TPMS

キャンピングカーにも対応したTPMS「エアセーフAS-SV2」発売
ニュース 193
193

キャンピングカーにも対応したTPMS「エアセーフAS-SV2」発売

 バスク(埼玉県志木市)は11月15日、TPMS(タイヤ空気圧モニタリングシステム)の新製品「AirSafe(エアセーフ)AS-SV2」を発売した。  「エアセーフ」は、車内に装着するレシーバーに空気圧とタイヤ内温度をワイヤレス通信でリアルタイムに表示するもの。異常を検知した場合はアラーム音と点滅表示で警告を発する。今回の新製品は、タイヤ空気圧の監視設定範囲が従来モデルの210~360kPaから1…

タグ: ,
「ジャパントラックショー2018」開催 タイヤ関連製品も多数
レポート 778
778

「ジャパントラックショー2018」開催 タイヤ関連製品も多数

 5月10日から12日の3日間、「ジャパントラックショー2018」がパシフィコ横浜で開催され、前回(2016年)の約2倍となる5万1744人が来場した。タイヤメーカーからは日本ミシュランタイヤが出展したほか、生産財タイヤ向けの整備機器やTPMS(空気圧管理システム)などの展示も目立った。 日本ミシュランタイヤ  6月から提供を始めるトラック・バス用タイヤの管理システム「ミシュランTPMSクラウドサ…

タグ: , , ,
「ジャパントラックショー2018」開幕 タイヤ関連も多数出展
ニュース 370
370

「ジャパントラックショー2018」開幕 タイヤ関連も多数出展

 国内最大級のトラック関連の展示会「ジャパントラックショー2018」が5月10日、横浜市のパシフィコ横浜で開幕した。2016年に続き2回目の開催となった今回はトラック関連メーカーや団体など129社(434小間)が出展。来場者数は5万人を見込んでいる。  トラックメーカーではいすゞ自動車、日野自動車、UDトラックス、三菱ふそうの国内4社が揃って参加しているほか、タイヤメーカーでは日本ミシュランタイヤ…

タグ: , , ,
ミシュラン トラックタイヤのTPMSクラウドサービス、20年に2万台へ
ニュース 479
479

ミシュラン トラックタイヤのTPMSクラウドサービス、20年に2万台へ

 日本ミシュランタイヤは4月26日、ソフトバンクと協業してトラックバス用タイヤの管理システム「ミシュランTPMSクラウドサービス」を6月1日から提供すると発表した。契約件数は当初300台からスタートし、2020年に2万台を目指す。さらに同社のワイドシングルタイヤ「X One」(エックス・ワン)の販売増にも繋げていく考えだ。  新サービスはタイヤメーカーとして国内で初の実用化となる。車両にオレンジジ…

タグ: , , ,
バスクの「Air Safe」TPMSの重要性をPR
ニュース 499
499

バスクの「Air Safe」TPMSの重要性をPR

 バスクは3月29日、昨年から販売しているTPMS(タイヤ空気圧モニタリングシステム)「Air Safe」(エアセーフ)のメディア向け説明会を埼玉県志木市の本社で実施した。  今回は意図的に左前輪のタイヤ空気圧を減らした状態で、車内のモニターが正しく作動する様子を公開。空気圧の変化を瞬時に検知するなど、精度の高さを実証した。  同社の小笠原孝嗣社長は、「TPMSはタイヤのトラブルを未然に防ぎ、安全…

タグ: ,
奈良県のスリーウッド 新タイプのTPMSを開発
レポート 475
475

奈良県のスリーウッド 新タイプのTPMSを開発

 バルブキャップが光を点滅させることでタイヤ空気圧の低下を知らせる――そんな新しいタイプのTPMS(タイヤ空気圧警報装置)が登場した。開発したのはタイヤ販売店、スリーウッド タイヤの森(奈良県桜井市)の代表、森啓二さんだ。  森さんはタイヤ販社勤務を経てタイヤ店を開業した、この道50年のベテラン。空気圧の低下によるトラブルを間近で見てきた。その経験から、「タイヤ空気圧の低下を“見える化”すれば、ユ…

タグ:
TDK、TPMS用コイル開発 従来品より3割コンパクト化
ニュース 215
215

TDK、TPMS用コイル開発 従来品より3割コンパクト化

 TDKは3月13日、タイヤ空気圧をモニタリングシステム(TPMS)用のトランスポンダコイル「TPLC55シリーズ」を開発し、3月より量産を開始したと発表した。  新製品は主にTPMS向け低周波帯用のアンテナコイルとして使用される。従来製品よりも体積比・実装面積比で30%小型化しつつ、高い感度を維持した。  TPMSは欧米を中心に装着義務が法制化され、世界的に需要は増加傾向にある。一方、車の燃費向…

