レポート

コンチネンタル 安全技術の開発を加速
レポート 93
93

コンチネンタル 安全技術の開発を加速

メディア試乗会で直接式TPMSを訴求  コンテネンタル・オートモーティブ(神奈川県横浜市)は10月12日、千葉県旭市にある同社テストセンターでメディア向け技術説明会および試乗会を開催した。  同社は、2006年から年に一度、定期的にこのような技術イベントを開催している。6回目となった今回は、シャシー&セーフティ部門、パワートレイン部門、インテリア部門の3部門から「TPMS」や「緊急ブレーキシステム…

タグ: , , ,
東洋精器工業 アライメントテスター「CORGHI LABO BLACK TECH X」
レポート 1,465
1,465

東洋精器工業 アライメントテスター「CORGHI LABO BLACK TECH X」

縮小化したカメラユニット  東洋精器工業は、4ホイールアライメントテスターの新製品としてCORGHI(コルギー)社「LABO(ラボ)BLACK TECH X(ブラック・テック・エックス)」の本格発売を開始した。販売企画部主任で商品・技術アライメントチーフアドバイザーの小原隆佳さんが実演デモを行いながら、ポイントごとに詳しく解説してくれた。  「BLACK TECH」シリーズは、CCDカメラによる3…

タグ: ,
エイワ ホイールアライメントテスター「John Bean Prism Elite」
レポート 1,189
1,189

エイワ ホイールアライメントテスター「John Bean Prism Elite」

3D方式とセンサー方式の“イイトコどり”  エイワはこのほど、ホイールアライメントテスターの新製品を上市した。John Bean(ジョン・ビーン)「Prism Elite(プリズム・エリート)」がそれ。製品名にある「エリート」はエイワの独自仕様であることを表すものだ。この7月から本格販売を開始した。  「プリズム・エリート」は「2ターゲット&2ポッドテクノロジー」を採用したことが最大の特徴。商品部…

タグ: ,
しっかり感と低燃費性両立した東洋ゴムのミニバン用タイヤ「TRANPATH mpF」
レポート 264
264

しっかり感と低燃費性両立した東洋ゴムのミニバン用タイヤ「TRANPATH mpF」

ミニバン専用タイヤのニーズを高次元で  東洋ゴム工業は、ミニバン専用タイヤの新商品として「TRANPATH mpF」を開発し、48サイズを3月1日から順次発売している。この新商品は、1995年、業界に先駆けて発売したミニバン専用タイヤ「TRANPATH mp」から続く「TRANPATH」シリーズの5代目。走りの“しっかり感”を向上しつつ、ミニバン特有のショルダー摩耗を抑制した。また、JATMAの定…

タグ: , ,
ブリヂストン初の市販用ランフラットタイヤ「POTENZA S001 RFT」に試乗
レポート 1,645
1,645

ブリヂストン初の市販用ランフラットタイヤ「POTENZA S001 RFT」に試乗

市販用ランフラットタイヤ「POTENZA S001 RFT」販売開始  ブリヂストンは、ランフラットタイヤの新商品「POTENZA S001 RFT」を7月1日から発売した。「POTENZA S001 RFT」は、同社初の市販用ランフラットタイヤ。ランフラットを純正装着する車両の補修用としてだけでなく、タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)とランフラットに対応したアルミホイールを装着すれば、…

タグ: , , ,
被災地復興を願い、ハーレー1000台がパレード「ブルースカイヘブン」
レポート 161
161

被災地復興を願い、ハーレー1000台がパレード「ブルースカイヘブン」

被災地復興を願い、ハーレー1000台がパレード  全国のハーレーオーナーが集う国内最大級のオートバイイベント「第13回ブルースカイヘブン」が5月21日、22日に富士スピードウェイで開催され、2日間で約10000人が来場した。  このイベントは、ハーレーダビットソンジャパンが主催する公式イベントとして1998年にスタートした。ハーレー愛好家の交流の場となるだけでなく、新モデルの試乗会やトークショー、…

タグ: , , ,
ウェットと乗り心地を向上した低燃費タイヤ 横浜ゴム「BluEarth-1 AAAspec」「BluEarth RV-01」
レポート 585
585

ウェットと乗り心地を向上した低燃費タイヤ 横浜ゴム「BluEarth-1 AAAspec」「BluEarth RV-01」

  ウェット操縦性と乗り心地をさらに向上した低燃費タイヤ  横浜ゴムは2月4日、東京・台場で低燃費タイヤ「BluEArth」のメディア向け試乗会を開いた。このほど発表したフラッグシップモデルの「BluEarth-1 AAAspec」とミニバン専用の「BluEarth RV-01」について、その性能の高さを体感した。  今回の試乗会では、会場内敷地と一般公道で「BluEarth-1 AAAspec」…

タグ: , ,
シリーズ初の低燃費タイヤ ブリヂストン「REGNO GR-XT」
レポート 866
866

シリーズ初の低燃費タイヤ ブリヂストン「REGNO GR-XT」

環境性能向上。音の変化抑え更に静かに  ブリヂストンは乗用車用タイヤ「REGNO」シリーズに、タイヤのラベリング制度の性能表示に対応する新商品として「REGNO GR-XT」を開発し、50シリーズから70シリーズ、14インチから18インチまでの全30サイズを2月1日から順次発売した。同社では、新商品の性能を多くの販売店関係者やユーザーに体感してもらうべく、タイヤ販売会社ベースで新商品の発表試乗会の…

