建設・産業機械用タイヤ

横浜ゴム ダンプ向けラグタイヤ「302C」発売 耐外傷性能を向上
ニュース 234
234

横浜ゴム ダンプ向けラグタイヤ「302C」発売 耐外傷性能を向上

 横浜ゴムは6月1日からダンプ向けラグタイヤ「302C」(サンマルニ・シー)を発売した。発売サイズは11R22.5 16PRと11R22.5 14PRの2サイズで、価格はオープン。  「302C」は、ダンプ用クロスラグタイヤ「LY317」の後継商品となっており、非舗装路と舗装路の両路面に対応できる。耐外傷性能の向上によりタイヤ寿命を延ばすことで経済性を追求しつつ、安全性や利便性の改善を図った。トレ…

タグ: , ,
フィンランドの空港で自律除雪プロジェクト ノキアンタイヤなどが参加
ニュース 84
84

フィンランドの空港で自律除雪プロジェクト ノキアンタイヤなどが参加

 フィンランドのノキアンタイヤは、ラップランドのイヴァロ空港で農機用トラクターメーカーのバルトラなど4社と共同で行う自律除雪プロジェクトのテストに参加したと5月14日に発表した。  同テストは、2018年から2019年の冬期に「ノキアン・ハッカペリッタ TRI」とスノープラウ(除雪板)を装着した2台のトラクターを使用して実施。それぞれの車両がロータリー除雪車を牽引し、無人運転で滑走路の除雪を行った…

タグ: , ,
コンチネンタル 先進技術を活用し建設事業向けソリューション強化
ニュース 267
267

コンチネンタル 先進技術を活用し建設事業向けソリューション強化

 独コンチネンタルはこのほど、タイヤの空気圧管理システムなど建設事業向けデジタルソリューションビジネスを紹介した。  同社の空気圧管理システム「Conti Pressure Check」(コンチ・プレッシャー・チェック)はタイヤに装着されたセンサーのデータを車内や手持ちの機器に表示するシステム。複数の車両を24時間モニタリングするテレマティクスソリューションに統合することも可能だ。  また、タイヤ…

タグ: , ,
コンチネンタル 建設機械向けに新サービス 独展示会で発表
ニュース 130
130

コンチネンタル 建設機械向けに新サービス 独展示会で発表

 独コンチネンタルはドイツのミュンヘンで4月に開催された建築材料や鉱業機械の国際展示会「バウマ」で、建設事業者向けの新たなソリューションを発表した。  ひとつはOTR事業者向けのサービス「ContiLogger」で、タイヤやソフトウェア、ハードウェア、データを融合させたもの。これによりオペレーションコストの削減やタイヤと設備の耐久年数の最大化、運用プロセスの改善を目指す。  サービス活用の際には、…

タグ: , , ,
ブリヂストンの豪州子会社 鉱山向けソリューションの新拠点開設
ニュース 107
107

ブリヂストンの豪州子会社 鉱山向けソリューションの新拠点開設

 ブリヂストンは4月10日、豪州子会社がニューサウスウェールズ州に鉱山ソリューションの新拠点を開設したと発表した。新拠点の名称は「ハンターバレー マイニング ソリューション センター」(HMSC)で、従業員数は約60名。同社がマイニングソリューションセンターを開設するのは2カ所目となる。  今後HMSCでは、鉱山車両用タイヤの販売や保守、修理をはじめ、リムの改修修理、タイヤのフィッティングなどを組…

タグ: , ,
日本ミシュランタイヤ 独自戦略で国内市場に攻勢
ニュース 541
541

日本ミシュランタイヤ 独自戦略で国内市場に攻勢

 日本ミシュランタイヤが独自の商品戦略を進め、市販タイヤ市場で攻勢を図る。消費財タイヤのカテゴリーでは市場平均を上回る成長を続けている17インチ以上の大口径タイヤでラインアップを急速に拡大させているほか、生産財タイヤでは今年からトラック・バス用のワイドシングルタイヤ「X One」(エックス・ワン)のレンタルプログラムや購入サポートといったサービスをスタートさせ、新たな需要を取り込んでいく考えだ。 …

タグ: , , ,
ミシュラン、建機用「エアレスタイヤ」7月に国内で販売開始
ニュース 1,616
1,616

ミシュラン、建機用「エアレスタイヤ」7月に国内で販売開始

 日本ミシュランタイヤは3月12日に都内で開催したプレス向け説明会で、7月にエアレスタイヤ「X TWEEL」(エックス・トゥイール)を日本市場で販売する計画を明らかにした。国内でエアレスラジアルタイヤが製品化されるのは初めて。昨年、日本市場への導入を発表して以降、ユーザーからの問い合わせが多く寄せられているという。  「X TWEEL」はスキッドステアローダー用のエアレスタイヤ。米国とカナダでは2…

タグ: ,
ヨコハマタイヤの販売会社で愛知タイヤ製クッションタイヤ販売開始
ニュース 293
293

ヨコハマタイヤの販売会社で愛知タイヤ製クッションタイヤ販売開始

 横浜ゴムは1月からヨコハマタイヤの販売会社を通じて、愛知タイヤ工業のフォークリフト用クッションタイヤ「AICHI E-Cushion」(アイチ・イークッション)の販売を開始した。販売サイズはフォークリフト向けの主要7サイズ。  「アイチ・イークッション」はノーパンクタイヤで、サイドに立体的な窪みを入れることで、乗り心地の良さと高い耐荷重性を両立している。また、耐摩耗性の高いコンパウンドと深溝によ…

