安全ツール

大型車の脱輪事故防止へ 国交省が新たな点検の実施方法を導入
ニュース 4,763
4,763

大型車の脱輪事故防止へ 国交省が新たな点検の実施方法を導入

 国土交通省は3月31日、近年の大型車の車輪脱落事故増加を受けて、ホイール・ボルト、ナットの交換目安の例示や、タイヤ交換作業手順の明確化など自動車の点検及び整備に関する手引の一部を改正すると発表した。同日公布し、4月1日から施行する。  今回の改正では、ホイール・ナットへのマーキングまたはホイールナットマーカーを活用した目視によるホイール・ナット及びホイール・ボルトの緩みの点検を行ってもよい旨を明…

タグ: , , ,
タイヤ脱落事故防止へ 活用広がる「インジケーター」
ニュース 6,631
6,631

タイヤ脱落事故防止へ 活用広がる「インジケーター」

 国土交通省は昨年11月から今年2月にかけて、大型車の車輪脱落事故防止キャンペーンを展開した。この期間、日本自動車工業会(自工会)は国交省と連携し、ホイールナットへの装着によりナットの緩みを確認できるインジケーターの配布に取り組んだ。適正な交換作業や点検整備の重要性は依然として変わらないものの、日常点検作業の確実性を高めるツールとしてインジケーターの取り扱いが広がっている。  これまで自工会は、規…

タグ: , , , ,
バースト事故防止へ 静岡県のタイヤ販売店が「安全囲いセット」発売
ニュース 3,579
3,579

バースト事故防止へ 静岡県のタイヤ販売店が「安全囲いセット」発売

 杉浦タイヤ商会(静岡県湖西市)はタイヤ空気充填作業時に、作業者をバースト事故などから守るための整備ツール「安全囲いセット」を開発した。乗用車やバンなどの指定空気圧が比較的低いタイヤに特化した製品となっている。  タイヤ空気充填作業時には安全囲いの設置が求められるが、事故が毎年のように発生しているのが実情だ。背景には、一部で作業の危険性が認知されていないことや、「安全囲いの機材が高価なため」と指摘…

タグ: ,
作業の効率化と省力化に寄与 東洋精器工業 汎用タイヤリフト「SR-66」
レポート 1,045
1,045

作業の効率化と省力化に寄与 東洋精器工業 汎用タイヤリフト「SR-66」

 新型コロナウイルスの感染拡大によりさまざまなところへ影響が出ている。企業でテレワークへのシフトが進み、それにともないECを通じての商品購入が増加。生活者の消費行動にも大きな変化が生じている。輸送物流業界では荷物の受発注が急増し配送トラックの稼働が増加する一方で、トラックドライバーは慢性的な人手不足の状況が続くままだ。このようなことを背景として、輸送業界では車両管理・メンテナンスにかかる時間や人員…

タグ: , ,
小野谷機工 軽労化・省力化を実現するタイヤリフト3製品を本格発売
レポート 969
969

小野谷機工 軽労化・省力化を実現するタイヤリフト3製品を本格発売

 整備作業の軽労化・省力化と安全性向上は二律背反ではない。軽労化・省力化を突き詰めていくと、安全性はより高まっていく――タイヤ整備機器をはじめ更生タイヤ製造や廃タイヤ処理の機器・システムの国産メーカー、小野谷機工ではこのような設計思想のもとで日々、整備機器の企画開発を行っている。同社がこのほど、タイヤ整備の現場をサポートする新製品3種を開発し、本格販売を開始した。 タイヤセットアップリフト「イージ…

タグ: , , , ,
住友ゴム 大型車の簡易点検ツールを開発 来年実用化へ
ニュース 644
644

住友ゴム 大型車の簡易点検ツールを開発 来年実用化へ

 住友ゴム工業は東洋精器工業(兵庫県宝塚市)に協力を依頼して大型車のハブボルトとナットの点検時に使用する「簡易点検ツール」の開発を進めている。年内に準備を終えて、来年1月をメドに製品化する予定。  このツールでは大型タイヤの点検時にボルトの伸びやナットのネジ山潰れなどのチェックが可能。小型で作業者が常に携行できるのが特徴。  住友ゴムでは大型車の脱輪事故の要因として部品の経年劣化の点検漏れを課題の…

