CSR活動

横浜ゴム子会社や日本ゼオンが「健康経営優良法人」に認定
ニュース 39
39

横浜ゴム子会社や日本ゼオンが「健康経営優良法人」に認定

 横浜ゴムは2月28日、情報システム開発子会社のハマゴムエイコムが経済産業省から「健康経営優良法人2019(ホワイト500)」に認定されたと発表した。  同制度は健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人を顕彰する「健康経営優良法人制度」に基づいて選定されるもの。  ハマゴムエイコムでは、「健康意識を向上するための研修や告…

タグ: , ,
コンチネンタル「ツール・ド・フランス2019」のメインパートナーに
ニュース 49
49

コンチネンタル「ツール・ド・フランス2019」のメインパートナーに

 独コンチネンタルは7月にベルギーとブリュッセルで開催される「ツール・ド・フランス2019」でメインパートナーの1社になると発表した。「ツール・ド・フランス」は、1903年から毎年フランス及び周辺国で行われている自転車ロードレース。  大会で使用される車両には自転車用ハイエンドモデル「Competition Pro LTD」を装着する。また、今回のパートナーシップを通して、同社が掲げる交通事故ゼロ…

タグ: , ,
オートバックス、大分県と地域活性化に関する協定を締結
ニュース 53
53

オートバックス、大分県と地域活性化に関する協定を締結

 オートバックスセブンは3月19日、大分県と相互の連携を強化し、包括連携協定を締結したと発表した。地方自治体との“安心・安全”を軸とした包括連携協定を締結するのは初めて。  同協定は地域活性化や県民サービスの向上を目的としたもので、交通安全や観光、地域防災など8つの項目で構成されている。大分県民のニーズに基づいて、安全運転サポートやカーシェアリングのほか、トレッキング・登山者向けの入山管理・救助支…

タグ: ,
防災・減災への対応力を 横浜ゴムが日赤の活動に協賛
ニュース 51
51

防災・減災への対応力を 横浜ゴムが日赤の活動に協賛

 横浜ゴムは日本赤十字社が3月1日から31日まで実施している「防災・減災プロジェクト~私たちは、忘れない。~」にシルバーパートナーとして協賛した。  このプロジェクトは被災地の方々に想いを寄せるとともに、これまでの災害から得た教訓や支え合った経験を未来に引き継ぎ、災害への対応力を高めていくことを目的としている。毎年、東日本大震災が起きた3月を中心に全国の企業・団体とともに防災・減災に関わる活動を実…

タグ: ,
ブリヂストン、環境コミュニケーション大賞で「優良賞」受賞
ニュース 115
115

ブリヂストン、環境コミュニケーション大賞で「優良賞」受賞

 ブリヂストンは2月21日、「第22回環境コミュニケーション大賞」の環境報告書部門で、同社が発行した「サステナビリティレポート2017-2018」が優良賞を受賞したと発表した。  同賞は環境省と一般財団法人地球・人間環境フォーラムが主催しており、優れた環境報告書などを表彰する制度。事業者などの環境コミュニケーションへの取り組み促進や、その質の向上を図ることを目的としており、優良賞には同業他社や同等…

タグ: ,
住友ゴムとオートバックス「健康経営優良法人」に選定
ニュース 251
251

住友ゴムとオートバックス「健康経営優良法人」に選定

 住友ゴム工業は2月21日、経済産業省と日本健康会議が主催する「健康経営優良法人2019(ホワイト500)」に認定されたと発表した。「ホワイト500」は健康増進への取り組みなど、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰するもの。  同社は昨年制定した「健康経営宣言」のもと実践している特定保健指導の推進やワークライフバランスの推進といった活動が評価された。なお、2017年、2018年に続き3回目の…

タグ: , ,
原材料調達にブロックチェーン 伊藤忠商事が実証実験
ニュース 284
284

原材料調達にブロックチェーン 伊藤忠商事が実証実験

 伊藤忠商事はこのほど、事業投資先や取扱商品のサプライチェーン上の安定的な調達と透明性確保のための実証実験を開始すると発表した。ブロックチェーン技術を用いたトレーサビリティ・システムの構築を目指していく。  同社が100%株式を有するインドネシアの天然ゴム加工会社PT.アネカ・ブミ・プラタマの原料調達サプライチェーンを活用し、伊藤忠テクノソリューションズが実証試験用のシステムを提供する。  実験で…

タグ: ,
ブリヂストン プロサッカーチーム「サガン鳥栖」のサポート継続
ニュース 129
129

ブリヂストン プロサッカーチーム「サガン鳥栖」のサポート継続

 ブリヂストンはJリーグに加盟するプロサッカークラブ「サガン鳥栖」のユニフォームスポンサーを2019年シーズンも引き続き務めると発表した。  サガン鳥栖の本拠地である佐賀県鳥栖市には、超偏平・高性能スポーツカー用タイヤなどを生産する鳥栖工場がある。さらに同社発祥の地である福岡県久留米市と隣接するなど、同地域との関わりが深いことから2006年よりスポンサーを務めている。  また、同社がマッチスポンサ…

