注目

神奈川ハマタイヤ「ヨコハマタイヤ体感試乗研修会」開催
レポート 56
56

神奈川ハマタイヤ「ヨコハマタイヤ体感試乗研修会」開催

 神奈川ハマタイヤは6月19日から21日の3日間、千葉県の袖ヶ浦フォレスト・レースウェイで販売スタッフらを対象にした「ヨコハマタイヤ体感試乗研修会」を開催した。管理本部長補佐管理部の篠田典之部長は「どういうことをすればカーディーラーの方がエンドユーザーにタイヤの特徴を伝えられて、そのためには何をしたら良いかと考えて試乗会を企画した」と取り組みの意義を話す。販売スタッフは試乗研修会を通して、体験に基…

タグ: , , , ,
スタッドレスの製造年週、消費者の懸念払拭へ 業界団体が検証
ニュース 1,061
1,061

スタッドレスの製造年週、消費者の懸念払拭へ 業界団体が検証

 タイヤ公正取引協議会などが行った検証試験で、保管が適正であれば製造から2シーズンが経過したスタッドレスタイヤであっても直近に生産した製品と同等の性能が維持されていることが分かった。生産時期から年数が経過すると性能が低下するというユーザーの懸念や誤解の回避につながることが期待される。  近年、特に冬用タイヤで製造年週に関する消費者からの問い合わせが増加しており、販売サイドからテストや評価を望む声が…

タグ: , ,
横浜ゴム ヒストリックカー向けに2商品を国内で発売
ニュース 162
162

横浜ゴム ヒストリックカー向けに2商品を国内で発売

 横浜ゴムは7月12日に「G.T.SPECIAL CLASSIC Y350」を国内で発売した。タイヤサイズは14~15インチの全3サイズ。  同商品はクラシックなトレッドパターンとサイドデザインを合わせ持ち、1960~1970年代の日本や欧州の歴史的な車に相応しい外観を備えている。さらに現代の技術により、ヒストリックカーの乗り味を損なわないマイルドな乗り心地と安全性を提供する。  「G.T.SPE…

タグ: , , ,
人手不足解消の一手に ミシュランが運送会社向けに提案
ニュース 325
325

人手不足解消の一手に ミシュランが運送会社向けに提案

 日本ミシュランタイヤは6月下旬に三重県内で輸送事業者を対象にしたセミナーを開催し、深刻化している人手不足に対して従業員の満足度を高めることで課題解決を図るソリューションを提案した。また、同社が3年前にスタートした「運転事業者向け診断パッケージ」を導入したユーザーも出席し、従業員のモチベーション向上の重要性やキャリアによる目的の違いを認識することが成果につながることが示された。慢性的な人手不足は今…

タグ: , , ,
「ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ」参加チーム過去最多に
ニュース 88
88

「ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ」参加チーム過去最多に

 ブリヂストンは10月に豪州で開催されるソーラーカーレース「ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ」のプログラムを6月19日に発表した。  このイベントは2年に1度開催される世界最高峰のソーラーカーレース。太陽光を動力源として使用するソーラーカーの技術的な革新と、若手エンジニアの育成を目的としている。今年は10月13日~20日で開催され、過去最多の24カ国・53チームがエントリーしている。 …

タグ: , ,
TOYO TIRE、国内オールシーズンタイヤ市場に参入 8月に新商品発売
ニュース 351
351

TOYO TIRE、国内オールシーズンタイヤ市場に参入 8月に新商品発売

 TOYO TIREはSUV向け全天候型オールシーズンタイヤ「CELSIUS」(セルシアス)を8月1日から販売開始する。同社が国内市場で乗用車用オールシーズンタイヤを発売するのは今回が初となる。発売サイズは15~17インチの全6サイズで価格はオープン。ユーザーの反応を見て今後のサイズ拡充を検討する。  「CELSIUS」は2015年から欧米で販売されているが、国内でオールシーズンタイヤへの関心が高…

タグ: , , , ,
ブリヂストン、欧州でスマート工場化推進 44億円を投資
ニュース 353
353

ブリヂストン、欧州でスマート工場化推進 44億円を投資

 ブリヂストンの欧州子会社、ブリヂストンEMEAは6月27日、スマート工場プロジェクトに3600万ユーロ(約44億円)を投じると発表した。ポーランド、ハンガリー、スペイン、イタリア、フランスにある8つの工場で生産プロセスのデジタル化を推進する。プロジェクトは今年から4年間を計画している。  今回のプロジェクトは半製品の製造やエネルギー供給、メンテナンス、生産管理、生産計画など工程全般が対象となる。…

タグ: , , ,
神奈川県タイヤ組合 ベトナム人技能実習生向けに講習会
ニュース 188
188

神奈川県タイヤ組合 ベトナム人技能実習生向けに講習会

 神奈川県タイヤ商工協同組合は、イエローハットで技能実習生として働くベトナム人を対象としたタイヤ空気充てん作業特別教育講習会を6月16日に横浜市内で実施した。  当日は神奈川、東京、千葉の店舗に所属する20代のスタッフ約20名が参加。災害事例などに関する講義を受けたほか、タイヤ組み込み時や空気充てんを行う際の注意点や適正な作業手順を学んだ。  受講生の一人は「普段は乗用車用タイヤを扱っており、トラ…

