安全啓発活動

矢板トラックステーションで街頭点検実施  国交省の事故防止キャンペーン。関東で初開催
ニュース 479
479

矢板トラックステーションで街頭点検実施  国交省の事故防止キャンペーン。関東で初開催

ナットも気持ちもキッチリ締めて!適切な脱着作業と保守管理を啓発  国土交通省関東運輸局は12日、栃木県の矢板トラックステーション=写真①=で街頭点検と大型車ユーザーへの街頭啓発活動をメディア公開した。大型車の車輪脱落事故は冬用タイヤ交換直後に集中していることを踏まえ、この10月から来年2月まで実施される「大型車の車輪脱落事故防止キャンペーン」の一環として行われた活動で、関東では初の試み。 &nbs…

タグ: , , ,
2022年のタイヤ点検 3割がタイヤの整備不良
ニュース 1,122
1,122

2022年のタイヤ点検 3割がタイヤの整備不良

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)は1月27日、2022年のタイヤ点検結果を発表した。それによると、点検車両578台のうちタイヤに整備不良があった車両は158台で、不良率は27.3%となった。  道路別では、高速道路の点検台数は92台でタイヤ整備不良率は43.5%、一般道路は486台で不良率は24.3%だった。  タイヤの整備状況を項目別にみると、不良率1位は「空気圧不足」で20.1%、次いで「…

タグ: , ,
国交省「大型車の車輪脱落事故防止対策検討会」が中間取りまとめ
ニュース 707
707

国交省「大型車の車輪脱落事故防止対策検討会」が中間取りまとめ

 国土交通省は12月27日、「大型車の車輪脱落事故防止対策に係る調査・分析検討会」の中間取りまとめを公表した。大型車ユーザーに対して劣化部品の適切な交換を促す緊急点検の実施、タイヤ脱着作業者が適切な作業手順・保守管理手順を確認するための動画公開などを事故防止対策として掲げたほか、一定期間に複数回の車輪脱落事故を起こした事業者の整備管理者に対する解任命令の発令、人為的なミスを防ぐための車両対策の必要…

タグ: , , ,
冬期の交通安全確保へ NEXCOや国交省が対策
ニュース 693
693

冬期の交通安全確保へ NEXCOや国交省が対策

 NEXCO東日本など高速道路各社は冬期の交通確保のため、今冬も雪氷対策作業を進めると発表した。特に短期間の集中的な大雪によって車両の立ち往生や車両滞留の発生が見込まれる場合は、路面状況と降雪予測による通行止めを実施する。これにより、集中的な除雪作業を実施し、早期の交通確保を図っていく。  また、「大雪に関する緊急発表」が出されるような場合には、ICランプ部での車両スタックリスクの低減と本線除雪能…

タグ: , , ,
日本自動車タイヤ協会 冬タイヤの適正使用を啓発
ニュース 1,237
1,237

日本自動車タイヤ協会 冬タイヤの適正使用を啓発

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)はこのほど、冬道でのスタッドレスタイヤの装着を啓発するチラシとポスターを作成した。降雪地域向けと非降雪地域向けの2パターンを用意。チラシは合計35万1000部、ポスターは約2万5000部を作成し、関係団体などに配布を始めた。  首都圏などの非降雪地域では夏タイヤを装着したまま冬道を走行し、スリップして立ち往生した結果、渋滞や交通事故につながるケースが毎年のように…

タグ: , , ,
日本自動車タイヤ協会 浜名湖サービスエリアでタイヤ点検活動
ニュース 887
887

日本自動車タイヤ協会 浜名湖サービスエリアでタイヤ点検活動

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)は10月19日、東名高速道路・浜名湖サービスエリアでタイヤ点検活動を実施した。この活動はタイヤの使用実態を把握し、タイヤ整備不良に起因する自動車事故の未然防止を図るほか、ユーザーへタイヤの正しい使用・管理方法をPRするもの。  当日は山石昌孝会長(横浜ゴム社長)も活動に参加。静岡県警察本部交通部高速道路交通警察隊、中日本高速道路㈱東京支社、静岡県トラック協会、静…

タグ: , ,
TOYO TIRE、奈良警察と連携して安全啓発実施
ニュース 520
520

TOYO TIRE、奈良警察と連携して安全啓発実施

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)と国内販売会社のトーヨータイヤジャパンは9月25日、奈良警察署が秋の交通安全県民運動の一環としてイオンモール高の原で実施した交通安全イベントに協力した。  同社グループは2019年からドライバーへタイヤの日常点検の重要性を伝えることを目的に、ドライブシミュレーターを活用したタイヤ安全啓発活動に取り組んでおり、今回もシミュレーターを用いてタイヤに起因する事故の防…

タグ: , ,
住友ゴム トラック・バス用タイヤの作業コンテスト開催
ニュース 1,394
1,394

住友ゴム トラック・バス用タイヤの作業コンテスト開催

 住友ゴム工業は9月8日、神戸市内で「DTS全国TBタイヤ作業コンテスト」を開催した。この活動は、トラック・バス用タイヤの安全・確実・効率的な作業の徹底、作業者の安全確保と作業レベルの向上・モチベーションアップを目的に実施しているもの。  当日は全国の販売会社とDTS(ダンロップタイヤショップ)加盟店から選出された12名が参加。ヒューマンエラーの撲滅などをテーマに、対応力や接客の丁寧さなどを審査し…

