先進技術

「レベル4」対応タイヤ、2020年に実用化へ 住友ゴムと群馬大学が共同研究
ニュース 62
62

「レベル4」対応タイヤ、2020年に実用化へ 住友ゴムと群馬大学が共同研究

 住友ゴム工業は5月8日、群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センター(CRANTS)との協業で、レベル4の完全自動運転に対応したタイヤ周辺サービスの共同研究を開始すると発表した。2020年の実用化を目指し、共同研究は最長で2021年まで実施する予定。  今回の研究は、センサーを使用して走行時のタイヤ空気圧・温度を監視することで、パンクなどのトラブル発生時のメンテナンスに対応するもの。タイヤに関す…

タグ: , ,
コンチネンタル 先進技術を活用し建設事業向けソリューション強化
ニュース 176
176

コンチネンタル 先進技術を活用し建設事業向けソリューション強化

 独コンチネンタルはこのほど、タイヤの空気圧管理システムなど建設事業向けデジタルソリューションビジネスを紹介した。  同社の空気圧管理システム「Conti Pressure Check」(コンチ・プレッシャー・チェック)はタイヤに装着されたセンサーのデータを車内や手持ちの機器に表示するシステム。複数の車両を24時間モニタリングするテレマティクスソリューションに統合することも可能だ。  また、タイヤ…

タグ: , ,
コンチネンタル、電気バス専用タイヤ「Conti Urban HA3」を開発
ニュース 135
135

コンチネンタル、電気バス専用タイヤ「Conti Urban HA3」を開発

 独コンチネンタルはこのほど、同社初の電気バス用タイヤ「Conti Urban HA3」を開発したと発表した。タイヤサイズは315/60R22.5 154/148J(156 150F)。1軸当たりの積載許容量を通常より0.5トン増やし、8トンまで積載が可能。  これまで電気バス用タイヤはバッテリーなどの重さを含めた総重量を支えるため、グリップ性能と頑丈さ、通常のタイヤ以上の積載能力を兼ね備えている…

タグ: , , ,
業務の最適化へデジタル化加速 TOYO TIRE、住友ゴムが新組織発足
ニュース 427
427

業務の最適化へデジタル化加速 TOYO TIRE、住友ゴムが新組織発足

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)が社内のあらゆる業務でデジタル化を加速させ、データを横断的に活用することで効率的な生産や需要を先読みした販売体制の構築、将来に向けたビジネス創出を目指す。  同社は4月1日付で「デジタル推進室」を新設した。「顧客まで繋がる一気通貫の仕組みで機動的な経営を実現する」(同社)ことを目的に、様々な部門から約30名が参画する。同推進室の室長に就任した金井昌之取締役常務…

タグ: , ,
コンチネンタル 建設機械向けに新サービス 独展示会で発表
ニュース 86
86

コンチネンタル 建設機械向けに新サービス 独展示会で発表

 独コンチネンタルはドイツのミュンヘンで4月に開催された建築材料や鉱業機械の国際展示会「バウマ」で、建設事業者向けの新たなソリューションを発表した。  ひとつはOTR事業者向けのサービス「ContiLogger」で、タイヤやソフトウェア、ハードウェア、データを融合させたもの。これによりオペレーションコストの削減やタイヤと設備の耐久年数の最大化、運用プロセスの改善を目指す。  サービス活用の際には、…

タグ: , , , ,
ブリヂストン「攻めのIT経営銘柄」に5年連続で選定
ニュース 177
177

ブリヂストン「攻めのIT経営銘柄」に5年連続で選定

 ブリヂストンは4月24日、経済産業省と東京証券取引所が共同で紹介する「攻めのIT経営銘柄」に5年連続で選定されたと発表した。  同社はビックデータ分析を活用したより良い製品の開発や、製品とメンテナンスなどのサービス、センサーやソフトウェアなどのITツールを組み合わせ、ユーザーの課題解決に貢献するソリューションビジネスを推進している。これらのITを戦略的に活用する取り組みが評価され 、5年連続で「…

タグ: , ,
次世代モビリティを足元からサポート 海外のタイヤ大手
ニュース 158
158

次世代モビリティを足元からサポート 海外のタイヤ大手

 米グッドイヤーは3月に電気自動車のシェアリング事業を展開する米エンボイ・テクノロジーズに、デジタルサービスのパイロットプログラムを提供すると発表した。今年の初めにプログラムを開始してダウンタイムの最小化を目指す。  このプログラムでは、エンボイのコネクテッドカーからデータを収集し、タイヤのメンテナンスや交換スケジュールの管理を行う。グッドイヤーは小売店舗のネットワークやモバイル・バンを活用し、タ…

タグ: , , ,
ブリヂストン、宇宙へ挑戦 JAXA・トヨタのチームに参加
ニュース 225
225

ブリヂストン、宇宙へ挑戦 JAXA・トヨタのチームに参加

 ブリヂストンは4月11日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)とトヨタ自動車と共同で「国際宇宙探査ミッション」に挑戦すると発表した。月面を走行するモビリティ「有人与圧ローバ」に装着するタイヤ(接地体)の研究を推進していく。  このミッションはJAXAとトヨタが「人類の活動領域の拡大」と「知的財産の創出」を目的に3月に発表したもの。その中で「有人与圧ローバ」を月面で接地させることが課題となっているが、…

