農業機械用タイヤ

横浜ゴム、インド新工場の生産能力を増強 OHTの需要増に対応
ニュース 445
445

横浜ゴム、インド新工場の生産能力を増強 OHTの需要増に対応

 横浜ゴムは8月11日、農業機械用などオフハイウェイタイヤ(OHT)の生産能力増強のため、インドに建設中のヴィシャカパトナム工場に追加の増産投資を実施すると発表した。同社では、「OHT需要はますます増加することが見込まれており、工場の更なる生産増強を決定した」と説明している。  追加投資額は1億7100万ドル(約189億円)。同工場の生産能力は当初予定の日量55トン(第1期)に第2期の増強分を加え…

タグ: , , ,
横浜ゴム、国内農機メーカーへ納入 OHT事業の拡大へ
ニュース 328
328

横浜ゴム、国内農機メーカーへ納入 OHT事業の拡大へ

 横浜ゴムは5月27日、ヤンマーアグリの農耕用トラクター「YT4A」シリーズの「YT460A」「YT465A」の新車装着用タイヤとして、「ALLIANCE」(アライアンス)ブランドのタイヤ納入を開始したと発表した。横浜ゴムが国内農機メーカーへOE納入するのは約50年ぶり。  「YT4A」シリーズは日本の稲作・畑作に最適な大型トラクター。今回納入した「アライアンス・アグリスターⅡ」は農業機械用や林業…

タグ: , ,
OHT事業をグローバルで統合 横浜ゴムとATG、事業の更なる強化へ
ニュース 672
672

OHT事業をグローバルで統合 横浜ゴムとATG、事業の更なる強化へ

 横浜ゴムは10月19日、グループ全体のオフハイウェイタイヤ(OHT)事業をグローバルで統合すると発表した。横浜ゴムのOHT事業とグループ会社、ATG(アライアンスタイヤグループ)を対象として新組織を立ち上げる。統合後のOHT事業の経営は現在のATGが主体となり、日本、米国、オランダ、インドの4拠点を中心にグローバルで事業を強化する。  まず、来年1月1日付けで米グループ会社であるYTC(ヨコハマ…

タグ: , ,
ミシュラン 生産財タイヤで新展開 国内でカムソの販売スタート
ニュース 943
943

ミシュラン 生産財タイヤで新展開 国内でカムソの販売スタート

 日本ミシュランタイヤは生産財タイヤ事業で新たな展開を始める。建設機械用タイヤではカムソブランドの製品をラインアップに加えて、これまでより幅広いユーザーを取り込む。また、トラック・バス用タイヤ向けに展開しているTPMS(タイヤ空気圧監視システム)を活用したデジタルサービスを刷新するほか、海外市場で試行しているデジタルソリューションを国内のニーズに合った形で提供する方針だ。これまでもライバルに先駆け…

タグ: , , , , , ,
横浜ゴム、OHTの需要増に対応 インドにATGの新工場
ニュース 554
554

横浜ゴム、OHTの需要増に対応 インドにATGの新工場

 横浜ゴムは9月11日、農業機械用タイヤなどオフハイウェイタイヤ(OHT)の生産販売グループ会社のATG(アライアンスタイヤグループ)が印アチュタプラム工業団地に新工場を建設すると発表した。2023年第1四半期から生産を開始する予定。生産能力は日量55トンで、設備投資額は1億6500万ドル(約175億円)。  ATGは現在、インドで2工場を操業しており、農業機械や建設車両、産業車両、林業機械用タイ…

タグ: , , , ,
コンチネンタル「農機用インテリジェントタイヤ」発表へ
ニュース 381
381

コンチネンタル「農機用インテリジェントタイヤ」発表へ

 独コンチネンタルは、11月に独ハノーバーで開催される世界最大の農業機械展「アグリテクニカ」でインテリジェントタイヤ「VFトラクターマスター・ハイブリッド」を出品すると発表した。  このタイヤは、同じ空気圧のラジアルタイヤに比べて40%重い荷重を支えられるVFテクノロジーとセンサーを搭載し、タイヤ空気圧と温度を継続的に測定する。  同社では「燃料消費量やタイヤの摩耗、休止時間、管理コストを減らしつ…

タグ: , ,
農機用タイヤの作業に注意 JATMAがポスターで啓発
ニュース 751
751

農機用タイヤの作業に注意 JATMAがポスターで啓発

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)はこのほど、農業機械用タイヤの誤組み事故防止と複輪間の石噛み除去時の事故防止を啓発するポスターを作成した。会員企業の販売会社を通じてタイヤ販売店や専業店などへ配布を始めている。  古い農業機械などに装着されているタイヤとリムの中には、表示されているリム径の呼びが「15」であっても実寸は「15.3」のものがあり、適合しない組み合わせでリム組みをして空気充てんを行っ…

タグ: , ,
横浜ゴムがATGの国内販売を加速 中小型の農機用タイヤ拡充
ニュース 560
560

横浜ゴムがATGの国内販売を加速 中小型の農機用タイヤ拡充

 横浜ゴムはATG(アライアンスタイヤグループ)が生産販売する「ALLIANCE」(アライアンス)ブランドの農業機械用タイヤの日本向けサイズを拡大し、2月21日より発売を開始した。  今回発売したのは主に中小型トラクターのフロントタイヤで使用される「324FarmPRO」の7サイズと、水田用ハイラグパターンのリアタイヤ「337DEEP LUG」の15サイズ。「324FarmPRO」は田畑での優れた…

