ブリヂストン

ブリヂストン、性的マイノリティに関する取り組みで表彰
ニュース 90
90

ブリヂストン、性的マイノリティに関する取り組みで表彰

 ブリヂストンは10月12日、「LGBTが働きやすい職場づくりを日本で実現する」ことを目的とした任意団体、work with Prideが策定する「PRIDE指標2018」で最高評価の「ゴールド」を初めて受賞したと発表した。  この指標は企業や団体のLGBTに関する取り組みを評価するもの。2016年から表彰制度がスタートし、今回が3回目となる。LGBTに関する取り組みを5つの評価指標に分類し、各指…

タグ: ,
GM社からサプライヤー表彰 ブリヂストンの鳥栖工場など
ニュース 93
93

GM社からサプライヤー表彰 ブリヂストンの鳥栖工場など

 ブリヂストンは10月10日、佐賀県の鳥栖工場が米ゼネラル・モーターズ(GM)から「2017 Supplier Quality Excellence Award」を受賞したと発表した。  この表彰制度は、各国のサプライヤーの中からGM社が定めるマネジメントシステムなど13項目の品質に関わる厳しい基準を全て満たした製造拠点に授与される。鳥栖工場は3年連続の受賞となった。なお、今回はブリヂストンの米ウ…

タグ: , ,
未来へのモビリティは――ブリヂストンと武蔵野美大が共同企画
ニュース 95
95

未来へのモビリティは――ブリヂストンと武蔵野美大が共同企画

 ブリヂストンは東京都小平市にある企業博物館「ブリヂストンTODAY」で、武蔵野美術大学と共同で取り組んでいるモビリティの先行デザインの研究成果を10月2日から展示している。期間は11月1日まで。  この企画は「2030年のモビリティデザインと、それを支える足回りのデザイン」をテーマとして2013年に開始した。今年はブリヂストンの研究開発拠点でまとめた将来モビリティ動向の予測に基づいて、学生がデザ…

タグ: ,
ブリヂストン バスの乗降をバリアフリーに 実用化へ向けて技術をアピール
ニュース 279
279

ブリヂストン バスの乗降をバリアフリーに 実用化へ向けて技術をアピール

 9月26日、27日に都内で開催された技術展示会「カウントダウンショーケース2018」にブリヂストンがブースを出展し、バス乗降時のバリアフリー化に貢献する技術として「バリアフリー用新コンセプトタイヤ」と「次世代正着縁石」を紹介した。  同社は2015年10月から横浜国立大学、2016年8月からは日本交通計画協会も交えて、バスの正着性向上に関する共同研究を行っている。  従来はバスが停留所に止まる際…

タグ: , , , ,
北米でタイヤの値上げ相次ぐ ブリヂストンやクーパーなども
ニュース 268
268

北米でタイヤの値上げ相次ぐ ブリヂストンやクーパーなども

 北米でタイヤの値上げが相次いでいる。米グッドイヤーが9月から消費財タイヤを最大3%値上げしたほか、ブリヂストンや米クーパータイヤ、韓国のクムホタイヤも10月1日から出荷価格を引き上げることを決めた。背景には原油高による原材料コスト上昇などの影響があったものとみられる。  ブリヂストンはファイアストンブランドで農機用タイヤを最大4%値上げするほか、市販用乗用車・ライトトラック用タイヤの価格も最大3…

タグ: , , , , ,
タイヤ整備技術、更なる高みへ 各社が技能コンテスト開催
レポート 297
297

タイヤ整備技術、更なる高みへ 各社が技能コンテスト開催

 国内メーカー各社がタイヤ整備のスキル向上を積極化している。大型車の脱輪事故増加などを背景に、より確実な点検整備に対するユーザーからの期待が高まる中、いかに安全で効率的な作業を徹底していくか――ブリヂストンや住友ゴムはメンテナンスを一つの商品と位置づけて取り組みを強化するほか、横浜ゴムや東洋ゴムなども自主系のタイヤ専業店を巻き込みながらレベルを高める活動を推進していく。 国内4社がタイヤの整備技能…

タグ: , , , , , , ,
ブリヂストン「パリモーターショー」でオールシーズンタイヤなど公開
ニュース 199
199

ブリヂストン「パリモーターショー」でオールシーズンタイヤなど公開

 ブリヂストンは10月2日にフランスのパリで開幕する「パリーモーターショー2018」にブースを出展すると発表した。  今回は、持続可能なモビリティ社会の実現に貢献する同社グループの革新的な商品や技術とソリューションビジネスのほか、オリンピック・パラリンピックを通じて夢を追い掛ける全ての人の挑戦を支える同社グループの取り組みを紹介する。  ブースでは、欧州市場向けに販売する高い操縦安定性とウェット路…

タグ: , , ,
ビッグ3のシェア10年間で1割減、躍進する中国メーカー
ニュース 468
468

ビッグ3のシェア10年間で1割減、躍進する中国メーカー

 米専門紙・ラバー&プラスチックニュースがまとめた2017年の世界タイヤ売上高ランキング(上位75社)を10年前の2007年と比較すると、上位75社におけるブリヂストン、仏ミシュラン、米グッドイヤーの3社の合計シェアは当時の50.5%から11.8ポイント下がり38.7%となった。世界的にタイヤの需要が拡大する中、中国やインド、台湾など新興メーカーがグローバルでシェアを伸ばしていることが影響したと見…

