整備ツール

埋込みリフトでも楽に、安全に 東洋精器工業のタイヤリフター
レポート 364
364

埋込みリフトでも楽に、安全に 東洋精器工業のタイヤリフター

 タイヤ整備作業現場での“省力化・軽労化”に取り組む東洋精器工業。このほど、タイヤ交換作業時に使用するタイヤリフター「Partner(パートナー)70」を開発した。この春から本格販売を開始する。  販売企画部主任の森本祐二さんは「タイヤ交換作業時に、ピット作業場の自動車整備用リフトでクルマをリフトアップします。通常の場合、ホイール付きのタイヤを抱え込んで地面に下ろしたり、抱えてリフトの高さまで持ち…

タグ: , ,
エア充てんの省力化と安全作業を両立 東洋精器工業の「エアーメイト」シリーズ
レポート 750
750

エア充てんの省力化と安全作業を両立 東洋精器工業の「エアーメイト」シリーズ

 日本自動車タイヤ協会の調べによると、車両からタイヤを取り外した状態で行う「タイヤ空気充てん作業時」の事故は2018年1年間で33件発生。車両にタイヤが取り付けられた状態で行う「タイヤ空気補充時」の事故も2件あった。また今回の調査で、作業の経験年数が10年以上のベテラン者であっても21件もの事故に遭遇していることが判明した。慣れによって慢心が生じ標準作業から逸脱してしまうということが事故の隠れた要…

タグ: ,
コーキング剤の剥離を安全に 空研から新ツール発売
ニュース 126
126

コーキング剤の剥離を安全に 空研から新ツール発売

 エアーツールの空研(大阪府羽曳野市)はこのほど、コーキング剤の剥離作業で使用するコーキングストリッパーの新製品「KCS-301」を開発し新発売した。  新製品は、自動車の窓枠等で古くなったコーキング剤を安全に切り込むエアーツール。重量バランスが良く、小型・軽量・低振動を実現した。1分間当たり1万8000回の高速振動数で、素早く剥離作業を行うことができる。  ロータリプラグRL-20PM1個を付属…

タグ: , ,
タイヤ溝の小石を効率的に除去 KTCから専用工具発売
ニュース 1,933
1,933

タイヤ溝の小石を効率的に除去 KTCから専用工具発売

 京都機械工具(KTC)はこのほど、タイヤの溝に挟まった石を除去する専用工具「タイヤストーンリムーバーAH3」を発売した。小売参考価格は税別1400円。  新製品はロードノイズの原因となる小石を効率よくタイヤから除去することで、作業時間の短縮に貢献できる。さらに、先端部分が独自のアール形状になっており作業時に起こりやすいタイヤへの傷つきを抑制するという。

タグ: ,
測定値の自動入力を実現 KTCが新サービス開始
ニュース 284
284

測定値の自動入力を実現 KTCが新サービス開始

 京都機械工具(KTC)はこのほど、整備機器とデジタル端末を連携することで測定値を自動入力できるアプリ「e-整備」のサービスを開始した。日常点検記録簿や12カ月定期点検記録簿などの機能に応じて無料~月額500円まで3つの料金プランを用意した。  同サービスは、2018年10月に発売したタイヤ残量測定機器「タイヤデプスゲージ GNDA020」やスマートセンシングデバイス「TORQULE」(トルクル)…

タグ: ,
整備現場向け製品も多数 国際オートアフターマーケットEXPO
レポート 181
181

整備現場向け製品も多数 国際オートアフターマーケットEXPO

 3月に都内で開催されたアフター用品やサービスに関する展示会「国際オートアフターマーケットEXPO」ではタイヤの整備作業に関連する製品も多く紹介された。その中から来場者の注目を集めた機器やツールをピックアップした。  日発販売のブースでは、緊急脱出用のダッシュチェーンや、カムファスナー機構を採用した梯子型のタイヤチェーンなどを出品した。  カム付梯子型のチェーンは、バンドが不要で取り付け作業の短縮…

