注目

ブリヂストン、住友ゴムがサポート 自動運転バス各地で実証実験
ニュース 185
185

ブリヂストン、住友ゴムがサポート 自動運転バス各地で実証実験

 全国で自動運転バスの実用化に向けた実証実験が行われている。タイヤのトラブルを未然に防ぐために、タイヤメーカーも最新の管理システムを導入して取り組みをサポートしている。  ブリヂストンは11月16日、グループ会社のブリヂストンタイヤソリューションジャパンが西日本鉄道㈱と西鉄バス北九州㈱が実施する北九州エリアでの中型自動運転バスの実証実験のサポートを行っていると発表した。  「中型自動運転バス実証実…

タグ: , , , ,
ミシュラン、グッドイヤーの1~9月期業績 販売減も需要回復へ
ニュース 195
195

ミシュラン、グッドイヤーの1~9月期業績 販売減も需要回復へ

 仏ミシュランの第3四半期(1~9月)の業績は、売上高が前年同期比16.8%(30億900万ユーロ)減の148億8800万ユーロ(約1兆8393億円)だった。主に販売量が17.0%(30億4600万ユーロ)減少したことが響いた。  セグメント別では、自動車および関連販売事業の売上高が16.2%減の72億3600万ユーロで、販売量は16.6%減少した。市販用タイヤの価格管理や、18インチ以上の大口径…

タグ: , , ,
大型車の脱落事故、統計史上最多に 2019年度は112件発生
ニュース 993
993

大型車の脱落事故、統計史上最多に 2019年度は112件発生

 大型車(車両総重量8トン以上のトラックまたは乗車定員30人以上のバス)のホイール・ボルト折損によるタイヤ脱落事故が2019年度に112件発生したことが国土交通省のまとめで分かった。件数は4年連続で増加し、統計のある2004年度以降で最多となった。人身事故は4件あり、このうち1名は重傷を負った。  今回の統計では、事故は10月から2月までの冬期に75件と集中しており、地区別では東北が48件と最も多…

タグ: , , , ,
国内タイヤ4社の7~9月、需要回復鮮明に 通期業績予想の上方修正も
ニュース 732
732

国内タイヤ4社の7~9月、需要回復鮮明に 通期業績予想の上方修正も

 国内タイヤ4社の第3四半期(1~9月)決算が出揃った。新型コロナウイルス感染拡大の影響で上期は需要が大きく落ち込んだものの、7~9月にかけては米国や中国などで回復が進んだほか、高性能タイヤの販売などが好調で、全社が通期の業績予想を上方修正した。引き続きコロナの影響や天然ゴム価格の上昇といった不安材料はあるが、今後の業績回復が期待される。  ブリヂストンの第3四半期累計業績は調整後営業利益が前年同…

タグ: , , , , , ,
東洋精器工業が新たに提案する「完璧なバランシング作業」
レポート 396
396

東洋精器工業が新たに提案する「完璧なバランシング作業」

 東洋精器工業がこのほど発売したバランスウェイトを装着する際に効率的な作業を実現する「ウェイトセッター ぺた2(ぺたぺた)」。同社販売企画部の青木茂雄技術部長兼横浜支店長は「タイヤ整備作業で現場の声を活かした全く新しいツールであり、作業負担低減や作業時間の短縮、作業品質の均一化、経費削減にも寄与できる」と期待を込める。その上で「修正箇所をピンポイントで照射できるホイールバランサーを使用し、更にこの…

タグ: , , , ,
ブリヂストン企業博物館をリニューアルオープン“共感”への接点に
レポート 420
420

ブリヂストン企業博物館をリニューアルオープン“共感”への接点に

 ブリヂストンは10月22日、「ブリヂストン・イノベーション・ギャラリー」を報道陣に公開した。この施設は、昨年閉館した企業博物館「ブリヂストンTODAY(トゥデイ)」をリニューアルし、同社の歴史や事業活動、未来に向けた取り組みを紹介するもの。間もなく一般に公開する予定。  「イノベーション・ギャラリー」は、同社が東京都小平市の技術開発拠点を再構築して開設する「ブリヂストン・イノベーション・パーク」…

タグ: , , ,
TOYO TIRE、ドライブシミュレーターでドライバーの意識向上へ
ニュース 185
185

TOYO TIRE、ドライブシミュレーターでドライバーの意識向上へ

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)とトーヨータイヤジャパンは7月から10月にかけて全国4カ所のショッピングセンターで安全啓発活動を行った。同社は昨年からドライブシミュレーターを活用した啓発を行っている。これは雨天時の制動距離や空気圧の状態による操縦安定性の違い、バースト体験といった普段は想定していないシーンを疑似体験することで、タイヤの適正な点検を図るユニークな取り組み。今年は合計488人のユ…

タグ: , , ,
減らないタイヤの空気圧不足、改善へ新たなアプローチ
ニュース 874
874

減らないタイヤの空気圧不足、改善へ新たなアプローチ

 空気圧不足などタイヤの適正管理が行われていないケースが依然として目立っている。JAF(日本自動車連盟)のロードサービスでタイヤ関連の救援は2割前後で高止まりしており、日本自動車タイヤ協会(JATMA)が行っている点検活動でも乗用車の4台に1台が空気圧不足のまま使用されている。一方でこうした状況を改善するため、新たな訴求方法も始まっている。  JAFの2020年度上期(4~9月)のロードサービス救…