タグ: , ,
ブリヂストン 大型農機用ラジアルタイヤ「VT-TRACTOR」発売
ニュース 386
386

ブリヂストン 大型農機用ラジアルタイヤ「VT-TRACTOR」発売

 ブリヂストンは2月28日、ブリヂストンブランド初となる大型農業トラクター用ラジアルタイヤ「VT-TRACTOR」(ブイティートラクター)を3月より発売すると発表した。タイヤサイズはフロント用が28インチ、リア用が38インチで、価格はオープン。  新商品は、高耐荷重に対応したVFタイヤに準拠しており、より低い空気圧で使用することが可能。また、タイヤが柔軟にたわむことで、地面と接する面積が増加し、け…

タグ: , ,
タイヤから貢献する農業の生産性向上へ
レポート 823
823

タイヤから貢献する農業の生産性向上へ

 担い手の減少による人手不足や高齢化が加速している農業。生産効率を高めつつ、将来に繋がる強い農業を育成していくことは今後ますます重要になってくる。農家が抱える様々な課題に対して、農機メーカーが情報通信技術(ICT)を活用したスマート農業に力を入れる中、タイヤメーカーも効率的な農作業に貢献するべく最新技術を搭載した新モデル投入の動きを活発化させている。各社はニーズに最適な提案を進め、生き残りを模索す…

タグ: , , , , , ,
ミシュラン、加カムソ社を1600億円で買収 OHTの世界トップへ
ニュース 3,827
3,827

ミシュラン、加カムソ社を1600億円で買収 OHTの世界トップへ

 仏ミシュランは7月12日、カナダの建設・産業機械用タイヤの専業メーカー、CAMSO(カムソ)社を買収すると発表した。買収額は14億5000万ドル(約1633億2800万円)。両社の建設・産業機械用タイヤ事業を統合して新たな部門を立ち上げる。同部門の売上高は20億ドル以上となる見込み。ミシュランは強みの高性能ラジアルタイヤやゴムクローラに加えて、カムソの主力ブランド「CAMSO」(カムソ)、「SO…

タグ: , , ,
ミシュラン、生産財タイヤで攻勢 国内初の大型イベント実施
ニュース 863
863

ミシュラン、生産財タイヤで攻勢 国内初の大型イベント実施

 日本ミシュランタイヤがトラック・バス用タイヤと建設機械用タイヤ、産業車両用タイヤなど生産財タイヤをトータルで提案するビジネスに乗り出した。従来はカテゴリーごとに対応していたが、今年1月に生産財を全体で運営する「B2Bタイヤ事業部」を立ち上げ、点から面に事業を拡大する体制に移行。トラック用タイヤで培ってきた戦略を活用することで、3年後には市販用タイヤで、生産財事業の売上高を2割程度引き上げたい考え…

タグ: , , , ,
【横浜ゴム】OHTでシェア10%、世界のトップ目指す
ニュース 2,916
2,916

【横浜ゴム】OHTでシェア10%、世界のトップ目指す

 横浜ゴムが昨年7月に約1356億円で買収した蘭ATG(アライアンス・タイヤ・グループ)。同社の会長を務める小林達氏(横浜ゴム副社長)は、「横浜ゴムグループの将来をかけた事業」と位置づけ、統合効果を最大限発揮させるべく土台作りに取り組んできた。今年3月以降、野地彦旬社長にバトンを渡す予定で、両社の得意分野を融合させつつ一層の事業拡大を図る。さらに今回の買収は横浜ゴムのこれからの企業運営にとっても大…

タグ: , ,
横浜ゴム オランダのATGを1300億円で買収 生産財事業を強化
ニュース 862
862

横浜ゴム オランダのATGを1300億円で買収 生産財事業を強化

 横浜ゴムは3月28日に都内でオランダの農機用・建機用タイヤメーカー、アライアンス・タイヤ・グループ(ATG)買収に関する記者会見を開き、生産財事業を大幅に強化すると発表した。米投資ファンド、KKRおよびATGの株主から11億7900万ドル(約1356億円)で全株式を取得し、7月1日までに買収を完了する予定。今後も安定した成長が見込まれる農業機械タイヤ事業に参入することで収益力の向上を図る。  A…

タグ: , ,
住友ゴム、ASEANへ向け供給拡大図る タイ第3工場が本格稼働
レポート 3,900
3,900

住友ゴム、ASEANへ向け供給拡大図る タイ第3工場が本格稼働

住友ゴム ASEANへ向け供給拡大図る  住友ゴム工業はタイ工場からASEAN(東南アジア諸国連合)各国へ向けた供給体制を強化する。5月に本格稼働を始めたタイで3カ所目となる新工場からは農業機械用タイヤなど産業用タイヤを供給し、コメの輸出大国である現地需要を取り込む。さらに世界最大級の生産規模を誇る乗用車用タイヤ工場では、早期に生産能力を日産10万本レベルまで引き上げ、これまでの欧米向け輸出から、…

タグ: , , , , ,