タグ: , , ,
住友ゴム 大型車の簡易点検ツールを開発 来年実用化へ
ニュース 553
553

住友ゴム 大型車の簡易点検ツールを開発 来年実用化へ

 住友ゴム工業は東洋精器工業(兵庫県宝塚市)に協力を依頼して大型車のハブボルトとナットの点検時に使用する「簡易点検ツール」の開発を進めている。年内に準備を終えて、来年1月をメドに製品化する予定。  このツールでは大型タイヤの点検時にボルトの伸びやナットのネジ山潰れなどのチェックが可能。小型で作業者が常に携行できるのが特徴。  住友ゴムでは大型車の脱輪事故の要因として部品の経年劣化の点検漏れを課題の…

タグ: , , , , ,
【東洋精器工業】セーフティケージ発売 爆風を安全に誘導
レポート 909
909

【東洋精器工業】セーフティケージ発売 爆風を安全に誘導

 東洋精器工業は6月からセーフティケージ(安全囲い)の新製品としてLT/TB用ブラインド式セーフティケージ「TD-TBi」の本格販売を開始した。同社の太田正彦取締役販売企画部長に話を聞いた。  新製品は、空気充てん作業中に万が一タイヤが破裂した場合、そのときに生じる強烈な爆風からの被害抑制を図るもの。  セーフティケージに対する性能ニーズはこれまで、タイヤホイールやサイドリング、さらにはゴム片とい…

タグ: , ,
【エイワ】簡易型タイヤ防護シート「SNS-1」
レポート 813
813

【エイワ】簡易型タイヤ防護シート「SNS-1」

 エイワ(兵庫県西宮市、前中勝彦社長)の大きなトピックとして挙げられるのが2016年度グッドデザイン賞受賞だ。しかもタイヤチェンジャー「WING(ウィング)CZXシリーズ」と、出張サービスカー「EIWA M.T.S(モバイル タイヤ サービスシステム)」とのダブル受賞という快挙を果たした。  同社では「今回の受賞を契機に『ものづくりにおけるデザインの活用』を積極的に推進し、足回り整備に貢献する最新…

タグ: , ,
爆風を回避、小野谷機工がセーフティケージ発売
レポート 1,191
1,191

爆風を回避、小野谷機工がセーフティケージ発売

防風板でバースト時の危険回避 小野谷機工(福井県越前市)は9月よりセーフティケージの新製品「TC~TACS」シリーズを発売した。今年3月に乗用車・小型トラックタイヤ用の製品を上市したのに続き、今回はタイヤ径1200mmまでのトラック・バス用タイヤに対応するモデルとなっている。  新製品は、ケージの両側面の金属メッシュ部分を「ブラストシールド」と呼ばれる防風板で覆うことで安全性を大きく向上させたのが…

タグ: , ,
小野谷機工 側面の防風板で爆風被害を防ぐセーフティケージ発売
ニュース 760
760

小野谷機工 側面の防風板で爆風被害を防ぐセーフティケージ発売

 小野谷機工はこのほどセーフティケージの新製品「PSC-01シリーズ」を開発。シリーズ第1弾としてPC・LTタイヤ用を上市し、3月から本格販売を開始した。  従来のセーフティケージは、タイヤが破裂したときにホイールリング等の飛散防止に効果があった。だが、爆風や小さな欠片の飛散を完全に防ぐことはできなかった。破裂時の爆風の威力は非常に強く、人が近くでそれを浴びると重篤な事態を惹き起こしかねない。  …

タグ: , ,
東洋精器工業 トラック・バス用「セーフティバッグ」
レポート 914
914

東洋精器工業 トラック・バス用「セーフティバッグ」

“軽量かつ安全”な携帯型安全囲い  タイヤ整備の現場において「安全」は、最も重要なキーワードのひとつとなっている。毎年、タイヤ空気充てん作業時の事故が10数件発生しているが、安全囲いの設置・使用など基本的措置を遵守していれば未然に防ぐことができたケースも少なくないようだ。東洋精器工業株式会社(本社・兵庫県宝塚市末成町7-3)は、携帯型の安全囲い「トラック・バス用セーフティバッグ」の販売を開始した。…

タグ: , ,