現地レポート

横浜ゴム ウィンタータイヤ開発の現場 性能No.1へ向けた挑戦
レポート 261
261

横浜ゴム ウィンタータイヤ開発の現場 性能No.1へ向けた挑戦

 ウィンタータイヤの性能No.1を目指し開発を強化している横浜ゴムは、このほど北海道旭川市にあるタイヤテストコースで技術説明会を開催し、最新のコンパウンド技術や欧州市場で販売しているオールシーズンタイヤの性能比較などを披露した。同社は中期経営計画のタイヤ消費財戦略の中で「ウィンタータイヤ戦略」に取り組んでおり、商品の更なるレベルアップを図ることでドライバーの安心安全を支えるとともに、グローバルでの…

タグ: , , , , ,
東京オートサロン2019 台湾、中国ブランドも積極展開
レポート 152
152

東京オートサロン2019 台湾、中国ブランドも積極展開

 1月13日まで千葉市の幕張メッセで開催された「東京オートサロン2019」には海外のタイヤブランドや関連企業も多く出展した。乗用車用タイヤをメインに、日本市場に合わせたコンセプトや独自のこだわりを見せたデザインで存在感を示すブースを取材した。  台湾のNANKANG TIRE(ナンカンタイヤ)は、タイヤ通販のオートウェイの展示ブースにコーナーを出展。スポーツタイヤ「Sportnex NS-2R」を…

タグ: , , , , ,
オートモーティブワールド2019 モビリティープラスが出展
レポート 120
120

オートモーティブワールド2019 モビリティープラスが出展

 自動車関連のビジネストレードショー「オートモーティブワールド2019」が1月16日からの3日間、東京ビッグサイトで開かれた。  「第7回コネクティッド・カーEXPO」など6つの展示会で構成される同ショー。各展示会のテーマに沿い過去最多となる1120社が参加。自動車業界の重要な技術テーマ「CASE」をはじめ、自動運転化技術などクルマの最先端テクノロジーを展示した。  タイヤ業界からはタイヤサービス…

タグ: ,
「東京オートサロン2019」タイヤメーカーが存在感発揮
レポート 378
378

「東京オートサロン2019」タイヤメーカーが存在感発揮

 1月11日から13日の3日間、千葉市の幕張メッセで開催された世界有数のカスタムカーのイベント「東京オートサロン2019」。来場者数が過去最多の33万666人となり、盛況のうちに幕を閉じた。会場では近年人気のSUVをはじめ、最新のスポーツモデル、ラグジュアリーカーなどが高い存在感を発揮。タイヤメーカー各社もそれぞれのブランドが持つ世界観を全面に訴求してクルマの魅力や楽しさ、興奮を演出して多くの来場…

タグ: , , , , , , , ,
ミシュラン、マルチパーパスタイヤ「ANAKEE ADVENTURE」発表
ニュース 310
310

ミシュラン、マルチパーパスタイヤ「ANAKEE ADVENTURE」発表

 日本ミシュランタイヤは、二輪車用タイヤの新商品として、新世代マルチパーパスタイヤ「MICHELIN ANAKEE ADVENTURE」(ミシュラン・アナキー・アドベンチャー)を上市した。フロント4サイズ、リア5サイズの計9サイズをラインアップし2019年春から順次発売する。  「ANAKEE ADVENTURE」は、オンロードでの使用比率を80%、オフロードを20%に設定した「ANAKEE」シリ…

タグ: , , ,
ミシュランが輸送事業者向けに提案 人手不足の課題解決へ
レポート 456
456

ミシュランが輸送事業者向けに提案 人手不足の課題解決へ

 日本ミシュランタイヤは11月下旬、川崎市内で輸送業界の人手不足をテーマにしたミーティングを開催し、首都圏の運送会社など約40社が参加した。業界全体でここ近年、問題が深刻化している人材確保に対して従業員の満足度を高めることの重要性を解説したほか、軸別専用タイヤやTPMS(タイヤ空気圧管理システム)の導入などで輸送効率の向上につなげていく独自のソリューションを提案した。 タイヤ管理の適正化や社員満足…

タグ: , , ,
横浜ゴムの平塚製造所で環境イベント 地域住民など3400名来場
レポート 140
140

横浜ゴムの平塚製造所で環境イベント 地域住民など3400名来場

 横浜ゴムは11月10日、神奈川県の平塚製造所で「第10回Think Ecoひらつか2018」を開催した。当日は塚田修一平塚製造所長や同市の落合克宏市長のほか、地域住民や従業員家族など約3400名が来場した。  「エコ」がテーマのイベント会場では、走って発電するエコゲームや東海大学の「ミニ水族館」、神奈川大学の「水質チェック体験コーナー」などが催された。  同社のタイヤを使用した「エコタイヤころが…

タグ: , ,
オートバックス、新たなコンセプトの旗艦店が都内に誕生
ニュース 450
450

オートバックス、新たなコンセプトの旗艦店が都内に誕生

 オートバックスセブンは11月23日にグループのフラッグシップ店舗「スーパーオートバックス東京ベイ東雲」(東京・江東区)をリニューアルし、「A PIT AUTOBACS SHINONOME」(ア・ピット・オートバックス・シノノメ)としてオープンした。29日から一般向けの営業を始める。  新店舗は店内に書店やカフェを併設するなど、幅広い層が一緒に楽しめる店舗を目指した。従来型のカー用品店とは異なるコ…

