新車用タイヤ

ピレリ、世界初のFSC認証タイヤを量産開始
ニュース 614
614

ピレリ、世界初のFSC認証タイヤを量産開始

 伊ピレリは、世界で初めてFSC認証(森林認証制度)を取得したタイヤの量産化に成功したと発表した。FSC認証を受けた天然ゴムとレーヨンを使用しており、「持続可能性を高めた新境地を切り開く象徴的な位置付け」(同社)となる。  このタイヤは独BMWのPHV(プラグイン・ハイブリッド車)用に開発した。同認証は農園が生物の多様性を維持し、地域住民や労働者の生活に利益をもたらす方法で管理され、経済力も保証す…

タグ: , ,
横浜ゴム、国内農機メーカーへ納入 OHT事業の拡大へ
ニュース 200
200

横浜ゴム、国内農機メーカーへ納入 OHT事業の拡大へ

 横浜ゴムは5月27日、ヤンマーアグリの農耕用トラクター「YT4A」シリーズの「YT460A」「YT465A」の新車装着用タイヤとして、「ALLIANCE」(アライアンス)ブランドのタイヤ納入を開始したと発表した。横浜ゴムが国内農機メーカーへOE納入するのは約50年ぶり。  「YT4A」シリーズは日本の稲作・畑作に最適な大型トラクター。今回納入した「アライアンス・アグリスターⅡ」は農業機械用や林業…

タグ: , ,
ブリヂストンの「ENLITEN」タイヤ 世界初の太陽光発電型EVに採用
ニュース 788
788

ブリヂストンの「ENLITEN」タイヤ 世界初の太陽光発電型EVに採用

 ブリヂストンは4月23日、蘭ライトイヤー社の太陽光発電型電気自動車「Lightyear One」(ライトイヤー・ワン)向けに、環境性能と運動性能を両立したタイヤ技術「ENLITEN」(エンライトン)を搭載した特別仕様タイヤ「TURANZA ECO」(トランザ・エコ」を開発したと発表した。  「エンライトン」はタイヤの大幅な軽量化と転がり抵抗低減を可能にするブリヂストンの独自技術で、電気自動車(E…

タグ: , ,
ブリヂストンのコンセプトタイヤ レクサスの先進EVに納入
ニュース 293
293

ブリヂストンのコンセプトタイヤ レクサスの先進EVに納入

 ブリヂストンは、レクサスが3月30日に世界初披露した「LF-Z Electrified(エレクトリファイド)」にコンセプトタイヤを納入したと4月5日に発表した。  今回のコンセプトタイヤは、大きなブロックや路面に切り込むV字型の傾斜溝によってダイナミックな走りを表現している。あわせて、中央部に周方向に連続した継ぎ目のないブロックを採用し、車両の荷重を支えつつEVならではの力強い駆動力や快適な乗り…

タグ: ,
ボルボ、欧州で全EVに通年用タイヤ標準装備
ニュース 316
316

ボルボ、欧州で全EVに通年用タイヤ標準装備

 スウェーデンのボルボ・カーズは3月、欧州20カ国で年間を通じて使用できる「リチャージタイヤ」を電気自動車に標準装備すると発表した。  同社グループは、温暖化ガスの排出実質ゼロを意味するクライメートニュートラルを2040年までに実現する目標を掲げており、今回の取り組みはその一環。「幅広い路面状況に対応できるタイヤを1セット使用することで、年に2回のタイヤ交換を無くし、お客様の負担を軽減するとともに…

タグ: , ,
ミシュラン、初のエコデザインタイヤ「e.PRIMACY」欧州で販売開始
ニュース 744
744

ミシュラン、初のエコデザインタイヤ「e.PRIMACY」欧州で販売開始

 仏ミシュランは3月3日、環境負荷を最小化した初めてのエコデザインタイヤ「e.PRIMACY」(イー・プライマシー)を欧州向けに販売開始したと発表した。  「e.プライマシー」は環境への影響を軽減しながら優れたパフォーマンスの両立を目指しており、欧州タイヤラベリング制度のグレードは転がり抵抗でA、ウェットグリップでBを獲得した。同社では「グレードA-BもしくはA-Aを獲得したタイヤが1%未満である…

タグ: , , ,
ピレリのインテリジェントタイヤ、マクラーレンに初採用
ニュース 1,553
1,553

ピレリのインテリジェントタイヤ、マクラーレンに初採用

 伊ピレリはこのほど、インテリジェントタイヤが英マクラーレンの「アルトゥーラ」に初めて標準装着されたと発表した。  このタイヤはセンサーが装備されており、路面の状態など安全に走行するために必要な様々なデータを検知できる。さらに、その情報を車両のコンピュータ・ソフトウェアへ伝達することで、車両の安全性を高めるほか、ドライバー個々の運転スタイルを学習する機能を兼ね備えることもできる。同社では「この技術…

