京都機械工具

第21回IAAE、東京ビッグサイトで開催  タイヤ整備機器の最新情報も
ニュース 104
104

第21回IAAE、東京ビッグサイトで開催  タイヤ整備機器の最新情報も

 「第21回国際オートアフターマーケットEXPO2024」が5~7日、東京ビッグサイトで開催された=写真1=。国内から203社、海外から215社の出展で過去最大規模。行政関連の動向、事業多角化・業態変革などの多岐にわたるセミナーも開催された。タイヤ整備サービス機器の企業も参加し新製品を出展。最新の情報を発信した。  イヤサカ(東京都文京区)は作業性とコストパフォーマンスに特化した米国ハンター社ホイ…

タグ: , , , , ,
東京オートサロン2024  カスタムカーの祭典が華やかに開催。タイヤ関係各社は最新トレンド発信
ニュース 190
190

東京オートサロン2024  カスタムカーの祭典が華やかに開催。タイヤ関係各社は最新トレンド発信

 第42回目となる「TOKYO AUTO SALON(東京オートサロン)2024」が1月12日から14日までの3日間、千葉市の幕張メッセで開催された。  1983年に「東京エキサイティングカーショー」としてスタートし、87年の第5回から現在の名に改称。米SEMAショー、独エッセンモーターショーと並び、世界3大カスタムカーショーとして位置付けられるメガイベントとなった。  「東京オートサロン 202…

タグ: , , , , , , ,
ジャパンモビリティショー2023 紙上ツアー
レポート 503
503

ジャパンモビリティショー2023 紙上ツアー

 ブリヂストン/住友ゴム工業/横浜ゴム  京都機械工具/東日製作所  トピー工業/HWエレクトロ  「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」(以下、JMS)のタイヤメーカー3社の展示ブースでは、最先端の技術を結集し開発したタイヤが公開された。各社の技術担当から談話形式で出展の一部を紹介してもらった。また、タイヤと深く関連する京都機械工具、東日製作所、トピー工業、グッドライドジャパンのグ…

タグ: , , , , , , , ,
「第37回オートサービスショー2023」「ヒトとクルマの未来を守る整備機器」テーマに開催
レポート 575
575

「第37回オートサービスショー2023」「ヒトとクルマの未来を守る整備機器」テーマに開催

 機工協・主催の「第37回オートサービスショー2023」が15日から17日の会期、東京ビッグサイトで開かれた。今回のショーテーマは「ヒトとクルマの未来を守る整備機器」。自動車整備機器類として国内最大級の専門見本市が復活。タイヤチェンジャーやホイールバランサー、アライメントテスターをはじめとするタイヤ整備機器の最新モデルが、参加各社から多数出展された。  自動化機器で現場の作業性アップを提案  作業…

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,
「第20回国際オートアフターマーケットEXPO」、東京ビッグサイトで開催
ニュース 464
464

「第20回国際オートアフターマーケットEXPO」、東京ビッグサイトで開催

 3月7~9日の3日間、東京ビッグサイトで「第20回国際オートアフターマーケットEXPO」が開催。タイヤ整備関連の企業が多数出展した。  このうち㈱イヤサカは、タイヤ関連の製品として米ハンター社のホイールアライメントシステム「PA260」、ホイールバランサー「スマートウエイトプロ」を出展。    また京都機械工具㈱(KTC)は昨年11月に発売したタイヤリフター「AWL101」や大型車両向…

タグ: , , , ,
京都機械工具「ホイール取付専用トルクレンチ」発売
ニュース 5,220
5,220

京都機械工具「ホイール取付専用トルクレンチ」発売

 京都機械工具(KTC)は、締め付け作業ごとのトルク設定が不要な「12.7sq.ホイール取付専用トルクレンチ」(WCMPB120、WCMPB140)を12月から発売した。  「WCMPB120」「WCMPB140」は120N・m、140N・mのホイール専用のトルクレンチ。黄色は120N・m、緑色は140N・mに設定しているため、カバーの色で設定トルクを簡単に判別できる。プッシュボタンを押さない限り…

タグ: ,
京都機械工具 タイヤリフターの新製品「AWL101」発売
ニュース 2,336
2,336

京都機械工具 タイヤリフターの新製品「AWL101」発売

 京都機械工具(KTC)は11月からタイヤリフター「AWL101」を発売した。メカニックの高齢化や人材不足に加え、タイヤの大型化で足回り作業の負担が増加する中、作業の省力化につながる機材として提案する。参考小売価格は50万円(税別)。  新製品は地上高520mmから最大1250mmまでタイヤを電動で昇降できる。重いタイヤでもスムーズな昇降作業が可能で、両手で作業を行うことで安全面も向上する。  ま…

タグ: , ,
京都機械工具「2023 SK SALE」を開始 来年4月まで
ニュース 4,643
4,643

京都機械工具「2023 SK SALE」を開始 来年4月まで

 京都機械工具(KTC)は11月1日から来年4月20日まで「2023 SK SALE」を実施する。 1万アイテム以上ある工具の中から、用途に合わせてKTCがセレクトした工具セットを購入できる。  セールの対象アイテム総数は123アイテム。新登場のケースや特別カラー、プロメカニックに向けて追加したツールセットなど、期間限定・数量限定品全85アイテムをお買い得価格で購入が可能。セールの特設サイトは(h…

