ブリヂストン

タイヤ整備の技競う ブリヂストン「技能グランプリ」
ニュース 818
818

タイヤ整備の技競う ブリヂストン「技能グランプリ」

 ブリヂストンが主催する「技能グランプリ全国大会2015」が6日、静岡県富士市のふじさんめっせで開催され、全国の地区予選を勝ち抜いてきた直営店およびブリヂストンタイヤショップのスタッフ合計52名がトラック・バス用タイヤの整備技術を競い合った。  2010年に始まったこの活動も6年目を迎え、今回から2人のオペレーターが共同で作業を行う競技が新たに加えられた。またソリューションビジネス、とくにメンテナ…

タグ: ,
リトレッドソリューションの展望 “最後の市場”を勝ち抜く
レポート 5,653
5,653

リトレッドソリューションの展望 “最後の市場”を勝ち抜く

 更生タイヤ(リトレッドタイヤ)を軸としたビジネスが活発化している。リトレッドは経費削減や環境意識の高まりから徐々にユーザーへ浸透してきたものの、普及率が5割を超えるとされる欧米と比べると、国内では2割と低い水準に留まる。だが、それは新たな需要を掘り起こし、ビジネス拡大に繋がっていくチャンスがまだ残されているとも言える。こうした環境下において、ブリヂストンはタイヤとメンテナンスをパッケージにしたビ…

タグ: , , , , , , ,
ブリヂストン「レグノ」で安全を体感
タイヤの日 273
273

ブリヂストン「レグノ」で安全を体感

 ブリヂストンは4月3日、栃木県那須塩原市のプルービンググラウンドで報道関係者向けに「タイヤが変わればクルマも変わる?―体験会」を実施した。これは「タイヤの日」のイベントの一環として実施されたもので、REGNOの開発を通じてタイヤの安全を訴求しようというもの。  実際に「REGNO GR-XI」および「REGNO GRVⅡ」装着車両を走行してタイヤの快適性(とくに静粛性)を体感するほか、低空気圧で…

タグ: , ,
SUV版レグノを実現したい――ブリヂストン「DUELER H/L850」
レポート 24,175
24,175

SUV版レグノを実現したい――ブリヂストン「DUELER H/L850」

SUV版レグノを実現したい  ブリヂストンの「DUELER H/L850」は、上質なオンロードSUV用タイヤとして開発。SUV用タイヤに求められる静粛性と居住性を高いレベルでバランスし、さらに低燃費性能も加えた。その目指す姿はブリヂストンの〝SUV版REGNO〟。  2014年2月に上市し、S・H・Vレンジ全27サイズを発売中だ。本紙ではこのほど、ブリヂストンタイヤジャパン消費財マーケティング本部…

タグ: , ,
ブリヂストン「質を伴った成長を」
タイヤ事業戦略 2,747
2,747

ブリヂストン「質を伴った成長を」

 ブリヂストンタイヤジャパン(BTJ)の清水実社長に2014年の振り返りと2015年の取り組みについて話を聞いた。BTJ設立から3年が経ち改革に関しての手ごたえを感じているようだ。それらの改革の成果をベースに、今後いくつもの施策を講じていく。2015年は、付加価値提案ができる商品・チャネル政策の展開、生産財タイヤソリューションビジネスの一層の強化、メーカー希望小売価格の適用商品拡大による商品価値訴…

タグ: , ,
新たな挑戦 ブリヂストンタイヤジャパンの生産財タイヤソリューション
レポート 2,660
2,660

新たな挑戦 ブリヂストンタイヤジャパンの生産財タイヤソリューション

西日本最大のバンダグ・リトレッドファクトリー  ブリヂストンタイヤジャパン(株)がリトレッド工場と廃タイヤ中間処理工場の一括拠点として昨年7月に発足した「ブリヂストンタイヤリサイクルセンター大阪」(大阪市住之江区)を訪ねた。ここは世界でも例がない、タイヤソリューションの新たなチャレンジの現場でもある。発足から約1年半、その現況をリポートする。  ブリヂストンタイヤリサイクルセンター大阪(武市誠也セ…

タグ: , , , , ,
ブリヂストンの最先端タイヤ技術「ologic」「ULTIMAT EYE」
レポート 945
945

ブリヂストンの最先端タイヤ技術「ologic」「ULTIMAT EYE」

 ブリヂストンは5月8日、小平市の技術センターでタイヤ技術「ologic」(オロジック)の技術説明会を開催し、併せてタイヤ踏面の挙動を可視化する「ULTIMAT EYE」(アルティメット アイ)の試験施設を公開した。  「ologic」はタイヤサイズを狭幅・大径化、高内圧化することにより、転がり抵抗と走行時の車両の空気抵抗を従来のタイヤと比較して大幅に低減しつつ、ウェットグリップ性能を高めているの…

タグ: , , ,
ブリヂストンタイヤジャパン 清水社長が激励に訪問
タイヤの日 2,082
2,082

ブリヂストンタイヤジャパン 清水社長が激励に訪問

 ブリヂストンは4月8日タイヤの日、ブリヂストンタイヤジャパンを通じて全国一斉安全啓発活動を行った。福島県いわき市のSS、(株)セキショウカーライフいわき湯本インター店にはブリヂストンタイヤジャパンの清水実社長(ブリヂストン常務執行役員)が訪れ、現場スタッフを激励するとともに、来店したドライバーにタイヤの安全使用を呼びかけた。  この活動は同社がかねて行っている「タイヤセーフティープロジェクト」の…

