住友ゴム、タクシー事業者と実証実験 TPMSをクラウド管理

シェア:
カテゴリー: ニュース
実証実験のイメージ
実証実験のイメージ

 住友ゴム工業は販売子会社のダンロップタイヤ中国がタクシー事業者の岡山交通㈱と協業し、タクシー事業者向けのタイヤ空気圧管理ソリューションサービスの実証実験を開始したと11月29日に発表した。

 この実験では、長距離を走行するタクシーの安全運行をサポートするサービスとしての有効性や点検時間の短縮、タイヤライフの向上、燃費削減などの具体的な効果を検証。それにより、安全性・経済性の向上への貢献を目指す。

 今回、岡山交通のタクシー15台で、空気圧や温度をリモート監視できるサービスを提供。駐車場に設置されたアンテナ圏内で、TPMS(タイヤ空気圧監視システム)装着車両のタイヤ空気圧や温度情報をタブレット端末などにより確認・管理する。住友ゴムでは「空気圧の定量管理業務を大幅に軽減することができる」としている。

 なお、同社は昨年10月から車両リース事業やレンタカー事業で実証実験を行っており、様々なデータを蓄積するとともに、事業化に向けて課題の抽出や改善を進めている。


[PR]

[PR]

【関連記事】