住友ゴム

住友ゴム 外部の知見を活用しスポーツ事業で新規ビジネスへ
ニュース 123
123

住友ゴム 外部の知見を活用しスポーツ事業で新規ビジネスへ

 住友ゴム工業は10月18日、オープンイノベーションによる新規スポーツ事業の創造プロジェクトを実施すると発表した。A(エイス)が運営するプラットフォーム「Wemake」を活用し、スポーツの魅力や付加価値を引き出す新規事業のビジネスモデルを募集する。  今回のプロジェクト「DUNLOP INNOVATION CHALLENGE」では、同社の既存事業である「ゴルフ」「テニス」「ウェルネス」とオープンイ…

タグ: ,
住友ゴム、新AI技術を確立 タイヤ性能持続技術の開発加速
ニュース 192
192

住友ゴム、新AI技術を確立 タイヤ性能持続技術の開発加速

 住友ゴム工業は10月18日、タイヤの性能持続技術の開発を加速させるAI(人工知能)技術「Tyre Leap AI Analysis」(タイヤ・リープ・エーアイ・アナリシス)を確立したと発表した。  同技術は、原材料情報に加えて、ゴム内部の分析データのリアルな情報から高精度なゴム物性推定などに応用ができる。既に今年上期から製品開発に使用しているという。使用前後のゴム内部の構造変化の検知も行えること…

タグ: , ,
【東京モーターショー2019】住友ゴム フラッグシップ低燃費タイヤを発表
レポート 228
228

【東京モーターショー2019】住友ゴム フラッグシップ低燃費タイヤを発表

 ダンロップとファルケンの2つのブランドでブースを構成した。ダンロップエリアでは、12月1日から発売予定のフラッグシップ低燃費タイヤ「エナセーブNEXTⅢ(ネクスト・スリー)」を公開した。発売サイズは195/65R15 91Hの1サイズで、希望小売価格は税別2万5100円。  新商品は2017年に掲げたタイヤ技術開発コンセプト「SMART TYRE CONCEPT」(スマート・タイヤ・コンセプト)…

タグ: , , , , ,
東京モーターショー2019――タイヤからモビリティの未来を創造
ニュース 339
339

東京モーターショー2019――タイヤからモビリティの未来を創造

 自動車産業が大変革期に突入する中、“OPEN FUTURE”をテーマとした「東京モーターショー2019」が開幕した。新たなモビリティに対応する技術革新が求められる未来に向けて、タイヤメーカーからブリヂストン、住友ゴム工業、横浜ゴム、日本グッドイヤーなどが出展。将来を見据えたコンセプトや先端技術を採用した新モデルを発信した。 ブリヂストン 革新素材で社会を変える  先端技術担当の田村康之執行役員と…

タグ: , , , , , , ,
台風19号の被災地を支援 住友ゴムやトーヨータイヤが義援金
ニュース 108
108

台風19号の被災地を支援 住友ゴムやトーヨータイヤが義援金

 関東地方や東北地方を中心に大きな被害もたらした台風19号(令和元年台風第19号)の被災地を支援するため、住友ゴム工業は義援金として500万円を日本赤十字社を通して寄付すると発表した。さらに支援物資として作業用手袋4800双、衣類300着などを寄付するほか、今後グループ社員からも義援金を募る予定。  また、TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は、被災者へのお見舞いと被災の早期復旧・復興に役立てても…

タグ: , , ,
東京モーターショー2019 各社が未来への技術革新を紹介
ニュース 368
368

東京モーターショー2019 各社が未来への技術革新を紹介

 10月25日から東京・江東区の東京ビッグサイトなどで一般公開が始まる「東京モーターショー2019」にはタイヤメーカーも多く出展し、自動車産業の変革期を見据えたノベーションや最新のソリューション、コンセプトモデルを披露する予定だ。  ブリヂストンは、同社グループの持続可能なモビリティ社会の実現に貢献するイノベーションや、独自のソリューション「Bridgestone T&DPaaS」など、未…

タグ: , , , , , ,
住友ゴムが安全啓発活動 将来に向けて子どもたちにも訴求
レポート 58
58

住友ゴムが安全啓発活動 将来に向けて子どもたちにも訴求

 住友ゴム工業は10月5日、全国10会場で「DUNLOP(ダンロップ)全国タイヤ安全点検」を実施した。2008年に開始したこの活動はタイヤに起因する事故の未然防止を目的に、装着されているタイヤの空気圧や残溝などの点検を行うもの。例年は全国47都道府県で開催してきたが、12年にわたる活動によって浸透してきたことを踏まえて今回は会場数を限定した。  当日は、花見川緑地交通公園(千葉県)の点検活動を報道…

タグ: , , ,
住友ゴム、モトクロス用タイヤの新商品「GEOMAX MX53」発売
ニュース 58
58

住友ゴム、モトクロス用タイヤの新商品「GEOMAX MX53」発売

 住友ゴム工業は10月1日からモトクロス競技専用タイヤ「GEOMAX MX53」を発売した。発売サイズはフロントが6サイズ、リアが11サイズで、価格はオープン。  新商品はレースで培った技術を投入して開発。従来品(GEOMAX MX52)と比較して走行性能を底上げするとともに、接地感やハンドリングのチューニングにより乗りやすさを向上した。  フロントはエッジ成分やブロック個数を増やし、ソフト路側へ…

