ミシュラン

旧車の展示会開催 クラシックタイヤにも注目集まる
レポート 62
62

旧車の展示会開催 クラシックタイヤにも注目集まる

 ヘリテージカーの展示会「オートモビルカウンシル2018」が8月3日から5日まで千葉市の幕張メッセで開催され、自動車メーカーやパーツメーカー、ヘリテージカーの販売店などが多数出展した。  3回目の開催となった今回は、タイヤメーカーから横浜ゴムと日本ミシュランタイヤがブースを出展。横浜ゴムは昨年10月に発売したヒストリックカー向け復刻タイヤ「ADVAN HF タイプD」や「G.T. SPECIAL」…

タグ: , , , ,
ミシュラン、太田サイトで開発加速 タイヤの静粛性向上へ
ニュース 261
261

ミシュラン、太田サイトで開発加速 タイヤの静粛性向上へ

 日本ミシュランタイヤは8月1日、群馬県にある研究開発拠点「太田サイト」で行われているタイヤ騒音試験の様子をメディアに公開した。  太田サイトはミシュラングループの中で、フランス、北米と合わせた3大研究開発拠点の一つで、ノイズを測定するために壁面を全て特殊な吸音材で覆った半無響音室があるのは太田のみ。乗用車用タイヤやトラック・バス用タイヤ、二輪車用タイヤなど静粛性能の試験が必要なタイヤは全てここで…

タグ: , , ,
ミシュラン、グッドイヤーの1~6月期業績 販売増も営業減益に
ニュース 92
92

ミシュラン、グッドイヤーの1~6月期業績 販売増も営業減益に

 仏ミシュランの2018年上半期の業績は、売上高が前年同期比4.1%減の106億300万ユーロ(約1兆3787億円)だった。営業利益は4.9%減の13億5000万ユーロ、純利益は6.3%増の9億1700万ユーロとなった。  18インチ以上の乗用車用タイヤや鉱山用、農業用、建機用が好調で価格ミックスも改善したものの、原材料価格の高騰や、主に米ドルに起因する為替差損の影響があった。  部門別の売上高は…

タグ: , ,
ミシュラン、ワイドシングルタイヤ「X One」3000台超へ
ニュース 162
162

ミシュラン、ワイドシングルタイヤ「X One」3000台超へ

 日本ミシュランタイヤは9月下旬を目処にトラック・バス用ワイドシングルタイヤ「X One」(エックスワン)で、リトレッドの国内生産を始める。リグルーブなどと併せて同社が進める3Rコンセプトを「X One」にも展開することが可能となり、コストメリットや輸送効率向上を広く訴求していく。将来的に新たなパターンの投入も検討しており、「X One」の装着台数を2020年に2000台、2030年までに3000…

タグ: , , ,
ミシュランから2種類の「X Oneリトレッド」10月発売
ニュース 126
126

ミシュランから2種類の「X Oneリトレッド」10月発売

 日本ミシュランタイヤは、トラック・バス用シングルタイヤ「X One」(エックスワン)のリトレッドタイヤを10月から販売する。今回発売するのは、「XDN2 リトレッド」とトレーラー用の「MULTI ENERGY T(マルチ・エナジー・ティー)リトレッド」の2パターン。販売サイズはともに455/55R22.5で、価格はオープン。  「XDN2 リトレッド」は、あらゆる天候の路面で優れたグリップ性能を…

タグ: , , ,
タイヤから貢献する農業の生産性向上へ
レポート 270
270

タイヤから貢献する農業の生産性向上へ

 担い手の減少による人手不足や高齢化が加速している農業。生産効率を高めつつ、将来に繋がる強い農業を育成していくことは今後ますます重要になってくる。農家が抱える様々な課題に対して、農機メーカーが情報通信技術(ICT)を活用したスマート農業に力を入れる中、タイヤメーカーも効率的な農作業に貢献するべく最新技術を搭載した新モデル投入の動きを活発化させている。各社はニーズに最適な提案を進め、生き残りを模索す…

タグ: , , , , , , ,
ミシュランガイド「京都・大阪+鳥取2019」「東京2019」の発売決定
ニュース 93
93

ミシュランガイド「京都・大阪+鳥取2019」「東京2019」の発売決定

 日本ミシュランタイヤは7月24日、京都・大阪と鳥取県全域の厳選した飲食店・レストラン、宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取2019」を10月12日に発売すると発表した。また、11月30日には「ミシュランガイド東京2019」を発売する。定価はともに税込3240円。  2009年の出版以来、毎年更新を続けてきた「京都・大阪版」では今回、鳥取県全域を対象としたセレクションを追加する。鳥…

タグ: ,
ミシュラン、冬タイヤでも返金保証 乗用車用など4商品が対象
ニュース 146
146

ミシュラン、冬タイヤでも返金保証 乗用車用など4商品が対象

 日本ミシュランタイヤは7月11日、スタッドレスタイヤを対象とした「全額返金保証プログラム」を8月から実施すると発表した。プログラムの対象商品は乗用車用スタッドレスタイヤの「X-ICE3+」「X-ICE3」、SUV用の「LATITUDE X-ICE2」およびライトトラック・バン用の「AGILIS X-ICE」。  同サービスは、製品の性能に満足できなかった場合にタイヤ購入代金と取付工賃を全額返金す…

