工場

住友ゴム、南アフリカで生産停止 ノキアンはロシア、米国の工場を停止
ニュース 156
156

住友ゴム、南アフリカで生産停止 ノキアンはロシア、米国の工場を停止

 住友ゴム工業は南アフリカのタイヤ工場で一時生産を休止する。期間は3月27日から4月16日。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて政府が市民の外出を制限する方針を発表したため。  また、フィンランドのノキアンタイヤは3月26日、米テネシー州のデイトン工場を3月27日から最短で2週間閉鎖すると発表した。25日にはテネシー州レイ郡が自宅待機命令を出していた。  欧州でもロシア工場は3月30日から1週間程…

タグ: , , , , , , ,
サイレンタイヤ、AIを活用してインテリジェント生産システムへ
ニュース 55
55

サイレンタイヤ、AIを活用してインテリジェント生産システムへ

 中国のサイレンタイヤは2月24日、山東省の東営工場で「高性能タイヤ拡張プロジェクト」を実施していると明らかにした。これによって中国国内で新車向けの中高級グレード市場の需要に応える。投資額は10億元(約151億円)を見込む。  工場ではタイヤ製造過程における主要設備の自動化や情報のレベルを効率的に高めるため、最新の生産設備や完全自動化ロジスティクスラインなどを導入。タイヤのライフサイクル全体を管理…

タグ: ,
ハンコックタイヤが欧米で工場を一時閉鎖へ 新型コロナの拡大受け
ニュース 87
87

ハンコックタイヤが欧米で工場を一時閉鎖へ 新型コロナの拡大受け

 韓国のハンコックタイヤが新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月30日から4月7日までハンガリーのラカルマス工場の稼働を一時停止することが分かった。26日までに海外メディアが報じた。  また、米テネシー州のクラークスビル工場も3月30日から4月12日まで生産を停止する。米国市場向けにアジアの生産拠点を活用するほか、クラークスビル拠点を含む米国の倉庫の操業は継続する。

タグ: , , , , ,
新型コロナ拡大、欧州でタイヤ工場の停止、生産縮小の流れ加速
ニュース 341
341

新型コロナ拡大、欧州でタイヤ工場の停止、生産縮小の流れ加速

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、複数のタイヤメーカーが欧州の工場で生産の一時停止や生産縮小を発表している。各国で外出制限が出されたり、自動車メーカーの生産停止が相次いだりする中、需要の急速な減少に対応する。大手メーカーでは在庫が一定量確保できているものの、正常化に時間がかかれば市場縮小への懸念が増してくる。  ブリヂストンの欧州子会社は3月23日、仏ベチューン工場と伊バーリ工場を4月6日ま…

タグ: , , , , , , ,
米州でもタイヤ工場の生産停止拡大、需要減への対応も
ニュース 595
595

米州でもタイヤ工場の生産停止拡大、需要減への対応も

 欧州に続き、米国でもタイヤメーカーの生産休止が拡大している。新型コロナウイルスの感染拡大から従業員の安全を確保するとももに、生産停止が相次いでいる自動車メーカーの生産減少による需要減への対応を図る。  ブリヂストンの米国子会社は北米やラテンアメリカ地域で一時生産を停止すると発表した。4月12日までに稼働を再開する見込み。また、仏ミシュランは3月20日に米国およびカナダのタイヤ工場を停止すると発表…

タグ: , , , , , , , , , , , ,
欧州で工場の停止相次ぐ 新型コロナウイルスの影響拡大
ニュース 710
710

欧州で工場の停止相次ぐ 新型コロナウイルスの影響拡大

 感染拡大が世界的に拡大する新型コロナウイルスの影響により、欧州を中心にタイヤ工場の生産停止が相次いでいる。  ブリヂストンは乗用車用タイヤを生産するフランスのべチューン工場、トラック・バス用タイヤを生産しているスペインのビルバオ工場の稼働を停止した。「従業員の安全を確保するため」(広報部)としており、3月19日の時点で再開の時期は未定だという。  仏ミシュランは18日に欧州の生産拠点を少なくとも…

タグ: , , , , , , , ,
横浜ゴムの尾道工場が「ABINC賞」で特別賞を受賞
ニュース 120
120

横浜ゴムの尾道工場が「ABINC賞」で特別賞を受賞

 横浜ゴムは3月6日、尾道工場(広島県)が1月30日に一般社団法人「いきもの共生事業推進協議会(ABINC)」の第2回ABINC賞において特別賞を受賞したと発表した。同社では「尾道工場が推進する多様な生物多様性活動が高く評価された」としている。  ABINC賞は「いきもの共生事業所R認証(ABINC認証)」を取得した事業所のうち、特にABINCの普及啓発や生物多様性の主流化への貢献度が高い事業所を…