タグ: , , , , ,
【東洋精器工業】セーフティケージ発売 爆風を安全に誘導
レポート 1,256
1,256

【東洋精器工業】セーフティケージ発売 爆風を安全に誘導

 東洋精器工業は6月からセーフティケージ(安全囲い)の新製品としてLT/TB用ブラインド式セーフティケージ「TD-TBi」の本格販売を開始した。同社の太田正彦取締役販売企画部長に話を聞いた。  新製品は、空気充てん作業中に万が一タイヤが破裂した場合、そのときに生じる強烈な爆風からの被害抑制を図るもの。  セーフティケージに対する性能ニーズはこれまで、タイヤホイールやサイドリング、さらにはゴム片とい…

タグ: , ,
タイヤ作業時の事故 10年で222件発生、半数超が死傷
ニュース 5,511
5,511

タイヤ作業時の事故 10年で222件発生、半数超が死傷

 タイヤの空気充てん作業および、車両に取り付けた状態で行う空気補充作業における事故が依然として減っていない。日本自動車タイヤ協会の統計によると、過去10年間で発生した事故件数は合計222件、そのうち死亡事故は11件、作業者が重軽傷を負ったケースは115件に達した。整備作業の中で、事故はなぜ起こってしまうのか、事故を防ぐために何か必要なのか――2007年から2016年までの事例をまとめた。  10年…

タグ: , , ,
【東洋精器工業】エア充てん時に無線リモコンを活用
レポート 948
948

【東洋精器工業】エア充てん時に無線リモコンを活用

 タイヤの空気充てん作業を行うとき、万一の破裂事故から身を守るのに必要不可欠な機器がセーフティーケージ(安全囲い)である。ただ、作業の流れにおいて、セーフティーケージの中にタイヤを入れるという工程が加わることから「面倒だ」と、ついそれを省いてしまうケースが見られるようだ。  そのような現実に対し、タイヤ整備機器を供給する企業は手をこまねいているわけではない。エアーチャックを接続すると自動的に空気充…

タグ: ,
【エイワ】簡易型タイヤ防護シート「SNS-1」
レポート 992
992

【エイワ】簡易型タイヤ防護シート「SNS-1」

 エイワ(兵庫県西宮市、前中勝彦社長)の大きなトピックとして挙げられるのが2016年度グッドデザイン賞受賞だ。しかもタイヤチェンジャー「WING(ウィング)CZXシリーズ」と、出張サービスカー「EIWA M.T.S(モバイル タイヤ サービスシステム)」とのダブル受賞という快挙を果たした。  同社では「今回の受賞を契機に『ものづくりにおけるデザインの活用』を積極的に推進し、足回り整備に貢献する最新…

タグ: , ,
爆風を回避、小野谷機工がセーフティケージ発売
レポート 1,641
1,641

爆風を回避、小野谷機工がセーフティケージ発売

防風板でバースト時の危険回避 小野谷機工(福井県越前市)は9月よりセーフティケージの新製品「TC~TACS」シリーズを発売した。今年3月に乗用車・小型トラックタイヤ用の製品を上市したのに続き、今回はタイヤ径1200mmまでのトラック・バス用タイヤに対応するモデルとなっている。  新製品は、ケージの両側面の金属メッシュ部分を「ブラストシールド」と呼ばれる防風板で覆うことで安全性を大きく向上させたのが…

タグ: , ,
小野谷機工 側面の防風板で爆風被害を防ぐセーフティケージ発売
ニュース 938
938

小野谷機工 側面の防風板で爆風被害を防ぐセーフティケージ発売

 小野谷機工はこのほどセーフティケージの新製品「PSC-01シリーズ」を開発。シリーズ第1弾としてPC・LTタイヤ用を上市し、3月から本格販売を開始した。  従来のセーフティケージは、タイヤが破裂したときにホイールリング等の飛散防止に効果があった。だが、爆風や小さな欠片の飛散を完全に防ぐことはできなかった。破裂時の爆風の威力は非常に強く、人が近くでそれを浴びると重篤な事態を惹き起こしかねない。  …

タグ: , ,
東洋精器工業 トラック・バス用「セーフティバッグ」
レポート 1,146
1,146

東洋精器工業 トラック・バス用「セーフティバッグ」

“軽量かつ安全”な携帯型安全囲い  タイヤ整備の現場において「安全」は、最も重要なキーワードのひとつとなっている。毎年、タイヤ空気充てん作業時の事故が10数件発生しているが、安全囲いの設置・使用など基本的措置を遵守していれば未然に防ぐことができたケースも少なくないようだ。東洋精器工業株式会社(本社・兵庫県宝塚市末成町7-3)は、携帯型の安全囲い「トラック・バス用セーフティバッグ」の販売を開始した。…

タグ: , ,