%減少した。市販用タイヤの価格管理や、18インチ以上の大口径…

タグ: , ,
グッドイヤー、大豆オイルの利用拡大 石油由来オイルの代替
ニュース 278
278

グッドイヤー、大豆オイルの利用拡大 石油由来オイルの代替

 米グッドイヤーがこのほど発行した2019年の「コーポレート・レスポンシビリティ・レポート」によると、2019年に石油由来オイルの代替となる大豆オイルの利用を90%増加させたことが明らかになった。  同社では「現在大豆オイルは4つのポピュラーなタイヤラインで使用しており、優れたグリップ性能を提供することができる」としている。また、フリート向けに試行したサービスソリューションなどを報告した。

タグ: ,
“冬商戦”へ期待高まる メーカー各社が様々な施策を展開
ニュース 942
942

“冬商戦”へ期待高まる メーカー各社が様々な施策を展開

 9月に入り北日本からTVCMが始まるなど、本格的な冬タイヤの商戦期を迎えつつある。昨シーズンは値上げ前の仮需や消費増税による需要の変動、記録的な暖冬を受けた販売の伸び悩みがあったことから今年にかける期待は大きい。このような中で、各社は様々な施策で需要喚起に注力する。  昨年は8月に各社の価格改定があり、また10月には消費増税がスタートするなど、例年とは異なる環境下で商戦が進んだ。さらに、全国的な…

タグ: , , , , , , ,
日本グッドイヤー SUV用オールシーズンタイヤのサイズ拡充
ニュース 394
394

日本グッドイヤー SUV用オールシーズンタイヤのサイズ拡充

 日本グッドイヤーはSUV用オールシーズンタイヤ「Assurance WeatherReady」(アシュアランス・ウェザーレディー)のサイズラインアップを拡充して8月3日から順次発売した。  「Assurance WeatherReady」は、近年需要の高まっているSUVに対応するため、2018年8月に発売。今回はミニバンとSUV向けに、15~19インチの17サイズを追加。これにより、全体のサイズ…

タグ: , ,
タイヤメーカー6社 GMから「サプライヤー・オブ・ザ・イヤー」受賞
ニュース 583
583

タイヤメーカー6社 GMから「サプライヤー・オブ・ザ・イヤー」受賞

 ブリヂストン、仏ミシュラン、米グッドイヤー、独コンチネンタル、韓国のハンコックタイヤ、台湾のマキシスインターナショナルの6社は、米ゼネラルモーターズ(GM)から2019年の「サプライヤー・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞した。  この賞はGMが一貫して同社の期待を超え、卓越した価値を創造し、イノベーションをもたらした15カ国116社のサプライヤーに授与したもの。授賞式は3月にライブイベントとして開催予…

タグ: , , , , , ,
ミシュラン、グッドイヤーの上期業績 需要減響き大幅減益に
ニュース 947
947

ミシュラン、グッドイヤーの上期業績 需要減響き大幅減益に

 仏ミシュランの第2四半期決算(1~6月)は売上高が前年同期比20.6%減の93億5700万ユーロ(約1兆1589億円)だった。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で世界的にタイヤ需要が急減し、販売量が22.4%減少した。一方、18インチ以上の大口径タイヤの販売比率増加や、鉱山車両用や農業機械用タイヤなど特殊製品事業が回復し、価格ミックスは1.9%増加した。  営業利益は78.4%減の3億1000万…

タグ: , , ,
グッドイヤー 新興EVメーカーと提携しタイヤ供給
ニュース 512
512

グッドイヤー 新興EVメーカーと提携しタイヤ供給

 米グッドイヤーは6月25日、電動ピックアップトラックを開発する新興企業の米ローズタウン・モーターズと戦略的パートナーシップを結んだと発表した。  グッドイヤーは「オハイオ州を本拠地とする2社はタイヤやサービス、さらに将来のタイヤの進化に協力することに合意した」と説明している。  ローズタウン・モーターズは同日、グッドイヤー製タイヤを装着した同社初の電動ピックアップトラック「エンデュアランス」を公…

タグ: ,
モータースポーツ本格再開へ 各社が最高の技術と情熱を
ニュース 532
532

モータースポーツ本格再開へ 各社が最高の技術と情熱を

 新型コロナウイルスの影響で開催が延期されていたモータースポーツ活動が7月以降、本格的に再開される見通しだ。タイヤメーカー各社はトップカテゴリーからユーザー参加型のレースまで様々な活動を支援する。社会情勢が不安定な時期だからこそ、モータースポーツが持つ魅力を伝え、活性化につながっていくことが期待される。  国内外の様々なレースが延期や中止に追い込まれていた今シーズン、ようやく主要なカテゴリーで再開…

タグ: , , , , , , ,
海外メーカーがコロナの対応策 コスト削減、投資見直しも
ニュース 750
750

海外メーカーがコロナの対応策 コスト削減、投資見直しも

 新型コロナウイルスによる需要の減速は、海外メーカー各社の第1四半期に大きな影響を与えた。各社が決算発表と合わせて明らかにした財務面の対応では、コスト削減に向けた多くの施策が示された。  設備投資などの資本支出に関しては、ミシュランは2019年には約18億ユーロ(約2121億円)をあてたが、5億ユーロ削減する方針を明らかにした。グッドイヤーも2020年の資本支出を7億ドル(約755億円)以下とする…

タグ: , , , , , , , ,
新型コロナで需要減響く 海外タイヤ大手3社の1~3月期業績
ニュース 741
741

新型コロナで需要減響く 海外タイヤ大手3社の1~3月期業績

 仏ミシュランの第1四半期決算は、売上高が前年同期比8.3%減の53億2700万ユーロ(約6148億円)だった。数量は11.7%減となり、特に3月単月では21%減少したことが減収要因となった。  部門別では、自動車および関連販売事業の売上高は6.9%減の25億9700万ユーロ。数量が10.5%減少した一方、価格ミックスの改善などがプラスに寄与した。  道路輸送および関連販売事業の売上高は12.3%…

タグ: , , , ,
グッドイヤー 5月から欧米やアジアのタイヤ工場で稼働再開へ
ニュース 344
344

グッドイヤー 5月から欧米やアジアのタイヤ工場で稼働再開へ

 米グッドイヤーは4月30日、新型コロナウイルスの影響で稼働を停止している生産拠点を5月から段階的に再開すると発表した。同社は4月初旬に一部の商用車用タイヤ工場で稼働を再開したものの、従業員の安全を確保するため、欧米やアジアの複数の拠点で稼働を停止している。

タグ: , ,