タグ: , ,
成長市場トルコのタイヤ販売最前線、ダンロップやファルケンの評価は――
レポート 342
342

成長市場トルコのタイヤ販売最前線、ダンロップやファルケンの評価は――

 トルコ市場で販売拡大に取り組む住友ゴム工業。現地ではどのような評価を得て、市場に受け入れられているのか――。数年前より同社ブランドを販売しているタイヤショップを取材した。 ファルケンタイヤは品質と価格で評価  トルコの首都アンカラ市の中心部にはタイヤなど自動車部品の販売店が100以上も軒を連ねているエリアがある。トルコではユーザーの利便性からタイヤに限らず同じ業態が一カ所に出店するのが一般的だと…

タグ: , , , ,
住友ゴム、トルコ市場で2022年に販売量100万本へ
レポート 232
232

住友ゴム、トルコ市場で2022年に販売量100万本へ

 住友ゴム工業はトルコ工場の生産強化に伴い、現地向けのタイヤ販売量を2022年に現在の約1.5倍となる100万本に引き上げる。今後、同工場からの供給を増やすことで国産品として為替や関税のリスクを回避できることも追い風になる。新車の生産・販売台数が増加し、安定的なタイヤ需要の拡大が見込まれているトルコ市場で、現在140店舗ある取引先のタイヤ販売店を今後毎年30店舗ほど増やす計画で、シェアを6%程度ま…

タグ: , , , ,
小野谷機工が新本社工場を竣工、働きやすい職場目指す
ニュース 223
223

小野谷機工が新本社工場を竣工、働きやすい職場目指す

 オノダニグループの中核、小野谷機工(福井県越前市、三村健二社長)は10月25日、新本社社屋と新加工工場の完成披露式典を開催し、地元政財界をはじめ、タイヤ販売会社などから関係者およそ100名が参加した。  同社ではタイヤチェンジャーやロードサービスカーなど、主力事業であるタイヤ関連整備機器の製造・販売が好調に推移。事業拡大にともない、本社・工場周辺の土地を買い増しし、工場棟の新設・増設を繰り返すこ…

タグ: ,
JATMAの浜名湖タイヤ点検活動 50回の節目迎える
ニュース 95
95

JATMAの浜名湖タイヤ点検活動 50回の節目迎える

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)は10月23日、東名高速道路・浜名湖サービスエリアでタイヤ点検活動を行った。この活動は1969年から実施しており、今年で50回目を迎えた。この数年、乗用車などでタイヤの空気圧不足が増加傾向にある中、同会では今後も啓発活動を継続することで、安全な車社会に貢献していく。  JATMAの浜名湖サービスエリア点検活動の主な目的は、タイヤに起因する事故の未然防止とタイヤの…

タグ: , ,
住友ゴム、トルコ工場で安全研修を推進、労働災害の撲滅へ
レポート 206
206

住友ゴム、トルコ工場で安全研修を推進、労働災害の撲滅へ

 住友ゴム工業はトルコ工場の敷地内に「安全体感棟」を設置して2017年10月から稼働した。新しく採用した従業員へ安全に対する基本的な教育を行うことが目的。  福島県の白河工場など国内工場にある施設を参考にしたもので、労働災害のリスクをシミュレーションし、機械への巻き込まれや重量物の落下といった事故の際に起こり得る「痛み」や「恐怖」を擬似的に体感できる。  体感プログラムは、過去の事故事例などを参考…

タグ: , , ,
住友ゴム、欧州事業の鍵握るトルコ工場 増強後の“次”も視野に
レポート 581
581

住友ゴム、欧州事業の鍵握るトルコ工場 増強後の“次”も視野に

 住友ゴム工業は10月5日、2015年に稼働したトルコ工場を報道陣に公開した。主に欧州市場への供給拠点として活用していく方針で、工場の1日あたりの生産能力は当初の4000本から現在は1万6000本に拡大した。さらに2020年には約9割増の日産3万本へ引き上げる計画で、現在も増強が進められている。その一方で、黒田豊取締役常務(欧州・アフリカ本部長)は、「工場の使命は単にタイヤを供給するだけではない」…

タグ: , , , ,
住友ゴム、欧州市場で攻勢 ミッドセグメントのトップへ
ニュース 391
391

住友ゴム、欧州市場で攻勢 ミッドセグメントのトップへ

 住友ゴム工業が欧州市場で事業展開を加速させる。欧州への輸出拠点として2015年に稼働したトルコ工場で生産増強を進めるとともに、FALKEN(ファルケン)タイヤの新車納入や市販用タイヤの取り扱い店舗の拡大を進める。複数のタイヤメーカーがひしめく市場の中で、2022年までにシェアを現在より約2ポイント増の5%に引き上げるとともに、市場で中価格ゾーンに位置付けられる「ミッドセグメント」でトップを目指す…

タグ: , ,