統計

コンチネンタル調査 インフラ不足がEV普及のネックに
ニュース 560
560

コンチネンタル調査 インフラ不足がEV普及のネックに

 独コンチネンタルは1月7日、独自の調査を行った結果、「将来的に電気自動車(EV)を購入することを想像できない」とした回答者がドイツが59%、フランスは57%、米国は50%、日本は46%だったと発表した。一方、中国では8割以上の回答者が「想像できる」と答えた。  電動モビリティの購入に対する懸念事項としては、「充電ステーションの不足」がフランス以外の国で最も多く、それぞれ6割前後に達した。これに加…

タグ: ,
タイヤ空気圧不足が3割 2020年のタイヤ点検結果
ニュース 564
564

タイヤ空気圧不足が3割 2020年のタイヤ点検結果

 JATMA(日本自動車タイヤ協会)は1月25日、2020年1月から12月に実施したタイヤ点検の結果をとりまとめて公表した。なお、昨年は新型コロナウイルスの影響で活動の実施回数は5回と、例年より大幅に縮小している。  昨年、タイヤ点検を行った車両は高速道路26台、一般道路180台の合計206台。装着タイヤに何らかの整備不良があった車両の比率は高速道路で42.3%、一般道路は32.8%となった。  …

タグ: , , ,
2020年の欧州タイヤ販売 消費財タイヤの減少幅大きく
ニュース 375
375

2020年の欧州タイヤ販売 消費財タイヤの減少幅大きく

 欧州タイヤ・ゴム製造者協会(ETRMA)が1月21日に発表した加盟企業の2020年のタイヤ販売実績は、新車用のコンシューマータイヤが前年比23%減の6695万8000本、トラック用が18%減の466万2000本だった。  市販用では、コンシューマータイヤが12%減の1億9230万6000本で、このうち冬用タイヤは2割減、夏用タイヤは13%減少した一方、オールシーズンタイヤは5%増加した。トラック…

タグ: , ,
関東地区の冬タイヤ装着率は8割に NEXCO東日本関東支社調査
ニュース 837
837

関東地区の冬タイヤ装着率は8割に NEXCO東日本関東支社調査

 NEXCO東日本関東支社は1月21日、冬用タイヤの装着状況調査の結果を発表した。今回の調査は1月13日、17日に管内のサービスエリア、パーキングエリアで実施。調査した2824台のうち、小型車は70.5%、大型車は97.6%が冬用タイヤを装着していた。  装着率は全体で79.6%と、12月に実施した前回調査(53.6%)から大きく上昇した。ただ、小型車では3割が冬用タイヤを未装着であることから、同…

タグ: , , ,
IRSGが予測 2021年の新ゴム需要は7.1%増へ
ニュース 380
380

IRSGが予測 2021年の新ゴム需要は7.1%増へ

 国際ゴム研究会(IRSG)は昨年12月28日、2021年の新ゴム需要見通しを発表した。それによると、2021年の世界の新ゴム需要は前年比7.1%増加する見込み。このうち、天然ゴムは7.0%増、合成ゴムは7.2%増となる見通し。  2020年の新ゴム需要は8.0%減の2650万トンの見通しで、新型コロナウイルスの感染拡大が世界経済に大きく影響を与え続けていることが減少の大きな要因となった。その上で…

タグ: , ,
2020年のタイヤ販売本数 コロナ響き1割超のマイナス
ニュース 974
974

2020年のタイヤ販売本数 コロナ響き1割超のマイナス

 JATMA(日本自動車タイヤ協会)がまとめた2020年のタイヤ販売本数は、新車用と市販用を合わせた四輪車用合計で前年比13.2%減の9932万9000本だった。前年実績を下回るのは3年連続。全国的な暖冬と降雪不足を受けて冬タイヤの不振もあったが、やはり大きかったのは新型コロナウイルスによる経済の悪化で、単純計算すると1年間で約1500万本もの需要が消失したことになる。  市販用は10.8%減の6…

タグ: , ,
2021年の天然ゴム生産量は8%増へ回復
ニュース 727
727

2021年の天然ゴム生産量は8%増へ回復

 天然ゴム生産国連合(ANRPC)は12月14日、2021年の世界の天然ゴムの生産量が前年比8.6%増の1367万8000トンの見通しだと発表した。前年よりプラスの予想だが、2019年(1384万2000トン)や2018年(1383万9000トン)を下回る見込み。  また、消費量は4.9%増の1343万6000トンと、2019年(1376万8000トン)や2018年(1389万8000トン)の水準…

タグ: , ,
2021年の国内タイヤ需要5%増に回復 19年比では1割減予測も
ニュース 1,010
1,010

2021年の国内タイヤ需要5%増に回復 19年比では1割減予測も

 日本自動車タイヤ協会は12月11日、2021年の国内需要見通し(メーカー出荷ベース)が四輪車用合計で2020年見込み比5%増の1億407万3000本になるとの見通しを発表した。  新車用は7%増の3908万9000本、市販用は4%増の6498万4000本と予測した。2020年は新型コロナウイルスの影響で13%減となる見込みで、来年は4年ぶりに前年実績を上回るものの、2019年と比較すると9%のマ…

