安全啓発活動

降雪でJAFのロードサービス救援要請件数が増加
ニュース 309
309

降雪でJAFのロードサービス救援要請件数が増加

 JAF(日本自動車連盟)中国本部は12月16日の中国地方への降雪により、鳥取県と中国地方の山間部で救援要請が増加したと発表した。  12月16日の救援要請件数は、特に鳥取県では前年同日と比べて約3.7倍の145件にのぼったほか、広島県も243件(前年同日は163件)で急増した。同本部では「例年積雪の始まる時期は雪に慣れている地域でも出動要請が増加する」とした上で、「昨年は暖冬の影響で積雪が少なか…

タグ: , ,
関東地区の冬タイヤ装着率は53% NEXCO東日本関東支社が調査
ニュース 427
427

関東地区の冬タイヤ装着率は53% NEXCO東日本関東支社が調査

 NEXCO東日本関東支社は、12月9日と13日に管内のサービスエリア・パーキングエリアで実施した冬用タイヤ装着状況調査を17日に公表した。  調査を行ったのは小型車1156台、大型車325台の合計1481台。冬用タイヤの装着率は小型車が43.6%、大型車は79.9%だった。全車種平均では53.6%となっており、約半数のドライバーは冬用タイヤを未装着だった。  また、地域別では、埼玉など首都圏地区…

タグ: , , ,
国交省、動画でタイヤ事故事故の危険性を啓発
ニュース 910
910

国交省、動画でタイヤ事故事故の危険性を啓発

 国土交通省は15日、大型車の車輪脱落が死亡事故につながる危険性があることを啓発するビデオを動画公開サイト「YouTube」の国交省公式アカウントで公開した。動画のURLはhttps://youtu.be/BE6-rcq81C8。  国交省では毎年、冬用タイヤへの交換が多くなるこの時期に大型車の車輪脱落事故が多発していることを受けて、11月から「大型車の車輪脱落事故防止キャンペーン」を実施しており…

タグ: , , ,
ダンロップの直営店で点検活動 25%にタイヤの整備不良
ニュース 463
463

ダンロップの直営店で点検活動 25%にタイヤの整備不良

 住友ゴム工業は10月1日から31日まで全国のダンロップ直営店で実施したタイヤ点検活動の結果、25%の車両が整備不良だったと11月27日に発表した。  同社はタイヤに起因する事故の未然防止を目的に、タイヤの残溝や空気圧、表面の損傷などの点検活動を2008年から継続して実施してきた。今回の活動では合計2137台の車両を点検。その結果、タイヤの整備不良率は25・0%、整備不良項目では残溝不足が19・7…

タグ: , , ,
大型車の脱落事故、統計史上最多に 2019年度は112件発生
ニュース 1,151
1,151

大型車の脱落事故、統計史上最多に 2019年度は112件発生

 大型車(車両総重量8トン以上のトラックまたは乗車定員30人以上のバス)のホイール・ボルト折損によるタイヤ脱落事故が2019年度に112件発生したことが国土交通省のまとめで分かった。件数は4年連続で増加し、統計のある2004年度以降で最多となった。人身事故は4件あり、このうち1名は重傷を負った。  今回の統計では、事故は10月から2月までの冬期に75件と集中しており、地区別では東北が48件と最も多…

タグ: , , , , ,
ニュース 620
620

NEXCO中日本 金沢支社 高速道路の氷雪対策強化

 NEXCO中日本の金沢支社は、北陸自動車道、東海北陸自動車道、舞鶴若狭自動車道で、各県の高速道路交通警察隊や関係機関と連携して、24時間体制の氷雪対策を始めた。冬期の安全な交通確保を目指すもので、期間は11月10日から来年4月15日まで。  今年は雪氷車両を329台と昨年より26台増やした。除雪梯団ごとに凍結防止剤散布車を配備して路面凍結や圧雪路面による通行止めリスクを低減する。また、2018年…

タグ: , ,
TOYO TIRE、ドライブシミュレーターでドライバーの意識向上へ
ニュース 270
270

TOYO TIRE、ドライブシミュレーターでドライバーの意識向上へ

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)とトーヨータイヤジャパンは7月から10月にかけて全国4カ所のショッピングセンターで安全啓発活動を行った。同社は昨年からドライブシミュレーターを活用した啓発を行っている。これは雨天時の制動距離や空気圧の状態による操縦安定性の違い、バースト体験といった普段は想定していないシーンを疑似体験することで、タイヤの適正な点検を図るユニークな取り組み。今年は合計488人のユ…

タグ: , ,
減らないタイヤの空気圧不足、改善へ新たなアプローチ
ニュース 919
919

減らないタイヤの空気圧不足、改善へ新たなアプローチ

 空気圧不足などタイヤの適正管理が行われていないケースが依然として目立っている。JAF(日本自動車連盟)のロードサービスでタイヤ関連の救援は2割前後で高止まりしており、日本自動車タイヤ協会(JATMA)が行っている点検活動でも乗用車の4台に1台が空気圧不足のまま使用されている。一方でこうした状況を改善するため、新たな訴求方法も始まっている。  JAFの2020年度上期(4~9月)のロードサービス救…

