ノキアンタイヤ

ノキアン、スキャン装置で100万台のタイヤ溝を計測
ニュース 137
137

ノキアン、スキャン装置で100万台のタイヤ溝を計測

 フィンランドのノキアンタイヤはタイヤ溝のスキャン装置「SnapSkan」(スナップスキャン)が5月に100万台の計測を達成したと発表した。また、その結果、フィンランドでは10%が残溝不足の状態で、冬タイヤに比べて夏タイヤの不良率が高いことが明らかになった。  「スナップスキャン」は、路面に取り付けたスキャナーによりタイヤの溝深さを計測するもの。同サービスに登録したユーザーは、自身のモバイルデバイ…

タグ: , , ,
ノキアンのフラッグシップモデル「HAKKA BLACK2」阿部商会から発売
ニュース 244
244

ノキアンのフラッグシップモデル「HAKKA BLACK2」阿部商会から発売

 阿部商会は7月1日からノキアンタイヤのHAKKA(ハッカ)シリーズのフラッグシップモデル「HAKKA BLACK2」を順次発売した。発売サイズは17~21インチの29サイズで、価格はオープン。  サマータイヤのハッカシリーズは、元F1世界チャンピオンのミカ・ハッキネン氏を迎えて開発とテストを実施。タイヤの交換時期を示す残溝インジケーターやタイヤ情報を記載するインフォメーションエリアのほか、耐衝撃…

タグ: , ,
フィンランドの空港で自律除雪プロジェクト ノキアンタイヤなどが参加
ニュース 65
65

フィンランドの空港で自律除雪プロジェクト ノキアンタイヤなどが参加

 フィンランドのノキアンタイヤは、ラップランドのイヴァロ空港で農機用トラクターメーカーのバルトラなど4社と共同で行う自律除雪プロジェクトのテストに参加したと5月14日に発表した。  同テストは、2018年から2019年の冬期に「ノキアン・ハッカペリッタ TRI」とスノープラウ(除雪板)を装着した2台のトラクターを使用して実施。それぞれの車両がロータリー除雪車を牽引し、無人運転で滑走路の除雪を行った…

タグ: , ,
次世代モビリティを足元からサポート 海外のタイヤ大手
ニュース 196
196

次世代モビリティを足元からサポート 海外のタイヤ大手

 米グッドイヤーは3月に電気自動車のシェアリング事業を展開する米エンボイ・テクノロジーズに、デジタルサービスのパイロットプログラムを提供すると発表した。今年の初めにプログラムを開始してダウンタイムの最小化を目指す。  このプログラムでは、エンボイのコネクテッドカーからデータを収集し、タイヤのメンテナンスや交換スケジュールの管理を行う。グッドイヤーは小売店舗のネットワークやモバイル・バンを活用し、タ…

タグ: , ,
SUV用や低燃費タイヤなど ノキアン夏タイヤ4商品発売
ニュース 168
168

SUV用や低燃費タイヤなど ノキアン夏タイヤ4商品発売

 阿部商会は4月1日より、フィンランドのノキアンタイヤのサマータイヤ「HAKKA」(ハッカ)シリーズからファミリーカー向け低燃費タイヤやSUV向けタイヤなど4つの新商品を順次発売した。  「NOKIAN HAKKA BLUE 2」は、15~17インチの全5サイズ。優れた排水性能とウェットグリップを確保しているのが特徴。同社独自のサイプ構造を採用し、耐アクアプレーニング性能を向上したほか、サイレント…

タグ: , ,
将来、タイヤに必要な性能は――ノキアンが消費者調査
ニュース 237
237

将来、タイヤに必要な性能は――ノキアンが消費者調査

 フィンランドのノキアンタイヤがこのほどまとめた調査によると、欧州のドライバーの4割以上が将来のタイヤに対して、より優れた安全性能を期待していることが明らかになった。この調査は、昨年12月から今年1月にオンラインを通じて実施したもので、4100人から回答を得た。  「安全性」と答えたのは44%と最も多く、次いで、「様々なコンディションに適応するためにセンサー技術の利用」を求めているドライバーが34…

