北米市場

7割を持続可能な原材料に 米グッドイヤーが開発
ニュース 88
88

7割を持続可能な原材料に 米グッドイヤーが開発

 米グッドイヤーは1月5日、持続可能な原材料の使用比率が70%を占めるタイヤを開発したと発表した。  同社では「2020年に全て持続可能な原材料で構成されたタイヤを10年以内に作るという目標を設定しており、そのゴールに向かって大きく前進した」としている。  このタイヤには、メタン、二酸化炭素、植物ベースの油からそれぞれ生成した3種類のカーボンブラックが採用されており、二酸化炭素の排出量削減、バイオ…

タグ: , ,
米グッドイヤー、化学企業とメタン由来カーボンブラック開発
ニュース 287
287

米グッドイヤー、化学企業とメタン由来カーボンブラック開発

 米グッドイヤーは12月9日、メタンおよびバイオメタンから生成するカーボンブラックの開発に関して米モノリス社と提携すると発表した。  グッドイヤーは共同研究の一環として、メタンやバイオメタンから製造したカーボンブラックの評価を行う。同社では「より持続可能な材料を使用する取り組みを前進させる」としている。  モノリス社は再生可能エネルギー電力を使用して天然ガスに含まれるメタンをプラズマ熱分解し、水素…

タグ: , ,
ブリヂストン米グループ会社 テストコースを新設
ニュース 362
362

ブリヂストン米グループ会社 テストコースを新設

 ブリヂストンの米グループ会社であるブリヂストン・アメリカス・インクは11月19日、オハイオ州アクロンの米技術センターで2022年秋に新しくテストコースを開設すると発表した。これにより、製品開発プログラムの強化や、より迅速で効率的な先進のタイヤ及びソリューションの提供を図る。  同社では「社員がプロトタイプを直接運転し、彼らが設計するタイヤに必要な性能の強化について素早く把握できる」としている。ま…

タグ: , ,
米国のタイヤ出荷は1割増の見通し
ニュース 315
315

米国のタイヤ出荷は1割増の見通し

 米タイヤ製造者協会(USTMA)は12月1日、2021年のタイヤ出荷量が前年比10.8%増の3億3600万本となる見通しを発表した。  新車用タイヤは、乗用車用が1.0%増の3760万本、ライトトラック用は4.6%増の560万本、トラック用は23.3%増の580万本と予測。  市販用は乗用車用が10.9%増の2億2600万本、ライトトラック用は16.8%増の3840万本、トラック用は18.1%増…

タグ: , ,
TOYO TIRE「SEMAショー」に出展 2年ぶりのリアル開催
ニュース 263
263

TOYO TIRE「SEMAショー」に出展 2年ぶりのリアル開催

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は、米ネバダ州ラスベガスで開催する「SEMA Show 2021」にブースを出展している。開催期間は11月2~5日の4日間。  このイベントは、米国自動車用品工業会(SEMA)が主催する世界最大級のアフターパーツトレードショーで、例年、世界中から約7万人が来場する。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大でバーチャル開催だったものの、今年は2年ぶりにリアルで開催する…

タグ: , ,
ブリヂストンの米グループ会社 自動運転技術企業とソリューション開発
ニュース 595
595

ブリヂストンの米グループ会社 自動運転技術企業とソリューション開発

 ブリヂストンの米グループ会社は8月12日、スウェーデンの新興企業であるアインライドと提携し、電動の自動運転大型トラック向けのソリューションを共同開発すると発表した。  両社は「大型商用トラックのフリートにとってより持続可能な将来を目指す」としている。アインライドの車両技術にブリヂストンのタイヤのセンシングデータを組み合わせるなど、技術協力を進める計画。また、ブリヂストンは米国市場でアインライドに…

タグ: , ,
ブリヂストン、米国の運行管理ソリューションサービス企業買収
ニュース 393
393

ブリヂストン、米国の運行管理ソリューションサービス企業買収

 ブリヂストンの米子会社は8月3日、米国のアズーガ・ホールディングスを買収すると発表した。今後の成長が見込まれるデジタルソリューション事業の展開を加速する。  アズーガはデジタルフリートソリューションプロバイダーとして運送事業者に対する運行管理サービスを展開している。買収額は企業価値3億9100万ドル(約428億円)にアズーガの運転資本などを調整し確定する。買収は2021年第3四半期中に完了する見…

タグ: , ,
北米市場売上高ランキング ブリヂストンが首位に
ニュース 1,140
1,140

北米市場売上高ランキング ブリヂストンが首位に

 米専門誌ラバー&プラスチックニュースは2020年のゴム関連企業の北米売上高の上位50社をまとめた。タイヤメーカーは前年並みの17社がランクインしている。  1位はブリヂストンで、売上高は前年比14%減の92億5000万ドル(約1兆173億円)だった。2位のミシュランも売上高が19%減少した。同誌によると、50社中42社で売上高が前年から減少したという。  タイヤメーカーで北米売上高が伸長したのは…