タグ: , , , ,
ブリヂストンの欧州子会社 英自動車整備業チェーンを買収
ニュース 111
111

ブリヂストンの欧州子会社 英自動車整備業チェーンを買収

 ブリヂストンは9月11日、欧州子会社ブリヂストン・ヨーロッパ・エヌヴィー(BSEMEA)が英国のイグゾースト・タイヤズ・アンド・バッテリーズ(ETB)社を買収したと発表した。株式の取得は9月6日に完了している。買収額は非公表。  ETB社は1980年に設立。英国の南西部で乗用車タイヤの販売や整備など自動車関連サービスを行っており、32店舗をチェーン展開している。従業員数は8月末時点で265名。 …

タグ: ,
ブリヂストン「重慶国際オートパーツ&サービス展2018」に出展
ニュース 51
51

ブリヂストン「重慶国際オートパーツ&サービス展2018」に出展

 ブリヂストンは9月19日~21日に中国の重慶で開催される自動車部品およびアフターサービスの展示会「重慶国際オートパーツ&サービス展2018」に出展する。  今回のブースでは、「一人ひとりを支える」をテーマに、低燃費タイヤ「ECOPIA EP500 ologic」やエアレスタイヤを装着した自転車、運送ビジネスを支えるデジタルツール、リトレッドタイヤなどを展示する予定。また、中国市場で新たに発売する…

タグ: , ,
ブリヂストン、24日に那須塩原で五輪イベント開催
ニュース 90
90

ブリヂストン、24日に那須塩原で五輪イベント開催

 ブリヂストンは8月22日、2020年の東京五輪に向けて全国で実施しているイベント「ブリヂストン×オリンピック×パラリンピック a GO GO!」を9月24日に栃木県那須塩原市にある「にしなすの運動公園」で開催すると発表した。  当日は栃木県出身でリオデジャネイロ五輪金メダリストの萩野公介選手をはじめ、オリンピックやパラリンピックの出場経験者などが多数来場する予定。イベント参加者に体を動かすことの…

タグ: ,
ブリヂストン、スタッドレスの新CM発表 冬も「ちゃんと買い」
ニュース 168
168

ブリヂストン、スタッドレスの新CM発表 冬も「ちゃんと買い」

 ブリヂストンは9月13日に都内で発表会を開催し、女優の綾瀬はるかさんを起用した乗用車用スタッドレスタイヤ「BLIZZAK」(ブリザック)のテレビCMを公開した。  今回のCMでは、「凍結した路面など危険が多い冬道こそタイヤを性能で選んで欲しい」という思いを、『冬も、性能で「ちゃんと買い」』というキャッチコピーに込めて綾瀬さんが伝える内容。  「しっかり曲がるしっかり止まる」篇と「突然の雪でも安心…

タグ: , ,
スタッドレス商戦本格化 各社が様々な施策を展開
ニュース 519
519

スタッドレス商戦本格化 各社が様々な施策を展開

 9月に入り本格的な冬タイヤの商戦期を迎える。値上げ前の仮需や降雪による需要増などがあった昨シーズンに対して、今シーズンは業界団体の予測では需要が前年を下回ると見込まれている。このような中で、各社はどのような施策を展開していくのか。  JATMA(日本自動車タイヤ協会)の統計によると、昨年下期の冬タイヤの需要は販社販売ベースで前年同期比4%増と好調に推移した。値上げ前の駆け込み需要や北日本エリアを…

タグ: , , , , ,
北海道で震度7 一部の関連工場で生産停止 停電の影響も
ニュース 128
128

北海道で震度7 一部の関連工場で生産停止 停電の影響も

 9月6日午前3時8分頃に北海道南西部地方を震源とする最大震度7の地震が発生した。国内タイヤメーカーで従業員などへ大きな被害は受けていないもようだ。  午前の段階で各社は従業員の安否は確認できているという。ただ、停電のため一部の営業所や販売店が休業しており、苫小牧市にある横浜ゴム子会社のリトレッドタイヤ事業所は生産を停止した。午前11時時点では復旧の見込みは立っていない。

タグ: , , ,
ブリヂストン、植物由来ゴムの研究プロジェクトに参画
ニュース 114
114

ブリヂストン、植物由来ゴムの研究プロジェクトに参画

 ブリヂストンは8月31日、植物原料由来イソプレンゴムの実用化に向けた研究プロジェクトに参画すると発表した。  天然ゴムは世界的なタイヤ需要の拡大とともに消費量が増加すると予想されており、複数のタイヤメーカーが天然ゴムや石油由来の合成ゴムに代わる材料の研究開発を活発化させている。今回、同社が参画する「植物原料由来イソプレン及び高機能イソプレン誘導体製造技術の社会実装に向けた課題抽出」プロジェクトは…

タグ: ,