コンチネンタル

海外主要メーカーの上期業績 新車向けで需要減も
ニュース 349
349

海外主要メーカーの上期業績 新車向けで需要減も

 仏ミシュランや米グッドイヤー、独コンチネンタルなど海外の大手メーカーの上半期(1~6月)業績が出揃い、タイヤ販売量の落ち込みなどから利益面で苦戦が多く見られた。特に新車向けの乗用車用タイヤなどで、欧州や景気の悪化が伝えられる中国市場での需要が低迷したもようだ。一方で建設・鉱山用タイヤや重機用タイヤといったカテゴリーは堅調で、生産財タイヤに強みがあるメーカーの業績を下支えした。 グッドイヤーやハン…

タグ: , , , , , ,
コンチネンタルタイヤ 冬用スタンダードモデル「NorthContactNC6」発売
ニュース 111
111

コンチネンタルタイヤ 冬用スタンダードモデル「NorthContactNC6」発売

 コンチネンタルタイヤ・ジャパンは、乗用車用スタッドレスタイヤの新商品「NorthContact NC6」(ノース・コンタクト・エヌ・シー・シックス)を9月から順次発売する。発売サイズは15インチから22インチの全39サイズで、価格はオープン。今後、サイズラインアップの拡大を予定している。  新商品は日本の過酷な凍結路面を考慮して、特に氷上性能を向上させているのが特徴。低温下でもゴムを柔軟に保ち、…

タグ: , , ,
コンチネンタル タイの二輪車用タイヤ工場建設で起工式
ニュース 88
88

コンチネンタル タイの二輪車用タイヤ工場建設で起工式

 独コンチネンタルは、7月10日にタイのラヨーン県で二輪車用タイヤ工場の起工式を行ったと7月17日に発表した。今後数年でおよそ2600万ユーロ(約32億円)を投じる計画。  新工場は同社が今年3月にオープンした乗用車用タイヤ工場の近辺に位置している。2021年にラジアルタイヤの生産を開始し、その後バイアスプライ/クロスプライモデルも製造する予定。今回の増強によって約100人を新規雇用する。  同社…

タグ: , ,
コンチネンタル 農機用タイヤのビジネス拡大へ
ニュース 126
126

コンチネンタル 農機用タイヤのビジネス拡大へ

 独コンチネンタルはこのほど、農業機械・建設機械の大手、米ディア・アンド・カンパニーとパートナーシップを締結し、「ジョン・ディア6」シリーズに農機用タイヤをOE供給すると発表した。これにより農機用タイヤのOE供給の更なる拡大を目指す。  今回承認を受けたのは、「トラクター70」と「トラクター85」の合計30サイズ。両製品は堅牢性がありつつ、乗り心地や土壌の保護性能、牽引性を高いレベルでバランスした…

タグ: , ,
電動SUVレース「エクストリームE」のタイヤとマシン公開
ニュース 76
76

電動SUVレース「エクストリームE」のタイヤとマシン公開

 英サセックスで開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で7月5日、電動SUVのオフロードレース「エクストリームE」シリーズの車両と、マシンに装着する独コンチネンタルの夏タイヤと冬タイヤが初めて公開された。  エクストリームEシリーズは、環境条件が過酷な地域で2021年にスタートする計画。参戦チームはコンチネンタルタイヤなどの共通装備を採用する。  なお、コンチネンタルは創設パー…

タグ: ,
コンチネンタル 123億円を投じてポルトガル工場を拡張
ニュース 136
136

コンチネンタル 123億円を投じてポルトガル工場を拡張

 独コンチネンタルは6月11日、ポルトガル北部に位置するロウザド工場を拡張したと発表した。投資額は約1億ユーロ(約123億円)。  新設した設備はOTR向けで、新たな組立ラインでは24インチ以上の港湾・土木業用大口径タイヤを生産する。2017年にオープンした農機用タイヤの施設に隣接し、最新鋭のタイヤ製造機械や自動化機器を備える。  現在、同工場の従業員は2000人以上、生産能力は乗用車用タイヤと農…

タグ: , ,
コンチネンタル 中国の合肥工場が操業から10周年
ニュース 98
98

コンチネンタル 中国の合肥工場が操業から10周年

 独コンチネンタルタイヤが5月下旬に中国の合肥工場の稼働10周年を記念して式典を開催した。  当日は、コンチネンタルタイヤ及び中国法人の幹部や従業員らが参加。コンチネンタル・チャイナのEnno Tang社長兼CEOは、「工場へ継続的に投資し、拡張が実現したことは中国市場に対する強いコミットメントと確固たる自信を示すものだ」と述べた。  また、アジア・太平洋地域乗用車および小型トラック用補修用タイヤ…

タグ: , ,
フリート向けサービス続々と グッドイヤーやコンチネンタル
ニュース 326
326

フリート向けサービス続々と グッドイヤーやコンチネンタル

 海外の大手タイヤメーカーがレンタカー会社などフリート向けのビジネスを活性化させている。車両が所有から利用へと徐々にシフトする中、将来の収益につなげていきたい考えだ。  米グッドイヤーはこのほど、電気自動車のサブスクリプション(定額制)サービスを展開する米Borrow社と共同で、サービス実験を開始すると発表した。  グッドイヤーは、フリート向けコネクテッドカーに独自のタイヤメンテナンス予測サービス…

