タイヤショップ

ユーザーへ空気圧点検を啓発 タイヤ協会がポスター作成
ニュース 648
648

ユーザーへ空気圧点検を啓発 タイヤ協会がポスター作成

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)はこのほど、タイヤの空気圧適正管理を啓発するポスターとチラシを発行した。同会が2015年から2019年に実施した点検活動では、乗用車の4台に1台が空気圧不足のまま使用されていることが分かっている。一方、空気圧が不適正の状態だと燃費が悪化するほか、偏摩耗によるタイヤ寿命の低下、さらにはバーストにつながる可能性もある。ドライバーへ空気圧は自然に低下することを訴求する…

タグ: , ,
オートバックスセブン――外国人材を活かす 技能実習生受け入れから15年
レポート 3,896
3,896

オートバックスセブン――外国人材を活かす 技能実習生受け入れから15年

 自動車の整備に携わる人材不足が叫ばれて久しい中、オートバックスセブンは2006年から国内の整備需要に応えるため、また日本の整備技術を広めるという国際貢献の観点から「外国人技能実習制度」の取り組みを継続して行ってきた。当初はコミュニケーションの壁などがあったものの、開始から15年が経った今では店舗での教育体制も整い、軌道に乗ってきているという。これまでの取り組みの成果と将来への展望を取材した。 人…

タグ: , , , ,
伊藤自転車商会タイヤサービス 日常を足元から支え続ける
ディーラー 1,486
1,486

伊藤自転車商会タイヤサービス 日常を足元から支え続ける

 今回訪問した伊藤自転車商会タイヤサービス(長野県伊那市美篶3132-1)は国道361号線、「信州伊那アルプス街道」沿いに店舗を構えている。敷地は広く、ダンプカーも入るピットには様々な機材が並び、タイヤのショールームも併設されている。地域に根差し、地元の顧客を大切にしながら営業を続けてきた同店の成り立ちや取り組みを代表の伊藤英幸さんに取材した。 親近感のあるお店作りを  伊藤自転車商会タイヤサービ…

タグ: , ,
“冬商戦”へ期待高まる メーカー各社が様々な施策を展開
ニュース 1,046
1,046

“冬商戦”へ期待高まる メーカー各社が様々な施策を展開

 9月に入り北日本からTVCMが始まるなど、本格的な冬タイヤの商戦期を迎えつつある。昨シーズンは値上げ前の仮需や消費増税による需要の変動、記録的な暖冬を受けた販売の伸び悩みがあったことから今年にかける期待は大きい。このような中で、各社は様々な施策で需要喚起に注力する。  昨年は8月に各社の価格改定があり、また10月には消費増税がスタートするなど、例年とは異なる環境下で商戦が進んだ。さらに、全国的な…

タグ: , , , , , , ,
タイヤケアのプロからの提言――もっと安全なクルマ社会へ
レポート 1,454
1,454

タイヤケアのプロからの提言――もっと安全なクルマ社会へ

 横浜市鶴見区にある渡辺タイヤサービス。運送会社向けにトラック用タイヤの販売、サービスを手掛けており、渡辺剛満社長はユーザーの安全運行へ人一倍の情熱と強い信念を持って日々の仕事に取り組んできた。その渡辺さんが「ここ数年、タイヤのトラブルが目に見えて増加傾向あるのでは」と危機感を抱いている。現場で何が起きているのか、長年タイヤを見てきたプロとしてその要因をどう推定しているのか――「ほかの販売店さんと…

タグ: , , , ,
パンク修理の啓発ポスター改訂 日本自動車タイヤ協会
ニュース 867
867

パンク修理の啓発ポスター改訂 日本自動車タイヤ協会

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)は7月15日、2019年8月に発行した「パンク修理作業に関する安全啓発ポスター」を改訂し、パンク修理を断るケースの1つとして「空気圧0kPaの場合」を追加した。  同会では「パンク修理作業における作業者の安全をより確保していくため」としている。  ポスターの発行部数は2万6710部。会員タイヤメーカーの系列販売店や全国タイヤ商工協同組合連合会を通じ、タイヤ販売店…

タグ: , , ,
タイヤ販売でオンラインシステムの活用 新型コロナ機に拡充も
ニュース 1,507
1,507

タイヤ販売でオンラインシステムの活用 新型コロナ機に拡充も

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月から5月にかけて全国で緊急事態宣言が発令された。この間、人との接触を8割減らすことが呼び掛けられ、在宅勤務を導入したり、社外との接触を抑えた企業も多い。こうした制約や顧客ニーズの移り変わりもあり、タイヤ卸の現場で変化が起きている――従来の電話やFAXによる発注方法に加え、オンラインで商品を発注するシステムの整備・活用拡大への取り組みや、WEB上での商品説明…