タグ:
京都機械工具が大型車用「トルクル」を開発
レポート 3,111
3,111

京都機械工具が大型車用「トルクル」を開発

 大型車の冬用タイヤへの交換が集中する時期に、車輪の脱落事故が急増すると指摘される。国土交通省が先に明らかにした調査報告によると、2020年度の発生件数は131件で、前年度に比べ19件増加。統計史上最多記録を更新した。事故を防ぐにはどうすべきか。日本自動車工業会では「お・ち・な・い」をキーワードに掲げ安全啓発を強めているさなかだ。本紙ではトルクレンチやタイヤデプスゲージなど自動車タイヤ整備用ツール…

タグ: , ,
脱落事故防止へ 安全自動車が精度チェックと省力化機器を提案
ニュース 1,033
1,033

脱落事故防止へ 安全自動車が精度チェックと省力化機器を提案

 大型車の車輪脱落事故件数が増加の一途をたどる中、安全自動車(中谷宗平社長、東京都港区)は今すぐできる緊急対策として“ホイールナット締め付けトルクの管理”を勧めている。その重要な要素として同社が啓発するのは、定期的なトルクレンチの精度チェックだ。さらにデジタルトルクレンチをはじめとする省力化機器も提案し、正確で効率的な作業への貢献を推進している。同社が行うサービスや整備機器のラインアップについて、…

タグ: , ,
KTCの「トルクル」と自動車整備工場向けサービスが連携
ニュース 496
496

KTCの「トルクル」と自動車整備工場向けサービスが連携

 京都機械工具(KTC)は17日、同社が開発したスマートセンシングデバイス「トルクル」と、自動車整備工場向け業務システムメーカー、ディーアイシージャパンが提供するクラウドプラットフォームサービス「DICクラウド」との連携サービスがリリースされたと発表した。  KTCの「トルクル」は、スマートフォンやタブレットなどにインストールした専用アプリとBluetooth機能を利用し、測定値の結果表示やデータ…

タグ: ,
京都機械工具 DXを強力に進めるT&M事業を開始
ニュース 939
939

京都機械工具 DXを強力に進めるT&M事業を開始

 京都機械工具(KTC)は11月25日、顧客と自社のビジネスでDX(デジタルトランスフォーメーション)を展開する「T&M事業」の発表イベントをオンラインで開催した。  挨拶に立った田中滋社長は「CASE時代を迎え、事業モデルの変革を進めてきた。それが本日ローンチするT&M事業だ」とコメント。“つながる&見える化”を意味するT&M事業では、「TRASAS(トレサス)製品群」や、その普及に携わるパート…

タグ: , , ,
横浜ゴム タイヤマネジメントシステム刷新「HiTES」も第4世代へ
ニュース 1,235
1,235

横浜ゴム タイヤマネジメントシステム刷新「HiTES」も第4世代へ

 横浜ゴムはIoT(モノのインターネット)を活用したタイヤマネジメントシステム「T.M.S」をリニューアルし、9月10日よりサービスを開始した。同時にトラック・バス用のTPMS(タイヤ空気圧モニタリングシステム)の新商品「HiTES4」(ハイテス・フォー)を発売。タイヤに関するデータをインターネットでつなぎ、摩耗予測や最適な商品、運用プランの提案を迅速に行うことで輸送ビジネスの課題解決に貢献してい…

タグ: , , , ,
業界初の2段階の仮締めモード採用 KTCからインパクトレンチの新製品
ニュース 2,463
2,463

業界初の2段階の仮締めモード採用 KTCからインパクトレンチの新製品

 京都機械工具(KTC)は9月から「12.7sq.ホイールナット専用コードレス トルクリミット インパクトレンチセット」(JTAE473)を発売する。  同製品は、ホイールナットの締め過ぎを防止する「仮締めモード」を搭載したインパクトレンチで、既発売品の「12.7sq.ホイールナット専用コードレス トルクリミット インパクトレンチセット」(JTAE472)の後継機種となる。  今回は業界初となる車…

タグ: ,
京都機械工具 新研究開発拠点「けいはんなR&Dオフィス」稼働開始
レポート 1,382
1,382

京都機械工具 新研究開発拠点「けいはんなR&Dオフィス」稼働開始

 自動車産業が100年に一度の大きな変革期を迎えている中、車両管理の仕方も大きく変わろうとしている。業務の一元化を図るフリートマネジメントサービスはその代表的な例の一つ。フリートマネジメントの基底を成すのは、整備機器・作業工具類のデジタル化であり、PC管理を実現化するソフトウェアやデバイス機器。さらに得られた膨大なデータを蓄積し、いつでもサステナブルに運用することが可能な汎用性の高いクラウドサービ…

タグ: , , ,