TOYO TIRE

NITTOのSUV用タイヤ2商品 TOYO TIREが国内導入
ニュース 232
232

NITTOのSUV用タイヤ2商品 TOYO TIREが国内導入

 TOYO TIREは、NITTO(ニットー)ブランドのSUV用タイヤ「Mud Grappler」(マッド・グラップラー)と「Trail Grappler(トレイル・グラップラー)M/T」を6月1日から発売開始する。価格はともにオープン。2商品は既に北米で販売されており、ユーザーのオフロード用タイヤへの関心が高まってきているというタイヤ販売店の声を受けて国内導入を決めた。  「Mud Grappl…

タグ: , ,
国内タイヤメーカー4社の1~3月期業績 為替と原料上昇響き減益に
ニュース 812
812

国内タイヤメーカー4社の1~3月期業績 為替と原料上昇響き減益に

 国内4社の第1四半期業績が出揃った。タイヤ販売は中国など一部の市場で落ち込みがあったものの、全体的には堅調に推移した。ただ、原材料価格の上昇や為替の影響により全社が減益となった。また、前年同期には米税制改革による法人税率の引き下げがあったことの反動もあった。なお、通期業績は固定資産売却益を計上したことで上方修正した横浜ゴムを除いて3社が従来予想を据え置いた。 ブリヂストン ORRは堅調な需要続く…

タグ: , , , ,
業務の最適化へデジタル化加速 TOYO TIRE、住友ゴムが新組織発足
ニュース 640
640

業務の最適化へデジタル化加速 TOYO TIRE、住友ゴムが新組織発足

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)が社内のあらゆる業務でデジタル化を加速させ、データを横断的に活用することで効率的な生産や需要を先読みした販売体制の構築、将来に向けたビジネス創出を目指す。  同社は4月1日付で「デジタル推進室」を新設した。「顧客まで繋がる一気通貫の仕組みで機動的な経営を実現する」(同社)ことを目的に、様々な部門から約30名が参画する。同推進室の室長に就任した金井昌之取締役常務…

タグ: , ,
TOYO TIRE、伊丹市のグルメイベントに協賛
ニュース 157
157

TOYO TIRE、伊丹市のグルメイベントに協賛

 TOYO TIREは5月18日に兵庫県伊丹市の市街地で開催される地域グルメイベント「第20回伊丹まちなかバル」に協賛するとともにブースを出展すると発表した。  このイベントは街おこしの一環として、伊丹市や商工会議所、地元の飲食店が一体となって運営するもの。新店から老舗まで約100の飲食店が参加する予定で、日本最大級のお祭りイベントとも言われている。  同社は伊丹市に本社ビル及びタイヤ技術センター…

タグ: ,
TOYO TIREの桑名工場「森林保全活動遊歩道」が完成
ニュース 102
102

TOYO TIREの桑名工場「森林保全活動遊歩道」が完成

 TOYO TIREは3月26日、同社の桑名工場が森林保全活動の一環として取り組んできた遊歩道が完成したと発表した。同社は同工場の所在する員弁郡東員町の町有林(約5万2700m2)一帯を「TOYO TIRES 緑のつながり・三重」と命名し、2014年から毎年段階的に整備を継続してきた。  3月23日に開催された開通記念式典には、水谷俊郎東員町長をはじめ地域住民代表や関係者約40名が参加。来賓による…

タグ: ,
TOYO TIRE、自動車部の学生とコミュニケーション活発化
ニュース 191
191

TOYO TIRE、自動車部の学生とコミュニケーション活発化

 TOYO TIREは4月20日、鈴鹿サーキットで開催された「第三回全関西大学自動車部新入生歓迎祭」に協賛した。当日は同社のアンバサダーとして参加した「Team TOYO TIRES DRIFT」の川畑真人選手によるデモ走行や大学生との同乗走行を実施。また、ブースで会社説明や商品展示を行うなど、自動車部に所属する大学生とのコミュニケーション機会の拡大に努めた。  今回のイベントは関西学生自動車連盟…

タグ: , ,
TOYO TIRE、タイヤ安全点検実施 ドライブシュミレーターも活用
ニュース 101
101

TOYO TIRE、タイヤ安全点検実施 ドライブシュミレーターも活用

 TOYO TIREは4月7日から21日にかけて全国8カ所の道の駅でタイヤの空気圧や残溝、外傷の有無をチェックするなどのタイヤ無料安全点検を実施した。7日に兵庫県神戸市の道の駅「神戸フルーツ・フラワーパーク大沢」で行われた活動には清水隆史社長をはじめ同社の首脳が激励に訪れた。  挨拶に立った清水社長は「昨年、当社が実施したタイヤ点検では29%に空気圧不足が検出された。タイヤの空気は自然に低下してい…

