CSR活動

横浜ゴムの尾道工場「いきもの共生事業所認証」を取得
ニュース 74
74

横浜ゴムの尾道工場「いきもの共生事業所認証」を取得

 横浜ゴムは、同社の尾道工場(広島県尾道市)が、生物多様性に配慮した工場として一般社団法人「いきもの共生事業推進協議会(ABINC)」の「いきもの共生事業所認証(ABINC認証)」を取得したと発表した。同社がこの認証を取得したのは昨年の平塚製造所に続き2拠点目となる。ABINC認証は、一般社団法人「企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)」 が開発した「いきもの共生事業所推進ガイドライン」に基づ…

タグ: , ,
横浜ゴム「YOKOHAMAまごころ基金」が台湾の地震被災地に義援金
ニュース 72
72

横浜ゴム「YOKOHAMAまごころ基金」が台湾の地震被災地に義援金

 横浜ゴムと従業員による社会貢献基金「YOKOHAMAまごころ基金」は、2月に台湾東部の花蓮市で発生した地震被災地への義援金として、台湾赤十字社を通じて合計約27万台湾ドル(約100万円)を寄付した。同社が4月5日に発表した。  「YOKOHAMAまごころ基金」は、寄付を希望する従業員が会員となり給与から毎月1口100円を積み立て、集まった資金を環境保全や人権擁護などに取り組むNPO、NGOなどへ…

タグ: ,
ブリヂストン吹奏楽団久留米 オリンピックコンサートに協力
ニュース 170
170

ブリヂストン吹奏楽団久留米 オリンピックコンサートに協力

 4月14日に日本オリンピック委員会が長野市芸術館で開催する「ウィンドシンフォニーオーケストラ・ミーツ・オリンピックコンサート」で、ブリヂストンの従業員による「ブリヂストン吹奏楽団久留米」が公演する。同楽団のコンサートへの出演は今回が2回目となる。  オリンピックコンサートは1997年から毎年実施されており、今回は1998年の長野オリンピック・パラリンピックから20周年を迎えたことや東京五輪開催に…

タグ: ,
住友ゴムと日本ユネスコ協会「未来プロジェクト」を今年も継続
ニュース 81
81

住友ゴムと日本ユネスコ協会「未来プロジェクト」を今年も継続

 住友ゴム工業は3月30日、日本ユネスコ協会連盟との共同事業「チーム エナセーブ 未来プロジェクト」を2018年も継続すると発表した。  この活動は、全国で失われつつある文化や自然環境の保全を図ることを目的に2013年から実施している。今年は5月12日の「久保川イーハトーブ自然再生事業」(岩手県)を皮切りに、全国9カ所で実施する予定。それぞれの開催場所で除間伐や溜池づくり、草刈りといった様々な活動…

タグ: ,
ブリヂストン 岐阜と山梨の「エコピアの森」2023年まで継続
ニュース 97
97

ブリヂストン 岐阜と山梨の「エコピアの森」2023年まで継続

 ブリヂストンは、岐阜県関市で行っている「エコピアの森 関」プロジェクトと、山梨県南都留郡の「エコピアの森 横浜in道志」プロジェクトをそれぞれ2023年3月まで継続する。  同社は、日本の環境を保全する活動として、工場など国内事業拠点の周辺に森林整備区域「エコピアの森」を設定し、「エコピアの森」プロジェクトとして地域社会と共同で森林保全活動に取り組んでいる。  岐阜県の活動は、同社と岐阜県、関市…

タグ: ,
ブリヂストン エコ絵画コンクール表彰 全国から5万5995点の応募
ニュース 101
101

ブリヂストン エコ絵画コンクール表彰 全国から5万5995点の応募

 ブリヂストンは3月30日、都内で「第15回ブリヂストンこどもエコ絵画コンクール」の表彰式を行った。  同コンクールは、子どもたちに環境・自然をテーマに絵を描いてもらい、大人も含めた多くの人々に環境・自然の大切さを訴求するもの。同社グループの環境に対する取り組みの一環として、2003年から毎年開催している。  今回のコンクールは、ブリヂストンとブリヂストンサイクル、ブリヂストンスポーツが共同で開催…

タグ: ,
ブリヂストンのサステナビリティレポートが表彰
ニュース 154
154

ブリヂストンのサステナビリティレポートが表彰

 ブリヂストンは2月22日、同社の「サステナビリティレポート2016」が、環境省などが主催する「第21回環境コミュニケーション大賞」の環境報告書部門で優良賞を受賞したと発表した。  「環境コミュニケーション大賞」は、事業者の環境コミュニケーションへの取り組み促進やその質の向上を図ることを目的に、優れた環境報告書等を表彰する制度。同社が受賞した環境報告書部門の「優良賞」は、一定水準以上の優れた報告書…

タグ: ,
住友ゴム 大阪府堺市の「GENKIの森」で活動実施
レポート 178
178

住友ゴム 大阪府堺市の「GENKIの森」で活動実施

 住友ゴム工業は3月3日、大阪府堺市で緑化活動「住友ゴムGENKIの森」の整備活動を行った。  堺市のGENKIの森は、1974年から2004年まで大阪府内の産業廃棄物が埋め立てられ、現在は市民や企業などが整備を進めている「共生の森」の地域内にある。  共生の森では、大阪府が2004年から植樹・草刈りイベントなどで森づくりを推進しており、同社は2009年10月に大阪府と活動協定書を締結。2009年…

