住友ゴム

住友ゴムの人工芝「Jヴィレッジ」の練習場に採用
ニュース 9
9

住友ゴムの人工芝「Jヴィレッジ」の練習場に採用

 住友ゴム工業は9月10日、同社のスポーツ用人工芝「ハイブリッドターフ XP-mono」が、福島県のサッカートレーニングセンター「Jヴィレッジ」の全天候型練習場に採用されたと発表した。  同練習場はサッカーやラグビーのグラウンド1面が確保できる国内初の規模の屋内練習場。9月8日から一般利用が開始された。  今回採用された人工芝は、強度を高めるとともに、色調には限りなく天然芝に近い3色を配合しており…

タグ: ,
スタッドレス商戦本格化 各社が様々な施策を展開
ニュース 401
401

スタッドレス商戦本格化 各社が様々な施策を展開

 9月に入り本格的な冬タイヤの商戦期を迎える。値上げ前の仮需や降雪による需要増などがあった昨シーズンに対して、今シーズンは業界団体の予測では需要が前年を下回ると見込まれている。このような中で、各社はどのような施策を展開していくのか。  JATMA(日本自動車タイヤ協会)の統計によると、昨年下期の冬タイヤの需要は販社販売ベースで前年同期比4%増と好調に推移した。値上げ前の駆け込み需要や北日本エリアを…

タグ: , , , , ,
住友ゴム「DIREZZA」ブランドのラリー競技タイヤ2商品発売
ニュース 107
107

住友ゴム「DIREZZA」ブランドのラリー競技タイヤ2商品発売

 住友ゴム工業は、ダンロップブランドのラリー競技用タイヤ「DIREZZA 94R S11」と「DIREZZA 94R W01」を9月4日に発売開始した。発売サイズは2商品とも15インチ~18インチの5サイズで、価格はオープン。  新商品はともに舗装路面におけるラリー競技での上位入賞を目標に開発したハイグリップタイヤ。「DIREZZA 94R S11」は、非対称パターンおよび専用に開発したコンパウン…

タグ: , ,
住友ゴム タイヤ購入でダンロップのスポーツ用品が当たるキャンペーン
ニュース 96
96

住友ゴム タイヤ購入でダンロップのスポーツ用品が当たるキャンペーン

 住友ゴム工業はダンロップのタイヤ専門店「タイヤセレクト」「タイヤランド」「オートランド」で「ダンロップスーパーコラボキャンペーン」を実施している。期間は、北海道エリアが9月1日から10月31日まで、その他エリアは10月1日から11月30日まで。  このキャンペーンは、スタッドレスタイヤや低燃費タイヤなど対象商品を4本購入してアンケートに回答したユーザーを対象としたもの。抽選でダンロップの「ゼクシ…

タグ:
北海道で震度7 一部の関連工場で生産停止 停電の影響も
ニュース 114
114

北海道で震度7 一部の関連工場で生産停止 停電の影響も

 9月6日午前3時8分頃に北海道南西部地方を震源とする最大震度7の地震が発生した。国内タイヤメーカーで従業員などへ大きな被害は受けていないもようだ。  午前の段階で各社は従業員の安否は確認できているという。ただ、停電のため一部の営業所や販売店が休業しており、苫小牧市にある横浜ゴム子会社のリトレッドタイヤ事業所は生産を停止した。午前11時時点では復旧の見込みは立っていない。

タグ: , , ,
高付加価値タイヤの需要増に対応 海外生産比率拡大へ
ニュース 403
403

高付加価値タイヤの需要増に対応 海外生産比率拡大へ

 SUV用タイヤや高性能タイヤの需要増を背景に、国内各社が海外市場で供給能力を拡大している。ブリヂストンは欧米やインドなどで生産増強を図り、住友ゴム工業も既存工場へ生産ラインの新設を急ピッチで進める。また横浜ゴムは生産財タイヤの事業拡大にも取り組む。為替変動の影響を受けにくい体制を築き、価格競争力や採算性を高めていく傾向は一層強まっていく。  ブリヂストンのタイヤ海外生産比率は2018年通期で73…

タグ: , , , , , , ,
住友ゴムのフラッグシップ工場、白河工場が果たすべき役割
タイヤ事業戦略 452
452

住友ゴムのフラッグシップ工場、白河工場が果たすべき役割

 住友ゴム工業の国内最大級の生産規模を誇る白河工場(福島県)は、生産技術面でも最新工法を開発し、発信する重要な役割を担う。モビリティ社会の変化に伴いタイヤに求められる性能が進化し、さらに事業のグローバル化が加速する中、工場のあるべき姿はどう変わっていくのか――藤本紀文工場長(住友ゴム執行役員)に展望を聞いた。 ――住友ゴムグループの中で白河工場の役割は。  「住友ゴムグループのフラッグシップ工場と…

タグ: , , ,
住友ゴムの白河工場 3つの工法を活用し、高品質なタイヤを供給
レポート 521
521

住友ゴムの白河工場 3つの工法を活用し、高品質なタイヤを供給

 住友ゴム工業の白河工場(藤本紀文工場長)は、生産規模が新ゴム量換算で月間1万350トンと、国内では他社を含めてトップクラス。住友ゴムグループのタイヤ生産拠点は、国内では白河をはじめとする4工場、海外ではタイやアメリカ、中国、インドネシアなどに8工場を数えるが、その中でも白河は、2006年に操業開始したタイ工場の月間1万4550トンに次ぐ2番目の生産能力を誇る。 3つの工法を活用し、高品質なタイヤ…