タグ: , , , ,
ブリヂストンの「POTENZA」を装着したレーシングカーがEV最速記録
ニュース 116
116

ブリヂストンの「POTENZA」を装着したレーシングカーがEV最速記録

 ブリヂストンの欧州グループ会社は、「POTENZA」(ポテンザ)を装着したフォルクスワーゲン(VW)社の電気自動車(EV)がニュルブルクリンクの北コースでEV最速記録を更新したと発表した。樹立した記録は、これまでより約40秒短い1周6分5秒336だった。  装着車両の「ID.R」(アイディ・アール)はVW初の電動レーシングカー。車両の下部にバッテリーを搭載し、通常のレーシングカーよりも重心を低く…

タグ: , ,
大雨や台風シーズンを迎え、タイヤ点検もより重要に
レポート 102
102

大雨や台風シーズンを迎え、タイヤ点検もより重要に

 JAF(日本自動車連盟)は6月13日、都内で行った警察との合同訓練を報道陣に公開した。この数年、毎年のように発生している集中豪雨など災害があった際、どのようにドライバーの救出や放置車両の排除などが行われているのか――。被災地ではタイヤのパンクといった車両被害も多くなることから改めて意識を高めていくことが求められそうだ。 JAFが訓練を公開  台風による豪雨や大震災が発生した時は、道路の冠水や土砂…

タグ: , , ,
ブリヂストン、欧州で軽量タイヤ技術「Enliten」を発表
ニュース 582
582

ブリヂストン、欧州で軽量タイヤ技術「Enliten」を発表

 ブリヂストンの欧州子会社は6月13日、車両のCO2排出削減に寄与する軽量タイヤ技術「Enliten」を発表した。転がり抵抗性能の向上や原材料使用量の削減が期待される。新技術では、摩耗や安全性などをトレードオフすることなく、転がり抵抗は標準のプレミアム夏タイヤと比較して約20%、タイヤ重量は約10%低減した。また、ハンドリングやスタビリティの向上にも貢献する。  技術面では、高い耐摩耗性能や浅溝を…

タグ: , , ,
ミシュランが見据える未来――「Movin’On2019」開催
レポート 245
245

ミシュランが見据える未来――「Movin’On2019」開催

 「CASE」(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化)や「MaaS」(モビリティ・アズ・ア・サービス)といった自動車産業の革命とも言われる大きな流れに遅れまいと、技術開発や企業間の連携が活性化している。ただ、視点を変えれば、これらはモビリティそのものが将来にわたり持続してこそ実現するのではないだろうか。その未来に対して最大の脅威となるのが環境問題だ。グローバルで地球環境への対応が待ったなし…

タグ: , , , ,
ミシュラン「VISION」実現に向けエアレスタイヤ発表
ニュース 301
301

ミシュラン「VISION」実現に向けエアレスタイヤ発表

 仏ミシュランはカナダのモントリオールで開催した「Movin’On」(ムービング・オン)初日の6月4日、新たなコンセプトタイヤ「Uptis Prototype」(アプティス・プロトタイプ)を発表した。米ゼネラル・モーターズ(GM)と共同で研究を進め、2024年の実用化を目指す。ミシュランでは「2017年に発表した『Vision(ビジョン)コンセプト』の実用化への第一歩であり、持続可能な…

タグ: , , , , , ,
TOYO TIRE「アジアンラリー」にタイヤ供給「OPEN COUNTRY」のタフさを証明
ニュース 70
70

TOYO TIRE「アジアンラリー」にタイヤ供給「OPEN COUNTRY」のタフさを証明

 TOYO TIREは6月13日、「第24回アジアクロスカントリーラリー2019」(AXCR)にタイヤを供給すると発表した。昨年に引き続き2年目のサポートとなる。  同日、都内で「FLEX SHOW AIKAWA Racing with TOYO TIRES」の参戦発表会が開催され、同チームの哀川翔監督やTOYO TIRE契約ドライバーの川畑真人選手、TOYO TIRE商品企画本部長の水谷保氏など…

タグ: , ,
板野商会宮城支店 塩釜市に新店舗、スタッフ全員が異業種から
ディーラー 320
320

板野商会宮城支店 塩釜市に新店舗、スタッフ全員が異業種から

 港湾都市の宮城県塩釜市。仙台市から青森市までをつなぐ国道45号線の中継地点であり、北上すると観光地の松島へと至る交通量の多い地域だ。この地に昨年秋、新たなタイヤ専門店がオープンした。東京都荒川区に本社を構える板野商会(板野光博社長)の宮城支店だ。宮城支店では異業種からタイヤ業界に転身してきた4名の従業員が、各々の経歴を活かしながら地域密着の取り組みを進めている。将来に向けたビジョンを聞いた。 ア…

タグ: ,