タグ: , ,
住友ゴム 生産現場の効率化へ 外部と連携して新システム構築
ニュース 320
320

住友ゴム 生産現場の効率化へ 外部と連携して新システム構築

 住友ゴム工業は10月3日、日立製作所、PTCジャパンと連携してAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)を活用したタイヤ生産システムの構築を進めると発表した。新システムは、生産設備の稼働データをリアルタイムでモニタリングし、現場を可視化するもの。それらのデータをAIで分析し、品質や生産性、設備保全、省エネルギー化などに影響を与える要因を高精度に探索する。これにより、スピーディーな意思決定に…

タグ: ,
作業事故撲滅や運送事業者の課題解決に タイヤ各社が整備技術の向上へ
レポート 298
298

作業事故撲滅や運送事業者の課題解決に タイヤ各社が整備技術の向上へ

 大型車の脱輪事故などを背景に、確実な点検作業が求められる中、各社がトラック・バス用タイヤの整備スキル向上に注力している。その一つが競技形式で行われる大会だ。ブリヂストンや住友ゴム工業は開始から10年の節目を迎え、「レベルが着実に上ってきている」(住友ゴム)と成果が見られてきている。横浜ゴムやTOYO TIRE(トーヨータイヤ)も含めて各社は活動を継続していく予定で、事故のない車社会の実現に一歩前…

タグ: , , , , , , ,
住友ゴム タイヤ点検を10月5日に実施 「こども交通安全教室」も開催
ニュース 78
78

住友ゴム タイヤ点検を10月5日に実施 「こども交通安全教室」も開催

 住友ゴム工業は10月5日に全国10会場で「DUNLOP全国タイヤ安全点検」を実施すると発表した。  今年で12年目を迎える同活動は、タイヤに起因する事故の未然防止を目的に、タイヤの空気圧や残溝、表面の損傷などの点検を行うもの。これまでに累計点検台数は延べ10万台を超えている。  今回、会場ではタイヤ安全点検の重要性を記載したクリアファイルを配布するなど、ドライバーに定期的なタイヤの点検、整備の必…

タグ: ,
住友ゴムの制震ダンパー、熊本城天守閣の小天守に採用
ニュース 110
110

住友ゴムの制震ダンパー、熊本城天守閣の小天守に採用

 住友ゴム工業は9月26日、同社の制震ダンパーが2016年の熊本地震で大きな被害を受けた熊本城天守閣の小天守に設置されたと発表した。  同社製品は2018年には大天守にも採用されている。熊本城天守閣の復旧工事は大天守の外観復旧がほぼ完了し、小天守の外観復旧も始まっている。10月5日からは特別公開として、立入規制区域が部分開放され天守閣の間近まで行けるようになる。  同社の制震ダンパーは、自動車レー…

タグ: ,
住友ゴム、台風15号の被災地へLEDライトを提供
ニュース 185
185

住友ゴム、台風15号の被災地へLEDライトを提供

 住友ゴム工業は9月9日の台風15号通過に伴い停電が続く千葉県の地域へ「水だけで灯る安心安全ライト」2000個を支援物資として提供した。  この製品は同社がノベルティとして用意しているもので、少量の水に浸すだけで点灯することができる簡易型LEDライト。電源や電池を必要とせず、灯りが暗くなったら再度水に浸けることで数日間の点灯が可能。  同社では「全面復旧までの間、灯りをお届けすることで、被災者の皆…

タグ: ,
住友ゴムと横浜ゴムからレース競技用タイヤの新商品発売
ニュース 184
184

住友ゴムと横浜ゴムからレース競技用タイヤの新商品発売

 住友ゴム工業は、9月11日からダンロップブランドのラリー・ダートトライアル競技用タイヤ「DIREZZA 95R」(ディレッツァ・キューゴーアール)を発売する。タイヤサイズは185/60R15 88Q XLと205/65R15 94Qの2サイズで、価格はオープン。  新商品はラリー・ダートトライアル競技での上位入賞を目指して開発した硬質ダート路面向けのハイグリップタイヤ。ブロック配列を最適化した新…

タグ: , , ,
レッドブル・エアレースで「Team FALKEN」の室屋義秀選手が優勝
ニュース 94
94

レッドブル・エアレースで「Team FALKEN」の室屋義秀選手が優勝

 9月7日~8日に千葉県で開催された「Red Bull Air Race World Championship 2019」シリーズ最終戦で、住友ゴム工業がFALKENブランドでサポート契約をしているマスタークラスのパイロット、室屋義秀選手が優勝を飾り、年間総合ランキングでは2位を獲得した。  同社は最先端技術により開発された高性能タイヤでの新車装着やモータースポーツ活動などにより高い支持を獲得し、…

タグ: ,