タグ: ,
ノキアンが経営計画発表 2021年まで平均5%の成長目指す
ニュース 121
121

ノキアンが経営計画発表 2021年まで平均5%の成長目指す

 フィンランドのノキアンタイヤは11月12日、2019年から2021年までの3カ年の経営計画を発表した。年平均5%以上の成長を目指し、EBIT(利払い・税引き前利益)は22%を見込む。  同社は2018年初頭に、今後5年間の地域別売上高について北米は2倍、中央ヨーロッパは1.5倍に増加させる方針を発表しており、「2018年に公表した戦略に合わせて、次なる成長段階に入り、特に北米と中央ヨーロッパでの…

タグ:
ノキアン、R&Dセンターを新たに設立 大型タイヤの需要に対応
ニュース 131
131

ノキアン、R&Dセンターを新たに設立 大型タイヤの需要に対応

 フィンランドのノキアンタイヤは、2019年にノキアで新たな研究開発センターを設立すると11月20日に発表した。農機用や鉱山用など、大型タイヤの需要増に対応する。  新施設の面積は約3500平方メートルとなる予定。同社グループのノキアン・ヘビー・タイヤは2017年に7000万ユーロ(約89億7220万円)を投じて生産能力を50%拡大する計画を発表しており、今回の新施設の設立はその取り組みの一環とし…

タグ: , ,
ノキアン 20万台分のタイヤをスキャン タイヤ溝の調査に活用
ニュース 238
238

ノキアン 20万台分のタイヤをスキャン タイヤ溝の調査に活用

 フィンランドのノキアンタイヤは9月18日、3Dスキャニング装置「SNAPSKAN」(スナップスキャン)によるタイヤ調査の結果を発表した。この調査は、今年6月から8月に約20万台の車両に装着されたタイヤの溝を測定したもの。  それによると、約13%のタイヤに残溝不足が確認され、約4%は夏季に冬タイヤを装着していたことが分かった。  今回活用した装置「スナップスキャン」は同社が2016年に発表したも…

タグ: , ,
阿部商会から「ノキアン」のウィンタータイヤ3商品発売
ニュース 244
244

阿部商会から「ノキアン」のウィンタータイヤ3商品発売

 阿部商会は9月下旬からフィンランドのノキアンタイヤの冬用タイヤ「WRシリーズ」の新商品を発売した。乗用車用の「WR D4」と「WR A4」と、SUV用「WR SUV4」の3商品で、ドライ、ウェットから雪上路まで対応したウィンタータイヤとなっている。  シリーズの各モデルはノキアン独自のシリカコンパウンドを採用し、通常のスタッドレスよりも硬いコンパウンドながら、雪上性能とドライ路面でのグリップ力を…

タグ: , ,
ノキアンタイヤのスタッドレス2商品、阿部商会から発売
ニュース 510
510

ノキアンタイヤのスタッドレス2商品、阿部商会から発売

 阿部商会はフィンランドのノキアンタイヤの乗用車用スタッドレスタイヤ「Hakkapeliitta(ハッカペリッタ)R3」と、SUV向けの「ハッカペリッタ R3 SUV」を8月1日から国内で販売開始した。  発売サイズは「R3」が14~20インチの全68サイズ、「R3 SUV」が16~21インチの全68サイズで、価格はオープン。  2つの商品は、新たに設計したトレッドパターンなどを採用することで、従…

タグ: , ,
ノキアンタイヤ、欧米での成長に向けて生産能力増強
ニュース 400
400

ノキアンタイヤ、欧米での成長に向けて生産能力増強

 フィンランドのノキアンタイヤは6月15日、ノキア工場の乗用車用タイヤの生産能力を約30%増やすと発表した。  生産能力の増強に向けて、これまで工場で採用していた週5日・3シフト制を、2019年初頭までに週6日・4シフト制に変更する。また、新たに80名以上を雇用する予定。  同社では、今後5年間で北米地域の売上高を倍増させるとともに、中央ヨーロッパの事業は1.5倍に成長させる戦略を掲げている。今回…

タグ: , ,
ノキアンタイヤ、スペインの開発拠点で起工式
ニュース 120
120

ノキアンタイヤ、スペインの開発拠点で起工式

 フィンランドのノキアンタイヤは現地時間の5月25日、スペインでテクノロジーセンターの起工式を実施した。施設は2020年に完成する予定。  新たなテクノロジーセンターでは、中央ヨーロッパや北米向けに、主に高速域に対応する夏タイヤとオールシーズンタイヤの開発を行う。  また、グアユール由来のゴムの研究のほか、併設するテストコースではタイヤの耐久性やパフォーマンスの調査も行う。施設の完成後に40人を雇…

タグ: , ,