タグ: , ,
タイヤ整備技術磨き、業界へ貢献 2社が競技会開催
レポート 1,655
1,655

タイヤ整備技術磨き、業界へ貢献 2社が競技会開催

 9月9日にブリヂストンタイヤソリューションジャパンとトーヨータイヤジャパンがそれぞれタイヤ整備をテーマにしたコンテストを開催し、出場者は日々の業務の中で磨き上げてきた技術を競い合った。近年は大型車の脱輪事故件数が高止まりし、安全への取り組みが一層強く求められる中、技術レベルや知識をより一層高めて輸送業界の安心・安全に貢献していく。  ブリヂストンタイヤソリューションジャパンは仙台市内で、タイヤメ…

タグ: , , , , ,
自動車タイヤ協会、車輪脱落事故防止へ「適正作業チラシ」発行
ニュース 993
993

自動車タイヤ協会、車輪脱落事故防止へ「適正作業チラシ」発行

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)は、大型車の車輪脱落事故防止啓発活動の一環として、「適正作業啓発チラシ」を発行した。全国タイヤ商工協同組合連合会やJATMA会員の系列販売会社を通じ、タイヤ販売店や専業店へ配布し、交換作業者に適正作業の実施を啓発する。  チラシには国土交通省のウェブサイトにある車輪脱落事故情報にリンクしたQRコードを記載。また、裏面には「タイヤ交換作業管理表」を掲載している。 …

タグ: , ,
マーク熊谷店 ローテーションの意義、着実に浸透
ディーラー 755
755

マーク熊谷店 ローテーションの意義、着実に浸透

 国分商会(埼玉県熊谷市)が埼玉県内で展開するタイヤショップ「マーク熊谷店」ではローテーションの提案を積極的に実施しており、ユーザーにもその重要性が浸透しつつある。鹿山拓耶店長に取り組みの意義や今後の展望を聞いた。  マークでは、3年ほど前からタイヤのローテーションの提案に注力してきた。タイヤは装着位置により摩耗しがちな個所や程度が異なる。同じ位置に装着したまま長い距離を走行すると摩耗状態に差異が…

タグ: , , ,
TOYO TIREがタイヤ点検の重要性啓発
レポート 625
625

TOYO TIREがタイヤ点検の重要性啓発

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は7月2~3日、東京都武蔵村山市のイオンモールむさし村山で、ドライブシミュレーターを活用したタイヤ安全啓発活動を実施した。  会場には、同社が独自にソフト開発したシミュレーターを3台設置。2日間で合計約200名がイベントに参加し、摩耗タイヤや空気圧不足のタイヤで運転するシチュエーションを疑似体験した。  ドライブシミュレーターには4つのシチュエーションを用意し…

タグ: , ,
住友ゴムのタイヤ点検結果「空気圧不足」が最多に
ニュース 1,067
1,067

住友ゴムのタイヤ点検結果「空気圧不足」が最多に

 住友ゴム工業は4月8日~24日に全国のタイヤセレクト各店舗で実施した「ダンロップ全国タイヤ安全点検」の結果を5月23日に発表した。  それによると、今回は合計1370台の車両の装着タイヤを点検し、約5台に1台の割合で整備不良が確認された。特にパンクの原因となる「空気圧の過不足」が最も多くあった。ただ、全体の整備不良率は昨年春の結果と比較して6.9ポイント減り、改善傾向が見られた。  タイヤの整備…

タグ: , ,
「4月8日 タイヤの日」に様々な安全啓発活動
ニュース 803
803

「4月8日 タイヤの日」に様々な安全啓発活動

 4月8日の「タイヤの日」にあわせて様々な安全啓発活動が行われている。コロナ禍で従来のような点検活動には制約があるものの、タイヤメーカーなどが工夫を凝らしてドライバーへタイヤの適正使用や日常点検を呼び掛けている。近年は空気圧不足のまま走行している車両の割合が増加傾向にある中、“使命”として活動を継続することの意義はより大きくなっていく。  日本自動車タイヤ協会(JATMA)は、「タイヤの日」に合わ…

タグ: , , , , ,
2021年の空気充てん作業 24件の作業事故が発生
ニュース 1,794
1,794

2021年の空気充てん作業 24件の作業事故が発生

 2021年にタイヤ空気充てん作業時の事故が24件発生したことがJATMA(日本自動車タイヤ協会)の調査で分かった。死亡事故は3年ぶりにゼロとなったものの、作業者が重軽傷を負ったケースは6件あった。  24件の事故のうち,パンク修理作業に関連するものは8件。また、パンク走行などに伴うタイヤの損傷は10件あり、この中で引きずり痕の未確認、見落としがそれぞれ3件あった。  安全囲いを使用していなかった…

タグ: , ,