タグ:
ブリヂストン 米国子会社がTPMS「プレッシャースタット」を発表
ニュース 921
921

ブリヂストン 米国子会社がTPMS「プレッシャースタット」を発表

 ブリヂストンの米国子会社であるブリヂストン・アメリカス・インクは1月31日、建設車両用タイヤ向けのタイヤ空気圧監視システム「プレッシャースタット」を発表した。現在は北米市場で購入が可能。  同商品は、センサーが検知したタイヤの空気圧や温度のデータをモバイル端末に表示するシステム。ドライバーはリアルタイムで数値を確認でき、車両の稼働時間の最大化やコスト低減などに貢献する。  また、同社が提供する「…

タグ: , , ,
トライポッドワークス 商用車向け「BLUE-Connect」の提供開始
ニュース 217
217

トライポッドワークス 商用車向け「BLUE-Connect」の提供開始

 トライポッドワークス(仙台市)は、1月から商用車向けIoTプラットフォーム「BLUE-Connect」(ブルーコネクト)の提供を開始する。  ブルーコネクトは、トラックやバス、タクシーなど業務に使用する車両の管理をサポートするシステム。同社が昨年4月から販売を開始しているタイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)「ブルーセンサー」によるタイヤ空気圧やタイヤ温度データに加え、スマートフォンに標準…

タグ: , ,
バスク TPMS「エアセーフ」に追加モデル
ニュース 312
312

バスク TPMS「エアセーフ」に追加モデル

 バスク(埼玉県志木市)は10月6日、TPMS(タイヤ空気圧管理システム)「エアセーフ」に「AS-SV1」を追加して発売した。メーカー希望小売価格は3万2800円(税抜)。  新商品はスチールホイールおよび14インチ以下のアルミホイールに対応している。同社は4月に15インチのアルミホイール用の「AS-CV1」を発売しており、今回の追加モデルにより「全ての普通乗用車への装着をカバーした」としている。…

タグ: ,
キャップに装着する新感覚TPMS「ブルーセンサー」
レポート 1,399
1,399

キャップに装着する新感覚TPMS「ブルーセンサー」

 トライポッドワークス(宮城県仙台市)は新型タイヤ空気圧センサー(TPMS)「BLUE-Sensor」(ブルーセンサー)をリリースした。2輪車から大型トラックバスまで、エアバルブの形状が合致すれば同一の規格を使用できる。現在TPMSの大勢を占めるホイール組み付け型と異なり、エアバルブにキャップとして装着して使用するため、取り付け作業には特に技術を必要としない。  クラウドサービスを得意とする同社が…

タグ: ,
トライポッドワークス エアバルブ型のTPMS発売
ニュース 1,228
1,228

トライポッドワークス エアバルブ型のTPMS発売

 トライポッドワークス(仙台市)はタイヤ空気圧センサー(TPMS)の新商品「BlueSensor」(ブルーセンサー)を発売した。  同商品はエアバルブキャップとして取り付けることが可能で、最大32輪まで同時に監視することができる。台湾の車載機器メーカーSYSGRATION社が製造。オープン価格だが1ユニット約6000円を想定している。  通信形式はブルートゥース4・0で、スマートフォンと連携させタ…

タグ: ,
バスク「エアセーフ」シンプルで高機能なTPMS発売
レポート 880
880

バスク「エアセーフ」シンプルで高機能なTPMS発売

 バスク(埼玉県志木市)は4月よりタイヤ空気圧監視システム(TPMS)「エアセーフ」の販売を開始した。エアバルブに装着する直接式で、センサー4台と車内モニター1台のセット。希望小売価格は税抜3万6800円。  小笠原孝嗣社長が「OE装着品と遜色ない精度と性能を持ちつつ、この価格に抑えた。性能面はもちろん、コストパフォーマンスでも決して他社に負けていない」と自信を示す同製品はどのようにして生まれたの…

タグ: ,
タイヤ空気圧管理システムの新製品「エアセーフ」発売
ニュース 1,607
1,607

タイヤ空気圧管理システムの新製品「エアセーフ」発売

 バスク株式会社(埼玉県志木市)は、タイヤ空気圧管理システムの新製品「AirSafe」(エアセーフ)を4月1日から販売開始する。メーカー希望小売価格は3万6800円(税抜)。  新製品は新車メーカーの純正部品と同等の精度と最高レベルの感度を持つセンサーを使用しているため、空気圧とタイヤ内温度を正確にモニタリングし表示することが可能だという。センサーは欧州車の純正装着部品と同じくタイヤホイールのエア…

タグ: ,
コンチネンタル 残溝の自動測定システム 2019年に実用化へ
ニュース 1,181
1,181

コンチネンタル 残溝の自動測定システム 2019年に実用化へ

 独・コンチネンタル・オートモーティブが開発を進めているタイヤ溝の深さを検知する電子システム「eTIS」が2019年以降、新車装着される見込みとなった。  「eTIS」はトレッドの内側に取り付けたセンサーにより、タイヤが接地するときの圧力や時間を計測して残溝を計算する仕組み。溝の深さが一定以下になった場合は運転席のドライバーに警告を知らせる。今後、同社の直接式タイヤ空気圧モニタリングシステム(TP…

タグ: , ,