タグ: , , , ,
コンチネンタル、タンポポ由来のゴムで自転車用タイヤを製品化
ニュース 186
186

コンチネンタル、タンポポ由来のゴムで自転車用タイヤを製品化

 独コンチネンタルは7月に欧州で開催される自転車レース「2019ツール・ド・フランス」に合わせて自転車用タイヤでは初となるタンポポ由来のゴムを使用した製品を紹介する。  今回開発予定の製品は自転車用オールラウンドモデルで、同社が昨年12月に開設した独アンクラムの研究所で製造されたゴムを採用する。ここでは、天然ゴムの原料であるパラゴムノキの代替となるタンポポの栽培と加工を行っている。今後、乗用車用タ…

タグ: ,
海外タイヤ大手の1~3月期業績 ミシュラン、コンチネンタルは増収に
ニュース 388
388

海外タイヤ大手の1~3月期業績 ミシュラン、コンチネンタルは増収に

ミシュラン 生産財の売上高が5割増に  仏ミシュランの第1四半期の売上高は、前年同期比11.3%増の58億900万ユーロ(約7227億円)となった。販売数量は減少したものの、価格ミックスと為替がプラスに働いた。  部門別では、乗用車用及び関連事業が0.2%増の27億8800万ユーロ、ライトトラック用・トラック用及び関連事業が5.3%増の15億5000万ユーロとなった。  鉱山用や建機用、農機用など…

タグ: , , ,
コンチネンタル 先進技術を活用し建設事業向けソリューション強化
ニュース 267
267

コンチネンタル 先進技術を活用し建設事業向けソリューション強化

 独コンチネンタルはこのほど、タイヤの空気圧管理システムなど建設事業向けデジタルソリューションビジネスを紹介した。  同社の空気圧管理システム「Conti Pressure Check」(コンチ・プレッシャー・チェック)はタイヤに装着されたセンサーのデータを車内や手持ちの機器に表示するシステム。複数の車両を24時間モニタリングするテレマティクスソリューションに統合することも可能だ。  また、タイヤ…

タグ: , ,
コンチネンタル、電気バス専用タイヤ「Conti Urban HA3」を開発
ニュース 189
189

コンチネンタル、電気バス専用タイヤ「Conti Urban HA3」を開発

 独コンチネンタルはこのほど、同社初の電気バス用タイヤ「Conti Urban HA3」を開発したと発表した。タイヤサイズは315/60R22.5 154/148J(156 150F)。1軸当たりの積載許容量を通常より0.5トン増やし、8トンまで積載が可能。  これまで電気バス用タイヤはバッテリーなどの重さを含めた総重量を支えるため、グリップ性能と頑丈さ、通常のタイヤ以上の積載能力を兼ね備えている…

タグ: , , ,
コンチネンタル 建設機械向けに新サービス 独展示会で発表
ニュース 127
127

コンチネンタル 建設機械向けに新サービス 独展示会で発表

 独コンチネンタルはドイツのミュンヘンで4月に開催された建築材料や鉱業機械の国際展示会「バウマ」で、建設事業者向けの新たなソリューションを発表した。  ひとつはOTR事業者向けのサービス「ContiLogger」で、タイヤやソフトウェア、ハードウェア、データを融合させたもの。これによりオペレーションコストの削減やタイヤと設備の耐久年数の最大化、運用プロセスの改善を目指す。  サービス活用の際には、…

タグ: , , ,
コンチネンタル タイの新工場が稼働 アジアへ供給拡大
ニュース 228
228

コンチネンタル タイの新工場が稼働 アジアへ供給拡大

 独コンチネンタルはこのほど、タイのラヨーン県に建設したタイヤ工場で創業を開始したと発表した。現地で3月下旬に行われた式典には政府関係者やコンチネンタルの経営陣、サプライヤーなど約500人が参加した。  今回の新工場建設には、2億5000万ユーロ(約310億円)の投資が行われ、タイおよびアジア太平洋向けに乗用車・ライトトラック用のプレミアムタイヤを供給する。生産能力は2022年までに年間約400万…

タグ: , ,
コンチネンタル、トルコのコルドサ社と共同で新たな接着技術を開発
ニュース 232
232

コンチネンタル、トルコのコルドサ社と共同で新たな接着技術を開発

 独コンチネンタルはこのほど、トルコのコルドサ社と共同で、環境に配慮した補強材の接着技術「Cokoon」を開発したと発表した。  この技術は、レゾルシノールやホルムアルデヒドを使用せずにゴムと繊維補強材の接着を可能にするもので、タイヤのほか、コンベアベルトなどのゴム製品にも活用できる。2019年中に「Cokoon」を適用した製品の生産を目指す。  コンチネンタルでは「将来の課題に打ち克つために新分…

タグ: ,