タグ: , ,
ミシュラン、フォルシアと合弁 水素電池システムの新会社
ニュース 236
236

ミシュラン、フォルシアと合弁 水素電池システムの新会社

 仏ミシュランは3月11日、仏フォルシアと水素燃料電池システムの合弁会社を設立することで合意したと発表した。  新会社の名称はシンビオ・ア・フォルシア・ミシュラン・ハイドロゲン・カンパニーで、ライトビークルやトラック向けの製品開発や販売を行う。  両社は走行時にCO2を排出しないゼロ・エミッション車が普及する社会において水素技術が重要であり、フランスと欧州に水素産業セクターの設立が必要だとしている…

タグ: ,
住友ゴム、天然ゴムの破壊メカニズムに関する研究成果を発表
ニュース 155
155

住友ゴム、天然ゴムの破壊メカニズムに関する研究成果を発表

 住友ゴム工業はこのほど、独ライプニッツ高分子研究所との共同研究により、世界で初めて、天然ゴムのき裂先端の結晶化における挙動を明らかにしたと発表した。今回の研究成果を活かし、従来と比べて優れた耐摩耗性能を持つゴムの開発を進め、将来的には性能がより持続する高性能タイヤの開発につなげていく。  ライプニッツ高分子研究所はドイツ最大のポリマー研究施設のひとつであり、世界の主要な研究グループと共同研究を行…

タグ: , ,
ジュネーブモーターショー 海外タイヤ大手から新技術発表
ニュース 363
363

ジュネーブモーターショー 海外タイヤ大手から新技術発表

 3月17日までスイスで開催された「ジュネーブ国際モーターショー」で、複数の海外タイヤメーカーが最新技術を発表した。  米グッドイヤーは、将来の実用化が期待されている空飛ぶ自動車向けのコンセプトタイヤ「AERO」(エアロ)を披露。このコンセプトタイヤは道路上でタイヤとして機能するだけでなく、空を飛行する際にプロペラとして稼働させることができる。エアレス構造を採用し、スポークが荷重を支えるとともにプ…

タグ: , , , , , ,
「Tire Technology Expo」でブリヂストンと住友ゴムの先進技術が表彰
ニュース 408
408

「Tire Technology Expo」でブリヂストンと住友ゴムの先進技術が表彰

 3月5日から7日に独ハノーバーで開催されたタイヤ技術会議「Tire Technology Expo2019」で、ブリヂストンと住友ゴム工業の技術が表彰された。このイベントは毎年欧州で開催されるタイヤの技術展および学術会議。  ブリヂストンは先進的な環境活動を行ったタイヤ関連企業・団体に対して贈られる「Environmental Achievement of the Year」を受賞した。対象とな…

タグ: , , , , , ,
TOYO TIRE「OPEN COUNTRY」鍛え上げた本物の性能を
タイヤ事業戦略 315
315

TOYO TIRE「OPEN COUNTRY」鍛え上げた本物の性能を

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)がピックアップトラック/SUV用タイヤのブランドとしてグローバル展開する「OPEN COUNTRY」(オープンカントリー)シリーズ。都市型から本格的なオフロードユースまで多様化が進むSUVユーザーのニーズに応えている。特に大型SUV車両が普及している米国で高く支持され、数年前から本格展開をスタートした国内市場でも今後の需要拡大に注目が集まっている。世界有数の過…

タグ: , , , , , ,
ミシュランのトラック用タイヤ「イノベーション賞」を受賞
ニュース 160
160

ミシュランのトラック用タイヤ「イノベーション賞」を受賞

 日本ミシュランタイヤは2月7日、在日フランス商工会議所が主催する第8回フレンチビジネス大賞の「イノベーション賞」を受賞したと発表した。  同大賞は、在日フランス商工会議所会員企業600社を対象に製品やサービスの革新性などで著しい成果が認められた企業の活動を表彰するもの。8回目の開催となった今回、同社のトラック・バス用ワイドシングルタイヤ「X One」とタイヤ管理システム「TPMSクラウドサービス…

タグ: , ,
国内タイヤ4社のトップが示す 次の成長に向けた“柱”
ニュース 612
612

国内タイヤ4社のトップが示す 次の成長に向けた“柱”

 2月中旬に行われた国内タイヤメーカー4社の決算発表会に合わせて、各社のトップが将来に向けたビジョンを語った。ブリヂストンはソリューション事業を一層強化して新たな価値を生み出していく考えを示し、TOYO TIREは今後本格化する三菱商事との資本業務提携のシナジー効果を早期に実現させていく意向だ。また、住友ゴム工業や横浜ゴムは、現在取り組んでいる中期経営計画の進捗状況を説明し、欧州や北米をはじめとし…

タグ: , , , , , ,