住友ゴム

熊本地震 タイヤメーカーの一部生産に影響
ニュース 1,426
1,426

熊本地震 タイヤメーカーの一部生産に影響

 4月14日夜、熊本県で発生した地震により、九州全域をはじめ広い範囲で土砂崩れや家屋の倒壊など甚大な被害を及ぼし、多くの死傷者が出ている。  タイヤメーカー関連ではブリヂストンの熊本工場(玉名市)が14日の地震発生後に操業を停止した。従業員の安否確認はできており、人的被害はなかった。熊本工場は建設機械や農業機械に使われるゴムクローラーや高圧ホースなどを生産している。18日午前時点では「再開の目処は…

タグ: , , ,
「タイヤの日」住友ゴム 全国で一斉に安全啓発活動実施
ニュース 212
212

「タイヤの日」住友ゴム 全国で一斉に安全啓発活動実施

 住友ゴム工業は4月9日、「ダンロップ 全国タイヤ安全点検」を、全国47都道府県の52会場で開催した。  この活動は今回で15回目。2008年秋から年に2回、全国の道の駅などで実施し、これまでの累計で7万台を超えるクルマのタイヤを点検してきている。  この日、埼玉エリアではダンロップタイヤ関東販売のスタッフらが「道の駅 アグリパークゆめすぎと」に参集。会場を訪れたドライバーらにタイヤ管理の重要性を…

タグ: , ,
住友ゴムの宮崎工場 都城市と災害時の支援協定を締結
ニュース 408
408

住友ゴムの宮崎工場 都城市と災害時の支援協定を締結

 住友ゴム工業の宮崎工場は3月29日、都城市と「災害時における施設利用に関する協定」を締結した。都城市が後方支援を目的にこうした協定を結ぶのは今回が初めて。    住友ゴムはこの協定に基づき、災害時に都城市が行う災害応急対策および支援活動において、グラウンドなど工場施設の提供や職員の派遣といった協力を行っていく。  宮城県は南海トラフ巨大地震が発生した際の被害が懸念されており、被災時には…

タグ: ,
住友ゴム 南アフリカ工場でトラック・バス用タイヤ生産へ
ニュース 232
232

住友ゴム 南アフリカ工場でトラック・バス用タイヤ生産へ

 住友ゴム工業は3月24日、南アフリカのレディスミス工場にトラック・バス用タイヤの生産設備を新設すると発表した。投資額は9.1億ランド(約66億円)で、2018年7月に日産750本から生産をスタートする。  アフリカ市場におけるトラック・バス用タイヤの需要は2015年時点で年間約780万本と推定されている。現在、同社はトラック・バス用タイヤについては輸入販売を行っているが、経済発展に伴い、タイヤの…

タグ: ,
住友ゴム 岡山県で地域活性化をサポート
ニュース 143
143

住友ゴム 岡山県で地域活性化をサポート

 住友ゴム工業は平野部と山間部の中間にある中山間地域の生活・経済活性化を目的に、今年1月からスタートした「上山集楽みんなのモビリティプロジェクト」の協賛活動に取り組んでいる。同社が3月11日、このプロジェクトで使用される車両へタイヤ提供を行い、活動に協力していくと発表した。  同プロジェクトは、奈良時代から続く伝統的な棚田を持つ上山地区(岡山県美作市)において、過疎や高齢化により顕在化している交通…

タグ: ,
住友ゴム 欧米の事業拡大へ
ニュース 161
161

住友ゴム 欧米の事業拡大へ

 住友ゴム工業は今期より欧米での事業展開を本格化する。2月12日に開いた会見で中期経営計画の達成に向けた今後の取り組み方針を示し、2017年に北米と欧州で開発拠点を稼働させると発表した。現地ニーズに即した商品を供給することでを北米および欧州におけるタイヤ販売量をそれぞれ6割、4割増やす。  またグローバル経営体制を欧州・アフリカ、アジア・大洋州、米州の3極体制に移行させ意思決定のスピードを加速する…

タグ: ,
乗用車用夏タイヤの新商品続々発表
ニュース 106
106

乗用車用夏タイヤの新商品続々発表

 ブリヂストンは1月8日、乗用車用タイヤの新商品「Playz(プレイズ)PXシリーズ」を2月から発売すると発表した。「Playz」ブランドとしては7年ぶりの新モデルとなり、“運転時の疲労低減”という特徴を新たな価値として提案していく。また住友ゴム工業はコンフォートゾーンや昨年から取り組みを強化しているファルケンブランドから新商品を投入。東洋ゴム工業は汎用ゾーンを刷新し、春商戦で販売を拡大させる。 …

タグ: , , , ,
住友ゴム、横浜ゴムのトップが会見
ニュース 323
323

住友ゴム、横浜ゴムのトップが会見

 住友ゴム工業の池田育嗣社長と横浜ゴムの野地彦旬社長はそれぞれ記者会見を行い2015年を振り返るとともに、来年度へ向けた施策を語った。池田社長は「グッドイヤーとのアライアンス解消により欧米での自由度が増す」と意欲を示し、野地社長は国内市場で「新興メーカーと差別化を図っていくことが必要」と述べた。 住友ゴムの池田社長「欧米の基盤整備が急務」    住友ゴム工業の池田社長は12月15日の会見…

