CSR活動

トーヨータイヤ、フリーライドスキー・スノーボード競技に協賛
ニュース 51
51

トーヨータイヤ、フリーライドスキー・スノーボード競技に協賛

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は1月15日、フリーライドスキー・スノーボード競技の最高峰である「Freeride World Tour」(フリーライド・ワールド・ツアー)の白馬大会にメインパートナーとして協賛すると発表した。会場は長野県北安曇郡白馬村で、開催期間は1月18日から25日まで。この日程のうち、会場の状態が良く安全に開催可能な1日に実施する。  同社は出場選手のビブスや競技会場の…

タグ: ,
ブリヂストン、パラリンピックゲーム「THE PEGASUS DREAM TOUR」のファーストスポンサーに
ニュース 107
107

ブリヂストン、パラリンピックゲーム「THE PEGASUS DREAM TOUR」のファーストスポンサーに

 ブリヂストンは12月26日、JP GAMESが制作する国際パラリンピック委員会(IPC)公認のパラリンピックゲーム「THE PEGASUS DREAM TOUR」(ザ・ペガサス・ドリーム・ツアー)に、ファーストスポンサーとして協賛すると発表した。今回の協賛は、若年層のパラリンピックへの理解促進や、パラリンピックスポーツの更なる活性化と普及といった同ゲームの制作主旨に賛同し、実施するもの。  「ザ…

タグ: , ,
日本ミシュランタイヤ 使い捨てプラスチック削減など通じ環境保全
ニュース 123
123

日本ミシュランタイヤ 使い捨てプラスチック削減など通じ環境保全

 日本ミシュランタイヤは12月26日、ワンウェイ(使い捨て)プラスチックの使用を削減し、「エコ・ファースト企業」として環境保全に更に貢献する取り組みを推進すると発表した。  同社は2009年に環境省が創設した「エコ・ファースト制度」で「エコ・ファースト企業」の認証を取得した。それ以降、環境対応型製品の市場投入の促進やトラック・バス用タイヤにおける“3R”の推進により、環境負荷を低減する活動を行って…

タグ: ,
ノキアンタイヤが「タイヤ袋」に生物由来の材料を活用
ニュース 158
158

ノキアンタイヤが「タイヤ袋」に生物由来の材料を活用

 フィンランドのノキアンタイヤは12月19日、環境に配慮したタイヤ袋を活用していることを発表した。一部、生物由来の材料を利用することで、未使用プラスチックや再生プラスチックを使用した場合に比べて二酸化炭素排出量を最大75%削減する。  同社では、フィンランド、スウェーデン、ノルウェーでタイヤ袋向けにプラスチックを年間約4万kg使用していた。タイヤ袋の生産時に排出する二酸化炭素の量は、未使用プラスチ…

タグ: , , ,
ミシュラン 2050年までに世界の全工場をゼロ・エミッションに
ニュース 176
176

ミシュラン 2050年までに世界の全工場をゼロ・エミッションに

 仏ミシュランは12月12日、2050年までに全世界の工場で二酸化炭素を排出しないゼロ・エミッションを目指すことを明らかにした。また、2030年までに車両走行時のタイヤに関連したエネルギー消費量を1kmあたり20%削減するという。  同社の方針は、2015年の第21回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)で定められた「パリ協定」に即したもの。生産や物流、使用時、開発といった全ての段階に適用…

タグ: , , ,
横浜ゴム平塚製造所 環境イベントの収益金を石巻市に寄付
ニュース 80
80

横浜ゴム平塚製造所 環境イベントの収益金を石巻市に寄付

 横浜ゴムの平塚製造所は、昨年11月9日に開催した体験型環境イベント「第11回Think Ecoひらつか2019」での軽食販売の売り上げなど収益金69万2300円を12月17日、東日本大震災の義援金として平塚市を通じて石巻市(宮城県)に寄付した。  平塚市は石巻市と災害協定を結んでおり、義援金は被災地支援に役立てられている。義援金の寄付は東日本大震災が発生した2011年から行っており、今回で9回目…

タグ: ,
横浜ゴム茨城工場、生物多様性に配慮した工場として「いきもの共生事業所認証」を取得
ニュース 124
124

横浜ゴム茨城工場、生物多様性に配慮した工場として「いきもの共生事業所認証」を取得

 横浜ゴムは12月20日、茨城工場(茨城県小美玉市)が生物多様性に配慮した工場として一般社団法人「いきもの共生事業推進協議会」の「いきもの共生事業所R認証(ABINC認証)」を取得したと発表した。同社が認証を取得したのは平塚製造所、尾道工場に続き3拠点目となる。ABINC認証は一般社団法人「企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)」 が開発した「いきもの共生事業所R推進ガイドライン」に基づき第三…

