工場

住友ゴム、トルコ工場に排水リサイクル施設 2020年に本稼働へ
ニュース 284
284

住友ゴム、トルコ工場に排水リサイクル施設 2020年に本稼働へ

 住友ゴム工業は今年度中にトルコ工場で排水リサイクル設備の試験運転を開始する。既にRO装置(逆浸透膜)を使用した排水リサイクル設備を導入しており、環境問題への対応策として工業排水ゼロ、取水量の50%削減を目指していく。  住友ゴムグループは世界的にひっ迫する水資源を保全するため、工場排水を100%リサイクルするための技術確立を進めている。トルコ工場はそのモデル工場と位置付けており、コストなどを算定…

タグ: , ,
ブリヂストン、カナダのジョリエット工場に自動倉庫導入 リードタイム短縮へ
ニュース 348
348

ブリヂストン、カナダのジョリエット工場に自動倉庫導入 リードタイム短縮へ

 ブリヂストンのカナダの子会社であるブリヂストン・カナダ・インクは10月22日、カナダ・ケベック州のジョリエット工場に自動倉庫を設立すると発表した。最大50万本を保管できる。2020年初頭に操業を開始する予定で、投資額は4500万ドル(約50億6070万円)。  新たな設備の導入により、工場運営の卓越性を高め、ディーラーや顧客に向けて迅速にタイヤを提供していくことが可能になる。また、輸送コストや市…

タグ: , ,
住友ゴム、欧州事業の鍵握るトルコ工場 増強後の“次”も視野に
レポート 678
678

住友ゴム、欧州事業の鍵握るトルコ工場 増強後の“次”も視野に

 住友ゴム工業は10月5日、2015年に稼働したトルコ工場を報道陣に公開した。主に欧州市場への供給拠点として活用していく方針で、工場の1日あたりの生産能力は当初の4000本から現在は1万6000本に拡大した。さらに2020年には約9割増の日産3万本へ引き上げる計画で、現在も増強が進められている。その一方で、黒田豊取締役常務(欧州・アフリカ本部長)は、「工場の使命は単にタイヤを供給するだけではない」…

タグ: , , ,
クーパー、英工場でライトトラック用タイヤの生産停止へ
ニュース 138
138

クーパー、英工場でライトトラック用タイヤの生産停止へ

 米クーパータイヤは現地時間の10月10日、英南部にあるメルクシャム工場でライトトラック用タイヤの生産停止を検討すると発表した。コスト競争力の強化が主な理由としている。約300名の従業員に影響する見込み。  メルクシャム工場は1885年に稼働を開始している。生産品目はライトトラック用タイヤのほか、モータースポーツ用やモーターサイクル用タイヤの製造も行っている。

タグ: ,
GM社からサプライヤー表彰 ブリヂストンの鳥栖工場など
ニュース 171
171

GM社からサプライヤー表彰 ブリヂストンの鳥栖工場など

 ブリヂストンは10月10日、佐賀県の鳥栖工場が米ゼネラル・モーターズ(GM)から「2017 Supplier Quality Excellence Award」を受賞したと発表した。  この表彰制度は、各国のサプライヤーの中からGM社が定めるマネジメントシステムなど13項目の品質に関わる厳しい基準を全て満たした製造拠点に授与される。鳥栖工場は3年連続の受賞となった。なお、今回はブリヂストンの米ウ…

タグ: , ,
世界のタイヤ工場 10年で55拠点増 中国・インドの拡大目立つ
ニュース 975
975

世界のタイヤ工場 10年で55拠点増 中国・インドの拡大目立つ

 米専門紙・ラバー&プラスチックニュースによると、2018年9月時点で、世界のタイヤ工場の拠点数は538カ所で10年前に比べて55拠点増加したことが分かった。米国や中国、インドなどの主要市場はいずれも拡大を続けているほか、通商リスクを回避するため中国以外の地域で新工場を建設する中国メーカーも相次いでいることが背景にあるようだ。 目立つ中国、インドの拠点拡大  今年9月時点での世界のタイヤ工場の拠点…

タグ: ,
コンチネンタル チェコにモールド製造拠点を開設
ニュース 199
199

コンチネンタル チェコにモールド製造拠点を開設

 独コンチネンタルは9月にチェコのホルショフスキー・ティーンでタイヤモールドの製造拠点を開設した。投資額は約1100万ユーロ(約14億2549万円)。  新拠点では、コンチネンタル・モールド・アンド・マシーナリー(CMM)部門が2015年に統合した独AZ社のモールドやコンテナを製造する予定。  AZ社のラース・ブッセ氏は、「新たな技術や設備への投資は、コンチネンタルのタイヤ工場に向けた高品質な製品…

タグ: , ,
住友ゴム ブラジル工場でトラック・バス用タイヤの生産増強
ニュース 162
162

住友ゴム ブラジル工場でトラック・バス用タイヤの生産増強

 住友ゴム工業は9月20日、1億5300万レアル(約41億円)を投じてブラジル工場でトラック・バス用タイヤの生産能力を増強すると発表した。  同社は2016年7月に3億1200万レアルを投資してトラック・バス用タイヤの生産設備を新設し、2019年3月から日産500本体制で稼働を始めると発表していた。今回の追加投資により、同年10月に生産能力を日産1000本に倍増させる。新たに約240名を雇用する計…