タグ: , ,
住友ゴムとJSR「健康経営優良法人2018(ホワイト500)」に認定
ニュース 145
145

住友ゴムとJSR「健康経営優良法人2018(ホワイト500)」に認定

 住友ゴム工業は2月20日に経済産業省と日本健康会議が共同で発表した「健康経営優良法人2018(ホワイト500)」に認定されたと発表した。同制度は、日本健康会議が進める健康増進の取り組みなどをもとに、従業員の健康維持・増進に向けた経営を実践している法人を顕彰するもの。  同社の定期健康診断や特定保健指導の推進による生活習慣病などの疾病予防、メンタルヘルスケアの充実といった取り組みが評価されたもので…

タグ: , ,
横浜ゴムのまごころ基金 兵庫県などから感謝状を授与
ニュース 93
93

横浜ゴムのまごころ基金 兵庫県などから感謝状を授与

 横浜ゴムは2月15日、同社および従業員による社会貢献基金「YOKOHAMAまごころ基金」が1月に兵庫県知事および兵庫県社会福祉事業団から感謝状を授与されたと発表した。兵庫県立福祉のまちづくり研究所が開設した筋電義手を必要とする子どもたちを支援する「小児筋電義手バンク」への寄付に対するもので、同研究所の陳隆明所長より感謝状を手渡された。同基金と横浜ゴムは昨年11月、活動支援金として50万円ずつ合計…

タグ: ,
ブリヂストン サッカーJ1サガン鳥栖のサポート継続
ニュース 141
141

ブリヂストン サッカーJ1サガン鳥栖のサポート継続

 ブリヂストンは1月31日、プロサッカークラブ「サガン鳥栖」のユニフォームスポンサーを2018年シーズンも引き続き務めると発表した。  同チームの本拠地である佐賀県鳥栖市には、超偏平・高性能スポーツカー用タイヤなどを生産する鳥栖工場がある。さらに同社発祥の地である福岡県久留米市とも隣接するなど、チームとの関わりが深いため、2006年からスポンサーを務めている。  また、同社がマッチスポンサーとなる…

タグ: ,
横浜ゴム 環境貢献商品比率100%を達成
ニュース 106
106

横浜ゴム 環境貢献商品比率100%を達成

 横浜ゴムは2月16日、国内外で販売している全商品において環境貢献商品比率100%を達成したと発表した。この取り組みは環境負荷低減を目的に2006年度から開始しており、目標達成年に定めた2017年度に計画通り実現した。  環境貢献商品の認定には独自の評価基準を設け、地球温暖化防止や省資源といった4つの観点で原料調達から廃棄・リサイクルまでを評価。その際、評価が従来品よりも平均5%以上、かついずれも…

タグ: ,
グッドイヤーとジャイアントタイヤ たつの市のマラソン大会を支援
ニュース 96
96

グッドイヤーとジャイアントタイヤ たつの市のマラソン大会を支援

 日本グッドイヤーは1月28日、関連会社である日本ジャイアントタイヤとともに、第46回「たつの市梅と潮の香マラソン大会」に協賛し、大会運営にもボランティアとして参加した。同社が大会に協力するのは昨年に続き2年連続となる。  今回のマラソン大会は、はりまシーサイドロード(国道250号線)を往復10kmにわたり完全通行止めにして行われた。  米グッドイヤーの100%子会社である日本ジャイアントタイヤは…

タグ: ,
横浜ゴム 国内外で「YOKOHAMAまごころ基金」による支援活動を継続
ニュース 94
94

横浜ゴム 国内外で「YOKOHAMAまごころ基金」による支援活動を継続

 横浜ゴムは1月5日、同社の従業員による社会貢献基金「YOKOHAMAまごころ基金」が東日本大震災で被災した子どもたちの学習支援と心のケアを行う「女川向学館」(宮城県女川町)へ40万円の支援金を寄付すると発表した。  女川向学館は認定NPO法人「カタリバ」が開設したもの。カタリバは2001年に設立し、首都圏の高校生向けのキャリア教育活動を行ってきた。活動の一環として、2011年からは東日本大震災で…

タグ: ,
【横浜ゴム】環境イベントの収益金を東日本大震災の義援金に
ニュース 77
77

【横浜ゴム】環境イベントの収益金を東日本大震災の義援金に

 横浜ゴムの平塚製造所(神奈川県)は、昨年11月11日に開催した「第9回 Think Eco ひらつか2017」の収益金49万3240円を東日本大震災の義援金として平塚市を通じて石巻市(宮城県)に寄付した。  12月4日に中澤和也執行役員平塚製造所長らが平塚市役所を訪問し、落合克宏平塚市長に義援金を手渡した。義援金の寄付は東日本大震災が発生した2011年から行っており、累計金額は261万4016円…

タグ: ,