工場

住友ゴムの白河工場「優秀将来世代応援企業賞」を受賞
ニュース 369
369

住友ゴムの白河工場「優秀将来世代応援企業賞」を受賞

 住友ゴム工業は4月14日、福島県の白河工場が日本創生のための将来世代応援知事同盟から「優秀将来世代応援企業賞」を受賞したと発表した。同工場が取り組んできた女性社員による職場改善活動が評価された。  将来世代応援知事同盟は、加盟する17県から推薦された企業などの中から、子育て支援、女性や若者への支援および働き方改革に対して、独自性や先進性のある取り組みを積極的に行っている企業などを表彰している。 …

タグ: , ,
ブリヂストンの欧州拠点、全てを再生可能エネルギーに
ニュース 312
312

ブリヂストンの欧州拠点、全てを再生可能エネルギーに

 ブリヂストンの欧州グループ会社であるブリヂストンEMIAは3月22日、欧州拠点で消費する電力を全て再生可能エネルギーに切り替えたと発表した。  同拠点には欧州の全タイヤ工場や、イタリアの欧州R&Dセンター及びプルービンググラウンド、ベルギーのリトレッド用部材工場、スペインのタイヤコード工場、ベルギーのEMIA本社が含まれる。  ブリヂストンでは「当社はパリ協定や2050年までのカーボンニュートラ…

タグ: , , , ,
コンチネンタル、世界の生産拠点でCO2を7割減
ニュース 279
279

コンチネンタル、世界の生産拠点でCO2を7割減

 独コンチネンタルは3月24日、2020年に世界の生産拠点で使用する電力を全て再生可能エネルギーで調達したと発表した。この結果は監査法人KPMGの報告書によるもの。  同社は約400万メガワット時のグリーンエネルギーを調達したことで、2020年にグローバルで自社が直接および間接排出したCO2は前年比70%減の99万トンになったという。  同社では「当社は野心的な目標を掲げ、持続可能な経済への変革を…

タグ: , ,
ブリヂストン、仏ベチューン工場を4月末で閉鎖
ニュース 295
295

ブリヂストン、仏ベチューン工場を4月末で閉鎖

 ブリヂストンは17日、仏ベチューン工場を4月末に閉鎖する予定だと発表した。同社は昨年10月から関係者と工場閉鎖に向けた協議を行っていたが、2月26日(現地時間)に終結し、3月16日(現地時間)に現地当局から計画が承認された。工場の従業員は配置転換や再就職の支援などを行う。  同工場は1961年に操業を開始。2020年9月時点で乗用車用タイヤを日産1万7000本生産していた。従業員数は863人。 …

タグ: , ,
住友ゴム 2050年を目標に工場排出のCO2ゼロへ
ニュース 522
522

住友ゴム 2050年を目標に工場排出のCO2ゼロへ

 住友ゴム工業は2月9日の決算発表会で、工場から排出するCO2を2050年に100%削減する目標を発表した。また、2030年には17年比で50%削減することを検討しているという。山本悟社長は「事業を通じた社会問題の解決により、社会と企業の持続的発展を目指す」と意気込みを示した。  自社の温室効果ガスの直接排出(スコープ1)に関しては、これまでに、発電時の排熱を有効利用するコージェネレーションシステ…

タグ: , , ,
ミシュランとエンバイロ 初のリサイクル工場建設
ニュース 331
331

ミシュランとエンバイロ 初のリサイクル工場建設

 仏ミシュランは2月9日、スウェーデンのエンバイロ社との合弁で、タイヤリサイクル工場を南米チリのアントファガスタ地域に建設すると発表した。ミシュランにとって初のリサイクル工場となる。2023年に稼働を開始する予定で、ミシュランの投資額は3000万ドル(約32億円)以上となる。  同社では「使用済みタイヤのリサイクル技術はタイヤ産業にとって重要な柱であり、当社の持続可能な原材料調達の取り組みの一環」…

タグ: , , ,
横浜ゴム、タイの金型工場増強 ASEANで供給体制強化
ニュース 249
249

横浜ゴム、タイの金型工場増強 ASEANで供給体制強化

 横浜ゴムは2月12日、タイヤモールド(金型)生産会社であるヨコハマモールド(YMC)がタイのグループ会社、ヨコハマモールド・タイランド(YMTC)の生産能力を増強すると発表した。1月に着工しており、今年末に完了する。ASEAN地域でのサプライチェーンを強化する。  YMTCは2018年にラヨーン県に設立。横浜ゴムの日本、タイ、フィリピン、インドなどのタイヤ工場に乗用車用やライトトラック用タイヤモ…

タグ: , ,
ブリヂストンが新中計発表 高収益体質へ“循環の輪”
ニュース 1,369
1,369

ブリヂストンが新中計発表 高収益体質へ“循環の輪”

 ブリヂストンは16日、2023年までの中期事業計画を発表し、2030年を見据えた同社グループの方向性を示した。タイヤ及びソリューション事業に加え、SDGsの観点から新たに「探索事業」を設定。23年にはグループで売上収益3兆3000億円、営業利益率13%を目指す。  今年はタイヤ事業とソリューション事業を連動することで強化・拡大するとともに、タイヤを原材料に戻すリサイクル事業の探索を開始する。20…