タグ: ,
丸紅、ロシアに鉱山用ゴムの販社設立 ソリューション展開も
ニュース 212
212

丸紅、ロシアに鉱山用ゴムの販社設立 ソリューション展開も

 丸紅は2月19日、ロシアのモスクワ市に鉱山車両用大型タイヤなどゴム資材を取り扱う販売会社、丸紅ラバールス(MMR社)を設立したと発表した。現地でニーズが高まる中、大規模鉱山をはじめ、中小規模鉱山への販売を拡大させる。  新会社の資本金は250万ドル(約2億7000万円)。将来的にはタイヤ修理やリトレッド事業、廃タイヤ処理なども行いソリューションビジネスにつなげていく。  同社は1970年代から鉱…

タグ: ,
ミシュラン、ダンプ用タイヤにサイズ追加 世界初の「★★★」獲得も
ニュース 193
193

ミシュラン、ダンプ用タイヤにサイズ追加 世界初の「★★★」獲得も

 日本ミシュランタイヤは、2月20日からリジットダンプトラック用タイヤ「MICHELIN XTRA LOAD」(ミシュラン・エクストラロード)シリーズの新サイズ1800R33を発売した。パターンは「MICHELIN XTRA LOAD GRIP」と「MICHELIN XTRA LOAD PROTECT」の2種で、価格はオープン。  同シリーズは、40~80トン積載の重ダンプトラック用に開発したもの…

タグ: , ,
横浜ゴム、愛知タイヤ工業とのシナジー発揮 展示会でブランド訴求
レポート 529
529

横浜ゴム、愛知タイヤ工業とのシナジー発揮 展示会でブランド訴求

 9月11日から14日の3日間、東京ビッグサイトで「国際物流総合展2018」が開催され、横浜ゴムなどタイヤ関連企業が出展した。  横浜ゴムは「ヨコハマとお付き合いしてみませんか?」をコンセプトに、同社のトラック・バス用タイヤと、昨年から同社グループに加わった愛知タイヤ工業の製品を多数紹介した。  横浜ゴムのエリアでは、3月に発売したオールシーズンタイヤ「710R」や舗装路・高速走行用のトレーラー向…

タグ: , , , ,
革新を起こす――ミシュラン生産財タイヤ事業の展望
タイヤ事業戦略 1,139
1,139

革新を起こす――ミシュラン生産財タイヤ事業の展望

 シングルタイヤの拡販や新たなタイヤ管理システムの導入などトラック・バス用タイヤ事業を積極化している日本ミシュランタイヤ。今年1月には生産財タイヤの各カテゴリーを統合して組織体制を“点”から“面”に移行し展開を加速させている。今後、商用車でも自動運転技術や電気自動車が普及すると見込まれる中、どのようにビジネスは変化していくのか――生産財事業を統括するB2Bタイヤ事業部の高橋敬明常務執行役員に現況と…

タグ: , , , , ,
横浜ゴム「国際物流総合展」へ出展 愛知タイヤ工業の製品も展示
ニュース 292
292

横浜ゴム「国際物流総合展」へ出展 愛知タイヤ工業の製品も展示

 横浜ゴムは9月11日から14日に東京ビッグサイトで開催されるアジア最大級の物流展示会「国際物流総合展2018」にブースを出展する。同社の商品ラインアップとサポートサービスを紹介し、物流の足元を支えるグループの総合力を訴求する。  展示ブースは2017年3月から横浜ゴムグループに加わった愛知タイヤ工業のブースと横浜ゴムのトラック用タイヤブースで構成する。愛知タイヤ工業のブースでは、主要フォークリフ…

タグ: , , ,
タイヤから貢献する農業の生産性向上へ
レポート 544
544

タイヤから貢献する農業の生産性向上へ

 担い手の減少による人手不足や高齢化が加速している農業。生産効率を高めつつ、将来に繋がる強い農業を育成していくことは今後ますます重要になってくる。農家が抱える様々な課題に対して、農機メーカーが情報通信技術(ICT)を活用したスマート農業に力を入れる中、タイヤメーカーも効率的な農作業に貢献するべく最新技術を搭載した新モデル投入の動きを活発化させている。各社はニーズに最適な提案を進め、生き残りを模索す…

タグ: , , , , , ,
ブリヂストン 米ブルーミントン工場の能力増強
ニュース 210
210

ブリヂストン 米ブルーミントン工場の能力増強

 ブリヂストンは7月18日、米ブルーミントン工場で建設・鉱山車両用タイヤの生産能力を増強すると発表した。約13億円を投じて、新たに29インチと33インチ、35インチの3サイズを製造する。  増強は2020年中に完了する見込みで、約30名の新規雇用を予定している。なお、今回追加生産する3サイズはこれまで同社の下関工場(山口県下関市)から米国への輸出してきた。  今回の増強により、ブルーミントン工場は…

タグ: , , ,