現地

三光産業の勇払リサイクル工場 更なる生産性向上へ
レポート 93
93

三光産業の勇払リサイクル工場 更なる生産性向上へ

 北海道を中心に、タイヤのリサイクル事業に取り組む三光産業(北海道帯広市、髙橋勝也社長)。北海道苫小牧市内と宮城県仙台市内にリサイクル工場を稼働させている。その同社がこのほど、勇払リサイクル工場(苫小牧市)にマテリアルリサイクル専用の新処理施設を開所し、生産性のさらなる向上を実現した。現場からレポートする。 新処理施設の稼働開始 マテリアルリサイクルの更なる生産性向上へ  タイヤを活かし 未来を生…

タグ: ,
【横浜ゴム】平塚で環境イベント 市民ら3100人が参加
レポート 78
78

【横浜ゴム】平塚で環境イベント 市民ら3100人が参加

 横浜ゴムは11月11日、神奈川県の平塚製造所で体験型環境イベント「第9回 Think Ecoひらつか2017」を開催した。“みんなで学ぶ、遊ぶ、楽しめる”コンセプトに、地域住民や従業員家族と親睦を深めながら、環境保全に取り組む同社の企業姿勢を訴求した。  当日は、同社から中澤和也執行役員(平塚製造所長)をはじめ、平塚市の落合克宏市長や近隣住民など、3100人が参加した。  開会式で中澤執行役員は…

タグ: ,
【ブリヂストン】東京小平で五輪イベント開催
レポート 147
147

【ブリヂストン】東京小平で五輪イベント開催

 ブリヂストンは10月29日、東京都小平市にある技術センターで参加型スポーツイベント「ブリヂストン×オリンピック×パラリンピック a GO GO!in小平」を開催した。  このイベントは、2020年に開かれる東京五輪に向けて、地域の住民らと一緒にオリンピック及びパラリンピック・ムーブメントを盛り上げていくことを目的として2016年から始めたもの。今回が5回目の開催で、小平では2回目となった。  当…

タグ: , ,
【東京モーターショー】自動運転、AI、スポーツ――未来のクルマ
レポート 178
178

【東京モーターショー】自動運転、AI、スポーツ――未来のクルマ

 「東京モーターショー2017」には世界10カ国から153の企業・団体が出展し、カーメーカー各社は自動運転やAI(人工知能)など最新のテクノロジーを搭載したEV(電気自動車)を多数発表しました。その一方で、市販化が近いと思われるSUVやスポーツカーのコンセプトモデルにも注目が集まっていました。各社の主要モデルを写真で紹介します。

タグ: , ,
【東京モーターショー】コンチネンタルのタイヤを電子化する技術
レポート 294
294

【東京モーターショー】コンチネンタルのタイヤを電子化する技術

 「東京モーターショー2017」に出展した独コンチネンタルのブースではタイヤ製品も多数展示。その中で注目を集めたのは9月のフランクフルトモーターショーで発表した「ContiSense」(コンチセンス)と「ContiAdapt」(コンチアダプト)の2つの技術コンセプト。  「コンチセンス」はタイヤに内蔵したセンサーを利用してトレッドの深さと温度を測定し、タイヤの損傷をドライバーに警告する技術。導電性…

タグ: , ,
【東京モーターショー】横浜ゴム「軽量タイヤ」「光るタイヤ」を展示
レポート 332
332

【東京モーターショー】横浜ゴム「軽量タイヤ」「光るタイヤ」を展示

 「東京モーターショー」で横浜ゴムは、最新の軽量設計技術を採用したコンセプトタイヤ「BluEarth-air EF21」(ブルーアース・エアー・イーエフ・ニーイチ)を展示した。開発サイズは205/55R16 91Vの1サイズ。国内で年内に限定発売を予定している。  同商品は、軽量で薄くかつ高剛性な構造を実現し、一般的な質量の「ADVAN dB V551」(アドバン・デシベル・ブイゴーゴーイチ)と比…

タグ: , ,
【東京モーターショー】住友ゴム ダンロップとファルケンの技術訴求
レポート 328
328

【東京モーターショー】住友ゴム ダンロップとファルケンの技術訴求

 住友ゴム工業は「東京モーターショー2017」でダンロップとファルケンの2大ブランドを訴求した。  ダンロップブースでは、タイヤの新品時の性能を維持する「性能持続技術」を採用したコンセプトタイヤを披露した。摩耗や経年劣化による性能の低下を抑え、5年が経過しても新品時の性能と変わらないことを可能にする技術で、2020年の量産化を目指す。  この技術では性能持続を実現するため、摩耗による性能変化を予測…

タグ: , ,
【東京モーターショー】ブリヂストン イノベーションの旅路
レポート 242
242

【東京モーターショー】ブリヂストン イノベーションの旅路

 「東京モーターショー」にブリヂストンは持続可能なモビリティ社会に向けたイノベーションの旅路をテーマに出展した。ブースには、2015年のソーラーカーレース「ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」で活躍した工学院大学のソーラーカーや、「エアフリーコンセプト」採用のタイヤを搭載した自転車の試乗コーナーを設置した。  ソーラーカーには、低燃費タイヤ「ECOPIA with ologic」(エコピア・ウ…

