横浜ゴム

横浜ゴム、米ヒルクライムレースでサステナブルタイヤを初投入
ニュース 459
459

横浜ゴム、米ヒルクライムレースでサステナブルタイヤを初投入

 横浜ゴムは5月13日、米タイヤ販売会社であるヨコハマタイヤコーポレーション(YTC)が6月26日にコロラド州で開催される「第100回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」に参戦する18台(暫定)をサポートすると発表した。  今回は一部の車両にサステナブル素材を使用したストリートスポーツタイヤ「ADVAN A052」を初投入し、100回目の記念大会を盛り上げる。  サステナブル素材を使…

タグ: , ,
横浜ゴム「ニュル24時間レース」に「ヴァルケンホルスト・モータースポーツ」から参戦する3台をサポート
ニュース 290
290

横浜ゴム「ニュル24時間レース」に「ヴァルケンホルスト・モータースポーツ」から参戦する3台をサポート

 横浜ゴムは5月26日~29日にドイツで開催される「第50回ニュルブルクリンク24時間レース」で、最高峰クラスのSP9クラスに参戦するBMWカスタマーチーム「ヴァルケンホルスト・モータースポーツ」の「BMW M4 GT3」3台にADVANレーシングタイヤを供給する。供給タイヤは「ADVAN A005」(ドライ用)と「ADVAN A006」(ウェット用)。  同社は「ヴァルケンホルスト・モータースポ…

タグ: ,
国内タイヤ4社の1~3月期業績 値上げ浸透で2ケタ増収達成
ニュース 718
718

国内タイヤ4社の1~3月期業績 値上げ浸透で2ケタ増収達成

 国内タイヤメーカーの決算が出揃った。売上高は値上げ効果やミックス改善などが寄与し、全社とも2ケタの増収を記録した。その一方で、原材料価格や物流費の高騰が大きな重しになり、2社は営業減益となった。通期でも原材料価格や海上運賃などのインフレは続く見通しだが、住友ゴム工業とTOYO TIREは円安の進行などを受け、業績予想を上方修正した。  ブリヂストンの第1四半期決算(国際会計基準)は値上げや数量増…

タグ: , , , ,
横浜ゴムとミシュラン、展示会でクラシックカー向けタイヤ訴求
レポート 811
811

横浜ゴムとミシュラン、展示会でクラシックカー向けタイヤ訴求

 クラシックカーの展示会「オートモビルカウンシル2022」が4月15日から17日まで千葉市の幕張メッセで開催され、自動車メーカーやパーツメーカー、ヘリテージカーの販売店など76社・団体が出展した。  7回目の開催となった今回は、タイヤメーカーから横浜ゴムとミシュランが出展。横浜ゴムは3月から10サイズを順次追加するヒストリックカー向け復刻タイヤ「アドバンHFタイプD」を展示した。特に、幅225mm…

タグ: , , ,
横浜ゴムとアルプスアルパイン タイヤの摩耗状態推定技術を開発
ニュース 479
479

横浜ゴムとアルプスアルパイン タイヤの摩耗状態推定技術を開発

 横浜ゴムは4月21日、乗用車用タイヤの摩耗状況を検知する技術を開発したと発表した。この技術は、同社がアルプスアルパインと共同で開発中のタイヤ内面貼り付け型センサーから得られるデータを独自の信号処理技術を用いて解析するもの。  今回、センサーを通じて走行中のタイヤの繰り返し変形に応じたセンシング波形を取得し、独自の解析手法を用いることで新品と摩耗品の判別が可能になった。  横浜ゴムでは「タイヤ寿命…

タグ: , ,
横浜ゴム、トラック用オールシーズン「BluEarth 711L」発表
ニュース 960
960

横浜ゴム、トラック用オールシーズン「BluEarth 711L」発表

 横浜ゴムは3月31日、低燃費性能重視型トラック用オールシーズンタイヤ「BluEarth 711L」について、実証実験を行ったユーザーを中心に4月中旬から先行販売すると発表した。発売サイズは275/80R22.5と245/70R19.5の2サイズで、価格はオープン。なお、一般販売は2023年の予定。  同社では、「『BluEarth 711LL』は、当社のトラック用タイヤ史上最高の燃費性能に到達し…

タグ: , ,
「4月8日 タイヤの日」に様々な安全啓発活動
ニュース 296
296

「4月8日 タイヤの日」に様々な安全啓発活動

 4月8日の「タイヤの日」にあわせて様々な安全啓発活動が行われている。コロナ禍で従来のような点検活動には制約があるものの、タイヤメーカーなどが工夫を凝らしてドライバーへタイヤの適正使用や日常点検を呼び掛けている。近年は空気圧不足のまま走行している車両の割合が増加傾向にある中、“使命”として活動を継続することの意義はより大きくなっていく。  日本自動車タイヤ協会(JATMA)は、「タイヤの日」に合わ…

