レポート

試乗レポート 横浜ゴム「BluEarth AE-01F/BluEarth-A」“AAA”をボリュームゾーンに展開
レポート 3,888
3,888

試乗レポート 横浜ゴム「BluEarth AE-01F/BluEarth-A」“AAA”をボリュームゾーンに展開

“AAA”をボリュームゾーンに展開  横浜ゴムはこのほど、「BluEarth」シリーズの2商品をリニューアルした。一つはハイパフォーマンス低燃費タイヤ「BluEarth-A」で、転がり抵抗性能指数「A」を維持しながら、ウェットグリップ性能指数を従来の「b」から「a」にリニューアルしたもの。「A/a」グレード全45サイズを今年7月から発売中。  もう一つはスタンダード低燃費タイヤ「BluEarth …

タグ: , ,
東洋精器工業 4ホイールアライメントテスター「BLACK TECK X PLUS」
レポート 309
309

東洋精器工業 4ホイールアライメントテスター「BLACK TECK X PLUS」

 「BLACK TECH」シリーズは、CCDカメラによる3次元計測を採用した、4輪ターゲット方式によるホイールアライメントテスター。新製品は「LABO BLACK TECH XP」をマイナーチェンジしたハイエンドモデルだ。販売企画部主任で商品・技術アライメントチーフアドバイザーの小原隆佳氏に、実演デモを行ってもらった。 高性能化と省スペース化図る  今回のマイナーチェンジにより従来機種から大きく変…

タグ: ,
ミシュランの「X One」ソリューションで輸送効率改善へ
レポート 1,955
1,955

ミシュランの「X One」ソリューションで輸送効率改善へ

ダブルタイヤを“シングル化”し輸送効率改善  近年のトラックは、環境規制への対応や安全装備の増加などにより、空車時の車両重量が増加傾向にある。それは言いかえれば、積載できる荷物が減少し、輸送効率の低下につながる。こうした輸送業界の課題に対し、ミシュランでは「ワイドシングルタイヤ」を新たなソリューションとして提案している。普及が進む欧米に対し、国内での装着事例はまだ少ないのが現状だが、大きな成果を上…

タグ: , ,
住友ゴム 兵庫県の公園で緑化活動
レポート 113
113

住友ゴム 兵庫県の公園で緑化活動

自らで採取し、育てたどんぐりの苗  住友ゴム工業は9日、兵庫県の丹波並木道中央公園内にある「ロマンの森」で、従業員らによるどんぐりの苗の植樹活動を実施した。  同社ではCSRの一環として、どんぐりを種から育てて植樹する「どんぐりプロジェクト」を、「100万本の郷土の森づくり」活動として推進している。今回の植樹活動もその一環として行われたもの。  同社CSR推進室長の北条敏明氏は「この活動の目的は、…

タグ: , ,
「カラータイヤ」で差別化を タイヤセレクトえびな
ディーラー 816
816

「カラータイヤ」で差別化を タイヤセレクトえびな

「カラータイヤ」で差別化を  神奈川県海老名市にある「タイヤセレクトえびな」は、2007年にダンロップタイヤ中央株式会社(当時のダンロップファルケン神奈川株式会社)の直営店としてオープンした。今年7月にリニューアルを終えたばかりで、「女性客が気軽に入れるようにした」という店内は、明るく開放感に溢れる。  サービスピットはリフトを2レーン完備し、日産「GT―R」にも対応可能なランフラットタイヤ用のチ…

タグ:
世界遺産で清掃活動「チーム・エナセーブ未来プロジェクト」始動
レポート 66
66

世界遺産で清掃活動「チーム・エナセーブ未来プロジェクト」始動

 住友ゴム工業は19日、「チーム・エナセーブ 未来プロジェクト」の活動第1弾として富士山のふもと忍野八海(山梨県)で清掃活動を実施した。  この活動は同社と日本ユネスコ協会連盟が先月発足した共同事業で、同連盟が行っている「未来遺産運動」に低燃費タイヤ「エナセーブ」シリーズの売上の一部を活用して資金面や人的な支援するもの。  当日は、住友ゴム工業および販売会社であるダンロップタイヤ中央、ダンロップタ…

タグ: , ,
ブラジルのダンロップショップ 市販用タイヤ市場で勢力分布を
レポート 624
624

ブラジルのダンロップショップ 市販用タイヤ市場で勢力分布を

市販用タイヤ市場で勢力分布を  Sumitomo Rubber do Bradil Ltda.(=SRB、スミトモ・ラバー・ド・ブラジル社)は新工場の開所式開催後、現地のタイヤ販売店3店舗を報道陣に公開した。3店はいずれも、ダンロップブランドをメインに販売する国内有数の先進的なショップの一つと位置付けられる。今や世界第4位の自動車大国となったブラジル国内では、市販用タイヤ市場における勢力分布を確保…

タグ: , ,
住友ゴム「ブラジル工場」中南米市場攻略の〝要〟
レポート 962
962

住友ゴム「ブラジル工場」中南米市場攻略の〝要〟

住友ゴム中南米市場攻略の〝要〟  2014年にサッカーのワールドカップ、2016年にはオリンピックが開催されることで、注目度が非常に高いブラジル。この2つの世界的イベントの開催が起爆剤となって、今後の同国経済は持続的な発展が期待される。また、自動車販売台数も今やドイツを抜き、世界第4位に浮上。近い将来、日本と立場が逆転するともみられ、成長ぶりは著しい。そのブラジル国内に、住友ゴム全額出資の子会社、…