タグ: , ,
ブリヂストン 冬タイヤ開発の中心地「北海道プルービンググラウンド」
レポート 3,046
3,046

ブリヂストン 冬タイヤ開発の中心地「北海道プルービンググラウンド」

冬タイヤ開発の中心地  ブリヂストンは日本、欧州、北米、中南米、アジアと世界8カ国に合計10カ所のテストコースを有しており、各市場のニーズに合った試験を行っている。その中でスタッドレスタイヤに関しては北海道士別市にある冬用タイヤ専用のテストコース「北海道プルービンググラウンド」が中心的な役割を担う。同社は1月31日、現地にメディアを招いて同施設の見学会を実施した。  「北海道プルービンググラウンド…

タグ: , ,
ブリヂストン 東京工場近隣でバースト実験
タイヤの日 575
575

ブリヂストン 東京工場近隣でバースト実験

 ブリヂストンは4月8日、東京都小平市にある東京工場で同社が取り組んでいる安全啓発活動の説明会を実施し、併せてタイヤのバースト実験を公開した。  説明会の冒頭、西海和久COOは「本日4月8日は『タイヤの日』だが、当社としてもJATMAの活動に加えて11年前から独自に安全啓発活動を実施している。その中で販売店スタッフの作業安全という切り口から、安全な作業をどうしたら徹底していけるかについて活動してい…

タグ: , ,
技術開発の総本山 タイヤ開発の最前線をメディアに公開
レポート 945
945

技術開発の総本山 タイヤ開発の最前線をメディアに公開

ブリヂストン/小平技術センター  ブリヂストンは9月28日、東京都小平市の技術センターにある研究施設の一部を報道陣に初めて公開し、同社のタイヤ研究開発における最前線の取り組みを紹介した。  今回は、トレッドパターンをデザインする「デザインルーム」や天然ゴム(パラゴムノキ)の生産性向上のためのDNA解析を行う「天然ゴム実験棟」などを公開。デザインルームは残念ながら写真撮影はNGだったが、この部署では…

タグ: , , , ,
ブリヂストン創業の地 久留米市を訪ねて③「久留米とのかかわり」
レポート 1,303
1,303

ブリヂストン創業の地 久留米市を訪ねて③「久留米とのかかわり」

 「世の人々の楽しみと幸福の為に」――ブリヂストンの創業者・石橋正二郎氏は、その人生観に基づいて多くの文化施設や教育施設を創業の地である久留米に建設した。今回はその内の一つ「石橋文化センター」を訪れ、社会貢献活動の原点ともいえる、地域社会との関わりについてまとめた。 石橋文化センター  石橋正二郎氏は1956年(昭和31年)、会社設立25周年を記念して「石橋文化センター」(久留米市野中町)を建設し…

タグ: ,
ブリヂストン創業の地 久留米市を訪ねて②「創業者ゆかりの施設」
レポート 6,505
6,505

ブリヂストン創業の地 久留米市を訪ねて②「創業者ゆかりの施設」

 福岡県久留米地区にはブリヂストン創業者・石橋正二郎氏ゆかりの施設が数多く存在する。今回は別荘として使用していた「水明荘」と、石橋家の私邸として建築した「石橋迎賓館」を見学し、その役割と今へ続く創業者の思いを辿った。 水明荘  石橋正二郎氏の趣味が「美術」「建築」「造園」であったことは広く知られている。ここ水明荘(久留米市御井町)の設計も自身で行った。完成は1936年(昭和11年)。敷地面積は飛び…

タグ: ,
ブリヂストン創業の地 久留米市を訪ねて①久留米工場
レポート 4,659
4,659

ブリヂストン創業の地 久留米市を訪ねて①久留米工場

歴史と最新設備を併せもつマザー工場  ブリヂストンは1月26日、同社創業の地である福岡県久留米地区でメディア向け見学会を実施し、マザープラントである久留米工場および市内にある創業者・石橋正二郎氏ゆかりの施設を公開した。今号では、創業者のDNAを次世代へ継承する役割を担いつつ、操業開始から80年を超え、なお進化し続ける久留米工場の取り組みをレポートする。  ブリヂストンの創業者・石橋正二郎氏(188…

タグ: , ,
「エアフリーコンセプト」ブリヂストンの絶対にパンクしないタイヤ
特集 2,558
2,558

「エアフリーコンセプト」ブリヂストンの絶対にパンクしないタイヤ

 ブリヂストンは、昨年12月に開催した「東京モーターショー2011」で数年先の実用化を見据えた“将来技術”として、「非空気入りタイヤ(エアフリーコンセプト)」を発表した。現時点では開発段階ではあるが、タイヤの可能性を広げる事例として注目を集めた。そのコンセプトや今後の展望について同社中央研究所の開発責任者から話をきいた。 「100%リサイクル可能でパンクの心配もない。数年後を目途に実用化を判断」 …

タグ: , , ,