タグ: ,
ブリヂストン米子会社、関連企業へ出資 トラックの自動運転確立へ
ニュース 363
363

ブリヂストン米子会社、関連企業へ出資 トラックの自動運転確立へ

 ブリヂストンは6月17日、米国のグループ会社が長距離トラックの自動運転技術を開発する米コディアック・ロボティクス社に少数株主として出資すると発表した。  ブリヂストンでは「コディアック社との共創を通じて、レベル4の自動運転技術の確立と展開に貢献していく」としている。また、自動運転技術と同社グループのソリューションを融合することで次世代のモビリティに対する安全性や燃費性の向上といったサステナビリテ…

タグ: , ,
米貿易委、アジア4ヵ国からの輸入タイヤ「損害」を認定
ニュース 1,207
1,207

米貿易委、アジア4ヵ国からの輸入タイヤ「損害」を認定

 米国際貿易委員会(ITC)は6月23日、韓国、台湾、タイ、ベトナムから輸入した乗用車・ライトトラック用(PCLT)タイヤに米産業が損害を受けていると認定した。  ITCでは「当会の肯定的決定を受けて、米商務省は韓国製、台湾製、タイ製の該当輸入製品に反ダンピング(不当廉売)関税を、ベトナム製の該当輸入製品に相殺関税を発動する」としている。なお、ベトナム製の該当輸入製品に対する反ダンピング関税調査は…

タグ: ,
住友ゴムの山本社長「企業価値を高めるために」グローバル体制確立へ
ニュース 1,390
1,390

住友ゴムの山本社長「企業価値を高めるために」グローバル体制確立へ

 住友ゴム工業は2020年2月、新中期経営計画を公表。その実行性を高めるために「Be The Changeプロジェクト」をスタートさせた。山本悟社長は本紙のインタビューで「その狙いは利益基盤と組織体質の強化にある。活動が従来のトップダウン型ではなくボトムアップ型であるのも特徴的な点。新たな企業風土を醸成しており、活動の成果に期待している」とし、同プロジェクトの滑り出しを高く評価する。  この新中計…

タグ: ,
米タイヤ製造者協会、タイヤ製造業のトレンドを分析
ニュース 623
623

米タイヤ製造者協会、タイヤ製造業のトレンドを分析

 米タイヤ製造者協会(USTMA)は3月31日、米国のタイヤ製造業向けのトレンドを明らかにする経済展望の分析結果を公表した。  経済影響の項目では、昨年は新型コロナウイルスにより世界的に景気が後退したものの、「タイヤへの支出は比較的良く、2月から4月にかけて15%減少しただけだった」と指摘した。また同協会では、「雇用維持やワクチン接種のサポートなど、タイヤ製造業や労働力を再び活気づけることに集中す…

タグ: ,
2021年の米タイヤ出荷4%増へ 米タイヤ製造者協会予測
ニュース 316
316

2021年の米タイヤ出荷4%増へ 米タイヤ製造者協会予測

 米タイヤ製造者協会(USTMA)は3月1日、2021年のタイヤ出荷本数が前年比4.1%(1250万本)増の3億1570万本になるとの見通しを発表した。  2020年の実績(3億320万本)が昨年11月の予測から490万本上振れ、「業界の持続的な回復の兆候」(同協会)が見られるものの、2019年の実績(3億3270万本)を下回る見通しとなった。  2021年の新車用タイヤは乗用車用が10.7%増の…

タグ: , ,
住友ゴム、国内外で工場増産 高機能タイヤの販売増へ
ニュース 1,317
1,317

住友ゴム、国内外で工場増産 高機能タイヤの販売増へ

 住友ゴム工業は2月9日に開いた決算会見で、世界のタイヤ需要本数の見通しを公表した。それによると、昨年は新型コロナウイルスの影響で前年比14%減の約16億本だった。19年の水準に回復するのは22年頃となる見込み。  ただ同社の販売は、昨年は12%減少したものの、21年は19年比3%減と、世界需要(5%減)を上回るレベルで回復する見通しだ。中でも、ニーズが高まっているSUV用や18インチ以上の乗用車…

タグ: , , ,
グッドイヤー、クーパータイヤを約2941億円で買収
ニュース 968
968

グッドイヤー、クーパータイヤを約2941億円で買収

 米グッドイヤーは現地時間の22日、米クーパータイヤを約28億ドル(約2941億円)で買収すると発表した。ライトトラック用タイヤやSUV向けタイヤを強化するとともに、北米と中国市場でプレゼンスを強化する。  グッドイヤーの2019年の売上高は136億9000万ドルで世界3位。クーパータイヤは27億5000万ドルで世界13位だった。クーパーの従業員数は約1万人。合弁を含めて世界に10カ所の生産拠点が…

タグ: , ,