京都機械工具

京都機械工具 新研究開発拠点「けいはんなR&Dオフィス」稼働開始
レポート 359
359

京都機械工具 新研究開発拠点「けいはんなR&Dオフィス」稼働開始

 自動車産業が100年に一度の大きな変革期を迎えている中、車両管理の仕方も大きく変わろうとしている。業務の一元化を図るフリートマネジメントサービスはその代表的な例の一つ。フリートマネジメントの基底を成すのは、整備機器・作業工具類のデジタル化であり、PC管理を実現化するソフトウェアやデバイス機器。さらに得られた膨大なデータを蓄積し、いつでもサステナブルに運用することが可能な汎用性の高いクラウドサービ…

タグ: , , , ,
整備作業の安心を“見える化”KTCのタイヤ点検自動入力システム
レポート 674
674

整備作業の安心を“見える化”KTCのタイヤ点検自動入力システム

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、特に輸送業界を中心に車両管理・メンテナンスにかかる時間と人員をどのように削減するかが喫緊の課題。そこで今、注目を集めているのが車両管理のフリートマネジメントサービスだ。海外では車両管理に関する業務すべてを一元化し、そのアウトソーシングを請け負う専門企業が急成長しているという。一方で、その規模まではいかなくても、車両管理業務の簡素化を図るシステムが次々に開発され…

タグ: , ,
タイヤ溝の小石を効率的に除去 KTCから専用工具発売
ニュース 1,970
1,970

タイヤ溝の小石を効率的に除去 KTCから専用工具発売

 京都機械工具(KTC)はこのほど、タイヤの溝に挟まった石を除去する専用工具「タイヤストーンリムーバーAH3」を発売した。小売参考価格は税別1400円。  新製品はロードノイズの原因となる小石を効率よくタイヤから除去することで、作業時間の短縮に貢献できる。さらに、先端部分が独自のアール形状になっており作業時に起こりやすいタイヤへの傷つきを抑制するという。

タグ: ,
測定値の自動入力を実現 KTCが新サービス開始
ニュース 299
299

測定値の自動入力を実現 KTCが新サービス開始

 京都機械工具(KTC)はこのほど、整備機器とデジタル端末を連携することで測定値を自動入力できるアプリ「e-整備」のサービスを開始した。日常点検記録簿や12カ月定期点検記録簿などの機能に応じて無料~月額500円まで3つの料金プランを用意した。  同サービスは、2018年10月に発売したタイヤ残量測定機器「タイヤデプスゲージ GNDA020」やスマートセンシングデバイス「TORQULE」(トルクル)…

タグ: ,
整備現場向け製品も多数 国際オートアフターマーケットEXPO
レポート 181
181

整備現場向け製品も多数 国際オートアフターマーケットEXPO

 3月に都内で開催されたアフター用品やサービスに関する展示会「国際オートアフターマーケットEXPO」ではタイヤの整備作業に関連する製品も多く紹介された。その中から来場者の注目を集めた機器やツールをピックアップした。  日発販売のブースでは、緊急脱出用のダッシュチェーンや、カムファスナー機構を採用した梯子型のタイヤチェーンなどを出品した。  カム付梯子型のチェーンは、バンドが不要で取り付け作業の短縮…

タグ: , , ,