タグ: , , , , ,
横浜ゴム、生産財タイヤ事業強化「上位メーカーと戦っていける」
ニュース 658
658

横浜ゴム、生産財タイヤ事業強化「上位メーカーと戦っていける」

 横浜ゴムは3月25日、農業機械用や産業車両用タイヤなどOHT(オフハイウェイタイヤ)を手掛けるスウェーデンのトレルボルグ・ホイール・システムズ(TWS)の全株式を取得すると発表した。今回の買収は、横浜ゴムが生産財タイヤ事業の“成長ドライバー”と位置付けているOHT事業の拡大を図るもの。会見した山石昌孝社長は「OHTのポートフォリオが完成し、上位メーカーと戦える。収益を伴った成長を目指す」と意気込…

タグ: , , ,
国内タイヤメーカー4社が入社式 新入社員へ期待示す
ニュース 995
995

国内タイヤメーカー4社が入社式 新入社員へ期待示す

 新年度がスタートした1日、国内タイヤメーカーが一斉に入社式を行い、各社のトップが新入社員へエールを送った。  ブリヂストンの東正浩グローバルCOOは、「組織を支え、動かしているのは皆さん一人ひとりだ。社会人、ブリヂストングループの一員としての自覚を持ち、様々な成長の機会を自ら掴み取り、困難なことにもぜひ積極的に挑戦をしてほしい」と語りかけた。  住友ゴム工業の山本悟社長は、同社の一員として「自ら…

タグ: , , ,
横浜ゴムやミシュラン、ウクライナを支援
ニュース 613
613

横浜ゴムやミシュラン、ウクライナを支援

 横浜ゴムは3月22日、ウクライナへの人道支援を実施すると発表した。同社および従業員による社会貢献基金「YOKOHAMAまごころ基金」を活用して合計5000万円を寄付する。  また仏ミシュランは3月18日、ミシュラン財団や中央ヨーロッパの拠点を通じて人道的活動組織や赤十字社などに寄付を行ったと発表した。  ハンガリーやポーランド、ルーマニアの各拠点では、地元の赤十字社などに85万ユーロおよび物資を…

タグ: , , ,
横浜ゴム、トレルボルグ・ホイール・システムズを買収 農機用タイヤなど強化
ニュース 641
641

横浜ゴム、トレルボルグ・ホイール・システムズを買収 農機用タイヤなど強化

 横浜ゴムは3月25日、スウェーデンのトレルボルグ・ホイール・システムズを買収すると発表した。買収額は約2652億円で、買収完了は2022年下期を予定している。  トレルボルグ・ホイール・システムズは農業機械用タイヤや産業車両用タイヤなどを手掛けており、9カ国に14の生産拠点を構えている。2020年の売上高ベースでは世界33位だった。  横浜ゴムは現在進めている中期経営計画のタイヤ生産財事業で、O…

タグ: , ,
ロシアでタイヤメーカーの事業停止相次ぐ
ニュース 2,242
2,242

ロシアでタイヤメーカーの事業停止相次ぐ

 ロシアのウクライナ侵攻を受けてタイヤメーカーが相次いで現地事業を停止している。  ブリヂストンは3月14日、ロシアでのタイヤ生産を停止すると発表した。18日から工場の稼働を停止したほか、新規設備投資も凍結する。また14日にロシア市場向けのタイヤ輸出も停止した。同社では「社会情勢など様々な要因を踏まえ、総合的に判断した」と説明している。  同社はウリヤノフスク州に乗用車用タイヤ工場を構え、2016…

タグ: , , , , , , , ,
横浜ゴム、ロシア工場のタイヤ生産を順次停止
ニュース 1,047
1,047

横浜ゴム、ロシア工場のタイヤ生産を順次停止

 横浜ゴムは18日、ロシアの乗用車用タイヤ工場での生産を順次停止すると発表した。原材料の調達などに問題が出ているため。同工場は2012年に稼働した。  同社では「全てのステークホルダーにとって果たすべき責任を最優先に考え、状況を注視している」としている。

タグ: , ,
国内各社、設備投資を加速 高インチタイヤの生産強化
ニュース 707
707

国内各社、設備投資を加速 高インチタイヤの生産強化

 国内タイヤメーカー4社は、2月に行った2021年決算発表の会見で、2022年に設備投資を加速する姿勢を鮮明にした。新型コロナウイルス感染拡大の影響で投資計画の変更を余儀なくされた過去2年と比べて各社は投資額を大幅に増やす。需要が堅調なSUV向けの大口径タイヤの増産などを中心に、グローバル供給体制の構築や改善も推進していく考えだ。  ブリヂストンの設備投資額は22年に前年比16%増の3050億円を…

タグ: , , , ,
使用済みタイヤの活用へ 新たな連携がスタート
ニュース 783
783

使用済みタイヤの活用へ 新たな連携がスタート

 現在、主に燃料として使用されている使用済みタイヤを再生利用するための開発が活発化している。ブリヂストンはENEOSなどと連携し、また横浜ゴムと日本ゼオンはそれぞれの知見を生かして廃タイヤを分解、タイヤ原料として再利用する「ケミカルリサイクル」の実用化に向けた取り組みを始めた。脱炭素へのニーズが強く求められる中、資源の有効活用につなげる。  ブリヂストンは2月18日、廃タイヤから合成ゴムの素原料と…

タグ: , , ,