先進技術

グッドイヤーのポリマー、スケッチャーズのスニーカーに採用
ニュース 142
142

グッドイヤーのポリマー、スケッチャーズのスニーカーに採用

 米グッドイヤーは3月10日、シューズブランドのSkechers(スケッチャーズ)がグッドイヤーと協力して開発したアウトソールを発売すると発表した。スケッチャーズのメンズ、ウィメンズ、キッズの各モデルに、グリップ力や安定性、耐久性を強化したグッドイヤーのゴム技術が採用された。  今回の製品には、グッドイヤーの特殊なポリマーなどを採用している。このポリマーは、米国およびカナダと日本で販売している「A…

タグ: , ,
ミシュランの革新性が評価「タイヤメーカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞
ニュース 250
250

ミシュランの革新性が評価「タイヤメーカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞

 仏ミシュランが、2月25~27日に独ハノーバーで開催された「タイヤ・テクノロジー・エキスポ2020」で「タイヤメーカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。同社の革新的で持続可能な製品やサービスの提供を可能にする取り組みが評価された。また、製品ライフ全体でのパフォーマンスの進歩や、使用が進んだ状態でタイヤ試験を実施する姿勢も支持を集めた。  さらに、エアレスタイヤ「Uptis」(アプティス)が「タイヤ…

タグ: , ,
グッドイヤー、世界初の電動ツーリングカーシリーズ「Pure ETCR」にタイヤ供給
ニュース 161
161

グッドイヤー、世界初の電動ツーリングカーシリーズ「Pure ETCR」にタイヤ供給

 米グッドイヤーの欧州子会社は2月19日、世界初の電動ツーリングカーチャンピオンシップ「Pure ETCR」のオフィシャルタイヤサプライヤー及び設立パートナーに選ばれたと発表した。  同社は最新の電動車(EV)向けタイヤや、新たな「イーグルF1スーパースポーツ」に着想した技術を組み合わせてタイヤを開発している。今春、最終的な仕様を公表する予定。  供給するタイヤはウェットとドライの両コンディション…

タグ: , , , ,
ハンコック AWS導入でデジタルトランスフォーメーション強化へ
ニュース 161
161

ハンコック AWS導入でデジタルトランスフォーメーション強化へ

 韓国のハンコックタイヤは2月11日、「アマゾン・ウェブ・サービス」(AWS)を導入し、デジタルトランスフォーメーションを強化する方針を明らかにした。  昨年11月には、AI(人工知能)を活用し、タイヤコンパウンドの特性や最適な組み合わせを導く「バーチャル・コンパウンド・デザイン・システム」(VCDシステム)の導入を発表。AWSのクラウドプラットフォームでは、VCDシステムなどから集めた大量のデー…

タグ: ,
グッドイヤー、トレッドが再生するコンセプトタイヤを発表
ニュース 204
204

グッドイヤー、トレッドが再生するコンセプトタイヤを発表

 米グッドイヤーの欧州子会社は3月3日、コンセプトタイヤ「reCharge」(リチャージ)を発表した。ニーズに合わせてトレッドが変化するのが特徴で、液体コンパウンドが入ったカプセルをタイヤにチャージすると、天候や道路状況、ドライバーの志向に対応してトレッドが再生する。液体コンパウンドは、人工知能を活用して作成したドライバーのプロフィールに沿ってカスタマイズされる。  コンパウンドは生物由来物質から…

タグ: , ,
ミシュラン、欧州でSSにタイヤスキャナー設置 大型車の診断に活用
ニュース 240
240

ミシュラン、欧州でSSにタイヤスキャナー設置 大型車の診断に活用

 仏ミシュランは2月24日、仏エネルギー大手トタルの子会社で大型トラック向けのSSを展開するAS24と提携し、「Fleet Diag(フリート・ダイアグ)24」の提供を開始したと発表した。  今回のシステムはミシュランの「QuickScan」(クイックスキャン)を活用したもので、AS24のSSに設置し、トラック用タイヤの空気圧や摩耗を自動で検査できる。クイックスキャンは雨天や降雪時などでも利用でき…

タグ: , , ,
グッドイヤー、デジタルツールを活用したタイヤ管理へ
ニュース 205
205

グッドイヤー、デジタルツールを活用したタイヤ管理へ

 米グッドイヤーは2月3日、商用車のフリート向けに包括的なタイヤ管理パッケージを発表した。新サービスは、同社の製品やサービスを組み合わせて、フリート事業の改善や休止時間の削減に貢献するもの。タイヤのパフォーマンスの最適化や効率的かつ日常的な点検に加え、同社がタイヤを管理することで事業者がフリート管理や事業運営に集中することが可能になる。  新サービスは主に4つの製品で構成される。このうち、デジタル…

タグ: , ,
ピレリ、新型シミュレーターを導入 開発期間の短縮へ
ニュース 160
160

ピレリ、新型シミュレーターを導入 開発期間の短縮へ

 伊ピレリはこのほど、ミラノの研究開発部門で最新型シミュレーターの運用を開始したと発表した。開発サイクルとタイヤテストのスピードアップを目的に導入したもので、タイヤの開発期間を短縮するとともに、プロトタイプの数を削減できる。  同社は既にF1をはじめとしたモータースポーツタイヤの開発でシミュレーションを活用しており、開発期間を約30%短縮したという。今回導入した新型設備は、異なるパラメータによる迅…

