TOYO TIRE

TOYO TIRE、メキシコで開催の「SCORE BAJA400」参戦選手をサポート
ニュース 43
43

TOYO TIRE、メキシコで開催の「SCORE BAJA400」参戦選手をサポート

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は、米国とメキシコのタイヤ販売子会社とともに9月18日から22日までメキシコで開催される「SCORE BAJA400」(バハ400)に参戦する7選手に対しタイヤを供給すると発表した。供給するタイヤはピックアップトラック/SUV用オフロードタイヤ「OPEN COUNTRY」シリーズ。  「バハ400」は、SCOREインターナショナルが「SCORE World D…

タグ: , , ,
トーヨータイヤ「北陸カスタムカーショー2019 in 金沢」に出展
ニュース 83
83

トーヨータイヤ「北陸カスタムカーショー2019 in 金沢」に出展

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は、8月31日から9月1日に石川県産業展示館で開催された「北陸カスタムカーショー2019 in 金沢」にブースを出展した。  カスタムカーショーは東京オートサロン事務局が特別協力して、毎年、全国各地で開催されているイベントで北陸地方では今回が初めて。  同社のブースでは、10月に発売予定の新サイズ(225/75R16)の「OPEN COUNTRY M/T」を装…

タグ: ,
トーヨータイヤ 欧州新工場の隣接地にテストコース開設へ
ニュース 208
208

トーヨータイヤ 欧州新工場の隣接地にテストコース開設へ

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は2022年1月から稼働を予定しているセルビア工場の隣接地にプルービンググラウンド(テストコース)を開設する検討を始めた。工場で試作したタイヤをタイムリーに実車で試験できるようになり、高いレベルが求められる欧州の自動車メーカー向けに新車用タイヤなどの開発スピードを加速させる。  同社は国内の宮崎県と北海道でテストコースを運営しているが、海外では初の拠点となる見…

タグ: , , ,
スタッドレス商戦が本格スタート 消費増税で需要の前倒しも
ニュース 382
382

スタッドレス商戦が本格スタート 消費増税で需要の前倒しも

 9月に入り本格的な冬タイヤの商戦期を迎えた。業界団体の予測では今シーズンの需要は昨年を下回ると見込まれている中、10月の消費増税を前に駆け込み需要の動きも見られる。需要の拡大とその反動減が懸念されるなど不透明感がある市場環境でどのような販売施策を展開していくのか――国内各社に今期の販売方針を聞いた。  JATMA(日本自動車タイヤ協会)の統計によると、2018年の冬タイヤの販売実績は四輪車用合計…

タグ: , , , , ,
トーヨータイヤ「秋のタイヤ安全啓発活動」を実施
ニュース 66
66

トーヨータイヤ「秋のタイヤ安全啓発活動」を実施

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は、販売会社のトーヨータイヤジャパンと9月1日から15日に北海道や大分県など全国8カ所の道の駅で、タイヤの安全な使用を訴求する「タイヤ安全啓発活動」を実施している。  この活動では、希望者を対象にタイヤの空気圧や残溝、外傷のチェックなど無料安全点検を行い、空気圧が不足している場合は空気充てんする。さらに、新品タイヤと不良タイヤを比較展示することで、タイヤ点検へ…

タグ: ,
国内タイヤメーカー4社のトップが方針示す 将来に向けた戦略は――
ニュース 568
568

国内タイヤメーカー4社のトップが方針示す 将来に向けた戦略は――

 8月9日までに行われた国内タイヤメーカー4社の決算説明会で、各社のトップが将来に向けた施策を語った。  ブリヂストンの江藤彰洋COO兼社長は、「欧州ではフリートビジネスが非常に大きな起爆剤になる」と、今年4月に買収した蘭トムトム子会社のデジタルフリートソリューション事業について期待を述べた。  その上で、買収したトムトムテレマティクスが持つデバイスやノウハウに、ブリヂストンのタイヤビジネスの強み…

タグ: , , , ,
TOYO TIRE「OPEN COUNTRY」装着車 アジアンラリーで5連覇
ニュース 68
68

TOYO TIRE「OPEN COUNTRY」装着車 アジアンラリーで5連覇

 8月10日から16日にタイやミャンマーで開催された「第24回アジアクロスカントリーラリー2019」で、TOYO TIRE(トーヨータイヤ)がSUV用タイヤ「OPEN COUNTRY M/T」を供給したナタポン・アングリッツァノン選手のチームが総合優勝(AUTO部門)した。同社製タイヤを装着したチームが優勝するのは2015年から5年連続となった。  アジアクロスカントリーラリーは国際自動車連盟(F…

