中国市場

中国のタイヤメーカー首位は?業界団体がランキング発表
ニュース 596
596

中国のタイヤメーカー首位は?業界団体がランキング発表

 中国ゴム工業協会は2018年の売上高をベースとした中国のタイヤメーカーランキングを発表した。特に目立つのは5位にランクインした昊華タイヤで同協会によると、2018年にLongyue Tireを買収したことにより、順位が大幅に上昇したという。  中国ゴム工業協会では今後の中国タイヤ産業の動向について、「各企業は技術開発や製品、マーケティングなど、あらゆる面で競争力を一層高めた高品質な商品開発が求め…

タグ: , , ,
アジア最大級のタイヤ見本市「CITEXPO2019」開催 
レポート 188
188

アジア最大級のタイヤ見本市「CITEXPO2019」開催 

 タイヤ・ホイール見本市「中国国際タイヤエキスポ(CITEXPO)2019」が8月19~21日の3日間、上海・世博展覧館で開催された。17回目となった今回は現地メーカーを中心に360以上の出展者が新製品や主力商品を紹介するとともに、世界各国から集ったバイヤー達と意見交換をした。日本へのビジネス展開や、米中貿易摩擦への対策などを有力タイヤメーカーに聞いた。 中策ゴムグループ(ZHONGCE RUBB…

タグ: , , ,
ブリヂストン 中国のタイヤメーカーとの特許訴訟で勝訴
ニュース 342
342

ブリヂストン 中国のタイヤメーカーとの特許訴訟で勝訴

 ブリヂストンは8月22日、中国のワンリタイヤを相手に提起していた特許権侵害訴訟で勝訴が確定したと発表した。  ブリヂストンは2015年10月に、同社が特許権を持つSUV用タイヤ「DUELER A/T REVO 2」のトレッドパターンを使用してタイヤを製造販売した行為は特許権を侵害しているとして提訴していた。2017年5月に上海知識産権法院から勝訴の判決を受領したものの、ワンリはこれを控訴。控訴審…

タグ: ,
「第17回中国国際タイヤエキスポ」8月19日から上海で開催
ニュース 116
116

「第17回中国国際タイヤエキスポ」8月19日から上海で開催

 アジア・太平洋地域で最大級のタイヤ・ホイールのトレードショー「第17回中国国際タイヤエキスポ(China International Tire Expo)2019」(CITEXPO2019)が、8月19日から21日にかけて中国の上海で開催される。  会場は上海世博展覧館(Shanghai World Expo Exhibition&Convention Center)。約4万平方メートルの展示ス…

タグ: ,
コンチネンタル 中国の合肥工場が操業から10周年
ニュース 110
110

コンチネンタル 中国の合肥工場が操業から10周年

 独コンチネンタルタイヤが5月下旬に中国の合肥工場の稼働10周年を記念して式典を開催した。  当日は、コンチネンタルタイヤ及び中国法人の幹部や従業員らが参加。コンチネンタル・チャイナのEnno Tang社長兼CEOは、「工場へ継続的に投資し、拡張が実現したことは中国市場に対する強いコミットメントと確固たる自信を示すものだ」と述べた。  また、アジア・太平洋地域乗用車および小型トラック用補修用タイヤ…

タグ: , ,
ブリヂストン「上海モーターショー」に出展 “一人ひとりを支える”をテーマに
ニュース 249
249

ブリヂストン「上海モーターショー」に出展 “一人ひとりを支える”をテーマに

 ブリヂストンは4月16日から25日に中国の上海で開催される「上海モーターショー2019」に出展する。  今回は「一人ひとりを支える」をテーマに設定。持続可能なモビリティ社会の実現に貢献する同社グループのイノベーションにつながる商品やサービス、ソリューションビジネスを紹介する。また、オリンピック・パラリンピックを通じて夢を追いかける全ての人々の挑戦を支える取り組みも訴求していく。  ブースでは同社…

タグ: , ,
東京オートサロン2019 台湾・中国ブランドも積極展開
レポート 290
290

東京オートサロン2019 台湾・中国ブランドも積極展開

 1月13日まで千葉市の幕張メッセで開催された「東京オートサロン2019」には海外のタイヤブランドや関連企業も多く出展した。乗用車用タイヤをメインに、日本市場に合わせたコンセプトや独自のこだわりを見せたデザインで存在感を示すブースを取材した。  台湾のNANKANG TIRE(ナンカンタイヤ)は、タイヤ通販のオートウェイの展示ブースにコーナーを出展。スポーツタイヤ「Sportnex NS-2R」を…

タグ: , , , , ,
横浜ゴムの中国子会社が蘇州市で植樹祭実施
ニュース 128
128

横浜ゴムの中国子会社が蘇州市で植樹祭実施

 横浜ゴムは、中国のタイヤ生産販売子会社である蘇州優科豪馬輪胎有限公司が10月13日に江蘇省蘇州市高新区の同社敷地内で「YOKOHAMA千年の杜」プロジェクトの第7期植樹祭を開催したと11月13日に発表した。  当日は、富岡聖総経理や従業員、中国の事業統括会社である優科豪馬橡膠有限公司の桂川秀人董事長らが出席。さらに、同地区の環境保護局および環境保護協会の関係者や同社周辺の小学校の児童とその家族な…