タグ: , , , ,
初めて工場を大幅リニューアルし前へ さなだタイヤ販売
ディーラー 1,581
1,581

初めて工場を大幅リニューアルし前へ さなだタイヤ販売

 神奈川県厚木市にある、さなだタイヤ販売。1979年の創業以来、トラック用タイヤをはじめ商用車をメインに事業を展開してきた同社が昨年11月、社屋と工場を全面的にリニューアルした。真田大輔社長は「自分が建てたのではなく、従業員とお客様が建ててくれたもの」と特別な思いを口にする。その上で「これから会社が1日でも長く継続できるようにすることが大切」と話す。真田社長には、ここに至るまで多くの苦難を乗り越え…

タグ: ,
コロナ時代の新常態 タイヤ業界でも感染防止と経済の両立へ
ニュース 1,528
1,528

コロナ時代の新常態 タイヤ業界でも感染防止と経済の両立へ

 新型コロナウイルスの感染拡大を防止するための緊急事態宣言が全面的に解除されてから1週間あまり。国内で経済活動が本格的に再開しつつある中、タイヤの生産現場や販売店でも社会的距離(ソーシャル・ディスタンス)の確保や従業員の体調管理の徹底といった感染対策を取りながら「ニューノーマル(新常態)」への対応が始まっている。  国内の工場は自家用車で通勤する従業員が多く、また工場内の配置も通常時から十分な間隔…

タグ: , , , , , ,
タイヤワールド館ベスト「オンライン商談」開始
ニュース 619
619

タイヤワールド館ベスト「オンライン商談」開始

 タイヤワールド館ベストは、自宅からタイヤのプロに相談できる「オンライン商談」サービスの提供を6月1日から開始した。宮城県内の直営店で実施し、北海道や岩手県のフランチャイズ店舗にも順次導入する計画。  このサービスは、同社のオンラインショップ及びアプリからビデオ通話を通じて店舗スタッフとの商談や購入、取り付けのための来店予約ができるもの。同社では「ユーザーの新型コロナウイルスへの感染リスクをより軽…

タグ: , ,
タイヤ専業店向けに感染予防ガイドライン 業界団体が策定
ニュース 579
579

タイヤ専業店向けに感染予防ガイドライン 業界団体が策定

 全国タイヤ商工協同組合連合会は5月15日、「タイヤ専業店における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」を公表した。タイヤ専業店は事業の継続が求められている一方で、業務の性質上テレワークの実施が難しいことから個々の事業場の実態に応じた感染予防対策を行う際の参考として整理したもの。  ガイドラインでは感染防止対策として従業員向けの対策、顧客応対、感染者が出た場合の対応などをまとめた。  従業員…

タグ: , , ,
ブリヂストンの欧州子会社 独タイヤ・自動車販売企業を買収
ニュース 902
902

ブリヂストンの欧州子会社 独タイヤ・自動車販売企業を買収

 ブリヂストンは5月8日、欧州子会社のブリヂストン・ヨーロッパ・エヌヴィーエスエー(BSEMIA)が独REIFF Reifen und Autotechnik GmbH(ライフ・ライフェン・アンド・オートテクニク)を買収する最終契約を5月1日に締結したと発表した。株式取得は6月1日に完了する見込み。買収額は非公表。  ライフ社は、ドイツ南部でタイヤ販売を含む自動車関連サービスを提供しており、Rei…

タグ: , ,
衝撃の需要減――新型コロナウイルスが変えた世界
ニュース 2,978
2,978

衝撃の需要減――新型コロナウイルスが変えた世界

 日本で新型コロナウイルスの感染が初めて確認されてから3カ月が経過した。当初、中国国内の問題と見る向きもあったこの感染症は瞬く間に世界へ拡散。過去最大級の経済危機とも言われる状況は、人々の生活を大きく変えた。各国で外出の禁止や自粛、企業活動の制限などの措置が強化され、タイヤ産業でも工場の稼働停止と生産調整、急激な需要の減速が連日のように伝わってくる。感染の収束は見通せず、先行きへの不安は消えない。…

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,
タイヤ公取協がインターネット販売の実態調査 フリマアプリに課題も
ニュース 634
634

タイヤ公取協がインターネット販売の実態調査 フリマアプリに課題も

 タイヤ公正取引協議会(タイヤ公取協)がこのほど実施した調査で、過去10年以内にインターネットでタイヤを購入したことがあるユーザーは18.5%だったことが分かった。タイヤのEC(電子商取引)経験は過去の調査でも2割前後で推移しており、日用品や家電、衣服など全カテゴリーのEC経験が約9割だったのに対し、普及しているとはいえない実態が明らかになった。  タイヤ公取協では2006年度からインターネットを…

タグ: , ,
オートバックス、プラスチック製レジ袋の無料配布を順次廃止
ニュース 283
283

オートバックス、プラスチック製レジ袋の無料配布を順次廃止

 オートバックスセブンは4月から順次、国内のオートバックスグループ店舗でのプラスチック製レジ袋の無料配布を廃止し、環境に配慮した取り組みを強化してる。  石油資源の枯渇や海洋プラスチックゴミ問題を背景に、日本でも7月1日よりプラスチック製レジ袋の有料化が義務化されることが決まっている。同社グループではこれに先立ち、これまで6種類あったレジ袋をMサイズとLLサイズの2種類に減らすとともに有料化(Mサ…

タグ: , ,