タグ: ,
トーヨータイヤ仙台工場 デジタル化と技術革新で独自性を
レポート 284
284

トーヨータイヤ仙台工場 デジタル化と技術革新で独自性を

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は5月下旬、同社が“マザー工場”と位置付け、技術開発やグローバル市場向けの高付加価値製品の生産を行う仙台工場(宮城県岩沼市)で報道向けの見学会を開催した。生産現場でのこれまでの取り組みと今後の展望を聞いた。 マザー工場として重要な役割果たす  仙台工場は1964年に操業を開始した。現在の工場の従業員数は1492人と国内有数の規模を誇る。工場からは鉄道駅や空港な…

タグ: , , ,
国内タイヤメーカー4社の上期業績 販売減や原料高響く
ニュース 832
832

国内タイヤメーカー4社の上期業績 販売減や原料高響く

 国内タイヤメーカー4社の1~6月期決算が出揃った。欧米や中国、アジアなどで販売が落ち込んだほか、石油系原材料価格の高止まりが影響して全社が営業減益となった。国内市場では年初に降雪がなかったため、冬タイヤの販売が落ち込んだことも響いた。通期業績はブリヂストンとTOYO TIRE(トーヨータイヤ)が下方修正を発表した。下期以降も米中問題をはじめとした経済の先行きに不透明感があり、新興国の一部で景気下…

タグ: , , , ,
全米最長のオフロードレースで「OPEN COUNTRY」装着車両が総合優勝
ニュース 69
69

全米最長のオフロードレースで「OPEN COUNTRY」装着車両が総合優勝

 8月14日から17日の4日間、米ネバダ州で開催されたオフロードレース「Best in the Desert Vegas to Reno」で、TOYO TIRE(トーヨータイヤ)がタイヤを供給したブライス・メンジス選手のチームが総合優勝した。  「Best in the Desert Vegas to Reno」は米国で開催されるオフロードレースの中で、最も長い行程(約880km)のレースとして知…

タグ: ,
トーヨータイヤ、欧州初の開発拠点をドイツに設立
ニュース 126
126

トーヨータイヤ、欧州初の開発拠点をドイツに設立

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は今年秋にドイツに技術開発(R&D)拠点を設立すると発表した。投資額は11億円で、同社が欧州に開発拠点を構えるのは初めてとなる。  欧州は大手自動車メーカーをはじめ、自動車関連企業が多数あることから市場動向など最新情報をタイムリーに入手できる利点がある。新拠点を活用して欧州における技術基盤の構築や商品開発力の強化、次世代モビリティを見据えた技術確立に取り組んで…

タグ: , ,
トーヨータイヤが「第39回いたみ花火大会」に協賛
ニュース 116
116

トーヨータイヤが「第39回いたみ花火大会」に協賛

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は8月24日に兵庫県伊丹市で開催される「第39回いたみ花火大会」に協賛すると20日発表した。  今回で39回目となる「いたみ花火大会」は、伊丹市を中心とした阪神地域で親しまれている夏の恒例行事。同社は伊丹市に本社を構えていることから「企業市民の一員として、地元地域の活性や地域社会の発展につながる取り組みを通じて、地域とともに共生していく」としている。  なお、…

タグ: ,
トーヨータイヤ、タイヤ生産2割増 2023年に4400万本体制へ
ニュース 309
309

トーヨータイヤ、タイヤ生産2割増 2023年に4400万本体制へ

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)がグローバルでタイヤ生産能力を拡大させる。現在、米国工場とマレーシア工場で拡張を進めており、さらに2022年には同社にとって初の欧州生産拠点としてセルビアで工場を稼働する。新工場がフル生産に入る2023年にはグループ合計のタイヤ生産能力は現在の約2割増の年間約4400万本に達する見込みだ。強みの高付加価値タイヤで供給体制を強固にしつつ、将来の成長につなげていく…

タグ: , , ,
TOYO TIREが企業CFの冬バージョンを放映開始
ニュース 94
94

TOYO TIREが企業CFの冬バージョンを放映開始

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は、TOYO TIRESブランドが目指す世界観を映像で表現した企業テレビCFの冬バージョンを制作したと発表した。北海道地区を皮切りに8月1日から放映を開始する。  同社は6月に新しいブランドステートメント「まだ、走ったことのない道へ。」を制定し、この世界観を表現した映像や広告を活用してメッセージを発信している。  今回は冬バージョンとして、雪原を駆け巡り、それ…

タグ: ,
TOYO TIRE 新たなタイヤ設計技術を確立 AIの活用も
ニュース 229
229

TOYO TIRE 新たなタイヤ設計技術を確立 AIの活用も

 TOYO TIREは7月9日、タイヤ設計基盤技術にコンピューター支援技術やAI(人工知能)を融合した新たなタイヤ開発プロセス「T-MODE」(ティーモード)を開発したと発表した。従来より高精度かつ効率よくタイヤを開発することが期待される。  同日、都内で行われた説明会で守屋学執行役員(技術開発本部長、商品開発本部長)は「モビリティ社会は変革期を迎えており、タイヤにも進化が求められている。様々なニ…

タグ: ,