注目

ミシュラン 2050年までに世界の全工場をゼロ・エミッションに
ニュース 187
187

ミシュラン 2050年までに世界の全工場をゼロ・エミッションに

 仏ミシュランは12月12日、2050年までに全世界の工場で二酸化炭素を排出しないゼロ・エミッションを目指すことを明らかにした。また、2030年までに車両走行時のタイヤに関連したエネルギー消費量を1kmあたり20%削減するという。  同社の方針は、2015年の第21回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)で定められた「パリ協定」に即したもの。生産や物流、使用時、開発といった全ての段階に適用…

タグ: , , ,
横浜ゴム「GEOLANDAR」装着車が「ダカールラリー2020」参戦
ニュース 195
195

横浜ゴム「GEOLANDAR」装着車が「ダカールラリー2020」参戦

 横浜ゴムは12月26日、SUV・ピックアップトラック用タイヤ「GEOLANDAR M/T G003」の装着車が「ダカールラリー2020」に参戦すると発表した。レースの開催期間は1月5日から17日。  今回は「SSANGYONG MOTORSPORT/SODICARS RACING」のOSCAR FUERTES ALDANONDO選手とDIEGO VALLEJO選手が搭乗する「KORANDO DK…

タグ: , ,
ブリヂストン 津谷正明CEO兼会長「新たなグローバル経営チームがスタート」
ニュース 439
439

ブリヂストン 津谷正明CEO兼会長「新たなグローバル経営チームがスタート」

(年頭所感)「新たなグローバル経営チームがスタート」  昨年の世界経済は、欧州での社会的な分断・混乱、米中貿易摩擦をはじめとして、全体としては非常に不安定な状況が継続した。また、台風などの自然災害が数多く発生し、まさに激動の時代を象徴する1年だった。  こうした環境下においても、当社グループは、引き続き企業理念を基盤とし、経営の最終目標である「真のグローバル企業」、「業界において全てに『断トツ』」…

タグ: ,
トーヨータイヤ 清水隆史社長「新しい道づくりの年に」
ニュース 250
250

トーヨータイヤ 清水隆史社長「新しい道づくりの年に」

(年頭所感)「新しい道づくりの年」に  当社は昨年、「TOYO TIRE株式会社」へ社名を変更した。新たな社名を社会に掲げ、「第二の創業の年」と位置づけて事業経営を推し進めてきた。生産、販売、技術、そして、コーポレートの各機能組織が意識を揃え、次なる成長の絵姿を戦略として描き、大切な一歩を踏み出すことができた1年であったと考えている。  当社では、「差別化された得意分野を強化すること」がこれまで重…

タグ: ,
横浜ゴム 山石昌孝社長「挑戦を続けて2020年代の飛躍へ」
ニュース 274
274

横浜ゴム 山石昌孝社長「挑戦を続けて2020年代の飛躍へ」

(年頭所感)「強固な利益体質の確立を」  2019年の経済状況について、国内においては、消費増税などによる内需にけん引される形で、景気は横ばいとなった。海外においては、米国では良好な雇用・金融環境が個人消費を下支えしているものの、景気回復に減速が見受けられた。また欧州では、製造業の低迷が長期化しているほか、中国では米国による関税引き上げなどの影響で、景気の低迷が続いた。  こうした経済環境の中、第…

タグ: ,
住友ゴム工業 山本悟社長「強固な利益体質の確立を」
ニュース 407
407

住友ゴム工業 山本悟社長「強固な利益体質の確立を」

(年頭所感)「強固な利益体質の確立を」  昨年を振り返ると、世界経済は、保護主義的な流れや、中東情勢など地政学的リスクもあり、先進国、新興諸国ともに景気回復に力強さを感じられない状況であった。国内経済については、個人消費などを含め緩やかに回復しているものの、輸出を中心に弱さが長引いているほか、増税後の景気は不透明感が強い現状となっている。  当社グループを取り巻く情勢については、天然ゴム価格相場及…

タグ: ,
ブリヂストンが「CES」に初出展、ソリューションや先進技術訴求
ニュース 255
255

ブリヂストンが「CES」に初出展、ソリューションや先進技術訴求

 ブリヂストンは1月7日から10日まで米ラスベガスで開催される「CES 2020」に出展する。「CES」は、世界最大規模のエレクトロニクス国際見本市として50年以上にわたり開催されている。同社は今回初めて出展し、自動運転の実現に向けた様々なモビリティソリューションを展示する予定。  ブースでは月面車両向けタイヤ(接地体)や、「エアフリーコンセプト」などの空気を使わないタイヤを紹介するほか、タイヤの…

タグ: , , ,
TOYO TIRE「OPEN COUNTRY」拡充 “ホワイトレター”も追加
ニュース 205
205

TOYO TIRE「OPEN COUNTRY」拡充 “ホワイトレター”も追加

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は、SUV用タイヤ「OPEN COUNTRY R/T」(オープンカントリー・アールティー)から初のホワイトレターを含めた3サイズを新たに追加して来年2月から販売を始める。また、オールラウンドSUV専用「OPEN COUNTRY A/T plus」(オープンカントリー・エーティープラス)では9サイズをラインアップに加えた。一部サイズは12月から販売している。幅広…