タグ: , , ,
メキシコのオフロードレースでTOYO TIRE装着車両が総合優勝
ニュース 92
92

メキシコのオフロードレースでTOYO TIRE装着車両が総合優勝

 4月3日から7日にメキシコで開催された「第33回SCORE San Felipe 250」で、TOYO TIREがタイヤを供給してサポートしたチームが総合優勝した。  使用したタイヤは「OPEN COUNTRY M/T-R」。「OPEN COUNTRY」シリーズは、特に大型SUV車両の普及率が高い米国で支持されている。  「SCORE San Felipe 250」は、全4戦で構成されるオフロー…

タグ: ,
欧州の自動車誌で高評価 TOYO TIRE、コンチネンタル、ピレリ
ニュース 610
610

欧州の自動車誌で高評価 TOYO TIRE、コンチネンタル、ピレリ

 TOYO TIREは4月3日、露自動車専門誌「オートレビュー」でプレミアムSUV用スポーツタイヤ「PROXES Sport SUV」の19インチが最高評価を獲得したと発表した。SUV用の夏タイヤテストで、同商品はウェット性能や操縦安定性能の高さに加えて、サイドインパクトテストでの耐サイドカット性能などが高く評価された。  「PROXES Sport SUV」は、欧州タイヤラベリング制度のウェット…

タグ: , , , ,
TOYO TIRE「D1グランプリ」に新チームで参戦
ニュース 226
226

TOYO TIRE「D1グランプリ」に新チームで参戦

 TOYO TIREは6月29日に開幕するドリフト競技「2019年D1グランプリシリーズ」に新チーム体制で参戦する。  新チームは川畑真人選手(2018年単走ランキング優勝)、藤野秀之選手(同3位)、タイドリフトシリーズでチャンピオンの経験があるポン選手の3人体制となる。  各選手のレーシングスーツやマシンのカラーリングデザインを同社ブランドの視認性を高めるものに一新し、シリーズ全7戦に挑む。また…

タグ: ,
国内タイヤメーカー4社が入社式、新たな挑戦への期待示す
ニュース 469
469

国内タイヤメーカー4社が入社式、新たな挑戦への期待示す

 新年度がスタートした1日、国内タイヤメーカーが一斉に入社式を行い、各社のトップは「新たなことに果敢に挑戦を」「色々なことに挑戦して学びを得る」「新しい時代を創るその主役になって欲しい」など、期待を込めてエールを送った。  ブリヂストンの江藤彰洋COO兼社長は、同社の創業時から現在の経営のグローバル化について触れ、「当社が現在、そして将来実行しようとしていることは過去から脈々と受け継いできた理念や…

タグ: , , ,
TOYO TIRE 全国8カ所の道の駅で「タイヤ安全啓発活動」実施
ニュース 138
138

TOYO TIRE 全国8カ所の道の駅で「タイヤ安全啓発活動」実施

 TOYO TIREはJATMA(日本自動車タイヤ協会)などが制定した「4月8日タイヤの日」にあわせて4月7日から全国の道の駅やショッピングモールでタイヤ安全啓発活動を実施する。  同社が昨年実施した安全啓発活動では、点検した車両の約29%でタイヤが空気圧不足のまま走行していることが分かった。こうした状況に対し、「日常のタイヤ点検の重要性について啓発していくことはタイヤメーカーの使命」(同社)とし…

タグ: , ,
TOYO TIRE、将来に向けて「持続可能な開発目標」を策定
ニュース 173
173

TOYO TIRE、将来に向けて「持続可能な開発目標」を策定

 TOYO TIREは3月8日、国連が提唱する「持続可能な開発目標」(SDGs)の趣旨に賛同し、2030年に向けた「TOYO TIREのSDGs」を策定したと発表した。  「TOYO TIREのSDGs」は、原材料・調達、研究開発などのバリューチェーンごとに、持続可能なサプライチェーンの構築やモビリティの進化への貢献といった14のゴールを定めたもの。同社では「グローバルな社会課題の解決に貢献するこ…

タグ: , ,
TOYO TIRE「OPEN COUNTRY」鍛え上げた本物の性能を
タイヤ事業戦略 497
497

TOYO TIRE「OPEN COUNTRY」鍛え上げた本物の性能を

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)がピックアップトラック/SUV用タイヤのブランドとしてグローバル展開する「OPEN COUNTRY」(オープンカントリー)シリーズ。都市型から本格的なオフロードユースまで多様化が進むSUVユーザーのニーズに応えている。特に大型SUV車両が普及している米国で高く支持され、数年前から本格展開をスタートした国内市場でも今後の需要拡大に注目が集まっている。世界有数の過…

タグ: , , , , , ,
TOYO TIRE、トヨタの燃料電池バス「SORA」に採用
ニュース 239
239

TOYO TIRE、トヨタの燃料電池バス「SORA」に採用

 京浜急行バス(東京都港区)が民間事業者として初めて導入したトヨタ自動車の燃料電池バス「SORA」(ソラ)に、TOYO TIREの「NANOENERGY M638」が採用された。車両は3月1日からJR大井町駅とお台場地区を結ぶ路線で運行している。   「NANOENERGY M638」は、TOYO TIRE独自のトラック・バス用タイヤ基盤技術「e-balance」(イーバランス)と材料設計基盤技術…

タグ: , ,