トーヨータイヤ

「青を灯せ」――TOYO TIREが企業フィルムで世界観を表現
ニュース 33
33

「青を灯せ」――TOYO TIREが企業フィルムで世界観を表現

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は3月30日、TOYO TIRESブランドが目指す世界観とメッセージを表現した新しい企業フィルムを制作したと発表した。4月1日から国内でTVCFとして順次放送を開始する。  TOYO TIRESは、元々ブランドカラーが青色で、同社では「『青』という色に自らを投影して立ち返り、見つめ直し、確認した意味合いを信念として表現した」と説明している。また、このフィルムを…

タグ:
トーヨータイヤ、日米のタイヤ工場で一時生産停止 新型コロナへ対応
ニュース 411
411

トーヨータイヤ、日米のタイヤ工場で一時生産停止 新型コロナへ対応

 新型コロナウイルスの感染拡大によるタイヤの需要減を受けて、TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は仙台工場(宮城県岩沼市)の稼働を一時停止すると発表した。期間は4月3日から9日までの7日間で、4月10日から生産を再開する予定。  仙台工場は同社の自動車用タイヤの国内主力生産拠点。海外市場向け高性能タイヤの輸出拠点としても活用している。従業員数は約1500人。同社では「現在、市場から求められている在…

タグ: , , , ,
タイヤメーカーで入社式の中止相次ぐ 新型コロナの感染防止
ニュース 577
577

タイヤメーカーで入社式の中止相次ぐ 新型コロナの感染防止

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、国内のタイヤメーカーでも4月の入社式の中止や開催方法の変更が検討されている。  ブリヂストンは入社式の延期を決定した。状況が落ち着き次第、代替措置を講じる予定で、「社長など経営側のメッセージを新入社員に伝える場を用意したいと考えているが、具体的な実施方法は検討中」(広報部)という。  住友ゴム工業や横浜ゴムは、例年通りの集合形式の入社式は中止した。住友ゴムは…

タグ: , , , , ,
米州でもタイヤ工場の生産停止拡大、需要減への対応も
ニュース 649
649

米州でもタイヤ工場の生産停止拡大、需要減への対応も

 欧州に続き、米国でもタイヤメーカーの生産休止が拡大している。新型コロナウイルスの感染拡大から従業員の安全を確保するとももに、生産停止が相次いでいる自動車メーカーの生産減少による需要減への対応を図る。  ブリヂストンの米国子会社は北米やラテンアメリカ地域で一時生産を停止すると発表した。4月12日までに稼働を再開する見込み。また、仏ミシュランは3月20日に米国およびカナダのタイヤ工場を停止すると発表…

タグ: , , , , , , , , , , , ,
トーヨータイヤ「ニュル24時間レース」にNOVEL racingと参戦
ニュース 165
165

トーヨータイヤ「ニュル24時間レース」にNOVEL racingと参戦

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は2月27日、NOVEL(岐阜市)とパートナーシップ契約を結び、5月にドイツで開催される「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」(ニュル24時間レース)に参戦すると発表した。トーヨータイヤがニュル24時間レース参戦車両をサポートするのは2014年以来6年ぶりとなる。  ニュルブルクリンクは全長約25kmのサーキットで、高低差300m、約200カ所のコーナーを持…

タグ: ,
新型コロナウイルスの影響も 2021年4月の新卒採用活動
ニュース 424
424

新型コロナウイルスの影響も 2021年4月の新卒採用活動

 3月1日に解禁された2021年4月の採用活動では、新型コロナウイルスの影響が出始めている。住友ゴム工業、横浜ゴム、トーヨータイヤは3月に開催予定だったイベントを一部中止したほか、今後のスケジュールも未定という。  こうした中で、「学生にPRできる機会が減ってしまうので、インターネットで説明会や面接を行うことを検討している」(トーヨータイヤ)、「一次面接はウェブ上で行うことを検討中」(住友ゴム)な…

タグ: , , , ,
トーヨータイヤ、開発体制を拡充 テストコース新設を検討
ニュース 403
403

トーヨータイヤ、開発体制を拡充 テストコース新設を検討

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)がタイヤの研究開発機能を大幅に強化する。早ければ2023年にも夏用タイヤのテストコースを新設して、現在は宮崎県の施設で行っている評価機能を全面的に移管する。タイヤのラインアップ拡充や高性能化に伴い、評価数が年々増加していく中、試験データの精度向上や実車試験の効率化を図り、競争力を高めていく。  トーヨータイヤは2月21日に北海道の「サロマテストコース」を報道陣…

タグ: , , ,
トーヨータイヤの仙台工場「コージェネ大賞」で優秀賞
ニュース 166
166

トーヨータイヤの仙台工場「コージェネ大賞」で優秀賞

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は2月10日、宮城県岩沼市の仙台工場が「コージェネ大賞2019」で優秀賞(産業用部門)を受賞したと発表した。  コージェネレーションシステムは、熱源から電力と熱を生産して供給するシステムの総称。同賞は、一般財団法人コージェネレーション・エネルギー高度利用センターが新規・先導性、新規技術、省エネルギー性等において優れたコージェネを表彰する制度で、今回で8回目とな…

