整備ツール

小野谷機工「作業補助テーブル」「タイヤ積上げ機」で省人化に貢献
レポート 841
841

小野谷機工「作業補助テーブル」「タイヤ積上げ機」で省人化に貢献

 国内で人手不足が叫ばれるようになって久しい中、その対応策の一つとして整備作業の現場でも省人化への取り組みが進められている。小野谷機工は以前から作業の軽労化、さらに安全性向上に寄与する製品開発に注力しており、このほど、タイヤホイールの持ち上げに起因する負担を軽減できる作業補助テーブル「Easy System」、タイヤの積み上げ作業を容易にする積み上げリフト「Easy Lift Good 70-Li…

タグ: , ,
安全自動車、大型車向けターゲット発売 エーミング作業を効率化
ニュース 395
395

安全自動車、大型車向けターゲット発売 エーミング作業を効率化

 安全自動車はこのほど、大型車エーミングターゲットセット「ATB-2021」を発売した。特定整備の対象であるフロントガラス交換後のカメラキャリブレーション調整作業や、車体前方(バンパー・グリル)の脱着作業後に必要となるエーミング作業などでの使用を通じ、正確な作業の完了に貢献する。  新商品は国産4社に対応しており、「付属のマニュアルに従って設置するだけで、大幅な作業時間の短縮ができる」(同社)とい…

タグ: , ,
イヤサカが初の「ウェブ展示会」非接触アライメント機器の紹介も
ニュース 219
219

イヤサカが初の「ウェブ展示会」非接触アライメント機器の紹介も

 イヤサカは7月7~9日、同社初のウェブ展示会「ウェブ・エキシビション」を開催し、斎藤智義社長は「コロナ禍においても少しでも皆様のお役に立ちたいという思いは変わらない」とコメントを発表した。  商品展示ゾーンでは、非接触のアライメントチェックを実現する「ハンター・クイック・チェック・ドライブ」を参考出品した。同社では「簡易アライメントチェックが実現すれば、お客様への提案の幅が広がり、新たなビジネス…

タグ: , ,
脱落事故防止へ 安全自動車が精度チェックと省力化機器を提案
ニュース 492
492

脱落事故防止へ 安全自動車が精度チェックと省力化機器を提案

 大型車の車輪脱落事故件数が増加の一途をたどる中、安全自動車(中谷宗平社長、東京都港区)は今すぐできる緊急対策として“ホイールナット締め付けトルクの管理”を勧めている。その重要な要素として同社が啓発するのは、定期的なトルクレンチの精度チェックだ。さらにデジタルトルクレンチをはじめとする省力化機器も提案し、正確で効率的な作業への貢献を推進している。同社が行うサービスや整備機器のラインアップについて、…

タグ: , , ,
インジケーターの着脱を容易に 東洋精器工業から作業ツール発売
レポート 1,052
1,052

インジケーターの着脱を容易に 東洋精器工業から作業ツール発売

 東洋精器工業はこのほど、ホイールナットマーカー(インジケーター)の着脱ツール「PU-SH&LL(プッシュル)33」を開発した。大型車の車輪脱落事故防止に向けた取り組みの一つとしてインジケーターを装着する車両が増える中、新商品は作業者から届いた困りごとに応えてデザインしたという。その開発背景や商品特徴を販売企画部の本部長である太田正彦専務取締役と、同部技術部長兼横浜支店長の青木茂雄氏に聞いた。  …

タグ: , , ,
旭産業、空気圧点検作業の必需品本格発売開始
ニュース 339
339

旭産業、空気圧点検作業の必需品本格発売開始

 旭産業はこのほど、エアゲージ精度チェッカーの新製品として「SC-70」を開発し本格販売を開始した。税込み標準小売価格は20万3500円(税抜き18万5000円)。  エアゲージ精度チェッカーは保有するエアゲージの精度誤差を調べる検査機器。新商品は、表示パネルに有機ELディスプレイを搭載したことで見やすく、高い精度での精度チェックを可能とした。  また操作部をパネルに集約したコンパクト設計を採用。…

タグ: ,
空研から充電式インパクトレンチの新製品発売
ニュース 417
417

空研から充電式インパクトレンチの新製品発売

 空研(大阪府羽曳野市、中川禎之社長)は、2月中旬に新型12.7mmSQ充電式インパクトレンチ「KW-E160pro」を発売する。本体のみまたは電池パックや充電器、ケースを加えたセットを販売し、それぞれ価格はオープン。  同商品の差し込みサイズは12.7mm、実用トルク範囲は50~260N・m。全長143mm、全高249mm、重さ1.8kgで、同社では「重量バランスが良く小型、軽量」としている。な…

タグ: , ,
KTCの「トルクル」と自動車整備工場向けサービスが連携
ニュース 355
355

KTCの「トルクル」と自動車整備工場向けサービスが連携

 京都機械工具(KTC)は17日、同社が開発したスマートセンシングデバイス「トルクル」と、自動車整備工場向け業務システムメーカー、ディーアイシージャパンが提供するクラウドプラットフォームサービス「DICクラウド」との連携サービスがリリースされたと発表した。  KTCの「トルクル」は、スマートフォンやタブレットなどにインストールした専用アプリとBluetooth機能を利用し、測定値の結果表示やデータ…