タグ: , , ,
自工会の豊田会長が会見「さらに技術力を高める」
ニュース 78
78

自工会の豊田会長が会見「さらに技術力を高める」

 日本自動車工業会(自工会)の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は12月19日に行った定例会見の中で、来場者数が目標としていた100万人を超えた「東京モーターショー2019」について「本気で変えていくという我々の思いが届いたのではないか。次回の2021年はお客様の想像をはるかに超えた未来を提案していかなければならない」と話した。その上で、「2020年には自動運転の実証実験がスタートする。技術を更に高…

タグ: ,
雪道で最も安定しているタイヤチェーンは?JAFが3種類をテスト
ニュース 300
300

雪道で最も安定しているタイヤチェーンは?JAFが3種類をテスト

 JAF(日本自動車連盟)は12月24日、タイヤチェーンの種類別に雪道での旋回性能と制動距離を検証し、その結果を公開した。  タイヤチェーンは、「金属チェーン(亀甲型)」「金属チェーン(はしご型)」「非金属チェーン(ウレタン系)」の3種類を用意してノーマルタイヤに装着。車両は前輪駆動のコンパクトカーを使用した。  旋回テストは圧雪路の旋回路コース(半径25m)をカラーコーンに沿って走行できるか、進…

タグ: , , ,
住友ゴム、横浜ゴムのトップが会見 2019年の取り組みと2020年の展望示す
ニュース 395
395

住友ゴム、横浜ゴムのトップが会見 2019年の取り組みと2020年の展望示す

 住友ゴム工業の山本悟社長は12月17日に開いた会見で、「自動車産業は大きな変革の動きが加速しており、業界の垣根を越えた連携が活発となるなど変化のスピードが増している。さらに、デジタル化の進展や消費者ニーズの変化といった様々な外部環境の変化が予測される」と今後の見通しを述べた。  その上で、「持続的な成長とグループの体質強化に注力し、強い収益基盤を確立する。そのため、全社一丸となってコスト改善にス…

タグ: , ,
ミシュラン、乗用車用低燃費タイヤ「ENERGY SAVER 4」発表
ニュース 242
242

ミシュラン、乗用車用低燃費タイヤ「ENERGY SAVER 4」発表

 日本ミシュランタイヤは12月10日、乗用車用タイヤの新商品「ENERGY SAVER 4」を来年2月から発売すると発表した。2013年に発売したスタンダードクラスの低燃費タイヤ「ENERGY SAVER+」を6年ぶりにリニューアルし、日本市場で特にニーズが高いウェット性能と快適性を向上させた。  同日、都内で開催した発表会でポール・ペリニオ社長は、「これまでの低燃費タイヤにとどまることなく、ミシ…

タグ: , , ,
2020年の国内需要は1%減 タイヤ協会が需要予測発表
ニュース 270
270

2020年の国内需要は1%減 タイヤ協会が需要予測発表

 日本自動車タイヤ協会が12月12日に発表した2020年の国内需要見通し(メーカー出荷ベース)は、四輪車用合計で2019年実績見込み比1%減の1億1262万2000本と3年連続で前年を下回る見込みとなった。  新車用は4330万3000本、市販用は6932万本といずれも前年比1%のマイナスとなる見込み。四輪車用の各カテゴリーで夏タイヤ、冬タイヤともに前年と同水準から1、2%程度の減少となるもよう。…

タグ: , ,
グッドイヤー アジア・パシフィックのトップに聞く「技術開発の狙いと市場展望」
タイヤ事業戦略 176
176

グッドイヤー アジア・パシフィックのトップに聞く「技術開発の狙いと市場展望」

 将来に向けた技術コンセプトを相次いで発表している米グッドイヤー。11月4日まで開かれた「東京モーターショー」では、空飛ぶ自動車用に設計した「Aero」(エアロ)やサイドウォール内で苔を生息させるというユニークな発想から生まれた「Oxygene」(オキシジェン)を日本で初めて披露した。グッドイヤー アジア・パシフィック地区のライアン・パターソン社長と製品開発品質担当のデイヴ・ザンジグ副社長に開発へ…

タグ: , , , ,
現場ニーズに応える新技術を搭載 イヤサカのタイヤチェンジャー「NS90」
レポート 307
307

現場ニーズに応える新技術を搭載 イヤサカのタイヤチェンジャー「NS90」

 イヤサカは11月にタイヤチェンジャー「NS90」シリーズを発売開始した。小野谷機工がOEM供給する国産商品で、およそ15年前に発売した従来品(NS80)のモデルチェンジとなる。使いやすさを追求した新商品  開発時にポイントとなったのは“軽労化”だ。偏平タイヤやランフラットタイヤにも対応する最新モデルがどのように現場作業の軽減に貢献するのか、営業技術部技術一課の本間友大さんに実演してもらった。  …

タグ: , ,