安全啓発活動

タイヤ協会 冬タイヤの適正使用をチラシ、ポスターで啓発
ニュース 829
829

タイヤ協会 冬タイヤの適正使用をチラシ、ポスターで啓発

 冬のドライブシーズンを控え、日本自動車タイヤ協会(JATMA)は一般ドライバー向けにスタッドレスタイヤの履き替えや早期装着の啓発をスタートする。  同会では2012年から啓発チラシやポスターを制作し、各地区の官公庁などの協力を得て活動を展開してきた。今年は降雪地域向けと非降雪地域向けの2パターンで合計30万7000部のチラシを作成。ポスターは2万部を用意した。JATMAの各支部を通じて、自動車関…

タグ: , , ,
トーヨータイヤ、三重県のイオンモール東員でタイヤ安全啓発活動
ニュース 511
511

トーヨータイヤ、三重県のイオンモール東員でタイヤ安全啓発活動

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は10日から11日の2日間、イオンモール東員(三重県員弁郡東員町)でドライブシミュレーターを活用したタイヤの安全啓発活動を実施する。  同社は7月から各地のイオンモールで活動を実施している。会場ではドライブシミュレーターを活用して雨天時にタイヤが摩耗した状態での走行やバーストした際のハンドル操作など、疑似ドライブ体験でき、適切な状態でタイヤを使用することの重要…

タグ: ,
ユーザーへ空気圧点検を啓発 タイヤ協会がポスター作成
ニュース 408
408

ユーザーへ空気圧点検を啓発 タイヤ協会がポスター作成

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)はこのほど、タイヤの空気圧適正管理を啓発するポスターとチラシを発行した。同会が2015年から2019年に実施した点検活動では、乗用車の4台に1台が空気圧不足のまま使用されていることが分かっている。一方、空気圧が不適正の状態だと燃費が悪化するほか、偏摩耗によるタイヤ寿命の低下、さらにはバーストにつながる可能性もある。ドライバーへ空気圧は自然に低下することを訴求する…

タグ: , , ,
住友ゴム、ドライバー自身によるタイヤ点検を特設サイトで紹介
ニュース 249
249

住友ゴム、ドライバー自身によるタイヤ点検を特設サイトで紹介

 住友ゴム工業はドラえもんと一緒にセルフタイヤ点検が学べる特設サイト(https://tyre.dunlop.co.jp/tyre_safety/)を開設し、定期的なタイヤの点検や空気圧の重要性を啓発していく。同社がタイヤに起因する事故の未然防止を目的として2008年から毎年実施してきた「DUNLOPダンロップ 全国タイヤ安全点検」の新たな形と始めるもの。サイト内では点検チェックシートや点検ポイン…

タグ: , ,
欧州で溝点検の頻度は?ノキアンタイヤが調査
ニュース 299
299

欧州で溝点検の頻度は?ノキアンタイヤが調査

 フィンランドのノキアンタイヤが欧州のドライバーを対象に実施した調査によると、ユーザーがタイヤの溝深さを確認する頻度は「年に2回」が3割と最も多く、次いで「2~3カ月に1回」が24%、「年に1回」は13%、「前回いつ確認したか分からない」は10%だった。  同社では「タイヤの摩耗に注意を払っているのはごく一部の人だけだと分かったが、タイヤは車と道路の唯一の接点であり、交通安全において非常に重要だ」…

タグ: , ,
国交省など「自動車点検整備推進運動」強化月間始まる
ニュース 278
278

国交省など「自動車点検整備推進運動」強化月間始まる

 国土交通省と自動車点検整備推進協議会は、9月を全国統一の「自動車点検整備推進運動」強化月間とし、自動車の点検整備の必要性や重要性について啓発活動を実施している。  今年度の活動は「クルマと私の物語、ずっと続く未来の安心」をテーマに設定。ウェブでの動画公開やテレビCMの放映などを通じて自動車ユーザーの保守管理意識を高めるとともに、適切な点検・整備の実施と推進を図る。  9月8日には記者発表会を開催…

タグ: ,
冬タイヤの“鮮度”を啓発 タイヤ公正取引協議会がポスター改訂
ニュース 785
785

冬タイヤの“鮮度”を啓発 タイヤ公正取引協議会がポスター改訂

 タイヤ公正取引協議会は、適正に保管すれば製造から2シーズンが経過したスタッドレスタイヤであっても直近に生産した製品と同等の性能が維持されていることを知らせるポスターをリニューアルした。同会は生産から年数が経過していると「性能が低下する」という消費者の懸念に対して正しい情報提供を行うことを目的に昨年から啓発を始めた。  今回のポスター作成にあたり、性能比較試験に協力したタイヤメーカーは昨年から1社…

