住友ゴム

住友ゴム、グループの社員などを対象に「第11回CSR表彰式」を開催
ニュース 267
267

住友ゴム、グループの社員などを対象に「第11回CSR表彰式」を開催

 住友ゴム工業は12月11日に神戸本社で「第11回CSR表彰式」を開催した。この取り組みは、職場や個人が取り組んだCSR活動の成果を表彰することで、活動への理解と関心を深めることなどを目的として実施するもの。グループ各社の職場および全社員を対象に、環境貢献の「環境保全部門」「事業活動部門」と地域貢献の「地域・ボランティア部門」の3つのカテゴリーを、それぞれ「職場の部」「個人の部」に分けて活動の評価…

タグ: ,
子どもたちが考えるSDGs「『エコとわざ』コンクール」で住友ゴム賞を表彰
ニュース 93
93

子どもたちが考えるSDGs「『エコとわざ』コンクール」で住友ゴム賞を表彰

 住友ゴム工業は、12月7日に開催された「第10回『エコとわざ』コンクール」の表彰式で、住友ゴム賞の表彰を行ったと12月9日発表した。  今回の住友ゴム賞には、宮崎県都城市立梅北小学校2年の永井美宇さんの作品「つよいあめ ちきゅうがすごく おこってる」が選ばれた。  同コンクールは、エコ・ファースト推進協議会が環境省の後援、全国小中学校環境教育研究会の協力を得て、全国の小・中学生から未来の地球環境…

タグ: ,
住友ゴム、群馬大学など 無人車両のタイヤ空気圧監視が可能に
ニュース 198
198

住友ゴム、群馬大学など 無人車両のタイヤ空気圧監視が可能に

 住友ゴム工業は11月28日、群馬大学・次世代モビリティ社会実装研究センター(CRANTS)との協業によるレベル4(高度自動運転)に対応したタイヤ周辺サービスの共同研究で、自動運転車のタイヤ空気圧データとCRANTS内に設置されている自動運転管制所との連携が完了したと発表した。これにより、無人車両でも遠隔でタイヤ空気圧の監視が可能となり、自動運転車におけるパンクなどを想定したタイヤトラブルの予知保…

タグ: , ,
住友ゴム「FALKEN」ブランドの進化へ 平野歩夢ら3選手と契約
ニュース 327
327

住友ゴム「FALKEN」ブランドの進化へ 平野歩夢ら3選手と契約

 住友ゴム工業は11月28日、スケートボード・スノーボードの平野歩夢選手、BMXフリースタイルの中村輪夢選手、スノーボードの松本遥奈選手とFALKEN(ファルケン)ブランドでスポンサー契約を締結したと発表した。  同社は、“飛ぶ、鷹”をイメージさせる、FALKENブランドの表現者として「チーム・ファルケン」を発足し、都市型スポーツなどと呼ばれるエクストリームスポーツで世界的に活躍するアスリートをサ…

タグ: ,
住友ゴム、最先端の材料技術を「エナセーブNEXTⅢ」に採用
ニュース 316
316

住友ゴム、最先端の材料技術を「エナセーブNEXTⅢ」に採用

 住友ゴム工業は11月20日、都内でダンロップブランドの新商品「エナセーブNEXTⅢ」の技術説明会を開催した。新商品は最新のゴム技術により摩耗や経年によるウェット性能の低下を抑えたほか、バイオマス素材の「セルロースナノファイバー」を世界で初めてタイヤに活用。性能持続技術とLCA(ライフサイクルアセスメント)という、同社の技術開発コンセプト「スマート・タイヤ・コンセプト」の要素を採用した。今後、さら…

タグ: , , , , ,
国内タイヤ4社の2019年業績 需要減響き全社が下方修正
ニュース 641
641

国内タイヤ4社の2019年業績 需要減響き全社が下方修正

 国内タイヤ4社の2019年1~9月期決算が出揃った。国内市販用タイヤは値上げや消費増税前の駆け込み需要で販売を伸ばしたものの、海外市場の景気減速を受けてタイヤ需要が想定より減少したことや為替円高などの影響を受けた。今後も厳しい需要環境が予想されることから4社すべてが通期の業績予想を下方修正した。 ブリヂストン アジア経済の減速を懸念  ブリヂストンの第3四半期業績は減収減益となった。為替円高や中…

タグ: , , , , ,
ユーザーの整備不良率は4割に 住友ゴムのタイヤ点検活動
ニュース 112
112

ユーザーの整備不良率は4割に 住友ゴムのタイヤ点検活動

 住友ゴム工業は、10月5日に全国10カ所の道の駅などで実施したタイヤ安全点検活動の結果を11月1日に発表した。それによると、今回の点検台数は合計694台で、タイヤに何らかの整備不良があった割合は42.8%だった。  不良項目では空気圧の過不足が28.4%と依然として高く、残溝不足が9.4%、表面の損傷が8.2%、偏摩耗が8.8%、釘・異物踏みが2%と続いた。  同社はタイヤに起因する事故の未然防…

