統計

米国でタイヤのネット販売が3割増 ユーザーの利便性向上
ニュース 121
121

米国でタイヤのネット販売が3割増 ユーザーの利便性向上

 市場調査会社の米NPDグループはこのほど、2018年の自動車関連製品の電子商取引(EC)に関する調査結果を発表した。  それによると、タイヤの売上高は前年比34%増加し、全カテゴリーのうち最も多い21%を占めていることが分かった。また自動車関連製品をインターネットで購入した消費者のうち、7%がタイヤを購入していた。この統計は、消費者300万人以上のインターネットの購入情報を基にしたもの。  同社…

タグ: , ,
減らぬ整備不良 ドライバーの2割がタイヤの空気圧不足
ニュース 116
116

減らぬ整備不良 ドライバーの2割がタイヤの空気圧不足

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)は、「タイヤの日」に合わせて4月6日から20日にかけて全国9カ所で実施したタイヤ点検活動の結果を公表した。今回の点検台数は乗用車303台、貨物車35台の合計338台。このうち、タイヤに整備不良があった車両は76台で、不良率は22.5%だった。同会では毎年この時期にタイヤ点検を行っているが、不良率は高止まりの状態が続いており、業界を上げて安全啓発に取り組むことが一…

タグ: , , , , ,
タイヤ公正取引協議会 2019年度に新たな課題に対応
ニュース 237
237

タイヤ公正取引協議会 2019年度に新たな課題に対応

 タイヤ公正取引協議会は2019年度の事業計画の中で、「新品タイヤの製造年週についての情報提供の取り組み」「新たな性能表示の基準の整備推進」などを掲げた。  近年、製造年週を指定してスタッドレスタイヤを購入する消費者が増加していることから冬シーズンに向けてポスターなどを作成する。  また、今後ラベリング以外のタイヤ評価項目や新たな商品特徴、環境への貢献度を訴求していく際の合理的な根拠となりうる試験…

タグ: , ,
低燃費タイヤが8割に 自動車タイヤ協会まとめ
ニュース 260
260

低燃費タイヤが8割に 自動車タイヤ協会まとめ

 JATMA(日本自動車タイヤ協会)に加盟する会員メーカー6社が販売する市販用夏タイヤで低燃費タイヤの割合が2018年に80.7%となったことが分かった。  国内のタイヤラベリング制度は2010年にスタートした。制度開始初年度の割合は21.7%だったが、翌2011年には40.7%に拡大。その後も各社が低燃費性能とウェットグリップ性能を向上した商品を相次いで投入したことで、2013年に59.8%と初…

タグ: , ,
タイヤ公取協の事前相談 ウェブ広告が拡大 2018年度は8割増に
ニュース 172
172

タイヤ公取協の事前相談 ウェブ広告が拡大 2018年度は8割増に

 タイヤ公正取引協議会(タイヤ公取協)が取り組んでいる広告物に関する事前相談の件数が2018年度に2万7886件だったことが分かった。相談件数自体は前年度より若干減少した一方で、インターネットを活用したウェブ広告や動画に関する相談は前年度より8割も増えており、今後も拡大傾向は続いていきそうだ。  タイヤ公取協では2007年度からチラシなど広告に関する事前相談に取り組んできた。特に2013年度からは…

タグ: ,
「オールシーズンタイヤ」市場の定着へ、認知度向上が鍵
ニュース 342
342

「オールシーズンタイヤ」市場の定着へ、認知度向上が鍵

 国内市場で乗用車用オールシーズンタイヤの注目度が高まっている。日本グッドイヤーが数年前に国内へ本格投入し、さらに今年から日本ミシュランタイヤが全国展開を開始するなど日本でもユーザーの選択肢が増えてきている。欧米では市場の一定数を占め、既にユーザーに定着したオールシーズンタイヤが、今後日本市場でどこまで存在感を発揮できるのか――日本グッドイヤーがこのほど報道向けに開催した説明会でその動向を探った。…

タグ: , , , ,
2018年度のタイヤ販売 2年ぶりマイナスに 市販用、新車用ともに前年割れ
ニュース 280
280

2018年度のタイヤ販売 2年ぶりマイナスに 市販用、新車用ともに前年割れ

 JATMA(日本自動車タイヤ協会)がまとめた2018年度の市販用タイヤ販売本数は、四輪車用合計で前年比0.6%減の7144万1000本となり、2年ぶりに前年を下回った。6月や10月には一昨年に各社が実施した値上げ後に販売が落ち込んだ時期との比較になったため大きく上振れたが、年間を通してみると新車用タイヤも含めてほぼ安定して需要が推移したもようだ。  2018年度のタイヤの販売本数(四輪車用)は市…