タグ: ,
住友ゴム 中国・常熟工場の生産本数が累計1億本に
ニュース 512
512

住友ゴム 中国・常熟工場の生産本数が累計1億本に

 住友ゴム工業は11月18日、同社グループの中国におけるタイヤ製造・販売会社である江蘇省の住友橡膠(常熟)有限公司が、11月14日にタイヤ生産本数累計1億本を達成したと発表した。  11月17日に同工場内で行われた記念式典には、山田直樹董事長兼総経理をはじめ、住友ゴム工業の黒田豊取締役常務執行役員など約40名が参加した。  記念式典で黒田常務は、「中国市場は当社グループの中でも最も重要なウェイトを…

タグ: ,
住友ゴム 今年も「FALKEN CAFE」でブランド認知度向上へ
ニュース 130
130

住友ゴム 今年も「FALKEN CAFE」でブランド認知度向上へ

 住友ゴム工業は東京・青山に「FALKEN Cafe Aoyama」を期間限定でオープンした。昨年に引き続き、「Royal Garden Cafe 青山」の店内をファルケンの“若々しくエネルギッシュ”なイメージでデザインし、一般ユーザーにブランドを訴求する。  11月2日に行われたプレス向け説明会に出席したタイヤ国内リプレイス営業本部の増田栄一副本部長は、「昨年初めてカフェを実施し、非常に好評だっ…

タグ:
「東京モーターショー2015」タイヤメーカーが生み出すイノベーション
ニュース 820
820

「東京モーターショー2015」タイヤメーカーが生み出すイノベーション

 東京モーターショー2015にはタイヤメーカーからブリヂストン、住友ゴム工業、横浜ゴム、日本グッドイヤーの4社がブースを出展した。プレスで2日目の10月29日には各社がプレスブリーフィングを開催した。タイヤメーカーが見据える、未来のモビリティ社会へ貢献する技術や取り組みとは――。 住友ゴム工業「課題を技術で超える」  独自の新材料開発技術「アドバンスド4Dナノデザイン」が完成したと発表した。この新…

タグ: , , , , , ,
住友ゴム工業 トルコ工場で開所式
ニュース 273
273

住友ゴム工業 トルコ工場で開所式

 住友ゴム工業のトルコ工場が完成し10月14日、現地で開所式が行われた。当日はレジェップ・ タイイップ・エルドアン大統領をはじめ来賓と地域住民など総勢1200名が出席した。同工場は住友ゴムにとってトルコにおける初の生産拠点となる。乗用車用タイヤを生産し、生産能力は2019年末までに日産3万本に達する計画。  式典で挨拶に立った池田育嗣社長は、「トルコおよび周辺各国に世界最高品質のタイヤを安定供給す…

タグ: ,
住友ゴム工業「タイヤを通じ輸送業界に貢献」
タイヤ事業戦略 1,352
1,352

住友ゴム工業「タイヤを通じ輸送業界に貢献」

 顧客の負担をいかに少なくすることができるか。生産財タイヤを供給する側の大きなテーマの一つだ。その取り組みについて、住友ゴム工業タイヤ国内リプレイス営業本部副本部長兼業務部長 生産財部長の増田栄一氏に聞いた。  ――輸送事業者が抱える課題に対し、どのような商品やサービスを提供することでそれを解決する一助となるとお考えでしょうか。  増田 輸送業界は今のところ、需要自体は悪くない状況で推移しています…

タグ: , ,
「継続は力なり」8年目の全国タイヤ安全点検活動
ニュース 96
96

「継続は力なり」8年目の全国タイヤ安全点検活動

 住友ゴム工業は10月3日、全国47都道府県のショッピングセンターや道の駅など合計53会場で一斉に「ダンロップ 全国タイヤ安全点検」を実施した。この活動は、タイヤに起因する事故の未然防止を目的に2008年から毎年春と秋の年2回実施している。  この日は、住友ゴムグループの社員約500名が各地で活動に参加。実施会場のひとつ、首都高速・大黒パーキングエリアには住友ゴム本社およびグループ会社の従業員らが…

タグ: , ,
住友ゴム 中国市場で新チャネル展開「攻める店舗へ」
レポート 807
807

住友ゴム 中国市場で新チャネル展開「攻める店舗へ」

あらゆる角度から「攻める店舗」めざす  住友ゴムが中国で展開を始めた「D-ガード」は店舗に対して経営のノウハウや運営方法を提供することで安定的な販売増に繋げていくのが特徴だが、その仕組みを支えるのはシステム化された顧客誘引手法と顧客管理方法にある。住友橡膠(中国)有限公司の濱田裕史シニアゼネラルマネジャーにその狙いをきいた。  ――D-ガード出店の背景は  「中国は専業店が圧倒的に多くチャネル構成…

タグ: , ,