タグ: , ,
タイヤケアのプロからの提言――もっと安全なクルマ社会へ
レポート 1,016
1,016

タイヤケアのプロからの提言――もっと安全なクルマ社会へ

 横浜市鶴見区にある渡辺タイヤサービス。運送会社向けにトラック用タイヤの販売、サービスを手掛けており、渡辺剛満社長はユーザーの安全運行へ人一倍の情熱と強い信念を持って日々の仕事に取り組んできた。その渡辺さんが「ここ数年、タイヤのトラブルが目に見えて増加傾向あるのでは」と危機感を抱いている。現場で何が起きているのか、長年タイヤを見てきたプロとしてその要因をどう推定しているのか――「ほかの販売店さんと…

タグ: , , , ,
ミシュラン 交通事故減少を目指して保険会社との取り組みを強化
ニュース 261
261

ミシュラン 交通事故減少を目指して保険会社との取り組みを強化

 仏ミシュランはこのほど、仏保険会社MATMUTグループとのパートナーシップを強化すると発表した。プログラム参加者の運転行動などを分析し、アドバイスを提供する「コネクト・オート」の取り組みを推進するという。この取り組みは交通事故を減らすため2018年に開始した。  最初のフェーズでは、パーソナライズされた運転アドバイスを受けることを選択した保険の契約者2000人を対象に実施していた。今回は参加者を…

タグ: , ,
パンク修理の啓発ポスター改訂 日本自動車タイヤ協会
ニュース 707
707

パンク修理の啓発ポスター改訂 日本自動車タイヤ協会

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)は7月15日、2019年8月に発行した「パンク修理作業に関する安全啓発ポスター」を改訂し、パンク修理を断るケースの1つとして「空気圧0kPaの場合」を追加した。  同社では「パンク修理作業における作業者の安全をより確保していくため」としている。  ポスターの発行部数は2万6710部。会員タイヤメーカーの系列販売店や全国タイヤ商工協同組合連合会を通じ、タイヤ販売店…

タグ: , , ,
感染予防策を万全に、タイヤ空気充てん講習会再開
ニュース 291
291

感染予防策を万全に、タイヤ空気充てん講習会再開

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、様々な講習会の延期や中止が続いている中、神奈川県タイヤ商工協同組合は7月5日にタイヤ空気充てん作業特別教育講習会を再開した。当初開催予定だった3月から約4カ月延期したが、事業者や受講生から実施を求める声が数多く寄せられていたという。自治体や業界団体などが定めたガイドラインを参考に、様々な感染予防策をとりながら開催にこぎつけた。  当日は神奈川県内を中心に…

タグ: , , , ,
全日本トラック協会 9月から点検整備推進運動を展開
ニュース 241
241

全日本トラック協会 9月から点検整備推進運動を展開

 全日本トラック協会は6月30日、2020年度の「トラック運送業界における点検整備推進運動」の実施要領を公表した。この活動は1年を通じて実施しており、9月1日から9月30日までの1カ月間を全国統一の「自動車点検整備推進運動強化月間」に定めた。  重点実施項目として、大型車の適切な点検・整備の実施方法の啓発などを設定。機関誌やホームページを活用し、大型トラックのホイールの取付状態や燃料装置の点検実施…

タグ: ,
トーヨータイヤ 7月11日から全国で安全啓発活動を実施
ニュース 192
192

トーヨータイヤ 7月11日から全国で安全啓発活動を実施

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)と子会社のトーヨータイヤジャパンは7月11日からタイヤ安全啓発活動を順次実施すると8日発表した。実施会場は宮城県や石川県、三重県、愛媛県の全国4カ所のイオンモールを予定している。  この取り組みでは、昨年に引き続きドライブシミュレーターを活用する。揺動機構を利用し、アクセルペダルやブレーキの踏み込み、ハンドル操作で運転席から見える景色や揺れを連動し再現すること…

タグ: , ,
住友ゴム“withコロナ”の社会経済活動をタイヤ点検でサポート
ニュース 321
321

住友ゴム“withコロナ”の社会経済活動をタイヤ点検でサポート

 住友ゴム工業は7月1日から9月30日に、全国の直営店(タイヤセレクト、タイヤランド)とダンロップタイヤショップグループで、タイヤに起因する事故の未然防止を目的としたタイヤ点検の強化活動「#タイヤ安全点検しよう!」を実施すると発表した。新型コロナウイルス感染症に伴う休業要請や外出自粛を経て、都道府県を超えた外出に向けて社会経済活動が徐々に再開する中、定期的なタイヤ点検や空気圧の重要性を啓発していく…

タグ: , , ,
ゴールデンウィーク期間のロードサービス タイヤ関連の構成比は16%
ニュース 181
181

ゴールデンウィーク期間のロードサービス タイヤ関連の構成比は16%

 JAF(日本自動車連盟)がまとめたゴールデンウィーク期間中(4月29日~5月6日)のロードサービス出動件数(二輪含む)は4万439件だった。内訳は一般道路が3万9711件、高速道路が728件だった。  出動理由の1位は「過放電バッテリー」(1万7179件)だった。2位は「タイヤのパンク、バースト、エアー圧不足」(6505件)で、構成比は前年同期比1.99ポイント減の16.09%となった。  四輪…

タグ: , ,