タグ: , , ,
タイヤ交換時のジャッキ倒れに注意を――冬シーズン前にJAFが呼び掛け
ニュース 300
300

タイヤ交換時のジャッキ倒れに注意を――冬シーズン前にJAFが呼び掛け

 JAF(日本自動車連盟)青森支部は、冬用タイヤへの交換が本格化するのを前に、作業時のジャッキ倒れのトラブルへ注意を呼び掛けている。同支部によると、昨年11月1日から11月30日までの1カ月間、青森県内でジャッキ倒れトラブルに関する救援要請は20件発生している。  ジャッキ倒れとは、車体を持ち上げている状態の時に、不安定になりジャッキが倒れてしまうこと。事故を防ぐためのポイントとして、「サイドブレ…

タグ: , ,
電車の利用者に冬タイヤ啓発 東京メトロとJR西日本で広告展開
ニュース 262
262

電車の利用者に冬タイヤ啓発 東京メトロとJR西日本で広告展開

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)が、通勤通学で電車を利用するユーザーに冬用タイヤの装着の呼びかけを行う。同会では本格的なスタッドレスシーズンを前に、高速道路サービスエリアや道の駅、ショッピングモールなどでポスターの掲示を要請しており、今年も様々なアプローチを進めている。  その一環として昨年から主に非降雪地域のドライバーをターゲットに、都営地下鉄の窓上広告枠に啓発チラシの掲出を行った。一定の成…

タグ: ,
大型トラックの車輪脱落事故防止へ 自工会が協調して対応
ニュース 1,459
1,459

大型トラックの車輪脱落事故防止へ 自工会が協調して対応

 日本自動車工業会(自工会)は10月30日、官民一体で大型車の車輪脱落事故防止の取り組みを進めると発表した。  大型車メーカー4社で構成する大型車委員会を通じて、目視でナット緩みを確認が可能な「連結式ナット回転指示インジケーター」を活用した取り組みを行う。通常の日常点検では、点検ハンマーを用いてナットの緩み点検を励行しているが、事故の発生が集中している左後輪への装着を推進する。  大型4社は車輪脱…

タグ: , , ,
国交省、大型車の車輪脱落事故防止キャンペーン実施 来年2月まで
ニュース 1,224
1,224

国交省、大型車の車輪脱落事故防止キャンペーン実施 来年2月まで

 国土交通省は、大型車のホイール・ボルト折損による車輪脱落事故が増加している状況を踏まえ、11月1日から「大型車の車輪脱落事故防止キャンペーン」を始めた。日本自動車タイヤ協会(JATMA)や全国タイヤ商工協同組合連合会、全日本トラック協会などと協力して来年2月28日まで実施する。  期間中は、運送事業者に対する事故防止対策の周知・指導や大型車のホイール・ナットの緩みの総点検、貨物運送事業者ではタイ…

タグ: , , ,
安全なトラック運行を呼び掛け 全日本トラック協会が11月から
ニュース 2,135
2,135

安全なトラック運行を呼び掛け 全日本トラック協会が11月から

 全日本トラック協会は11月16日から2021年1月10日まで第60回「正しい運転・明るい輸送運動」を実施すると発表した。  この運動は交通・労働災害事故の防止や環境保全、輸送秩序の確立により円滑な輸送の達成を図り、年末年始の輸送繁忙期における安全、安心な輸送サービスの提供を目的としている。  重点項目には「飲酒運転の根絶」や「追突事故及び交差点における事故防止の徹底」など6項目を設定。その他に「…

タグ: ,
タイヤ協会 冬タイヤの適正使用をチラシ、ポスターで啓発
ニュース 1,175
1,175

タイヤ協会 冬タイヤの適正使用をチラシ、ポスターで啓発

 冬のドライブシーズンを控え、日本自動車タイヤ協会(JATMA)は一般ドライバー向けにスタッドレスタイヤの履き替えや早期装着の啓発をスタートする。  同会では2012年から啓発チラシやポスターを制作し、各地区の官公庁などの協力を得て活動を展開してきた。今年は降雪地域向けと非降雪地域向けの2パターンで合計30万7000部のチラシを作成。ポスターは2万部を用意した。JATMAの各支部を通じて、自動車関…

タグ: , , ,
ユーザーへ空気圧点検を啓発 タイヤ協会がポスター作成
ニュース 490
490

ユーザーへ空気圧点検を啓発 タイヤ協会がポスター作成

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)はこのほど、タイヤの空気圧適正管理を啓発するポスターとチラシを発行した。同会が2015年から2019年に実施した点検活動では、乗用車の4台に1台が空気圧不足のまま使用されていることが分かっている。一方、空気圧が不適正の状態だと燃費が悪化するほか、偏摩耗によるタイヤ寿命の低下、さらにはバーストにつながる可能性もある。ドライバーへ空気圧は自然に低下することを訴求する…

タグ: , ,