タグ: , ,
住友ゴム「ダンロップものづくり教室・環境教室」を2019年も継続開催
ニュース 82
82

住友ゴム「ダンロップものづくり教室・環境教室」を2019年も継続開催

 住友ゴム工業は12月23日、2009年の創業100周年を機に開始した「ダンロップものづくり教室」および2010年に開始した「ダンロップ環境教室」を、2019年も継続して開催したと発表した。  「ダンロップものづくり教室」はNPO法人「コアネット」と協働で実施するものづくりの体験教室。参加者は簡単な工作キット「スクローラー」の組み立てを行い、整理整頓の必要性やチームワークの重要性、簡単な工具の使い…

タグ: ,
住友ゴム 社内の服装自由化を推進 スニーカーやノーネクタイも可能に
ニュース 374
374

住友ゴム 社内の服装自由化を推進 スニーカーやノーネクタイも可能に

 住友ゴム工業は2020年1月からオフィスでの服装自由化を実施すると12月25日に発表した。TPOに合わせて、社員がフォーマル・カジュアルなど自由に服装を選択できるようになるほか、襟付きのカジュアルシャツ、襟のないものやジーンズ、スニーカーの着用、通年ノーネクタイなども認められる。  同社は、個人の個性を尊重して自由な発想や自律的な思考が生まれやすい職場風土づくりなどを目的に、2019年7~9月に…

タグ: ,
ブリヂストン、子育てサポート企業として「くるみん認定」を取得
ニュース 89
89

ブリヂストン、子育てサポート企業として「くるみん認定」を取得

 ブリヂストンは12月24日、仕事と子育てを両立させる取り組みなどが評価され、厚生労働省・東京労働局から「子育てサポート企業」として「くるみん認定」を受けたと発表した。  同制度は、一般事業主行動計画を策定した企業のうち、計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業が受けられる認定。同社が認定を受けるのは2010年、2012年、2014年、2016年に続き5回目となる。  同社は、2005年…

タグ: ,
住友ゴム、厚労省から「えるぼし認定(二つ星)」を取得
ニュース 128
128

住友ゴム、厚労省から「えるぼし認定(二つ星)」を取得

 住友ゴム工業は12月17日、女性の活躍推進に関して取り組みの実施状況が優良な事業主に対して厚生労働大臣から与えられる「えるぼし認定(二つ星)」を取得したと発表した。  同社では2019年2月に人事総務部内にダイバーシティ&インクルージョン/働き方改革プロジェクトチームを立ち上げた。その中で、多様な属性や価値観をもつ一人ひとりが尊重され、働きがいを持つことができる風土づくりを進めている。  具体的…

タグ: ,
住友ゴムの「チーム エナセーブ 未来プロジェクト」2019年は全国8カ所で実施
ニュース 85
85

住友ゴムの「チーム エナセーブ 未来プロジェクト」2019年は全国8カ所で実施

 住友ゴム工業は12月13日、日本ユネスコ協会連盟との協働事業「チーム エナセーブ 未来プロジェクト」を2019年に全国8カ所で実施したと発表した。延べ約500名の従業員とその家族、地域の方などが参加した。  「チーム エナセーブ」は、低燃費タイヤ「エナセーブ」シリーズの売上の一部を活用し、商品を使用されるユーザーとが一緒になって行う環境保全活動で、「チーム エナセーブ 未来プロジェクト」と「チー…

タグ: ,
2017年の廃タイヤリサイクル率 欧州92%、米国は81%
ニュース 180
180

2017年の廃タイヤリサイクル率 欧州92%、米国は81%

 欧州タイヤ・ゴム製造者協会(ETRMA)は11月19日、2017年の廃タイヤのリサイクル状況を発表した。それによると、廃タイヤの92%は材料再利用またはエネルギー回収に用いられており、過去数年と大きく変化していないことが分かった。  廃タイヤの発生量は前年比4%増の342万4500トン。このうち57%は材料再利用に活用され、数量は3%増の196万1000トンとなった。内訳は75%(147万トン)…

タグ: , , ,
ブリヂストン、都内でソーラーカーレースの参戦車両を展示
ニュース 92
92

ブリヂストン、都内でソーラーカーレースの参戦車両を展示

 ブリヂストンは10月にオーストラリアで開催されたソーラーカーレース「2019 Bridgestone World Solar Challenge」(BWSC)に参戦したソーラーカーを、12月19日に東京都中央区の東京スクエアガーデンで展示する。  展示する車両は、「Challenger Class」で準優勝に輝いた東海大学ソーラーカーチーム「Tokai Challenger」と、オーストラリア教…

タグ: , ,
横浜ゴム子会社の社員が「現代の名工」として厚生労働省から表彰
ニュース 262
262

横浜ゴム子会社の社員が「現代の名工」として厚生労働省から表彰

 横浜ゴムは12月12日、子会社であるヨコハマビジネスアソシエーションの社員である織本信行氏が、コンベヤベルトなどの工業用ゴム製品製造設備の保全および改善に関して、厚生労働省が実施する2019年「卓越した技能者(現代の名工)」として表彰されたと発表した。  この表彰制度は1967年に創設され、卓越した技能を持ち、その道で第一人者と目されている技能者を表彰するもの。技能の世界で活躍する職人や技能の世…

タグ: , ,