安全啓発活動

作業事故撲滅や運送事業者の課題解決に タイヤ各社が整備技術の向上へ
レポート 58
58

作業事故撲滅や運送事業者の課題解決に タイヤ各社が整備技術の向上へ

 大型車の脱輪事故などを背景に、確実な点検作業が求められる中、各社がトラック・バス用タイヤの整備スキル向上に注力している。その一つが競技形式で行われる大会だ。ブリヂストンや住友ゴム工業は開始から10年の節目を迎え、「レベルが着実に上ってきている」(住友ゴム)と成果が見られてきている。横浜ゴムやTOYO TIRE(トーヨータイヤ)も含めて各社は活動を継続していく予定で、事故のない車社会の実現に一歩前…

タグ: , , , , , , ,
トーヨータイヤ、道の駅でタイヤ点検の重要性を啓発
ニュース 56
56

トーヨータイヤ、道の駅でタイヤ点検の重要性を啓発

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)と国内販売子会社のトーヨータイヤジャパンは9月1日から順次、全国8カ所の道の駅で「秋のタイヤ安全啓発活動」を行った。  同社では今年4月にも全国8カ所の道の駅で同様の安全啓発活動を実施。その結果、点検した車両の約15%に空気圧不足が確認されていた。  トーヨータイヤジャパンの山邊憲一社長は「タイヤの安全使用は我々の安全作業にもつながる。一般の皆様に向け、タイヤ…

タグ: , ,
住友ゴム タイヤ点検を10月5日に実施 「こども交通安全教室」も開催
ニュース 67
67

住友ゴム タイヤ点検を10月5日に実施 「こども交通安全教室」も開催

 住友ゴム工業は10月5日に全国10会場で「DUNLOP全国タイヤ安全点検」を実施すると発表した。  今年で12年目を迎える同活動は、タイヤに起因する事故の未然防止を目的に、タイヤの空気圧や残溝、表面の損傷などの点検を行うもの。これまでに累計点検台数は延べ10万台を超えている。  今回、会場ではタイヤ安全点検の重要性を記載したクリアファイルを配布するなど、ドライバーに定期的なタイヤの点検、整備の必…

タグ: ,
冬用タイヤの適正使用を 業界団体がポスターで啓発
ニュース 150
150

冬用タイヤの適正使用を 業界団体がポスターで啓発

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)はこのほど、冬道の安全を啓発するチラシとポスターを作成した。降雪地域向けと非降雪地域向けの2パターンを用意。チラシは約30万5000部、ポスターは約2万800部を関係者に配布する。  例年、突然の積雪や路面凍結時に事故やトラブルが発生していることを踏まえ、今回はタイヤチェーンの使用に関する文言を改訂したほか、非降雪地域向けチラシ裏面掲載の事故発生件数データを最新…

タグ: , ,
大都市で4割が大雪時にも運転 ノーマルタイヤでの走行も
ニュース 123
123

大都市で4割が大雪時にも運転 ノーマルタイヤでの走行も

 タイヤ公正取引協議会(タイヤ公取協)の調査によると、大都市圏で大雪が降った際に運転をしたことがあるドライバーは約4割、そのうちの約2割がノーマルタイヤを装着していたことが分かった。  調査は今年3月にインターネットを通じて行い、首都圏、愛知、大阪、福岡に住む428名から回答を得た。大雪時に運転をしたことがある188名のうち、スタッドレスを装着していたのは60.6%、チェーンが13.3%、オールシ…

タグ: , , ,
トーヨータイヤ「秋のタイヤ安全啓発活動」を実施
ニュース 72
72

トーヨータイヤ「秋のタイヤ安全啓発活動」を実施

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は、販売会社のトーヨータイヤジャパンと9月1日から15日に北海道や大分県など全国8カ所の道の駅で、タイヤの安全な使用を訴求する「タイヤ安全啓発活動」を実施している。  この活動では、希望者を対象にタイヤの空気圧や残溝、外傷のチェックなど無料安全点検を行い、空気圧が不足している場合は空気充てんする。さらに、新品タイヤと不良タイヤを比較展示することで、タイヤ点検へ…

タグ: ,
9~10月は「点検整備強化月間」国交省と自動車関係団体
ニュース 77
77

9~10月は「点検整備強化月間」国交省と自動車関係団体

 国土交通省は9月から10月までの2カ月間を「自動車点検整備推進運動強化月間」として、日本自動車タイヤ協会や全国タイヤ商工協同組合連合会など関係団体の協力を得て啓発活動を行う。  期間中は全国で開催するイベントやポスター、チラシやなどを通じて一般ドライバーに自動車点検の重要性を訴求する。また、大型車などの事業者向けにはホイールの取付状態や燃料装置、電気配線といった装置、車体フレームの腐食状態につい…

タグ: ,
住友ゴム 全国で二輪車用タイヤの安全啓発活動 不良率は15%に
ニュース 76
76

住友ゴム 全国で二輪車用タイヤの安全啓発活動 不良率は15%に

 住友ゴム工業は8月3日、「DUNLOP(ダンロップ)全国タイヤ安全点検」として、全国4会場で二輪車用タイヤの安全点検を実施した。  今回で7回目となったこの活動は、タイヤに起因する事故の未然防止と、空気圧などの点検の重要性をライダーに訴求する目的で実施するもの。2012年から、8月19日の「バイクの日」に合わせて全国の道の駅やレストハウスなどで開催されてきた。  アネスト岩田ターンパイク箱根スカ…