タグ: ,
グッドイヤーとジャイアントタイヤ たつの市のマラソン大会を支援
ニュース 114
114

グッドイヤーとジャイアントタイヤ たつの市のマラソン大会を支援

 日本グッドイヤーは1月27日に関連会社の日本ジャイアントタイヤとともに、第47回「たつの市梅と潮の香マラソン大会」に協賛し、大会運営にもボランティアとして参加した。同社が大会に協力するのは3年連続となる。  今回のマラソン大会は、はりまシーサイドロード(国道250号線)を往復10kmにわたり完全通行止めにして行われた。  米グッドイヤーの100%子会社である日本ジャイアントタイヤ㈱は1971年の…

タグ: ,
TOYO TIRE、仙台工場ガスタービン設備の設置 環境対応を推進
ニュース 107
107

TOYO TIRE、仙台工場ガスタービン設備の設置 環境対応を推進

 TOYO TIREの仙台工場(宮城県岩沼市)が熱効率性の高いガスタービン設備の設置が完了し、1月末から本格稼働した。これにより、同社の国内タイヤ工場で使用する熱エネルギー源が天然ガスへと転換される。  仙台工場内で使用する蒸気と電気は、これまで石炭と使用済みタイヤとの混合燃焼といったコージェネレ-ションボイラー設備によって供給していた。こうした中、工場の所在する岩沼市において、天然ガスを安定的に…

タグ: , , ,
女性リーダーの育成支援 ブリヂストンとお茶の水女子大が共同で
ニュース 212
212

女性リーダーの育成支援 ブリヂストンとお茶の水女子大が共同で

 ブリヂストンは1月16日、お茶の水女子大学と共同で「未来起点プロジェクト」を4月に発足すると発表した。高校生・大学生・大学院生を対象に次世代の女性リーダー育成を支援していく。  同プロジェクトは、ブリヂストンとお茶の水女子大学が2017年1月に締結した包括協定の内容を具体化するもの。お茶の水女子大学に開講する社会連携講座「未来起点ゼミ」を軸に、両者が互いのリソースを活用して授業内容を検討していく…

タグ: ,
横浜ゴム子会社、ハマゴムエイコムが横浜市から健康経営認証
ニュース 114
114

横浜ゴム子会社、ハマゴムエイコムが横浜市から健康経営認証

 横浜ゴムは1月18日、情報システム開発子会社のハマゴムエイコムが昨年12月14日に神奈川県横浜市が主催する「横浜健康経営認証」の最高クラス「AAA」を取得したと発表した。1月15日にワークピア横浜(横浜市中区)で認証式が行われ、荒木田百合横浜副市長から認定証が授与された。  同制度は、従業員の健康保持・増進を経営的な視点から考え、戦略的に実践する「健康経営」の概念を普及させる目的で、健康経営に取…

タグ: ,
コンチネンタル、持続可能性を目的に天然ゴムの調達方針を策定
ニュース 108
108

コンチネンタル、持続可能性を目的に天然ゴムの調達方針を策定

 独コンチネンタルはこのほど、持続可能な天然ゴムの調達方針を策定したと発表した。持続可能なビジネス慣行の達成を目指すことが目的。  この方針は、同社のゴムグループが就労者やコミュニティ、生物多様性などに着目し、森林伐採や贈収賄、土地収奪といった潜在的リスクの早期発見を図るもの。サプライヤー及び農業従事者への関与と利害関係者の関与、トレーサビリティの拡大、省資源、リサイクル、天然ゴムの代替供給源の特…

タグ: ,
横浜ゴム、環境イベントの収益金を震災義援金として寄付
ニュース 82
82

横浜ゴム、環境イベントの収益金を震災義援金として寄付

 横浜ゴムは神奈川県の平塚製造所で昨年11月10日に開催した環境イベント「第10回Think Eco ひらつか2018」の収益金65万1000円と平塚製造所協力会社からの義援金25万4754円を合わせた90万5754円を、平塚市を通じて東日本大震災の義援金として宮城県石巻市に寄付したと発表した。  同義援金の寄付は2011年から行っており、これまで寄付した金額は累計351万9770円に達した。  …

タグ: ,
住友ゴム「ものづくり教室」「環境教室」を兵庫県内で継続開催
ニュース 85
85

住友ゴム「ものづくり教室」「環境教室」を兵庫県内で継続開催

 住友ゴム工業は12月21日、同社が創業100周年を機に2009年から開始した「ダンロップものづくり教室」と、2010年にスタートした「ダンロップ環境教室」を2018年も継続して実施したと発表した。  2018年に「ものづくり教室」は兵庫県内7カ所で計8回、「環境教室」は兵庫県内の3団体で計6回開催した。「ものづくり教室」では簡単な工作キットの組み立てを行い、整理整頓の必要性やチームワーク力の形成…

タグ: ,