ミシュラン

日本ミシュランタイヤ ブランド力とシェアの差を埋めるために
トップインタビュー 3,450
3,450

日本ミシュランタイヤ ブランド力とシェアの差を埋めるために

 日本ミシュランタイヤはタイヤ販売店とのコミュニケーション強化を重要テーマに掲げ、さらなるビジネス拡大に取り組む。昨年、新社長に就任したポール・ペリニオ氏は「タイヤディーラーからの声をもっと聞きたい。そして我々の改善に繋げていく」と社内外へメッセージを発信する。その背景はどこにあるのか、また国内市場でどのような戦略に打って出るのか――今後の展望を聞いた。(自動車タイヤ新聞2016年3月16日号から…

タグ: ,
ミシュラン 日本初のWEB管理システム「e-Retread」稼働から1年
レポート 2,702
2,702

ミシュラン 日本初のWEB管理システム「e-Retread」稼働から1年

台タイヤの情報を“可視化”する  デジタルソリューションを急速に加速させている日本ミシュランタイヤ。市販用タイヤでインターネットによる受発注システムやメーカーが直接行う通販サイトの運営、販売店向けのタブレット端末の活用促進など他社に先駆けた取り組みを通じて、業務の効率化や新たなビジネスモデルの構築を進めている。さらにトラック・バス用タイヤ事業においては2014年にリトレッドタイヤビジネスにデジタル…

タグ: , , , ,
ミシュラン太田サイトの閉鎖と存続
コラム 3,536
3,536

ミシュラン太田サイトの閉鎖と存続

 日本ミシュランタイヤの会長に就任したベルナール・デルマス氏。日本での在任期間は今年で延べ24年を数えるという。  「日本は独特な市場。ここで成功できれば、世界でも成功できる」と、複数のタイヤメーカー、新車メーカーが本拠地を構える日本市場の重要性あるいは特殊性をフランス本社に訴え続けてきた。  社長職を務めた2007年からの8年間で、もっとも辛かったのは2010年の太田工場の閉鎖だと振り返る。――…

タグ: ,
日本ミシュランタイヤ ペリニオ新社長が会見
ニュース 207
207

日本ミシュランタイヤ ペリニオ新社長が会見

日本ミシュランタイヤ ペリニオ新社長が会見  日本ミシュランタイヤは11月24日、都内でポール・ペリニオ新社長の就任会見を開き、市販用タイヤ市場で新たなサービスや取り組みを進めていく考えを示した。  具体的な施策については現段階では明らかにしていないが、「乗用車用タイヤの満足保証プログラムのように製品の価値を認知し、体験いただけるサービスや、トラック・バス用タイヤの3Rなど経済性向上や環境負荷低減…

タグ: ,
日本ミシュランタイヤ「国内にもイノベーションを」
タイヤ事業戦略 1,323
1,323

日本ミシュランタイヤ「国内にもイノベーションを」

 日本ミシュランタイヤはトラック・バス用ワイドシングルタイヤ「MICHELIN X One」を戦略商品と位置づけ運送会社やトラックメーカーへのアプローチを強めているさなか。その狙いはどこにあり、さらに今後、「X One」をどう展開していくのか。トラック・バスタイヤ事業部の高橋敬明執行役員に話を聞いた。  ――近年輸送事業者が抱えている課題に対し、どのような商品やサービスを提案していますか。  高橋…

タグ: , , ,
ミシュラン「アドバンスユーザーミーティング」開催
ニュース 388
388

ミシュラン「アドバンスユーザーミーティング」開催

「X one」テーマに150名参集  日本ミシュランタイヤは9月11日、都内でTB用ワイドシングルタイヤ「X One」をテーマとした「アドバンスユーザーミーティング」を開催し、運送会社やトラックメーカー、タイヤディーラーなど、昨年の約3倍となる100社から合計150名の関係者が参加した。会場では同社のTB事業の取り組み状況や「X One」の導入事例の紹介が行われたほか、2016年に「X One」の…

タグ: ,
リトレッドソリューションの展望 “最後の市場”を勝ち抜く
レポート 5,762
5,762

リトレッドソリューションの展望 “最後の市場”を勝ち抜く

 更生タイヤ(リトレッドタイヤ)を軸としたビジネスが活発化している。リトレッドは経費削減や環境意識の高まりから徐々にユーザーへ浸透してきたものの、普及率が5割を超えるとされる欧米と比べると、国内では2割と低い水準に留まる。だが、それは新たな需要を掘り起こし、ビジネス拡大に繋がっていくチャンスがまだ残されているとも言える。こうした環境下において、ブリヂストンはタイヤとメンテナンスをパッケージにしたビ…

タグ: , , , , , , ,
日本ミシュランタイヤ「X One」で差別化へ
レポート 1,162
1,162

日本ミシュランタイヤ「X One」で差別化へ

 日本ミシュランタイヤがトラック・バス用ワイドシングルタイヤ「X One」の取り組みを強化している。2014年の納入本数は前年比約1.8倍に拡大する見込みで、本格的な普及に向けて来年以降、ユーザーへのアプローチを加速する。  「X One」はトラックの後輪に装着されている2本(ダブル)を1本(シングル)にすることで軽量化を図り、積載量アップや低燃費を実現するもの。国内市場では2007年に導入して以…