タグ: , , , ,
「パンク修理が危険な場合も」業界団体がユーザー向けに啓発ポスター
ニュース 511
511

「パンク修理が危険な場合も」業界団体がユーザー向けに啓発ポスター

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)はこのほど、パンク修理作業に関する安全啓発ポスターを作成して、タイヤ販売店への配布を始めた。ポスターはパンク修理作業時の事故撲滅を目的としており、販売店が危険と判断した場合には修理を断るケースがあることをユーザー側に周知していく。同会がユーザーを対象にこうしたポスターを展開するのは初めて。  販売の現場では、修理依頼があったタイヤに引きずり痕がある場合など、オペ…

タグ: , , , ,
ノキアン、スキャン装置で100万台のタイヤ溝を計測
ニュース 283
283

ノキアン、スキャン装置で100万台のタイヤ溝を計測

 フィンランドのノキアンタイヤはタイヤ溝のスキャン装置「SnapSkan」(スナップスキャン)が5月に100万台の計測を達成したと発表した。また、その結果、フィンランドでは10%が残溝不足の状態で、冬タイヤに比べて夏タイヤの不良率が高いことが明らかになった。  「スナップスキャン」は、路面に取り付けたスキャナーによりタイヤの溝深さを計測するもの。同サービスに登録したユーザーは、自身のモバイルデバイ…

タグ: , ,
住友ゴム 全国4カ所で二輪車用タイヤの安全点検活動
ニュース 107
107

住友ゴム 全国4カ所で二輪車用タイヤの安全点検活動

 住友ゴム工業は7月18日、「DUNLOP(ダンロップ)全国タイヤ安全点検」として、二輪車用タイヤの安全点検を8月3日に実施すると発表した。実施会場はアネスト岩田ターンパイク箱根(神奈川県足柄下郡)など全国4会場。  同活動では、タイヤに起因する事故の未然防止を目的に、装着されているタイヤの残溝、表面の損傷、摩耗度合いなどの点検を行う。その結果はチェックカードに記載してライダーに配布し、タイヤの日…

タグ: , ,
神奈川ハマタイヤ「ヨコハマタイヤ体感試乗研修会」開催
レポート 220
220

神奈川ハマタイヤ「ヨコハマタイヤ体感試乗研修会」開催

 神奈川ハマタイヤは6月19日から21日の3日間、千葉県の袖ヶ浦フォレスト・レースウェイで販売スタッフらを対象にした「ヨコハマタイヤ体感試乗研修会」を開催した。管理本部長補佐管理部の篠田典之部長は「どういうことをすればカーディーラーの方がエンドユーザーにタイヤの特徴を伝えられて、そのためには何をしたら良いかと考えて試乗会を企画した」と取り組みの意義を話す。販売スタッフは試乗研修会を通して、体験に基…

タグ: , , ,
神奈川県タイヤ組合 ベトナム人技能実習生向けに講習会
ニュース 242
242

神奈川県タイヤ組合 ベトナム人技能実習生向けに講習会

 神奈川県タイヤ商工協同組合は、イエローハットで技能実習生として働くベトナム人を対象としたタイヤ空気充てん作業特別教育講習会を6月16日に横浜市内で実施した。  当日は神奈川、東京、千葉の店舗に所属する20代のスタッフ約20名が参加。災害事例などに関する講義を受けたほか、タイヤ組み込み時や空気充てんを行う際の注意点や適正な作業手順を学んだ。  受講生の一人は「普段は乗用車用タイヤを扱っており、トラ…

タグ: , , ,
さいたま市でタイヤ点検活動 タイヤ組合やJATMAなどが協力
ニュース 81
81

さいたま市でタイヤ点検活動 タイヤ組合やJATMAなどが協力

 さいたま市環境局は6月8日、イオンモール与野で「2019タイヤチェックで燃費アップ」を開催。埼玉県タイヤ商工協同組合(相原一広理事長)や日本自動車タイヤ協会(JATMA)関東支部などが協力した。  6月が環境月間に当たることから「ドライバーが日頃忘れがちなタイヤ空気圧の点検を通じ、燃費の節約や安全運転につながるエコドライブを継続的に実施してもらうことを市民にアピールする」もの。同局が毎年この時期…

タグ: , , ,
大雨や台風シーズンを迎え、タイヤ点検もより重要に
レポート 144
144

大雨や台風シーズンを迎え、タイヤ点検もより重要に

 JAF(日本自動車連盟)は6月13日、都内で行った警察との合同訓練を報道陣に公開した。この数年、毎年のように発生している集中豪雨など災害があった際、どのようにドライバーの救出や放置車両の排除などが行われているのか――。被災地ではタイヤのパンクといった車両被害も多くなることから改めて意識を高めていくことが求められそうだ。 JAFが訓練を公開  台風による豪雨や大震災が発生した時は、道路の冠水や土砂…

タグ: , ,