タグ: , , ,
住友ゴム、降雪地区で冬タイヤの早期装着を啓発
ニュース 130
130

住友ゴム、降雪地区で冬タイヤの早期装着を啓発

 住友ゴム工業は9月1日から降雪地域でスタッドレスタイヤの早期装着を呼び掛ける「冬の準備はお早めに!交通安全キャンペーン」にダンロップブランドで協賛している。  この取り組みは、各地域の放送局がテレビやラジオCMなどを通じて実施する交通安全の啓発活動。北海道・北陸・山陰版には北海道日本ハムファイターズの稲葉篤紀さん、東北版は東北楽天ゴールデンイーグルスの則本昂大選手が出演する。  さらに北海道と宮…

タグ: ,
住友ゴム 女子カーリングチームとスポンサー契約
ニュース 209
209

住友ゴム 女子カーリングチームとスポンサー契約

 住友ゴム工業は8月23日、女子カーリングチーム「ロコ・ソラーレ」(北海道北見市)とダンロップブランドでチームスポンサー契約を締結したと発表した。契約期間は1年間。  2010年に結成したロコ・ソラーレは、世界で活躍しているカーリングチーム。今回の契約には、ユニフォームへのロゴ掲出やチーム公式ウェブサイトおよび記者会見時のバックボードへのロゴ掲出などが含まれている。  住友ゴムでは「高性能なスタッ…

タグ: ,
住友ゴム、テニス「全豪オープン」の公式スポンサーに
ニュース 111
111

住友ゴム、テニス「全豪オープン」の公式スポンサーに

 住友ゴム工業は8月25日にテニスの世界四大大会の1つである「全豪オープン」のオフィシャルスポンサー契約を締結したと26日発表した。  オーストラリアテニス協会(テニス・オーストラリア)が主催する全豪オープンは、アジアパシフィック地域で開催される唯一のグランドスラムで、アジアにおける大会のイメージアップやプレゼンス向上を目指している。今回は住友ゴムのテニスボールの販売実績や高い品質、技術力などが認…

タグ: ,
国内4社の1~6月期業績 原油高が利益押し下げ
ニュース 458
458

国内4社の1~6月期業績 原油高が利益押し下げ

 タイヤメーカー4社の1~6月期決算が出揃った。海外を中心にタイヤ販売本数は好調に推移し、ブリヂストン、住友ゴム工業、横浜ゴムが増収を達成した。ただ、石油系原材料の価格高騰が利益を押し下げる要因となっているほか、海外の一部で景気下振れリスクがあり、横浜ゴムを除く3社が通期予想を下方修正した。 3社が通期予想を下方修正  各社の利益面でマイナスに働くのは、主にカーボンや合成ゴムなど石油系原材料価格の…

タグ: , , , , ,
二輪車の安心安全と楽しさを 住友ゴム、自工会などが啓発活動
ニュース 57
57

二輪車の安心安全と楽しさを 住友ゴム、自工会などが啓発活動

 住友ゴムグループの二輪車用タイヤの販売会社であるダンロップモーターサイクルコーポレーションは8月18日、全国6カ所で「ダンロップ全国タイヤ安全点検」を実施した。  この活動は、毎年8月19日の「バイクの日」前後に開催しており、今年で6回目。実施会場のうち、神奈川県足柄下郡のアネスト岩田ターンパイク箱根スカイラウンジ前の活動には、住友ゴム工業の増田栄一執行役員(タイヤ国内リプレイス営業本部長)やダ…

タグ: , , , ,
住友ゴム、南アフリカ工場でトラック用タイヤの生産開始
ニュース 160
160

住友ゴム、南アフリカ工場でトラック用タイヤの生産開始

 住友ゴム工業は8月7日、南アフリカ工場(レディスミス市)にトラック・バス用タイヤの生産設備を新設し、7月19日に生産を開始したと発表した。投資額は約81億円で、生産能力は2020年に日産750本を予定している。  これまでアフリカ市場向けのトラック・バス用タイヤは輸入販売を行ってきたが、現地生産を開始することで、アフリカ市場におけるトラック・バス用タイヤの安定供給を図る。同社では「今後、アフリカ…

タグ: , , ,
住友ゴムの人工芝 営業を再開したJヴィレッジに採用
ニュース 110
110

住友ゴムの人工芝 営業を再開したJヴィレッジに採用

 住友ゴム工業は7月25日、福島県のサッカーナショナルトレーニングセンター「Jヴィレッジ」にスポーツ用人工芝「ハイブリッドターフ」が採用されたと発表した。  今回採用されたのは、雨天練習場とNo.6ピッチの2面で、No.6ピッチには陸上競技用の複合弾性舗装システム「マスターズトラック」も採用されている。なお、同社の人工芝の採用は2002年、2010年に続き3回目となる。  「Jヴィレッジ」は、19…

タグ: ,