タグ: , ,
【東京モーターショー】グッドイヤーの自動運転を見据えたコンセプトタイヤ
レポート 197
197

【東京モーターショー】グッドイヤーの自動運転を見据えたコンセプトタイヤ

 グッドイヤーは「東京モーターショー2017」で自動運転社会を見据えた球体タイヤ「EAGLE 360」(イーグル・サンロクマル)と、それをさらに進化させたモデル「EAGLE 360 URBAN(アーバン)」の2つのコンセプトタイヤを日本で初公開した。  「EAGLE 360」は自然界の生物の機能を模倣した技術(バイオミミクリー)を取り入れて、サンゴの一種であるブレインコーラルの形状を採用している。…

タグ: , ,
【ミシュラン】イノベーションを生み出す理念と哲学
レポート 312
312

【ミシュラン】イノベーションを生み出す理念と哲学

 世界初のラジアルタイヤやスタッドレスタイヤ、コンパウンドにシリカを配合したグリーンタイヤ、空気の代わりにスポークで支えるエアレスタイヤ、トラック用のシングルタイヤ――これらは「将来の環境のため、ユーザーの利益のためにこういうタイヤが必要だ」との想いのもとにミシュランが生み出してきたイノベーションの数々だ。誕生した当時は、市場からすぐには受け入れられなかった技術もあるが、その後、多くの製品に当たり…

タグ: , ,
【ミシュラン】日本の開発拠点「太田サイト」が担う役割の大きさ
レポート 404
404

【ミシュラン】日本の開発拠点「太田サイト」が担う役割の大きさ

 日本ミシュランタイヤはこのほど群馬県太田市にあるタイヤ研究開発拠点「太田サイト」を報道陣に公開した。同施設はミシュラングループの中で、フランス、北米と並ぶ3大拠点の一つ。主に消費財タイヤの静粛性能とウィンター性能の研究開発を行っており、ここで生み出した技術を世界に発信する重要な役割を担う。世界のメジャーブランドとの競争が厳しさを増し、また新興企業が急速に技術力を高めつつある中、一層の性能向上に繋…

タグ: , , ,
タイヤ整備の技能コンテスト各地で開催 作業技術の向上へ
レポート 570
570

タイヤ整備の技能コンテスト各地で開催 作業技術の向上へ

 タイヤメーカーや販売会社が、トラック・バス用タイヤの整備作業のレベルアップに向けた取り組みを強化している。活動を継続することで全体の技能が向上し、標準化が進められるなど着実な成果が表れてきているほか、安全に対する技術力や専門性が顧客から評価されるなど、その重要性は今後一層高まっていきそうだ。9月10日にブリヂストン、住友ゴム工業、横浜ゴムの3社がそれぞれ開催した整備作業や接客スキルの全国大会を取…

タグ: , , , ,
アジア最大級のタイヤ見本市「CITEXPO2017」開催
レポート 291
291

アジア最大級のタイヤ見本市「CITEXPO2017」開催

 アジア地域で最大級のタイヤ見本市「第15回中国国際タイヤエキスポ」(CITEXPO2017)が8月21日~23日の3日間、上海世博展覧館(上海市浦東新区)で開かれ、約400社が出展した。各社はSUV用タイヤをはじめ、レースやスポーツカー向けの商品など独自のラインアップでプレゼンスを示した。期間中、アジアや中東、アフリカなどから約1万4000人が来場した。 ナンカンタイヤ プレミアムゾーンに注力 …

タグ: , ,
【ミシュラン】「X One」拡販へ 試乗会で提案強化
レポート 238
238

【ミシュラン】「X One」拡販へ 試乗会で提案強化

 日本ミシュランタイヤは9月15日、栃木県にあるGKNドライブラインジャパンのプルービンググラウンドでトラック・バス用ワイドシングルタイヤ「X One」(エックス・ワン)の試乗イベントを開催した。同社ではここ数年、「X One」の優位性を訴求する取り組みを積極化しているが、今回はタイヤ販売店や運送会社など関係者約120名が参加する大規模なイベントとなった。幅広いユーザーにそのメリットを訴求すること…

タグ: , ,
【ミシュラン】3Rを輸送業界の課題解決の切り札に
レポート 312
312

【ミシュラン】3Rを輸送業界の課題解決の切り札に

 日本ミシュランタイヤは7月28日、新潟県内でトラック・バス用タイヤの「3R」コンセプトに関するユーザー向けセミナーを実施した。3Rはミシュランが推奨するリグルーブやリトレッドを活用することにより、タイヤの経費を削減するとともに、廃棄物の削減や省資源化、CO2排出量の削減を図るもの。当日は北陸信越地区を中心とした運送会社やタイヤディーラーなど約60名の関係者が参加した。会場では同社の取り組み状況が…

タグ: , , , ,