タグ: , , ,
タイヤのパフォーマンスを見える化 トーヨータイヤのセンシング技術
ニュース 288
288

タイヤのパフォーマンスを見える化 トーヨータイヤのセンシング技術

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は2月7日、走行中のタイヤのパフォーマンスを可視化するタイヤセンシング技術を開発したと発表した。今後、オープンイノベーションなどを活用することで、より安全な移動支援技術の確立や新しいビジネスモデルの創出につなげていく。  都内で開催した技術発表会で、守屋学執行役員は、「CASEは100年に一度と言われる自動車産業の変革の象徴であり、タイヤには高機能化が求められ…

タグ: , ,
カナダのマクマスター大学 新たなリサイクル技術発表
ニュース 286
286

カナダのマクマスター大学 新たなリサイクル技術発表

 カナダのマクマスター大学は1月13日、廃タイヤを原料に分解する新技術を開発したと発表した。同大学の化学者チームは学術誌「Green Chemistry」(グリーン・ケミストリー)に、タイヤのゴムに含まれる硫黄の結合を破壊することによる分解のプロセスを掲載した。  論文の筆頭著者であるマイケル・ブルック氏は「網の構造」を例にして、「我々は水平の全ラインをカットする方法を発見した。そのため網の代わり…

タグ: , ,
連載「横浜ゴムのタイヤ勉強会」②「空洞共鳴音」を低減する意味
ニュース 423
423

連載「横浜ゴムのタイヤ勉強会」②「空洞共鳴音」を低減する意味

 横浜ゴムは、昨年の東京モーターショーで「SILENT FOAM」(サイレントフォーム)をはじめとするスポンジの吸音材を紹介した。  タイヤ内に配置するスポンジは、タイヤ/ホイールに囲まれた空間で空気が振動して発生する「空洞共鳴音」を低減するもの。この共鳴音は、荒れた路面などの走行時にタイヤが振動して引き起こされ、「気柱共鳴音」や「キャビティノイズ」と呼ばれることもある。  ビンの口に息を吹きかけ…

タグ: , ,
連載「横浜ゴムのタイヤ勉強会」①「シリカ」が実現する効果
ニュース 404
404

連載「横浜ゴムのタイヤ勉強会」①「シリカ」が実現する効果

 横浜ゴムはこのほど、神奈川県の平塚製造所で報道陣向けにタイヤ技術勉強会を開催した。タイヤの性能を左右する要素は様々あるが、その中で配合剤「シリカ」と、「吸音材技術」の役割や重要性を2回に分けて紹介する。  コンパウンドに配合されるシリカにはゴムを補強する役割があるが、同じくゴムの強度向上のために使用されるカーボンブラックをシリカに置き換えると、転がり性能を向上させることも可能だ。  転がり性能の…

タグ: , , ,
グッドイヤー、ミシュラン「ドライブシミュレーター」をタイヤ開発に活用
ニュース 238
238

グッドイヤー、ミシュラン「ドライブシミュレーター」をタイヤ開発に活用

 米グッドイヤーと仏ミシュランがドライビングシミュレーターを活用したタイヤ開発を本格的に開始する。実車試験に近い環境で様々な条件をシミュレーションでき、従来よりも効率的な開発体制を構築することで、競争優位性を高めていく。  グッドイヤーは1月15日、独ヴイアイグレイド社のドライビングシミュレーターを2カ所のイノベーションセンターに導入し、製品開発能力の向上を図ると発表した。  グッドイヤーは、ルク…

タグ: , , , , , ,
日本ミシュランタイヤ社長が語る日本市場の現況と技術革新
タイヤ事業戦略 983
983

日本ミシュランタイヤ社長が語る日本市場の現況と技術革新

 過去から様々なイノベーション(技術革新)を生み出してきた仏ミシュラン。近年では2017年に将来を見据えた技術コンセプトを発表し、さらにその流れの中で乗用車用エアレスタイヤも披露するなど開発は更に加速している。今後のタイヤはどのように進化していくのか――国内市場の動向とともにミシュラングループとして未来への展望を、日本ミシュランタイヤのポール・ペリニオ社長に聞いた。 市場の重要戦略は今後も“顧客主…

タグ: , , , ,
横浜ゴムのコンセプトタイヤ、印マルチ・スズキのコンセプトEVに装着
ニュース 99
99

横浜ゴムのコンセプトタイヤ、印マルチ・スズキのコンセプトEVに装着

 横浜ゴムは2月6日、インドのマルチ・スズキ・インディア社のコンセプトEV「Concept FUTURO-e」向けに「BluEarth」(ブルーアース)のコンセプトタイヤを開発したと発表した。同タイヤを装着した車両は、2月7日から12日にニューデリーで開催される「Auto Expo 2020」のマルチ・スズキ・インディア社ブース内で展示される。  「Concept FUTURO-e」はクーペとSU…

タグ: , , , ,