タグ: , ,
住友ゴム 外部の知見を活用しスポーツ事業で新規ビジネスへ
ニュース 181
181

住友ゴム 外部の知見を活用しスポーツ事業で新規ビジネスへ

 住友ゴム工業は10月18日、オープンイノベーションによる新規スポーツ事業の創造プロジェクトを実施すると発表した。A(エイス)が運営するプラットフォーム「Wemake」を活用し、スポーツの魅力や付加価値を引き出す新規事業のビジネスモデルを募集する。  今回のプロジェクト「DUNLOP INNOVATION CHALLENGE」では、同社の既存事業である「ゴルフ」「テニス」「ウェルネス」とオープンイ…

タグ: ,
住友ゴム、新AI技術を確立 タイヤ性能持続技術の開発加速
ニュース 246
246

住友ゴム、新AI技術を確立 タイヤ性能持続技術の開発加速

 住友ゴム工業は10月18日、タイヤの性能持続技術の開発を加速させるAI(人工知能)技術「Tyre Leap AI Analysis」(タイヤ・リープ・エーアイ・アナリシス)を確立したと発表した。  同技術は、原材料情報に加えて、ゴム内部の分析データのリアルな情報から高精度なゴム物性推定などに応用ができる。既に今年上期から製品開発に使用しているという。使用前後のゴム内部の構造変化の検知も行えること…

タグ: ,
【東京モーターショー2019】住友ゴム フラッグシップ低燃費タイヤを発表
レポート 407
407

【東京モーターショー2019】住友ゴム フラッグシップ低燃費タイヤを発表

 ダンロップとファルケンの2つのブランドでブースを構成した。ダンロップエリアでは、12月1日から発売予定のフラッグシップ低燃費タイヤ「エナセーブNEXTⅢ(ネクスト・スリー)」を公開した。発売サイズは195/65R15 91Hの1サイズで、希望小売価格は税別2万5100円。  新商品は2017年に掲げたタイヤ技術開発コンセプト「SMART TYRE CONCEPT」(スマート・タイヤ・コンセプト)…

タグ: , , , , ,
東京モーターショー2019――タイヤからモビリティの未来を創造
ニュース 444
444

東京モーターショー2019――タイヤからモビリティの未来を創造

 自動車産業が大変革期に突入する中、“OPEN FUTURE”をテーマとした「東京モーターショー2019」が開幕した。新たなモビリティに対応する技術革新が求められる未来に向けて、タイヤメーカーからブリヂストン、住友ゴム工業、横浜ゴム、日本グッドイヤーなどが出展。将来を見据えたコンセプトや先端技術を採用した新モデルを発信した。 ブリヂストン 革新素材で社会を変える  先端技術担当の田村康之執行役員と…

タグ: , , , , , ,
台風19号の被災地を支援 住友ゴムやトーヨータイヤが義援金
ニュース 119
119

台風19号の被災地を支援 住友ゴムやトーヨータイヤが義援金

 関東地方や東北地方を中心に大きな被害もたらした台風19号(令和元年台風第19号)の被災地を支援するため、住友ゴム工業は義援金として500万円を日本赤十字社を通して寄付すると発表した。さらに支援物資として作業用手袋4800双、衣類300着などを寄付するほか、今後グループ社員からも義援金を募る予定。  また、TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は、被災者へのお見舞いと被災の早期復旧・復興に役立てても…

タグ: , , ,
東京モーターショー2019 各社が未来への技術革新を紹介
ニュース 456
456

東京モーターショー2019 各社が未来への技術革新を紹介

 10月25日から東京・江東区の東京ビッグサイトなどで一般公開が始まる「東京モーターショー2019」にはタイヤメーカーも多く出展し、自動車産業の変革期を見据えたノベーションや最新のソリューション、コンセプトモデルを披露する予定だ。  ブリヂストンは、同社グループの持続可能なモビリティ社会の実現に貢献するイノベーションや、独自のソリューション「Bridgestone T&DPaaS」など、未…

タグ: , , , , , ,
住友ゴムが安全啓発活動 将来に向けて子どもたちにも訴求
レポート 62
62

住友ゴムが安全啓発活動 将来に向けて子どもたちにも訴求

 住友ゴム工業は10月5日、全国10会場で「DUNLOP(ダンロップ)全国タイヤ安全点検」を実施した。2008年に開始したこの活動はタイヤに起因する事故の未然防止を目的に、装着されているタイヤの空気圧や残溝などの点検を行うもの。例年は全国47都道府県で開催してきたが、12年にわたる活動によって浸透してきたことを踏まえて今回は会場数を限定した。  当日は、花見川緑地交通公園(千葉県)の点検活動を報道…

タグ: , , ,
住友ゴム、モトクロス用タイヤの新商品「GEOMAX MX53」発売
ニュース 64
64

住友ゴム、モトクロス用タイヤの新商品「GEOMAX MX53」発売

 住友ゴム工業は10月1日からモトクロス競技専用タイヤ「GEOMAX MX53」を発売した。発売サイズはフロントが6サイズ、リアが11サイズで、価格はオープン。  新商品はレースで培った技術を投入して開発。従来品(GEOMAX MX52)と比較して走行性能を底上げするとともに、接地感やハンドリングのチューニングにより乗りやすさを向上した。  フロントはエッジ成分やブロック個数を増やし、ソフト路側へ…

タグ: , ,