タグ: , ,
トーヨータイヤ、ライフとウェット性能高めたトラック用タイヤ「M646」発売
ニュース 204
204

トーヨータイヤ、ライフとウェット性能高めたトラック用タイヤ「M646」発売

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)はトラック・バス用オールウェザータイヤ「M646」を3月から順次発売開始した。3月にまず6サイズを投入し、5月には9サイズを追加する。価格はオープン。  新商品は耐摩耗性能とウェット駆動力を高次元で両立していることが特徴となっている。トレッド部に3列のブロックを配置することでセンター部の接地面積を増加させたほか、トレッド剛性を向上。ライフ性能は従来品(M636…

タグ: , ,
成長に向けた次の一手 各社のトップが今後の方針示す
ニュース 416
416

成長に向けた次の一手 各社のトップが今後の方針示す

 2月17日までに行われた国内タイヤメーカー4社の決算説明会で、各社が将来に向けた施策や一部で業績低迷の要因となった海外工場での巻き返し策を語った。  ブリヂストンの石橋秀一副会長は、「タイヤ事業の基盤をしっかりしつつ、事業モデルを進化させる」と述べ、「モビリティソリューションなど新しい事業も今後強化していく」と研究投資への考え方を説明した。  トーヨータイヤも今後を見据えた戦略を推進していく。清…

タグ: , , , , ,
時差通勤、在宅勤務広がる 新型コロナウイルスの感染予防で
ニュース 726
726

時差通勤、在宅勤務広がる 新型コロナウイルスの感染予防で

 国内で新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、タイヤメーカーでも従業員のテレワークや時差出勤が進められている。  ブリヂストンは2月20日から本社地区でテレワークの対象を拡大した。従来は週に3日だった上限を撤廃したほか、試用期間中の社員や派遣社員にも対象を広げている。「一律に在宅勤務を行うのではなく部署ごとに状況に合った判断をしている」(同社)という。  住友ゴム工業は以前からワークライフバ…

タグ: , , , , , ,
トーヨータイヤ、本社勤務者を対象に服装を自由化
ニュース 460
460

トーヨータイヤ、本社勤務者を対象に服装を自由化

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は3月2日から本社で働く社員約300名を対象に服装を自由化すると発表した。また、本社以外の拠点においても体制を整え次第、同様に進めていく予定だという。  同社は持続的な成長を実現していくため、従業員がやりがいをもって活躍できる労働環境をつくることが必要であるとの考えから、様々な働き方改革に取り組んでいる。今回の服装自由化はこの一環として決めたもので、各自が主体…

タグ: , ,
攻勢に向けて体制強化 国内タイヤメーカー4社の2020年業績予想
ニュース 827
827

攻勢に向けて体制強化 国内タイヤメーカー4社の2020年業績予想

 2020年は国内タイヤメーカーの業績に好転の兆しが見えてきそうだ。2月17日までに各社の業績予想が出揃い、全社が増収営業増益を見込む。昨年までは為替の影響や原材料高、固定費などが重荷となっていたが、今期はグローバル生産量が拡大し、高付加価値タイヤの販売増が見込まれるほか、石油系原材料価格の下落も利益面で追い風となる。ただ、各社とも現時点では新型肺炎の感染拡大による影響は織り込んでおらず、事態が長…

タグ: , , , , ,
タイヤのパフォーマンスを見える化 トーヨータイヤのセンシング技術
ニュース 290
290

タイヤのパフォーマンスを見える化 トーヨータイヤのセンシング技術

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は2月7日、走行中のタイヤのパフォーマンスを可視化するタイヤセンシング技術を開発したと発表した。今後、オープンイノベーションなどを活用することで、より安全な移動支援技術の確立や新しいビジネスモデルの創出につなげていく。  都内で開催した技術発表会で、守屋学執行役員は、「CASEは100年に一度と言われる自動車産業の変革の象徴であり、タイヤには高機能化が求められ…

タグ: , ,
国内タイヤメーカー「新型肺炎」で今後の影響を懸念
ニュース 816
816

国内タイヤメーカー「新型肺炎」で今後の影響を懸念

 感染拡大が続く新型コロナウイルスについてタイヤメーカー各社の現地工場は概ね生産を再開したものの、今後の影響がどこまで広がっていくか予断を許さない状況だ。  ブリヂストンの津谷正明CEOは2月17日の決算会見の中で、「直接的な影響はそれほど大きくはない」としつつ、「世界経済への影響がどうなっていくかは見えない」と警戒感を示した。また江藤彰洋COO兼社長は「当社の事業環境、お客様の環境をしっかり確認…

タグ: , , , , , ,