タグ: , , ,
アジアのタイヤ市場、2025年まで年平均3.8%成長
ニュース 427
427

アジアのタイヤ市場、2025年まで年平均3.8%成長

 市場調査会社のスミザーズ社はこのほど、アジア地域のタイヤ市場が金額ベースで2020年の974億ドル(約10兆1928億円)から2025年には1176億ドルまで成長する見通しだと発表した。新型コロナウイルスによる景気後退から回復し、電気自動車(EV)など新たなモビリティの採用が進むことで、年平均成長率を3.8%と想定した。  本数ベースでは、2020年の12億9000万本から2025年には15億3…

タグ: ,
関東地区の冬タイヤ装着率は53% NEXCO東日本関東支社が調査
ニュース 611
611

関東地区の冬タイヤ装着率は53% NEXCO東日本関東支社が調査

 NEXCO東日本関東支社は、12月9日と13日に管内のサービスエリア・パーキングエリアで実施した冬用タイヤ装着状況調査を17日に公表した。  調査を行ったのは小型車1156台、大型車325台の合計1481台。冬用タイヤの装着率は小型車が43.6%、大型車は79.9%だった。全車種平均では53.6%となっており、約半数のドライバーは冬用タイヤを未装着だった。  また、地域別では、埼玉など首都圏地区…

タグ: , , ,
米タイヤ製造者協会 2020年の出荷量を上方修正
ニュース 340
340

米タイヤ製造者協会 2020年の出荷量を上方修正

 米タイヤ製造者協会(USTMA)は12月1日、2020年の米国のタイヤ出荷量の見通しを約1900万本上方修正し、前年比10.3%減の2億9830万本になる見込みだと発表した。  同協会では、「新型コロナウイルスの感染拡大による前例のない課題に直面した業界の回復力を反映した」としている。  このうち、新車用タイヤは、乗用車用が20.4%減の3680万本、ライトトラック用は18.0%減の480万本、…

タグ: , ,
ダンロップの直営店で点検活動 25%にタイヤの整備不良
ニュース 562
562

ダンロップの直営店で点検活動 25%にタイヤの整備不良

 住友ゴム工業は10月1日から31日まで全国のダンロップ直営店で実施したタイヤ点検活動の結果、25%の車両が整備不良だったと11月27日に発表した。  同社はタイヤに起因する事故の未然防止を目的に、タイヤの残溝や空気圧、表面の損傷などの点検活動を2008年から継続して実施してきた。今回の活動では合計2137台の車両を点検。その結果、タイヤの整備不良率は25・0%、整備不良項目では残溝不足が19・7…

タグ: , , ,
大型車の脱落事故、統計史上最多に 2019年度は112件発生
ニュース 1,377
1,377

大型車の脱落事故、統計史上最多に 2019年度は112件発生

 大型車(車両総重量8トン以上のトラックまたは乗車定員30人以上のバス)のホイール・ボルト折損によるタイヤ脱落事故が2019年度に112件発生したことが国土交通省のまとめで分かった。件数は4年連続で増加し、統計のある2004年度以降で最多となった。人身事故は4件あり、このうち1名は重傷を負った。  今回の統計では、事故は10月から2月までの冬期に75件と集中しており、地区別では東北が48件と最も多…

タグ: , , , ,
10月のタイヤ販売 13カ月ぶりのプラスに
ニュース 1,076
1,076

10月のタイヤ販売 13カ月ぶりのプラスに

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)がまとめた10月のタイヤ販売実績は、市販用が四輪車用合計で前年同月比9.9%増の824万8000本だった。昨年10月の消費増税後の反動減や新型コロナによる落ち込みが続いていたが、13カ月ぶりにプラスへ転じた。  カテゴリー別にみると、トラック・バス用が22.2%増の90万3000本、ライトトラック用は13.4%増の176万7000本でともに13カ月ぶりにプラスと…

タグ: , , , ,
欧州の市販用消費財タイヤは13%減に ETRMAが2020年予測
ニュース 353
353

欧州の市販用消費財タイヤは13%減に ETRMAが2020年予測

 欧州タイヤ・ゴム製造者協会(ETRMA)は、2020年の欧州の市販用ライト・ビークル(=LV、乗用車と小型商用車)向けタイヤの販売数量が前年比13%減少するとの見通しを発表した。  この分析は英調査会社のLMC社が実施した。多くの市場で車両やタイヤの点検が先延ばしになっていたためタイヤ交換の需要はあり、LV向けタイヤの販売量は交通量の回復より早く復調しているという。ただ、販売量が2019年の水準…

タグ: , ,