ミシュラン

ミシュランから農機用タイヤの新技術 タイヤを最適な空気圧に
ニュース 104
104

ミシュランから農機用タイヤの新技術 タイヤを最適な空気圧に

 仏ミシュランは、11月10日から16日まで独ハノーバーで開催された国際農業技術展「アグリテクニカ」で、適切な空気圧や土壌保全のアドバイスを提供するソリューション「アグロプレッシャー」を発表した。  同社では「コネクテッドでスムーズかつ無料のソリューションを提供したい。農家は機械の最適なパフォーマンスを得られるほか、土壌を保全し、収穫量を増やすことができる。燃料費やタイヤ摩耗にもポジティブな効果が…

タグ: , , ,
ミシュランと眼鏡レンズメーカーが協力 “目”を通じて安全啓発
ニュース 82
82

ミシュランと眼鏡レンズメーカーが協力 “目”を通じて安全啓発

 仏ミシュランと眼鏡レンズメーカーの仏エシロールは11月7日、交通安全を目的とした協力に関する覚書を締結した。世界視力デーの取り組みの一環として行ったもので、協力期間は2年間。  今回のパートナーシップでは従業員や顧客などを対象に、目の検査やタイヤチェックを通じて啓蒙活動を強化する。

タグ: ,
ミシュラン「フォーミュラE」にコネクテッドタイヤ供給
ニュース 179
179

ミシュラン「フォーミュラE」にコネクテッドタイヤ供給

 仏ミシュランは、電動フォーミュラカーの国際レースシリーズ「Formula E」の2019/2020シーズンに、FIA(国際自動車連盟)承認レースでは初めてコネクテッドタイヤを供給した。  今シーズン供給する「MICHELIN Pilot Sport」は、フォーミュラE仕様の「Michelin Track Connect」(ミシュラン・トラック・コネクト)によって自動でタイヤ空気圧を監視できる。ケ…

タグ: , , ,
「ミシュランガイド東京 2020」今年も星の数が世界最多に、三つ星は11軒
ニュース 121
121

「ミシュランガイド東京 2020」今年も星の数が世界最多に、三つ星は11軒

 日本ミシュランタイヤは11月26日、東京の飲食店・レストランと宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド東京2020」のセレクションを発表した。東京エリアを対象としたミシュランガイドは2007年にアジア初として発行以来、毎年更新され13年目を迎える。今回は464軒の飲食店・レストランと34軒の宿泊施設が掲載され、11軒が三つ星の評価となったほか、57軒の飲食店・レストラン、宿泊施設が新たに掲載された。…

タグ: ,
ミシュラン「PILOT SPORT CUP2R」にフェラーリ向けにサイズ追加
ニュース 86
86

ミシュラン「PILOT SPORT CUP2R」にフェラーリ向けにサイズ追加

 日本ミシュランタイヤは11月1日、公道も走れるサーキット用スポーツタイヤ 「MICHELIN PILOT SPORT CUP2R」に 「Ferrari 488 PISTA」承認サイズを追加し12月1日から発売すると発表した。サイズは245/35ZR20 95Y XL K1と305/30ZR20 103Y XL K1の2サイズで、価格はオープン。  同製品はスーパースポーツカー専用サーキット向けタ…

タグ: , ,
ミシュラン、グッドイヤーの1~9月期業績 タイヤ販売減が影響も
ニュース 261
261

ミシュラン、グッドイヤーの1~9月期業績 タイヤ販売減が影響も

 仏ミシュランの第3四半期業績(1~9月)は、売上高が前年同期比10.4%増の178億9700万ユーロ(約2兆1575億円)だった。価格ミックスで2.1%、フェナーやカムソ、マルチストラーダ、マスターノートの買収などによる連結範囲の変更で7.1%、為替2.0%がプラス要因。販売量は0.8%のマイナス要因となった。  部門別売上高は、自動車及び関連販売事業が3.7%増の86億3400万ユーロ。18イ…

タグ: , ,
「ミシュランガイド新潟2020 特別版」を2020年春に発行
ニュース 143
143

「ミシュランガイド新潟2020 特別版」を2020年春に発行

 日本ミシュランタイヤは11月7日、新潟県全域を対象に厳選した「ミシュランガイド新潟2020 特別版」を来年春に発行すると発表した。  ミシュランガイドは、厳選した飲食店・レストラン、宿泊施設を紹介するガイドブックとして100年以上の歴史を持ち、現在、世界29カ国で展開している。日本では東京や京都・大阪など都市部を対象にしたガイドを毎年発行しているほか、2012年から地方を対象とした特別版を各地で…

タグ: ,
ミシュラン、植物由来ゴムの工場新設 公的機関などと連携
ニュース 168
168

ミシュラン、植物由来ゴムの工場新設 公的機関などと連携

 仏ミシュランは9月26日、仏IFPENおよび仏アクセンス社と、バイオエタノールからブタジエンを生成する試作工場を建設すると発表した。これまで数年間にわたり、グラム単位での試験生産が行われてきたが、工業規模の生産拠点が稼働するのは今回が初めてとなる。  工場は仏バッサンスにあるミシュランの拠点で今年後半に着工し、2020年後半に竣工する予定。年産20~30トンを生産し、生産プロセスを検証する。同プ…

