先進技術

ピレリ、新型シミュレーターを導入 開発期間の短縮へ
ニュース 167
167

ピレリ、新型シミュレーターを導入 開発期間の短縮へ

 伊ピレリはこのほど、ミラノの研究開発部門で最新型シミュレーターの運用を開始したと発表した。開発サイクルとタイヤテストのスピードアップを目的に導入したもので、タイヤの開発期間を短縮するとともに、プロトタイプの数を削減できる。  同社は既にF1をはじめとしたモータースポーツタイヤの開発でシミュレーションを活用しており、開発期間を約30%短縮したという。今回導入した新型設備は、異なるパラメータによる迅…

タグ: , ,
タイヤのパフォーマンスを見える化 トーヨータイヤのセンシング技術
ニュース 417
417

タイヤのパフォーマンスを見える化 トーヨータイヤのセンシング技術

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は2月7日、走行中のタイヤのパフォーマンスを可視化するタイヤセンシング技術を開発したと発表した。今後、オープンイノベーションなどを活用することで、より安全な移動支援技術の確立や新しいビジネスモデルの創出につなげていく。  都内で開催した技術発表会で、守屋学執行役員は、「CASEは100年に一度と言われる自動車産業の変革の象徴であり、タイヤには高機能化が求められ…

タグ: ,
カナダのマクマスター大学 新たなリサイクル技術発表
ニュース 294
294

カナダのマクマスター大学 新たなリサイクル技術発表

 カナダのマクマスター大学は1月13日、廃タイヤを原料に分解する新技術を開発したと発表した。同大学の化学者チームは学術誌「Green Chemistry」(グリーン・ケミストリー)に、タイヤのゴムに含まれる硫黄の結合を破壊することによる分解のプロセスを掲載した。  論文の筆頭著者であるマイケル・ブルック氏は「網の構造」を例にして、「我々は水平の全ラインをカットする方法を発見した。そのため網の代わり…

タグ: ,
連載「横浜ゴムのタイヤ勉強会」②「空洞共鳴音」を低減する意味
ニュース 737
737

連載「横浜ゴムのタイヤ勉強会」②「空洞共鳴音」を低減する意味

 横浜ゴムは、昨年の東京モーターショーで「SILENT FOAM」(サイレントフォーム)をはじめとするスポンジの吸音材を紹介した。  タイヤ内に配置するスポンジは、タイヤ/ホイールに囲まれた空間で空気が振動して発生する「空洞共鳴音」を低減するもの。この共鳴音は、荒れた路面などの走行時にタイヤが振動して引き起こされ、「気柱共鳴音」や「キャビティノイズ」と呼ばれることもある。  ビンの口に息を吹きかけ…

タグ: , ,
連載「横浜ゴムのタイヤ勉強会」①「シリカ」が実現する効果
ニュース 668
668

連載「横浜ゴムのタイヤ勉強会」①「シリカ」が実現する効果

 横浜ゴムはこのほど、神奈川県の平塚製造所で報道陣向けにタイヤ技術勉強会を開催した。タイヤの性能を左右する要素は様々あるが、その中で配合剤「シリカ」と、「吸音材技術」の役割や重要性を2回に分けて紹介する。  コンパウンドに配合されるシリカにはゴムを補強する役割があるが、同じくゴムの強度向上のために使用されるカーボンブラックをシリカに置き換えると、転がり性能を向上させることも可能だ。  転がり性能の…

タグ: , , ,
グッドイヤー、ミシュラン「ドライブシミュレーター」をタイヤ開発に活用
ニュース 317
317

グッドイヤー、ミシュラン「ドライブシミュレーター」をタイヤ開発に活用

 米グッドイヤーと仏ミシュランがドライビングシミュレーターを活用したタイヤ開発を本格的に開始する。実車試験に近い環境で様々な条件をシミュレーションでき、従来よりも効率的な開発体制を構築することで、競争優位性を高めていく。  グッドイヤーは1月15日、独ヴイアイグレイド社のドライビングシミュレーターを2カ所のイノベーションセンターに導入し、製品開発能力の向上を図ると発表した。  グッドイヤーは、ルク…

タグ: , , , , ,
日本ミシュランタイヤ社長が語る日本市場の現況と技術革新
タイヤ事業戦略 1,879
1,879

日本ミシュランタイヤ社長が語る日本市場の現況と技術革新

 過去から様々なイノベーション(技術革新)を生み出してきた仏ミシュラン。近年では2017年に将来を見据えた技術コンセプトを発表し、さらにその流れの中で乗用車用エアレスタイヤも披露するなど開発は更に加速している。今後のタイヤはどのように進化していくのか――国内市場の動向とともにミシュラングループとして未来への展望を、日本ミシュランタイヤのポール・ペリニオ社長に聞いた。 市場の重要戦略は今後も“顧客主…

