東京モーターショー2019

【東京モーターショー2019】商用車メーカーから先進モデル続々
レポート 400
400

【東京モーターショー2019】商用車メーカーから先進モデル続々

 「東京モーターショー2019」では、商用車のカテゴリーでも最先端の技術を採用した電気自動車(EV)などが多数発表となった。  日野自動車は世界初公開のコンセプトモデル「FlatFormer」を出品した。車両で利用可能な空間を最大化するため、後輪はモーターやサスペンションなどが一体となった小径タンデムユニットとしたほか、前輪もホイールハウスを小さくできる一体ユニットを採用。物流や移動に加え、ケータ…

タグ: , , , , ,
「東京モーターショー2019」の来場者数 前回比7割増の130万人に
ニュース 124
124

「東京モーターショー2019」の来場者数 前回比7割増の130万人に

 日本自動車工業会(自工会)は11月5日、「第46回東京モーターショー2019」の来場者数が前回より約7割多い130万900人だったと発表した。今回の「東京モーターショー」は10月24日から11月4日の12日間、東京ビッグサイトなどを中心に開催された。100万人を上回るのは2007年以来となる。  自工会では来場者の目標を「100万人」に設定していた。豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は「いつもと違…

タグ: ,
【東京モーターショー2019】主役はEV 自動車メーカー各社からコンセプトカー続々
レポート 387
387

【東京モーターショー2019】主役はEV 自動車メーカー各社からコンセプトカー続々

 「東京モーターショー」で自動車メーカー各社は自動運転など最新のテクノロジーを駆使したEV(電気自動車)を多数発表した。各社の主要モデルと装着タイヤに焦点をあてた。  トヨタ自動車の「超小型EVビジネス向けコンセプトモデル」は、「静粛性やパンクレス、メンテナンスフリーが合っている」(担当者)ことからブリヂストンのエアレスタイヤを装着。  レクサスはEVのコンセプトカー「LF-30エレクトリファイド…

タグ: , , , , ,
【東京モーターショー2019】住友ゴム フラッグシップ低燃費タイヤを発表
レポート 367
367

【東京モーターショー2019】住友ゴム フラッグシップ低燃費タイヤを発表

 ダンロップとファルケンの2つのブランドでブースを構成した。ダンロップエリアでは、12月1日から発売予定のフラッグシップ低燃費タイヤ「エナセーブNEXTⅢ(ネクスト・スリー)」を公開した。発売サイズは195/65R15 91Hの1サイズで、希望小売価格は税別2万5100円。  新商品は2017年に掲げたタイヤ技術開発コンセプト「SMART TYRE CONCEPT」(スマート・タイヤ・コンセプト)…

タグ: , , , , ,
【東京モーターショー2019】横浜ゴム CASEに対応する3つの新技術を初披露
レポート 388
388

【東京モーターショー2019】横浜ゴム CASEに対応する3つの新技術を初披露

 横浜ゴムは、CASE対応技術として3つの新技術を初披露した。タイヤノイズ低減技術では、「Silent Foam 面ファスナー Concept Tire」を出品。タイヤ内部の共鳴音を低減する吸音材を面ファスナーで固定した。  これまで、タイヤ内側にはめ込む吸音材付きリングや、吸音材をタイヤ内部に接着する技術があったが、サイズごとのリング設計や接着工程が必要となるなどそれぞれ課題があった。  新技術…

タグ: , , , ,
【東京モーターショー2019】グッドイヤーがレクサスのEV向けコンセプトタイヤ発表
レポート 196
196

【東京モーターショー2019】グッドイヤーがレクサスのEV向けコンセプトタイヤ発表

 日本グッドイヤーのブースでは、世界初公開となるレクサスのEVコンセプトカー「LF-30エレクトリファイド」の装着タイヤとして開発されたコンセプトタイヤを展示した。  このコンセプトタイヤは、空気力学の技術を駆使して開発したトレッドデザインとタイヤの断面形状を採用。車両がインホイールモーターを使用しており、それを冷却するためにタイヤとホイールが一体となった設計で効率的な空冷ができるようなタイヤにな…