タグ: , , ,
ミシュラン 輸送業界にハード・ソフト両面からソリューション提案
レポート 205
205

ミシュラン 輸送業界にハード・ソフト両面からソリューション提案

 日本ミシュランタイヤは9月20日、新潟県糸魚川市内で「2019年アドバンスユーザーミーティング」を開催し、全国の運送会社から約60人が参加した。当日は、ミシュランのリトレッドタイヤを製造するトーヨーリトレッドを見学したほか、ドライバーの定着に向けたサービス提案をはじめとするセミナーを実施。運送業界の多様な課題に応えたソリューションをアピールした。  運送業界の経営環境は、慢性的なドライバー不足や…

タグ: , , , , ,
ミシュランのデザインコンペ 2020年のテーマは“アップサイクル”
ニュース 138
138

ミシュランのデザインコンペ 2020年のテーマは“アップサイクル”

 仏ミシュランはこのほど、来年開催する国際デザインコンペティション「2020ミシュラン・チャレンジ・デザイン」のテーマを「Upcycle」(アップサイクル)にしたと発表した。持続可能なモビリティを未来につなげるため、参加者が過去の受賞作品から示唆を得られるような催しを企画する。  コンペティションにはアーティストやデザイナー、エンジニア、建築家などの個人またはチームを招待。同コンペの過去の受賞作品…

タグ: , ,
ミシュラン、トラック用オールシーズンタイヤ「X Multi Grip Z」発売
ニュース 150
150

ミシュラン、トラック用オールシーズンタイヤ「X Multi Grip Z」発売

 日本ミシュランタイヤは、トラック・バス用のオールシーズンタイヤ「X Multi Grip Z」を11月から発売する。11R22.5の1サイズで、価格はオープン。  新商品は大型の中長距離車両向けに開発し、日本専用のパターンを採用した。深溝による長寿命化や耐偏摩耗性などが特徴で、同社では「コスト削減に貢献するほか、ローテーション回数の低減が作業時間の短縮、生産性向上につながる」としている。  パタ…

タグ: , , ,
11軒が“三つ星”に「ミシュランガイド京都・大阪2020」発表
ニュース 154
154

11軒が“三つ星”に「ミシュランガイド京都・大阪2020」発表

 日本ミシュランタイヤは10月9日、京都・大阪地区を対象に飲食店・レストランと宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド京都・大阪2020」のセレクションを発表した。  今回、京都は飲食店・レストラン206軒、旅館29軒、ホテル30軒が選ばれた。また大阪からは飲食店・レストラン209軒、ホテル16軒が掲載された。京都は新たな三つ星が2軒誕生して合計8軒が最高評価を得た。大阪は三つ星が3軒あり、そのうち2…

タグ: ,
ミシュラン「X One」シリーズ拡充 リトレッド販売も2割増へ
ニュース 120
120

ミシュラン「X One」シリーズ拡充 リトレッド販売も2割増へ

 日本ミシュランタイヤは、トラック・バス用ワイドシングルタイヤ「X One」(エックス・ワン)のラインアップを拡充する。北米で展開されているオールシーズンタイヤ「X One LINE ENERGY D」を半年以内に国内へ導入するほか、4月に発売した冬用タイヤ「X One LINE GRIP D」の新サイズを投入する。タイヤサイズはともに445/50R22.5となる見込み。  「X One」は複輪を…

タグ: , ,
需要減で事業の見直し相次ぐ コンチネンタルやミシュランは工場閉鎖
ニュース 875
875

需要減で事業の見直し相次ぐ コンチネンタルやミシュランは工場閉鎖

 海外の大手タイヤメーカーが需要減少などを背景に、工場閉鎖を含めた事業の見直しを進めている。独コンチネンタルは9月25日、工場閉鎖や人員削減などの組織再編計画を発表した。リストラ費用として今後10年間で約11億ユーロ(約1295億円)を想定し、2023年からは年間5億ユーロのコスト削減を見込む。世界的に自動車生産台数が減少する中、将来的に需要拡大が見込まれるデジタルソリューションへの対応を図る。 …

タグ: , ,
ミシュラン、コンチネンタルなどが合弁会社 天然ゴム流通の透明性向上へ
ニュース 229
229

ミシュラン、コンチネンタルなどが合弁会社 天然ゴム流通の透明性向上へ

 仏ミシュランと独コンチネンタル、仏SMAGは9月12日にスマートフォンのアプリケーション「RUBBERWAY」(ラバーウェイ)の開発を行う合弁会社を設立すると発表した。事業は今年末までに開始する。  「ラバーウェイ」は、「持続可能な天然ゴムのためのプラットフォーム」(GPSNR)の目標に準拠したもの。この技術的なソリューションは、ゴム農園から加工工場まで天然ゴム業界全体を通じて、環境課題や社会問…

タグ: , , ,