タグ: , ,
ブリヂストン「重慶国際オートパーツ&サービス展2018」に出展
ニュース 121
121

ブリヂストン「重慶国際オートパーツ&サービス展2018」に出展

 ブリヂストンは9月19日~21日に中国の重慶で開催される自動車部品およびアフターサービスの展示会「重慶国際オートパーツ&サービス展2018」に出展する。  今回のブースでは、「一人ひとりを支える」をテーマに、低燃費タイヤ「ECOPIA EP500 ologic」やエアレスタイヤを装着した自転車、運送ビジネスを支えるデジタルツール、リトレッドタイヤなどを展示する予定。また、中国市場で新たに発売する…

タグ: , ,
過熱する米中貿易摩擦 変わる中国メーカーの戦略
ニュース 649
649

過熱する米中貿易摩擦 変わる中国メーカーの戦略

 米中で相手国からの輸入品に対する関税上乗せの応酬が続いている。米政府は8月23日に160億ドル(約1兆8000億円)相当の中国製品に25%の追加関税を発動、対中関税の規模は7月の発動分と合わせて500億ドル相当となった。  中国政府も同規模の報復措置を講じるなど摩擦が過熱する中、米国は対象品目リストにタイヤなどのゴム製品を含む第3弾の追加関税を検討しているもようで、今後の動向に注目が集まる。  …

タグ: ,
アジア最大級のタイヤ見本市「CITEXPO2018」上海で開催
レポート 545
545

アジア最大級のタイヤ見本市「CITEXPO2018」上海で開催

 アジア・パシフィック地区最大級のタイヤ・ホイールの専門展示会「中国国際タイヤエキスポ(CITEXPO)2018」が8月20~22日の3日間、上海・世博展覧館で開催された。16回目となった今回は現地メーカーを中心に約400社が出展し、独自の製品展示を通じて新規顧客の開拓を目指した。販路拡大に向けた施策や、米中貿易摩擦への対応など、今後の事業方針について複数社のタイヤメーカーに聞いた。 HIXIH …

タグ: ,
ブリヂストン、中国で特許訴訟に勝訴
ニュース 337
337

ブリヂストン、中国で特許訴訟に勝訴

 ブリヂストンは7月31日、中国のタイヤメーカーである東営市方興橡膠有限責任公司(Fangxing社)を相手に提起していた特許権侵害訴訟で勝訴したと発表した。  昨年9月、ブリヂストンは同社が特許権を持つトラック用タイヤのトレッドパターンを使用してタイヤを製造・販売したFangxing社の行為が特許権侵害に該当するとして上海知識産権法院に提訴していた。  今回はブリヂストンの主張が認められ、侵害行…

タグ: ,
中国のダブルスター、クムホタイヤの筆頭株主に
ニュース 702
702

中国のダブルスター、クムホタイヤの筆頭株主に

 中国のタイヤメーカー大手ダブルスター(青島双星)は7月6日、韓国のクムホタイヤの株式の45%を取得したと発表した。これにより、ダブルスターはクムホタイヤの筆頭株主となる。ダブルスターによるクムホの買収は昨年、一旦白紙になっていたが、同社は今年4月にクムホタイヤの債権団との間で第三者割当増資により45%のクムホ株を6463億ウォン(約640億円)で取得することに合意していた。  現地の報道によると…

タグ: ,
中国ゴム工業協会、タイヤラベリング制度に26社を認定
ニュース 529
529

中国ゴム工業協会、タイヤラベリング制度に26社を認定

 中国ゴム工業協会は、6月13日から14日まで安徽省合肥市で開かれた「グローバルタイヤ技術フォーラム」で、2016年9月に始まったタイヤラベリング制度の実施状況を発表した。  それによると、同協会がラベルを配布したのは今年5月末時点で26社。合計149枚(1018サイズ)が対象となっている。ダブルコインやダブルスターなどの現地メーカーのほか、住友ゴム工業や東洋ゴム工業、ピレリ、マキシスの現地法人も…

タグ: ,
横浜ゴム、中国での生態系保護プロジェクトの支援地域を拡大
ニュース 81
81

横浜ゴム、中国での生態系保護プロジェクトの支援地域を拡大

 横浜ゴムの中国の事業統括会社、優科豪馬橡膠有限公司は、中国の雲南省麗江市老君山自然保護区内で進めている生態系保護プロジェクト(老君山プロジェクト)の支援地域を拡大し、6月6日に新拠点での活動を開始した。新たな支援対象は自然保護区北部に位置する黎明村で、2011年の河源村、2015年の黎光村に続き3拠点目となる。  老君山プロジェクトは、自然保護区内の山村の森林伐採に依存していた経済を農畜産物生産…

タグ: , ,