タグ: , , ,
住友ゴム 中南米初の生産拠点、ブラジル新工場が竣工
ニュース 193
193

住友ゴム 中南米初の生産拠点、ブラジル新工場が竣工

「太陽」を導入、2015年末に日産1万5000本へ  住友ゴム工業(池田育嗣社長)は、ブラジル・パラナ州クリチバに新タイヤ工場がこのほど竣工し、現地時間の10月3日、現地子会社スミトモ・ラバー・ド・ブラジル社(パラナ州ファゼンダ・リオ・グランデ市、小田一平社長)主催による工場開所式を行った。開所式にはパラナ州知事をはじめとする現地州・市関係者、在クリチバ日本国総領事、池田社長、現地法人の小田社長な…

タグ: , , ,
さらに進化するアイス・スノー性能 日本グッドイヤー「ICE NAVI 6」試乗レポート
レポート 2,206
2,206

さらに進化するアイス・スノー性能 日本グッドイヤー「ICE NAVI 6」試乗レポート

さらに進化するアイス・スノー性能  日本グッドイヤーはこのほど、乗用車用スタッドレスタイヤの新商品として「ICE NAVI 6」を上市。発売サイズは13インチ~19インチ全74サイズ。グッドイヤー・スタッドレスタイヤのメイン商品となる「ICE NAVI 6」。その発売を期して、同社は今年1月、そのプロトモデルについて、プレス関係者を対象に発表試走会を行った。  「ICE NAVI 6」(の試走は、…

タグ: , ,
SUVユーザーの要求に応える性能進化 住友ゴム「WINTER MAXX SJ8」試乗レポート
レポート 564
564

SUVユーザーの要求に応える性能進化 住友ゴム「WINTER MAXX SJ8」試乗レポート

SUVユーザーの要求に応える性能進化   住友ゴム工業が9月から発売を開始したSUV用スタッドレスタイヤの新商品「WINTER MAXX SJ8」。昨年発売した乗用車用スタッドレスに続く「WINTER MAXX」シリーズの第2弾となる。同社は発売に先駆け、今年2月、北海道にある旭川テストコースで「WINTER MAXX SJ8」の試乗会を開催した。  「WINTER MAXX SJ8」は従来の「G…

タグ: , ,
東洋精器工業 「タイヤサービスカー」の製造現場から
レポート 1,308
1,308

東洋精器工業 「タイヤサービスカー」の製造現場から

〝匠の技〟によるオーダーメイド  クルマのトラブルや事故は、駐車中よりも移動中に発生することのほうが多い。タイヤに起因するトラブルも同様だろう。タイヤサービスカーは、そういう状況に即応する。そのために、交換作業に必要なタイヤチェンジャーやホイールバランサー、インパクトレンチ、ジャッキ等のタイヤ整備機器を搭載。それらを作動させるための発電機やエアーコンプレッサーも積んでいる。また、これら機器を完備し…

タグ: ,
小野谷機工 大型用全自動タイヤチェンジャー「PROFOOT TB-881AP」
レポート 2,265
2,265

小野谷機工 大型用全自動タイヤチェンジャー「PROFOOT TB-881AP」

専用油圧ユニットでさらにパワフル  小野谷機工が世界で初めて、フルオートでのタイヤチェンジングを実現したのが「PROFOOT TB-881」シリーズ。LT用からOR用まで、大型の生産財タイヤをボタン操作だけで交換することができるタイヤチェンジャーだ。  その最新機種として、このほど本格上市したのが「PROFOOT TB-881AP」。同シリーズは、油圧機構を採用し、力強く、しかもスピーディに作動す…

タグ: ,
小野谷機工 乗用車用タイヤチェンジャー「ALMAX PROSTAGE-24MRⅡ」
レポート 1,456
1,456

小野谷機工 乗用車用タイヤチェンジャー「ALMAX PROSTAGE-24MRⅡ」

レバーレスで安全かつ楽に作業を  「ALMAX PROSTAGE-24MRⅡ」は、小野谷機工の乗用車用タイヤチェンジャー。その名の通り、超偏平タイヤ・ランフラットタイヤ対応チェンジャー「ALMAX PROSTAGE-22MR/24MR」の後継モデルだ。さらにパワーアップしての新登場となる。  その特徴は、サポートアームのマウントプレス部の形状を変更したこと。現行モデルではそれは平面状のフォームだっ…

タグ: ,
小野谷機工 ホイールバランサー「DYNAMAX B1-MAX Luce」
レポート 1,924
1,924

小野谷機工 ホイールバランサー「DYNAMAX B1-MAX Luce」

視覚効果を高めた最高峰モデル  小野谷機工はこのほど、タイヤ整備機器の新製品を上市した。その実演デモを交えながら、新製品の性能特徴について話を聞いた。  先に開催された「第33回オートサービスショー2013」に出展した小野谷機工ブースで、視覚的という意味でもっとも目立ったのは「DYNAMAX B1-MAX Luce(ダイナマックス ビーワン・マックス ルーチェ)」ではなかったか。同社ホイールバラン…

タグ: ,