タグ: , ,
低燃費で長持ち“エコ・トク”タイヤ。日本グッドイヤー「GT-Eco Stage」
レポート 7,756
7,756

低燃費で長持ち“エコ・トク”タイヤ。日本グッドイヤー「GT-Eco Stage」

低燃費性能とライフ性能を大幅に向上  日本グッドイヤーは、乗用車用スタンダードタイヤの新商品「GT-Eco Stage」を2月1日から発売開始した。「GT-Eco Stage」は同社の国産タイヤとして初めてラベリング制度における低燃費タイヤに適合した商品。発売サイズは45~80シリーズ、13~17インチまで全41サイズ。同社は1月17日、東京台場地区の臨海副都心イベントスペースおよび近隣公道でプレ…

タグ: , ,
ダンロップ タイ市場で市販用タイヤ拡販へ
レポート 564
564

ダンロップ タイ市場で市販用タイヤ拡販へ

 住友ゴム工業がタイ国内で市販用タイヤの販売を行う「ダンロップタイヤ・タイランド」(バンコク)は2005年9月に設立。翌年9月から本格的な営業活動を開始した。  現在の販売品目は、乗用車用ラジアルタイヤおよびライトトラック用(4×4、ピックアップトラック用)ラジアルタイヤとなる。従業員数は69名(うち日本人3名)で、バンコク地区で7名、それ以外の地域に16名のセールススタッフを配置する。  同社の…

タグ: , ,
住友ゴムグループ タイ工場の生産能力を大幅増強
レポート 1,484
1,484

住友ゴムグループ タイ工場の生産能力を大幅増強

 住友ゴムグループが推進するグローバル最適生産体制の中で、タイ工場(スミトモラバータイランド)は、欧米やアジアへの輸出拠点として重要な役割を担う。工場建設当初から総額約1000億円を投じ、数年のうちに世界最大規模のタイヤ工場へと拡張する計画だ。加えてタイ国内での日系カーメーカーへのOE供給、リプレイス販売においても高い技術力と品質で、着実にシェアを拡大している。同社は9月16日、現地でプレス向け工…

タグ: , , ,
モビリティープラス タイヤサービスカー発電システム「True-G」
レポート 1,454
1,454

モビリティープラス タイヤサービスカー発電システム「True-G」

EV普及へ、タイヤ業界ができることとは  昨年から今年にかけて、カーメーカー各社から相次いでEV(電気自動車)が市販され、また新型車販売も予定されている。行政もEV導入の補助金制度を設けるなど、その普及を後押ししており、まさに〈EV元年〉の様相を呈している。社会からも大きな注目を集めているEVだが、一方で充電をはじめとするインフラ整備をどう進めるかなど、普及促進を図るために早急に解決しなければなら…

タグ:
フットワークエクスプレスで「パンク修理講習会」を実施
レポート 590
590

フットワークエクスプレスで「パンク修理講習会」を実施

実践的なパンク修理の作業方法、知識を習得  タイヤを使用する上で避けて通れないトラブルの一つがパンク。JAF(日本自動車連盟)が公表しているロードサービス統計をみても「タイヤのパンク」は毎年上位に入る。昨年度もその数は約27万件。全国で1日平均700件以上ものパンク救援依頼が発生していることになる。一方、パンクが起きた際「JAFを呼ぶユーザーの比率は1割未満」という調査結果もあり、実際の発生件数は…

タグ: , , ,
首都圏初のバンダグ生産拠点 ブリヂストン・バンダグ千葉ファクトリーが開所
ニュース 1,002
1,002

首都圏初のバンダグ生産拠点 ブリヂストン・バンダグ千葉ファクトリーが開所

首都圏初のバンダグ生産拠点  ブリヂストンは7月9日、トラック・バス用リトレッドタイヤの製造拠点「バンダグ・リトレッド千葉ファクトリー」(千葉県市原市)の開所式を行い運営を開始した。同工場は、バンダグ・リトレッド方式を導入した首都圏初の拠点で、敷地面積・生産能力ともに最大規模となっている。また環境負荷低減を考慮した設備を多数導入した。  開所式には西海和久ブリヂストン代表取締役専務執行役員、同社執…

タグ: , , ,
東洋精器工業 トラック・バス用「セーフティバッグ」
レポート 808
808

東洋精器工業 トラック・バス用「セーフティバッグ」

“軽量かつ安全”な携帯型安全囲い  タイヤ整備の現場において「安全」は、最も重要なキーワードのひとつとなっている。毎年、タイヤ空気充てん作業時の事故が10数件発生しているが、安全囲いの設置・使用など基本的措置を遵守していれば未然に防ぐことができたケースも少なくないようだ。東洋精器工業株式会社(本社・兵庫県宝塚市末成町7-3)は、携帯型の安全囲い「トラック・バス用セーフティバッグ」の販売を開始した。…

タグ: ,