タグ: ,
バンザイ「サイドラインガイド」発売 エイミング作業をサポート
ニュース 556
556

バンザイ「サイドラインガイド」発売 エイミング作業をサポート

 バンザイは12月2日、エイミングサポート機器「サイドラインガイド」(型式CSN-OP-SLG)を発売すると発表した。標準希望小売価格は5万円(税別)。  同商品は、現在発売しているセンターサポートナビ(型式CSN-3A)と組み合わせることでエイミング作業の際に必要な車両の側線を導き出せることが特徴。バンザイでは、「通常2人で行う作業を1人で行うことができ、かつ従来の作業手順と比較して5分以上の作…

タグ: , ,
ランアウト測定で振動を軽減 イヤサカの大型用バランサー「フォースマッチHD/GSP9620HD」
レポート 1,437
1,437

ランアウト測定で振動を軽減 イヤサカの大型用バランサー「フォースマッチHD/GSP9620HD」

 イヤサカはこのほど、米HUNTER(ハンター)製の大型車用ホイールバランサー「フォースマッチHD/GSP9620HD」の販売を開始した。営業企画部長の飯田正弘氏が「今までのバランサーにはない機能を提供することが一番の狙い」と話す新商品の採用技術や、そのメリットを紹介してもらった。  新商品の特徴は、タイヤのハイスポットを検出するロードローラーが備わったことだ。営業技術部技術一課の神尾尚哉氏は「タ…

タグ: , ,
京都機械工具 DXを強力に進めるT&M事業を開始
ニュース 556
556

京都機械工具 DXを強力に進めるT&M事業を開始

 京都機械工具(KTC)は11月25日、顧客と自社のビジネスでDX(デジタルトランスフォーメーション)を展開する「T&M事業」の発表イベントをオンラインで開催した。  挨拶に立った田中滋社長は「CASE時代を迎え、事業モデルの変革を進めてきた。それが本日ローンチするT&M事業だ」とコメント。“つながる&見える化”を意味するT&M事業では、「TRASAS(トレサス)製品群」や、その普及に携わるパート…

タグ: , , ,
KTC 工具セットのセールを開催 来年4月まで
ニュース 27,719
27,719

KTC 工具セットのセールを開催 来年4月まで

 京都機械工具(KTC)は11月1日から来年4月20日まで工具セットのセール「2021SKセール」を実施している。対象となるのは期間限定・数量限定の工具セット全108アイテムで、自動車や二輪車、一般機械などのメンテナンス作業に対応する工具セットとツールセットを取り揃えている。  今回は多彩なカラーリングを用意したほか、「個人持ち」推奨セットとして使用頻度の高い工具をまとめた新セットを設定。同社では…

タグ: ,
東洋精器工業が新たに提案する「完璧なバランシング作業」
レポート 1,577
1,577

東洋精器工業が新たに提案する「完璧なバランシング作業」

 東洋精器工業がこのほど発売したバランスウェイトを装着する際に効率的な作業を実現する「ウェイトセッター ぺた2(ぺたぺた)」。同社販売企画部の青木茂雄技術部長兼横浜支店長は「タイヤ整備作業で現場の声を活かした全く新しいツールであり、作業負担低減や作業時間の短縮、作業品質の均一化、経費削減にも寄与できる」と期待を込める。その上で「修正箇所をピンポイントで照射できるホイールバランサーを使用し、更にこの…

タグ: , , ,
“トータルエイミング”支えるバンザイのチェンジャー/バランサー
レポート 1,553
1,553

“トータルエイミング”支えるバンザイのチェンジャー/バランサー

 1920年の創業以来、自動車業界の発展と共に歩んできたバンザイ。近年の車両搭載技術の進化や大口径タイヤの普及に伴い、タイヤチェンジャー・ホイールバランサーでは高度な分析が可能なハイエンドモデルをラインアップしている。さらに省力化のニーズにも応え、電動パワークランプやレバーレスといった機能を備えた製品も複数展開し、整備業界を足元からサポートする。営業情報企画部営業推進一課参事の福田守利氏にそれぞれ…

タグ: , , ,
ウェイト装着作業を効率的に 東洋精器工業から業界初のツール
ニュース 800
800

ウェイト装着作業を効率的に 東洋精器工業から業界初のツール

 東洋精器工業は10月よりバランスウェイトを装着する際に効率的な作業を実現するオリジナル製品「ウェイトセッター ぺた2(ぺたぺた)」を発売した。  ここ数年、貼り付けでバランス調整を行う際のウェイトの材質が鉛から鉄(スチール)に移行し、また作業効率の向上を目的に目視しやすい下方を修正位置に採用している機種が増加している。  一方で「その流れが作業の困難さや煩わしさといった作業者のストレスを生むこと…

タグ: , , ,