タグ: , , , , ,
タイヤのロードサービス救援依頼、2018年度はさらに増加
ニュース 173
173

タイヤのロードサービス救援依頼、2018年度はさらに増加

 JAF(日本自動車連盟)のロードサービスでタイヤのパンクやバースト、空気圧不足といったトラブルが一段と増加している。  2018年度の出動件数(四輪車・二輪車合計)は全体で228万6043件と前年度より4.2%減少した。一般道路は4.2%減の221万334件、高速道路は3.4%減の7万5709件と、ロードサービスが減少する一方で、四輪車のロードサービス出動理由で、「タイヤのパンク、バースト、エア…

タグ: ,
米国で大口径タイヤが伸び 21インチ以上など2ケタ増加
ニュース 155
155

米国で大口径タイヤが伸び 21インチ以上など2ケタ増加

 米GfKはこのほど、2018年の米国市場におけるライトトラック用タイヤの販売数量が前年比3.5%増加したと発表した。この統計は同社が全米の3万5000の販売所から収集したデータをもとにしたもの。  サイズ別にみると、21インチ以上が売上高17%増、販売数量が20%増と大幅な伸びを示し、17、18、20インチも売上高、販売数量ともにプラス成長だった。一方、16インチ未満は売上高、販売数量ともに13…

タグ: , , ,
「タイヤチェーン規制」8割が認知 保有率は3割以下に
ニュース 138
138

「タイヤチェーン規制」8割が認知 保有率は3割以下に

 マーケティング調査会社のGfKジャパンは、全国のドライバー1万5200名を対象にタイヤチェーン規制に関する調査を実施し、3月25日にその結果を発表した。  国土交通省と警察庁は昨年12月、高速道路や国道の一部区間で大雪時にタイヤチェーンの装着を義務付ける改正省令を発令している。この規制に関する認知率は77%に達し、特に規制対象区間を多く含む甲信越では89%、北陸では94%に達した。ただ、タイヤチ…

タグ: ,
北米のタイヤ出荷 2019年は需要減少予測
ニュース 157
157

北米のタイヤ出荷 2019年は需要減少予測

 米タイヤ製造者協会(USTMA)は3月5日、2019年のタイヤ出荷本数が前年比0.7%減の3億2700万本になる見込みだと発表した。  このうち、市販用タイヤは0.6%減の2億6850万本の見込み。ライトトラック用は3180万本と0.8%増加するものの、乗用車用は好調に推移した昨年と比べて0.3%減の2億1680万本、トラック用は6.8%減の1990万本の見通し。  新車用は1.0%減の5860…

タグ: , ,
タイヤ空気充てん作業時の事故 2018年は33件発生
ニュース 770
770

タイヤ空気充てん作業時の事故 2018年は33件発生

 2018年の1年間にタイヤ空気充てん作業に関連する事故が33件発生したことがJATMA(日本自動車タイヤ協会)の調査で分かった。パンク修理作業に関連する事故は18件。パンク走行等に伴うタイヤの損傷は15件あり、そのうち、ひきずり痕の見落としが9件だった。事故が起きた際には作業者が骨折などの重傷を負う事故も少なくない中、適正な作業と法令順守の徹底が改めて求められる。  JATMAでは毎年、車両から…

タグ: , ,
タイヤのパンク10年で10万件増 JAFのロードサービスで
ニュース 437
437

タイヤのパンク10年で10万件増 JAFのロードサービスで

 JAF(日本自動車連盟)が実施しているロードサービスで、タイヤのパンクが増加していることが分かった。出動件数のうち、タイヤのトラブルは2017年度に39万1799件と過去最高を記録。2007年度の28万6934件と比べると、10年間で36.5%増え、ロードサービス全体に占める割合は10.7%から17.0%に拡大した。  定期的にタイヤの空気圧をチェックする機会が減っていることなどが要因とみられる…

タグ: , ,
拡大する海外生産比率 欧米などで需要の取り込みへ
ニュース 268
268

拡大する海外生産比率 欧米などで需要の取り込みへ

 2019年の海外生産比率は、ブリヂストンを除く3社が増加する見通しとなった。大口径サイズの需要が旺盛な米国を中心に、各社グローバルで現地生産を推進しており、生産拠点の海外比率は一層高まるもようだ。  ブリヂストンの海外生産比率は2013年以降、7割を超える水準で推移しており、今年は前年並みの73%を見込む。ただ、海外の生産量は146万トンと前年から10万トン増加する見通し。  米国では大口径サイ…

タグ: , , , , ,
タイヤの整備不良率が増加傾向に 2018年の点検結果
ニュース 558
558

タイヤの整備不良率が増加傾向に 2018年の点検結果

 JATMA(日本自動車タイヤ協会)がまとめた2018年1年間のタイヤ点検結果によると、タイヤに何らかの整備不良があった車両の比率が前年より増加したことが分かった。  同協会では昨年、高速道路および一般道路で合計35回のタイヤ点検を実施した。総点検台数は1853台(乗用車1620台、貨物車223台、特種10台)で、タイヤに整備不良があった車両は433台となり、不良率は2017年より3.8ポイント悪…

タグ: , ,