タグ: , , , ,
横浜ゴムのコンセプトタイヤ、印マルチ・スズキのコンセプトEVに装着
ニュース 124
124

横浜ゴムのコンセプトタイヤ、印マルチ・スズキのコンセプトEVに装着

 横浜ゴムは2月6日、インドのマルチ・スズキ・インディア社のコンセプトEV「Concept FUTURO-e」向けに「BluEarth」(ブルーアース)のコンセプトタイヤを開発したと発表した。同タイヤを装着した車両は、2月7日から12日にニューデリーで開催される「Auto Expo 2020」のマルチ・スズキ・インディア社ブース内で展示される。  「Concept FUTURO-e」はクーペとSU…

タグ: , , , ,
ミシュラン、安全な車社会の実現へ向け保険会社と提携
ニュース 177
177

ミシュラン、安全な車社会の実現へ向け保険会社と提携

 仏ミシュランは1月17日、法人向け保険会社の独HDIグローバルSEと提携すると発表した。走行データの収集や処理、分析を行うミシュランのDDI(ドライビング・データ・トゥー・インテリジェンス)事業とHDIのノウハウを組み合わせ、フリートを保有する企業に対して交通安全にフォーカスしたサービスを提供する。  同サービスでは、走行データを収集するコネクテッドボックスをフリートに装着し、ドライバーやフリー…

タグ: , , ,
住友ゴム タイヤのゴム内部の特定材料を観測可能に
ニュース 284
284

住友ゴム タイヤのゴム内部の特定材料を観測可能に

 住友ゴム工業は1月23日、タイヤ用ゴム内部の特定の材料を選択的に観測する手法を確立したと発表した。また同社はこのほど、この手法を活用し、ゴム内部の硫黄架橋の粗い部分・密な部分(粗密)を鮮明に観測することに世界で初めて成功したことを明らかにした。  茨城大学との共同研究による新手法は、同大学が新たに開発した量子線顕微鏡を用いて、製品化したタイヤ用ゴムを評価するもの。これにより、燃費性能や耐摩耗性能…

タグ: , ,
グッドイヤー「CES2020」でフリート向けに新サービス発表
ニュース 171
171

グッドイヤー「CES2020」でフリート向けに新サービス発表

 米グッドイヤーは1月7日、米ラスベガスで行われた「CES 2020」でフリート向けのサービス「AndGo」(アンドゴー)を発表した。  「アンドゴー」は、ソフトウェアによる予測とサービスネットワークを組み合わせたもの。契約者は日常点検や同社のインテリジェントタイヤによるタイヤのモニタリングを通じ、継続的なメンテナンスを受けられる。  なお、「アンドゴー」は現在米国の一部地域で提供されており、20…

タグ: , ,
オートモーティブワールド モビリティープラスが出展
ニュース 128
128

オートモーティブワールド モビリティープラスが出展

 「第12回オートモーティブワールド~クルマの先端技術展~」が1月15日~17日の3日間、東京ビッグサイトで開かれた。同ショーは「第12回国際カーエレクトロニクス技術展」など6つの展示会で構成。特に今回は業界の重要キーワードとなる「CASE」「MaaS」に関するフォーラムを開催し世界各国から4万人もの自動車技術者が来場した。  タイヤ業界からはモビリティープラス(京都市山科区、三輪智信社長)が「第…

タグ: ,
住友ゴムと群馬大学の共同研究 自動運転の実用化へ取り組み加速
ニュース 336
336

住友ゴムと群馬大学の共同研究 自動運転の実用化へ取り組み加速

 住友ゴム工業は1月15日、群馬大学の次世代モビリティ社会実装研究センター(CRANTS)と研究を進めている自動運転車に対応したタイヤ周辺サービスの開発状況を報道陣に公開した。CRANTSでは年内に過疎地域などで住民の生活の足として無人の移動サービスを開始したい考えだ。  住友ゴムとCRANTSは昨年5月から共同研究を開始。その後、タイヤ空気圧データとCRANTS内に設置されている管制室との連携を…

タグ: , ,
TOYO TIRE「ディスカバリー・チャンネル」と制作した動画を公開
ニュース 205
205

TOYO TIRE「ディスカバリー・チャンネル」と制作した動画を公開

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は1月16日、自然や科学、テクノロジーを扱う国際ドキュメンタリー放送「Discovery Channel」(ディスカバリー・チャンネル)とともに、同社のタイヤ開発技術を紹介する動画を制作したと発表した。動画はTOYO TIREの企業サイトで公開している。  「ディスカバリー・チャンネル」は、世界170カ国以上で4億5000万世帯が視聴している世界最大級のドキュ…

タグ: ,
ブリヂストン、新たなタイヤセンシング技術を確立
ニュース 986
986

ブリヂストン、新たなタイヤセンシング技術を確立

 ブリヂストンは12月18日、車両の走行時、タイヤが路面と接触したときに発生するひずみから荷重と摩耗状態を推定するセンシング技術を確立したと発表した。これにより、溝不足などのタイヤに関する様々な情報をリアルタイムで認知・把握することが可能になる。  今回開発したセンサー「Smart Strain Sensor」(スマートストレインセンサー)は、タイヤの内面に貼り付けるもの。一般的なTPMS(タイヤ…

タグ: ,