タグ: , ,
住友ゴムの宮崎工場「500万時間無災害」達成し記録証を授与
ニュース 151
151

住友ゴムの宮崎工場「500万時間無災害」達成し記録証を授与

 住友ゴム工業は3月2日、宮崎工場が休業災害発生ゼロを500万時間達成したと発表した。無災害記録を継続したことにより、2月28日に都城労働基準監督署から厚生労働省第一種無災害記録証を授与された。  同工場では過去の災害事例の分析や月単位での目標設定などに取り組んできたという。都城労働基準監督署からは「協力企業を含めた完全無災害は素晴らしい。引き続き地域のリーダーとしてお手本となる活動をお願いしたい…

タグ: , ,
ピレリ、イタリアの工場で減産 従業員がコロナウイルス陽性反応
ニュース 943
943

ピレリ、イタリアの工場で減産 従業員がコロナウイルス陽性反応

 伊ピレリは3月10日、イタリア北部のセッティモ・トリネーゼ工場の従業員が新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たことを受け、同工場の生産ペースを落とすことを決定した。  同社では「他の従業員を保護するため、あらゆる予防措置を講じている」としており、工場は限られたスタッフで運営を続ける。顧客への供給は、在庫を活用して適正な水準を維持するという。  ピレリのイタリア事業は、グループ全体の売上高の5.…

タグ: , , , , ,
トーヨータイヤの仙台工場「コージェネ大賞」で優秀賞
ニュース 159
159

トーヨータイヤの仙台工場「コージェネ大賞」で優秀賞

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は2月10日、宮城県岩沼市の仙台工場が「コージェネ大賞2019」で優秀賞(産業用部門)を受賞したと発表した。  コージェネレーションシステムは、熱源から電力と熱を生産して供給するシステムの総称。同賞は、一般財団法人コージェネレーション・エネルギー高度利用センターが新規・先導性、新規技術、省エネルギー性等において優れたコージェネを表彰する制度で、今回で8回目とな…

タグ: , ,
ブリヂストングループ 米キャタピラーから最高評価の認定
ニュース 265
265

ブリヂストングループ 米キャタピラーから最高評価の認定

 ブリヂストンは1月30日、米キャタピラー社からSQEP(サプライヤー・クオリティ・エクセレンス・プロセス)認証の最高評価「プラチナ」認定を取得したと発表した。  同認証は、キャタピラー社がサプライヤーに継続的な品質改善を促すプログラム。プラチナ認定は特に優れた品質の商品・サービスを継続的に提供できる企業の工場のみが獲得できる。  今年、ブリヂストングループでは計7工場がプラチナ認定を取得。このう…

タグ: , , ,
ノキアンタイヤが「タイヤ袋」に生物由来の材料を活用
ニュース 176
176

ノキアンタイヤが「タイヤ袋」に生物由来の材料を活用

 フィンランドのノキアンタイヤは12月19日、環境に配慮したタイヤ袋を活用していることを発表した。一部、生物由来の材料を利用することで、未使用プラスチックや再生プラスチックを使用した場合に比べて二酸化炭素排出量を最大75%削減する。  同社では、フィンランド、スウェーデン、ノルウェーでタイヤ袋向けにプラスチックを年間約4万kg使用していた。タイヤ袋の生産時に排出する二酸化炭素の量は、未使用プラスチ…

タグ: , ,
ミシュラン 2050年までに世界の全工場をゼロ・エミッションに
ニュース 211
211

ミシュラン 2050年までに世界の全工場をゼロ・エミッションに

 仏ミシュランは12月12日、2050年までに全世界の工場で二酸化炭素を排出しないゼロ・エミッションを目指すことを明らかにした。また、2030年までに車両走行時のタイヤに関連したエネルギー消費量を1kmあたり20%削減するという。  同社の方針は、2015年の第21回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)で定められた「パリ協定」に即したもの。生産や物流、使用時、開発といった全ての段階に適用…

タグ: , ,
横浜ゴム茨城工場、生物多様性に配慮した工場として「いきもの共生事業所認証」を取得
ニュース 130
130

横浜ゴム茨城工場、生物多様性に配慮した工場として「いきもの共生事業所認証」を取得

 横浜ゴムは12月20日、茨城工場(茨城県小美玉市)が生物多様性に配慮した工場として一般社団法人「いきもの共生事業推進協議会」の「いきもの共生事業所R認証(ABINC認証)」を取得したと発表した。同社が認証を取得したのは平塚製造所、尾道工場に続き3拠点目となる。ABINC認証は一般社団法人「企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)」 が開発した「いきもの共生事業所R推進ガイドライン」に基づき第三…

タグ: , ,
ブリヂストンやコンチネンタルの工場で再生カーボン活用
ニュース 300
300

ブリヂストンやコンチネンタルの工場で再生カーボン活用

 ブリヂストンは11月21日、米子会社のブリヂストン・アメリカス・インク(BSAM)が再生カーボンブラック(rCB)を原材料に用いたタイヤを商用化したと発表した。2020年までに廃タイヤ約200万本のリサイクルを目指す。  rCBは廃タイヤを熱分解して製造したもので、米国で販売する一部のタイヤにはBSAMと提携関係にあるデルタ・エナジー・グループ・LLC社製のrCBを使用している。この材料は新品の…

タグ: , , ,