タグ: , ,
ミシュランタイヤの農業機械用ラジアルタイヤ 生産性向上へ寄与
レポート 4,316
4,316

ミシュランタイヤの農業機械用ラジアルタイヤ 生産性向上へ寄与

 農業機械用タイヤにおいてもラジアルタイヤを積極的に推し進めるミシュラン。近年、農機の大型化が進行するのに併せて新車装着が増え、国内市場でも徐々に存在感を示しつつある。様々な課題を抱えながらもさらなる生産性向上を目指す農家に対し、タイヤがいかに貢献していくのか――同社の取り組みを追った。 土壌圧縮の低減による生産性向上  「土壌を踏み固めず、長年にわたり、その畑でどれだけ良い作物が、どれだけ効率良…

タグ: , ,
日本ミシュランタイヤ ベルナール・デルマス社長 50周年を迎え、今を語る
トップインタビュー 2,961
2,961

日本ミシュランタイヤ ベルナール・デルマス社長 50周年を迎え、今を語る

 ミシュランは今年9月、日本へ進出してから満50周年となる。この節目を迎えるにあたり、日本ミシュランタイヤのベルナール・デルマス社長に、これまでの取り組みの成果、そして次の50年に向けた今後の方向性について展望を語ってもらった。 アジアはここ日本から  ――日本法人の設立当時を振り返り、グループ全体の中で日本の位置付けや事業を取り巻く環境はどう変化しましたか。  「東京オリンピックが開催されたのは…

タグ: ,
ミシュランのモータースポーツ戦略 ワンメイクでも技術の研鑽を
コラム 1,422
1,422

ミシュランのモータースポーツ戦略 ワンメイクでも技術の研鑽を

ワンメイクでも技術の研鑽は可能  「コンペティターがいなくても自らにハードルを課していけば、技術は必ず進化する」――ミシュランのモータースポーツに対する方針は、この数年徐々に変化し、結果的に大きな転換点を迎えることになった。  同社では「タイヤの性能はギリギリの世界で証明してこそ、本当の性能を示すことができる」との考えのもと、長年にわたり、ライバルたちと激しい戦いを繰り広げてきた。だが、10年ほど…

タグ: , ,
日本ミシュランタイヤの建設機械用タイヤ “サービス力”武器に更なる普及へ
レポート 5,813
5,813

日本ミシュランタイヤの建設機械用タイヤ “サービス力”武器に更なる普及へ

ラジアルのメリットを追求  鉱山や建設、土木工事の現場で人々の暮らしに不可欠な社会インフラの整備や資源開発が行われている。その多くは人が歩くことも困難な岩場や泥濘地などで、未舗装の路面に鋭利な石が飛び散っている過酷な環境だ。そうした厳しい現場で使用される建設機械の足元を支えるのがOR(Off the Road)用タイヤ。バイアスタイヤが主流のこのカテゴリーで、一貫してラジアルにこだわり続け、ユーザ…

タグ: , ,
ミシュランの産業車両用ラジアルタイヤ 高いライフ性能と安全性向上を実現
レポート 2,195
2,195

ミシュランの産業車両用ラジアルタイヤ 高いライフ性能と安全性向上を実現

バイアスとの明確な違いを訴求し市場を開拓  工場や倉庫内で所狭しと動き回り荷物を運搬するフォークリフト。物流を支えるためになくてはならない存在だ。その足元を支える小型産業機械用タイヤでミシュラン製品がユーザーから評価されている。関西に拠点を置く大手運送会社では「本当に素晴らしい製品で、コストメリット、安全性は期待以上だ」と称賛する。その一方で導入時の価格の高さがネックとなり、市場では浸透しきれてい…

タグ: ,
日本ミシュランタイヤが推奨する「リグルーブソリューション」
レポート 4,632
4,632

日本ミシュランタイヤが推奨する「リグルーブソリューション」

認知度が着実に向上  昨今の原油価格の高騰やタイヤ価格の値上げを背景に、日本ミシュランタイヤが推奨する「リグルーブ」への関心が高まっている。今回、その作業を担うタイヤディーラーを訪れ、「リグルーブ」のメリットや今後の展望を聞いた。  「リグルーブ」とは、摩耗が進んだトラック・バス用タイヤに再び溝を刻むこと。この作業を施すことで、タイヤの走行寿命を延ばすことが可能になる。さらに安全性の向上や省燃費に…

タグ: , ,
日本ミシュランタイヤ ディーラー会の仲間が支援
3.11 1,182
1,182

日本ミシュランタイヤ ディーラー会の仲間が支援

 被災地の会員へ義援金、車両、機材を贈呈  日本ミシュランタイヤの取り扱いディーラーで組織する「ミシュラン・レスキュー・ネットワーク サポートディーラー会(MRN会)」の全国の会員から募った義援金が、東日本大震災で被災した会員に届けられた。MRN会の市原昭会長(中部タイヤセンター社長)らが6月23日、24日の2日間、現地を訪れて石巻市の丸道タイヤ商会など宮城・福島両県の計6会員に義援金を贈呈。同時…

タグ: , ,