タグ: , ,
住友ゴムのフラッグシップ工場、白河工場が果たすべき役割
タイヤ事業戦略 1,030
1,030

住友ゴムのフラッグシップ工場、白河工場が果たすべき役割

 住友ゴム工業の国内最大級の生産規模を誇る白河工場(福島県)は、生産技術面でも最新工法を開発し、発信する重要な役割を担う。モビリティ社会の変化に伴いタイヤに求められる性能が進化し、さらに事業のグローバル化が加速する中、工場のあるべき姿はどう変わっていくのか――藤本紀文工場長(住友ゴム執行役員)に展望を聞いた。 ――住友ゴムグループの中で白河工場の役割は。  「住友ゴムグループのフラッグシップ工場と…

タグ: , ,
住友ゴムの白河工場 3つの工法を活用し、高品質なタイヤを供給
レポート 1,284
1,284

住友ゴムの白河工場 3つの工法を活用し、高品質なタイヤを供給

 住友ゴム工業の白河工場(藤本紀文工場長)は、生産規模が新ゴム量換算で月間1万350トンと、国内では他社を含めてトップクラス。住友ゴムグループのタイヤ生産拠点は、国内では白河をはじめとする4工場、海外ではタイやアメリカ、中国、インドネシアなどに8工場を数えるが、その中でも白河は、2006年に操業開始したタイ工場の月間1万4550トンに次ぐ2番目の生産能力を誇る。 3つの工法を活用し、高品質なタイヤ…

タグ: , ,
住友ゴム、南アフリカ工場でトラック用タイヤの生産開始
ニュース 273
273

住友ゴム、南アフリカ工場でトラック用タイヤの生産開始

 住友ゴム工業は8月7日、南アフリカ工場(レディスミス市)にトラック・バス用タイヤの生産設備を新設し、7月19日に生産を開始したと発表した。投資額は約81億円で、生産能力は2020年に日産750本を予定している。  これまでアフリカ市場向けのトラック・バス用タイヤは輸入販売を行ってきたが、現地生産を開始することで、アフリカ市場におけるトラック・バス用タイヤの安定供給を図る。同社では「今後、アフリカ…

タグ: , , ,
コンチネンタル、チェコのVuK社を買収
ニュース 210
210

コンチネンタル、チェコのVuK社を買収

 独コンチネンタルは7月9日にチェコの機械製造メーカー、VuK社を買収したと発表した。これによりタイヤ製造機の開発や生産を推進していく。  VuK社は、1993年にチェコのオトロコヴィツェで設立した。同地区にはコンチネンタルのタイヤ工場があり、乗用車用やトラック用、産業車両用タイヤなどを生産している。米ラバー&プラスチック社によると、生産能力は年間2200万本。  また、同工場ではタイヤの金型も製…

タグ: , ,
ブリヂストン 米ブルーミントン工場の能力増強
ニュース 202
202

ブリヂストン 米ブルーミントン工場の能力増強

 ブリヂストンは7月18日、米ブルーミントン工場で建設・鉱山車両用タイヤの生産能力を増強すると発表した。約13億円を投じて、新たに29インチと33インチ、35インチの3サイズを製造する。  増強は2020年中に完了する見込みで、約30名の新規雇用を予定している。なお、今回追加生産する3サイズはこれまで同社の下関工場(山口県下関市)から米国への輸出してきた。  今回の増強により、ブルーミントン工場は…

タグ: , , ,
住友ゴム 工場のIoT導入加速 白河工場で予防保全に活用
ニュース 1,363
1,363

住友ゴム 工場のIoT導入加速 白河工場で予防保全に活用

 住友ゴム工業がタイヤ工場でAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)を活用した生産システムの効率化を推進している。その一環として、今年度中にIoTを活用した製造設備の予防保全システムを開発し、早ければ2019年にも白河工場(福島県)に導入する。  同社は昨年4月に生産性向上や設備管理の精度向上を目的として、「製造IoT推進室」を立ち上げ、生産現場へのIoT導入を積極化している。今後は機械を…

タグ: , ,
ブリヂストン ICT/IoTを活用したスマート工場化を推進
ニュース 470
470

ブリヂストン ICT/IoTを活用したスマート工場化を推進

 ブリヂストンは6月26日に都内で会見を開き、ICT(情報通信技術)やIoT(モノのインターネット)技術を活用することでスマート工場化を積極的に進めていく方針を発表した。タイヤの商品開発から製造、使用過程までバリューチェーン全体で得た情報のデータ解析やシミュレーションを行うことにより、従来以上に高品質かつ効率的な生産を目指すとともに、厳しい競争環境の中で確固たる優位性を築き上げていく。  同社は近…

タグ: , ,