タグ: , , , ,
災害時のスムーズな避難所運営を!住友ゴムの泉大津工場で初の訓練
ニュース 345
345

災害時のスムーズな避難所運営を!住友ゴムの泉大津工場で初の訓練

 住友ゴム工業の泉大津工場(大阪府)は11日に「避難所開設運営訓練」を実施し、工場従業員をはじめ、近隣の老人ホームや小学校の関係者など合計107名が参加した。  同工場は今年6月に泉大津市との臨時避難所協定を締結しており、今回が初めての運営訓練となった。訓練は震度6強の都市直下型地震が発生して指定避難所の収容人数を超えたことなどから市が泉大津工場に臨時避難所の開設を要請したことを想定。避難のスペー…

タグ: , , ,
横浜ゴムがデジタル革新へ 人の発想力とAIの協奏「HAICoLab」策定
ニュース 306
306

横浜ゴムがデジタル革新へ 人の発想力とAIの協奏「HAICoLab」策定

 横浜ゴムは10月26日、AI(人工知能)利活構想「HAICoLab」(ハイコラボ)を策定したと発表した。AIでは難しいデータの存在しない未踏領域も含めた知見の探索を可能にし、プロセスや製品、サービスの革新を目指す。同社では、「ユーザーエクスペリエンスの向上、内閣府の提唱するAIやIoT(モノのインターネット)などの革新技術により実現する未来社会の姿『ソサエティ5.0』の実現に貢献する」としている…

タグ: , , ,
コンチネンタル、国内で攻勢「全ての面で2ケタ成長を」
ニュース 320
320

コンチネンタル、国内で攻勢「全ての面で2ケタ成長を」

 独コンチネンタルの日本法人、コンチネンタルタイヤ・ジャパンのニコラオス・キリアゾプロス代表取締役がオンラインで取材に応じ、将来的に日本市場で2ケタの成長を目指すとともに、トラック・バス用タイヤ導入の可能性について語った 。  同社は横浜ゴムとの合弁を解消した後、2014年に設立。6年間事業を強化してきたが、高いブランド力がある欧米市場と比べて国内では認知度に課題があるという。今後は取引先の拡大を…

タグ: ,
中国ゴム工業協会 タイヤメーカーランキング公表
ニュース 654
654

中国ゴム工業協会 タイヤメーカーランキング公表

 中国ゴム工業協会(CRIA)はこのほど、2019年の売上高をもとにまとめた中国タイヤメーカーランキングを発表した。1位の中策ゴム集団は前年比5.9%増の249億4000万元(約3894億円)だった。  2位の山東玲瓏タイヤは海外拠点が好調で、売上高は2ケタ伸びた。同社は中国国内と海外でそれぞれ6工場ずつ構える成長戦略を掲げ、生産能力の増強を続けている。近年買収などを実施した4位の山東昊華タイヤは…

タグ: , , ,
ブリヂストン、国内オフィス拠点を3割削減 働き方改革推進
ニュース 1,181
1,181

ブリヂストン、国内オフィス拠点を3割削減 働き方改革推進

 ブリヂストンは10月29日、国内グループ会社を含めたオフィス拠点を統合・再編すると発表した。来年1月までに首都園や大阪、名古屋、札幌、仙台、広島、福岡などにある47の主要なオフィス拠点を34拠点に集約する。  同社はこれまで新型コロナウイルスの感染拡大などを受けて、テレワークの拡大やオフィスレイアウトの変更、IT基盤の強化を行っており、「働き方変革を通じた付加価値創造と生産性向上、経営資源の効率…

タグ: , , ,
電車の利用者に冬タイヤ啓発 東京メトロとJR西日本で広告展開
ニュース 193
193

電車の利用者に冬タイヤ啓発 東京メトロとJR西日本で広告展開

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)が、通勤通学で電車を利用するユーザーに冬用タイヤの装着の呼びかけを行う。同会では本格的なスタッドレスシーズンを前に、高速道路サービスエリアや道の駅、ショッピングモールなどでポスターの掲示を要請しており、今年も様々なアプローチを進めている。  その一環として昨年から主に非降雪地域のドライバーをターゲットに、都営地下鉄の窓上広告枠に啓発チラシの掲出を行った。一定の成…

タグ: , ,
住友ゴム、通期業績予想を上方修正 中国や北米で市況回復
ニュース 541
541

住友ゴム、通期業績予想を上方修正 中国や北米で市況回復

 住友ゴム工業は5日、2020年12月期の業績予想(国際会計基準)を上方修正すると発表した。新型コロナウイルスによる影響は残るものの、 中国や北米市場などで想定よりタイヤ需要が回復しているため。  売上高にあたる売上収益は前期比13%減の7550億円、本業のもうけを示す事業利益は43%減の310億円を見込む。従来予想からそれぞれ250億円、110億円上振れする。連結純利益も25%減の90億円(従来…

タグ: , , , , ,