タグ: , , ,
ミシュランのプレミアムタイヤ「PRIMACY 4」ウェットの高さ実証
レポート 290
290

ミシュランのプレミアムタイヤ「PRIMACY 4」ウェットの高さ実証

 日本ミシュランタイヤはコンフォートタイヤ「MICHELIN PRIMACY 4」(ミシュラン プライマシー フォー)を7月から発売した。新商品は新品時はもちろんのこと、摩耗が進んだ状態でもウェットブレーキ性能を維持したことが大きな特徴。6月上旬にGKNドライブラインジャパンテストコース(栃木県)で開催した試乗会でその性能を確かめた。 変わる自動車業界のトレンド  「プライマシー」シリーズはミシュ…

タグ: , , ,
ミシュラン、加カムソ社を1600億円で買収 OHTの世界トップへ
ニュース 709
709

ミシュラン、加カムソ社を1600億円で買収 OHTの世界トップへ

 仏ミシュランは7月12日、カナダの建設・産業機械用タイヤの専業メーカー、CAMSO(カムソ)社を買収すると発表した。買収額は14億5000万ドル(約1633億2800万円)。両社の建設・産業機械用タイヤ事業を統合して新たな部門を立ち上げる。同部門の売上高は20億ドル以上となる見込み。ミシュランは強みの高性能ラジアルタイヤやゴムクローラに加えて、カムソの主力ブランド「SOLIDEAL」(ソリディー…

タグ: , , , ,
「ミシュランガイド熊本・大分」13日から発売開始
ニュース 78
78

「ミシュランガイド熊本・大分」13日から発売開始

 日本ミシュランタイヤは13日、熊本県と大分県のレストランや宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド熊本・大分2018特別版」を全国の書店などで発売開始した。熊本県は325軒、大分県は237軒を掲載している。価格は税込2916円。  同社のポール・ペリニオ社長は、「2014年の福岡・佐賀版に続く、九州地方で2冊目となるミシュランガイドとなる。熊本、大分両県には、国内外から多くの旅行者が訪れており、ミシ…

タグ: ,
ミシュランの新たな技術コンセプト 各カテゴリーへ本格展開
ニュース 357
357

ミシュランの新たな技術コンセプト 各カテゴリーへ本格展開

 仏ミシュランが理念として掲げる“トータル・パフォーマンス”の一環として、摩耗が進んでも性能を維持するという技術コンセプトを打ち出し、国内市場も含めて幅広いカテゴリーで本格展開を始めた。  同社は昨年発表した乗用車用スタッドレスタイヤ「X-ICE3+」(エックスアイス スリープラス)で1万kmを走行した状態での氷上性能を1割向上させ、性能劣化を抑えることのメリットを前面に押し出した。  また、20…

タグ: , , , , , ,
「国際農業機械展」ブリヂストン、横浜ゴムが初出展
ニュース 372
372

「国際農業機械展」ブリヂストン、横浜ゴムが初出展

 7月12日から16日に北海道帯広市で開催される「第34回国際農業機械展」にタイヤメーカーからブリヂストンと横浜ゴム、日本ミシュランタイヤが出展する。  国際農業機械展は4年に一度開催される日本最大級の農業機械の展示会。今回は約130の企業・団体が出展を予定しており、ブリヂストンと横浜ゴムは初の出展となる。  ブリヂストンのブースでは、国内初導入となるブリヂストンブランドの大型トラクター用ラジアル…

タグ: , , , , ,
ミシュラン「PRIMACY 4」発表 摩耗してもウェット性能が持続
ニュース 244
244

ミシュラン「PRIMACY 4」発表 摩耗してもウェット性能が持続

 日本ミシュランタイヤは6月18日に都内で会見を開き、乗用車用プレミアムコンフォートタイヤの新商品「PRIMACY 4」(プライマシー・フォー)を7月2日から発売すると発表した。新商品は従来品(プライマシー3)から約5年ぶりのモデルチェンジとなり、シリーズとしては第4世代目となる。発売サイズは16~19インチの全36サイズで価格はオープン。従来品も併売する。  「プライマシー4」は、静粛性や低燃費…

タグ: , ,
持続可能な社会に向けて タイヤ原材料の多様化が加速
ニュース 278
278

持続可能な社会に向けて タイヤ原材料の多様化が加速

 環境への取り組みがこれまで以上に求められる中、将来のタイヤがどのような姿になっているのか――。自然環境保護の観点から、大手メーカー各社が技術力を駆使して石油への依存から脱却する動きを加速させている。仏ミシュランは30年後に全てのタイヤをリサイクルする計画を公表。その目標達成のために、原材料の8割をサステナブルマテリアルに置き換えていく。 ミシュラン、全てをリサイクル可能に  一般的なタイヤでは原…

タグ: , , , , ,