ブリヂストン

ブリヂストン創業の地 久留米市を訪ねて②「創業者ゆかりの施設」
レポート 6,600
6,600

ブリヂストン創業の地 久留米市を訪ねて②「創業者ゆかりの施設」

 福岡県久留米地区にはブリヂストン創業者・石橋正二郎氏ゆかりの施設が数多く存在する。今回は別荘として使用していた「水明荘」と、石橋家の私邸として建築した「石橋迎賓館」を見学し、その役割と今へ続く創業者の思いを辿った。 水明荘  石橋正二郎氏の趣味が「美術」「建築」「造園」であったことは広く知られている。ここ水明荘(久留米市御井町)の設計も自身で行った。完成は1936年(昭和11年)。敷地面積は飛び…

タグ: ,
ブリヂストン創業の地 久留米市を訪ねて①久留米工場
レポート 4,734
4,734

ブリヂストン創業の地 久留米市を訪ねて①久留米工場

歴史と最新設備を併せもつマザー工場  ブリヂストンは1月26日、同社創業の地である福岡県久留米地区でメディア向け見学会を実施し、マザープラントである久留米工場および市内にある創業者・石橋正二郎氏ゆかりの施設を公開した。今号では、創業者のDNAを次世代へ継承する役割を担いつつ、操業開始から80年を超え、なお進化し続ける久留米工場の取り組みをレポートする。  ブリヂストンの創業者・石橋正二郎氏(188…

タグ: , ,
「エアフリーコンセプト」ブリヂストンの絶対にパンクしないタイヤ
特集 2,581
2,581

「エアフリーコンセプト」ブリヂストンの絶対にパンクしないタイヤ

 ブリヂストンは、昨年12月に開催した「東京モーターショー2011」で数年先の実用化を見据えた“将来技術”として、「非空気入りタイヤ(エアフリーコンセプト)」を発表した。現時点では開発段階ではあるが、タイヤの可能性を広げる事例として注目を集めた。そのコンセプトや今後の展望について同社中央研究所の開発責任者から話をきいた。 「100%リサイクル可能でパンクの心配もない。数年後を目途に実用化を判断」 …

タグ: , , ,
ブリヂストン初の市販用ランフラットタイヤ「POTENZA S001 RFT」
レポート 2,061
2,061

ブリヂストン初の市販用ランフラットタイヤ「POTENZA S001 RFT」

市販用ランフラットタイヤ「POTENZA S001 RFT」販売開始  ブリヂストンは、ランフラットタイヤの新商品「POTENZA S001 RFT」を7月1日から発売した。「POTENZA S001 RFT」は、同社初の市販用ランフラットタイヤ。ランフラットを純正装着する車両の補修用としてだけでなく、タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)とランフラットに対応したアルミホイールを装着すれば、…

タグ: , , ,
被災地の企業ボランティアで注目のブリヂストン
3.11 461
461

被災地の企業ボランティアで注目のブリヂストン

 こんなに気持ちのある人が大勢いることに、びっくりした。  東日本大震災の発生から3カ月以上が過ぎ、被災地では企業ボランティアへの注目が高まっている。5月の大型連休中には全国から大勢集まったボランティアの人たちが、その後急速に減少して全く手が足りない現状だという。このため、企業によるボランティア活動に対する期待が増しているというわけだ。  そこで目を引くのがブリヂストン。現在では名立たる企業が企業…

タグ: ,
被災地支援で連携 ボランティア活動も
3.11 245
245

被災地支援で連携 ボランティア活動も

 現地で汗をかく従業員有志  東日本大震災の被災地では、復旧・復興の道が着々と築かれつつあるようだ。まだ緒に就いたばかりのところも多いかも知れない。しかし復興に向かう現地の底力は強く、またそれを支援・協力する連携が力を発揮しつつある。まだまだ試練の道が続くと思われるが、ゴム・タイヤ産業においても業種・業態を超えた復興支援の連携が繰り広げられ、また被災地支援のボランティア活動も様々な形で積極的に行わ…

タグ: , , , , ,
首都圏初のバンダグ生産拠点 ブリヂストン・バンダグ千葉ファクトリーが開所
ニュース 2,603
2,603

首都圏初のバンダグ生産拠点 ブリヂストン・バンダグ千葉ファクトリーが開所

首都圏初のバンダグ生産拠点  ブリヂストンは7月9日、トラック・バス用リトレッドタイヤの製造拠点「バンダグ・リトレッド千葉ファクトリー」(千葉県市原市)の開所式を行い運営を開始した。同工場は、バンダグ・リトレッド方式を導入した首都圏初の拠点で、敷地面積・生産能力ともに最大規模となっている。また環境負荷低減を考慮した設備を多数導入した。  開所式には西海和久ブリヂストン代表取締役専務執行役員、同社執…

タグ: , , , ,