タグ: , , , , ,
【東京モーターショー2019】ブリヂストン 革新素材「SUSYM」や軽量化技術「Enliten」を訴求
レポート 497
497

【東京モーターショー2019】ブリヂストン 革新素材「SUSYM」や軽量化技術「Enliten」を訴求

 ブリヂストンは、「SUSYM」(サシム)を出品した。これはゴムと樹脂を分子レベルで結び付けた世界初のポリマーで、ブースには「サシム」を材料に3Dプリンターで製造したコンセプトタイヤを展示。固さを調整できる特性を利用し、ホイール部は固く、トレッド側は柔らかくなっている。  「サシム」は、同社が昨年発表した「ハイ・ストレングス・ラバー」(HSR)を進化させたもの。「HSR」も天然ゴムを凌駕する強度や…

タグ: , , , , ,
【東京モーターショー2019】コンチネンタルが技術ソリューション「Conti C.A.R.E」展示
レポート 362
362

【東京モーターショー2019】コンチネンタルが技術ソリューション「Conti C.A.R.E」展示

 独コンチネンタルタイヤは、未来のモビリティのための技術ソリューション「Conti C.A.R.E」(コンチ・ケア)を展示した。  これは、運転手のいないロボタクシー向けのシステムで、空気圧や温度、摩耗などのデータを収集し、事業者によるウェブ上でのタイヤ管理を実現する。さらに、タイヤの回転による遠心力でホイール内のピストンを動かして圧縮空気を生成し、タンクに保管できるため、積載量などの変化に応じて…

タグ: , , , ,
東京モーターショー2019――タイヤからモビリティの未来を創造
ニュース 415
415

東京モーターショー2019――タイヤからモビリティの未来を創造

 自動車産業が大変革期に突入する中、“OPEN FUTURE”をテーマとした「東京モーターショー2019」が開幕した。新たなモビリティに対応する技術革新が求められる未来に向けて、タイヤメーカーからブリヂストン、住友ゴム工業、横浜ゴム、日本グッドイヤーなどが出展。将来を見据えたコンセプトや先端技術を採用した新モデルを発信した。 ブリヂストン 革新素材で社会を変える  先端技術担当の田村康之執行役員と…

タグ: , , , , , ,
横浜ゴムが国内オールシーズン市場に本格参入、来年1月に新商品発売
ニュース 723
723

横浜ゴムが国内オールシーズン市場に本格参入、来年1月に新商品発売

 横浜ゴムは国内でオールシーズンタイヤ市場に本格参入すると発表した。来年1月9日から乗用車用オールシーズンタイヤ「BluEarth-4S AW21」を販売開始する。発売サイズは14~19インチの全19サイズで、価格はオープン。  オールシーズンタイヤは、ドライ・ウェット路面から雪道まで四季を通じて様々な路面状況に対応して気温に左右されない走行が可能。年間を通じて使用できるため、突然の降雪にも対応で…

タグ: , , , ,
東京モーターショー2019 各社が未来への技術革新を紹介
ニュース 428
428

東京モーターショー2019 各社が未来への技術革新を紹介

 10月25日から東京・江東区の東京ビッグサイトなどで一般公開が始まる「東京モーターショー2019」にはタイヤメーカーも多く出展し、自動車産業の変革期を見据えたノベーションや最新のソリューション、コンセプトモデルを披露する予定だ。  ブリヂストンは、同社グループの持続可能なモビリティ社会の実現に貢献するイノベーションや、独自のソリューション「Bridgestone T&DPaaS」など、未…

タグ: , , , , , ,
東京モーターショー2019 「OPEN FUTURE」をテーマに様々な連携も
ニュース 106
106

東京モーターショー2019 「OPEN FUTURE」をテーマに様々な連携も

 日本自動車工業会(自工会)は7月30日、「第46回東京モーターショー2019」(10月24日~11月4日)の概要を発表した。「OPEN FUTURE」をテーマに、7カ国から186の企業・団体が参加する。今回は自工会会員各社に加え、オリンピック・パラリンピック等経済界協議会など様々な団体と連携する。主催者側は「オールインダストリーで、クルマ・バイクのワクワクドキドキから未来の暮らし、未来の街まで領…

タグ: , ,
「東京モーターショー2019」テーマは“OPEN FUTURE”
ニュース 458
458

「東京モーターショー2019」テーマは“OPEN FUTURE”

 日本自動車工業会(自工会)は3月25日、「第46回東京モーターショー2019」のショーテーマを「OPEN FUTURE」(オープン・フューチャー)に決定したと発表した。また併せてロゴを策定した。  自工会では今回のテーマについて「『くらしの未来』にまで領域を広げ、参加企業や主催者側のマインドも拡張し、未来への可能性が広がる場になる。という思いを込めた」としている。また、ロゴは「OPEN」「FUT…

タグ: , ,