タグ: , , ,
TOYO TIRE、マレーシアで生産拠点集約 国内販売会社の移転も
ニュース 690
690

TOYO TIRE、マレーシアで生産拠点集約 国内販売会社の移転も

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は2月15日、マレーシアにある生産子会社シルバーストーンでのタイヤ生産を今年6月で終了すると発表した。工場閉鎖後、子会社は解散する。  同工場はトーヨータイヤが2010年に買収した。主にマレーシア国内の自動車メーカー向けの新車用タイヤと、市販用のシルバーストーンブランドのタイヤを生産してきたが、設備面から同社が戦略的に進めるSUV向けの大口径タイヤは手掛けてお…

タグ: , ,
住友ゴム、国内外で工場増産 高機能タイヤの販売増へ
ニュース 964
964

住友ゴム、国内外で工場増産 高機能タイヤの販売増へ

 住友ゴム工業は2月9日に開いた決算会見で、世界のタイヤ需要本数の見通しを公表した。それによると、昨年は新型コロナウイルスの影響で前年比14%減の約16億本だった。19年の水準に回復するのは22年頃となる見込み。  ただ同社の販売は、昨年は12%減少したものの、21年は19年比3%減と、世界需要(5%減)を上回るレベルで回復する見通しだ。中でも、ニーズが高まっているSUV用や18インチ以上の乗用車…

タグ: , , ,
ランクセス 生産拠点でデジタル化推進 ペーパーレス化も
ニュース 212
212

ランクセス 生産拠点でデジタル化推進 ペーパーレス化も

 独ランクセスは2月3日、生産拠点でのデジタル化を推進し、今後3年間をかけてオペレーションと保守管理の分野でモバイル化を進めると発表した。  その一環として、まずは工場で毎年約40万件が使用されている紙のチェックリストをデジタルに置き換える。また、チェックリストへの記入はタブレット端末上で行うようにする。  今回のチェックリストのデジタル化は、独シーメンスのソフトウェアを使用する。このソフトウェア…

タグ: ,
住友ゴムの白河工場「福島県ワーク・ライフ・バランス大賞」受賞
ニュース 1,420
1,420

住友ゴムの白河工場「福島県ワーク・ライフ・バランス大賞」受賞

 住友ゴム工業は2月2日、福島県の白河工場で行ってきたワークライフバランスへの積極的な取り組みが評価され、県から「福島県ワーク・ライフ・バランス大賞」を受賞したと発表した。表彰式は1月28日に福島県庁で行われ、面川寿彦工場長が出席した。  白河工場は、2020年4月30日に「福島県次世代育成支援企業認証制度」において「仕事と生活の調和」推進企業の認証を取得している。認証企業の中でも「ワーク・ライフ…

タグ: , ,
住友ゴムの宮崎工場、無災害記録750万時間達成で表彰
ニュース 451
451

住友ゴムの宮崎工場、無災害記録750万時間達成で表彰

 住友ゴム工業は7日、同社の宮崎工場(都城市)が休業災害発生ゼロの無災害記録(延べ750万時間)を継続したことにより都城労働基準監督署から「厚生労働省第二種無災害記録証」を授与されたと発表した。  労働基準監督署の大野署長は「非常に価値があるもので地域に対しても良い影響を与える。次は、第三種の1125万時間を従業員一丸となってチャレンジして欲しい」と激励した。  同社では「今回の認定は叱る安全指導…

タグ: , ,
TOYO TIRE セルビア工場の起工式開く 22年4月生産開始
ニュース 597
597

TOYO TIRE セルビア工場の起工式開く 22年4月生産開始

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)と生産子会社トーヨータイヤセルビアは、12月15日にセルビア共和国インジヤ市の新工場建設予定地で起工式を開催した。式典にはセルビアのアレクサンダル・ヴチッチ大統領をはじめ約40名が参加し、建設工事の安全を祈願した。なお、新型コロナウイルス感染対策のため、同社の清水隆史社長は国内からリモートで参加した。  清水社長は「この工場で生産される製品の多くは、将来、ドイ…

タグ: , ,
進む“脱炭素”の流れ タイヤ各社も動き加速 一部メーカーは目標の見直しも
ニュース 1,103
1,103

進む“脱炭素”の流れ タイヤ各社も動き加速 一部メーカーは目標の見直しも

 世界的に“脱炭素”を目指す動きが加速している。菅義偉首相は10月末に温暖化ガスの排出量を2050年までに実質ゼロにする目標を掲げた。欧州連合(EU)でも2019年に同様の目標を立てており、中国は2060年までにCO2排出量実質ゼロを目指すことを表明。米国も大統領選で勝利を確実にしたバイデン氏がパリ協定への復帰を公約にする。近年のこうした潮流の中、タイヤメーカー各社でも事業活動における柱の一つとし…

タグ: , , , , , ,