タグ: , ,
ブリヂストンの欧州グループ会社、新車事業で原材料使用量削減
ニュース 522
522

ブリヂストンの欧州グループ会社、新車事業で原材料使用量削減

 ブリヂストンの欧州グループ会社、ブリヂストンEMIAは2020年に13のカーメーカーの30モデル以上に対し、80以上の新車装着用タイヤを供給したと発表した。  BMWやアウディ、セアト、トヨタはブリヂストンEMIAの採用が最も多かったほか、昨年はランボルギーニへの初供給や、新興メーカーのイネオスに「デューラーA/T001」を提供することを公表している。  昨年の同社のOEタイヤを見ると、「大口径…

タグ: , , ,
ハンコック、2つのSUVモデルアウディ「RS Q8」に供給
ニュース 478
478

ハンコック、2つのSUVモデルアウディ「RS Q8」に供給

 韓国のハンコックタイヤは1月20日、独アウディの「RS Q8」の新車装着用タイヤとして「VENTUS evo3 SUV」と「i*cept evo2 SUV」が承認されたと発表した。  「VENTUS evo3 SUV」は安定したグリップとハンドリングに加え、静粛性やウェット性能を備えた高性能SUV用タイヤ。サイドウォール部に特殊なナイロン素材を採用して剛性を強化しつつ、格子状パターンで冷却効率と…

タグ: ,
ピレリのオールシーズンタイヤ 新型「ディフェンダー」に採用
ニュース 384
384

ピレリのオールシーズンタイヤ 新型「ディフェンダー」に採用

 伊ピレリは12月15日、英ランドローバーの新型SUV「ディフェンダー」の新車装着用タイヤとして「SCORPION ZERO ALL SEASON」が承認されたと発表した。「SCORPION ZERO ALL SEASON」は全ての季節で最大限の性能を発揮するように設計した超高性能(UHP)タイヤ。ドライとウェットの両路面において、ノイズを軽減しつつ優れた快適性と安全性を提供するという。  また、…

タグ: , ,
ブリヂストンの欧州子会社 ランボルギーニ「Huracán STO」に専用タイヤ
ニュース 644
644

ブリヂストンの欧州子会社 ランボルギーニ「Huracán STO」に専用タイヤ

 ブリヂストンの欧州子会社は11月24日、2021年に発売するランボルギーニの新型「Huracán STO」に専用開発した「POTENZA」(ポテンザ)を供給すると発表した。同社では、「『Huracán STO』のトラクションやハンドリング、コントロール性能など、総合的な高いパフォーマンスを最大限に引き出すことができる高性能タイヤを設計した」としている。  今回、装着される「ポテンザ」はスーパース…

タグ: , , ,
10月のタイヤ販売 13カ月ぶりのプラスに
ニュース 1,063
1,063

10月のタイヤ販売 13カ月ぶりのプラスに

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)がまとめた10月のタイヤ販売実績は、市販用が四輪車用合計で前年同月比9.9%増の824万8000本だった。昨年10月の消費増税後の反動減や新型コロナによる落ち込みが続いていたが、13カ月ぶりにプラスへ転じた。  カテゴリー別にみると、トラック・バス用が22.2%増の90万3000本、ライトトラック用は13.4%増の176万7000本でともに13カ月ぶりにプラスと…

タグ: , , , ,
ブリヂストンの新車装着タイヤにタイヤ技術「ENLITEN」が採用
ニュース 638
638

ブリヂストンの新車装着タイヤにタイヤ技術「ENLITEN」が採用

 ブリヂストンの欧州子会社は独フォルクスワーゲンの新型「ゴルフ8」の新車装着タイヤ「TURANZA ECO」に、環境性能と運動性能を両立するタイヤ技術「ENLITEN」(エンライトン)が採用されると発表した。  「エンライトン」は、タイヤ重量を軽量化し、省資源化やタイヤの転がり抵抗を大幅に低減することで環境負荷を低減するとともに、ハンドリングなどの運動性能との両立を可能にする基盤技術の1つ。  「…

タグ: , , ,
ミシュラン「Pilot Sport Cup2」装着モデルがニュルでラップ更新
ニュース 428
428

ミシュラン「Pilot Sport Cup2」装着モデルがニュルでラップ更新

 仏ミシュランは8月13日、「MICHELIN Pilot Sport Cup2 ND0」を装着車両が一周20.832kmの独ニュルブルクリンク北コースでエグゼクティブカークラスのラップレコードを更新し、7分29秒81のタイムを記録したと発表した。車両はした独ポルシェの「Panamera」(パナメーラ)で、タイヤサイズはフロントが275/35ZR21、リアが325/30ZR21。ドライバーはポルシ…

タグ: , , ,
7月の市販用タイヤ販売 前年の反動で3割減に
ニュース 448
448

7月の市販用タイヤ販売 前年の反動で3割減に

 JATMA(日本自動車タイヤ協会)がまとめた7月の市販用タイヤ販売実績は、四輪車用合計で前年同月比33.3%減の443万3000本だった。新型コロナウイルスによる需要減の影響は改善しつつある中、前年の同じ時期には値上げ前の仮需で販売が3割以上急増したことの反動が大きかったと見られる。16年(465万3000本)や17年(471万5000本)との比較では5~6%のマイナスにとどまっている。  乗用…

タグ: , ,