タイヤリサイクル

タイヤチップに付加価値を 廃タイヤリサイクルの現場
レポート 9,106
9,106

タイヤチップに付加価値を 廃タイヤリサイクルの現場

タイヤチップに付加価値を 廃タイヤリサイクルの現場  埼玉県熊谷市に本社がある株式会社国分商会では、1976年の創業以来、廃タイヤのリサイクルを行っている。同社の処理能力は1日最大531トン。平均128トンの廃タイヤを入荷しており、繁忙期には、閑散期の約2倍以上が搬入される。  入荷したタイヤは、まず状態を見て選別を行い、原型利用と素材利用に分別する。状態が良いタイヤは、中古タイヤや台タイヤとして…

タグ: ,
東京タイヤ組合 青年部が研修会
ニュース 224
224

東京タイヤ組合 青年部が研修会

 東京自動車タイヤ商工協同組合はの青年部3月15日、埼玉県熊谷市にある株式会社国分商会で廃タイヤリサイクル工場の見学会を行った。  今回の見学会は、普段は直接見る機会が少ないタイヤリサイクルの過程について、専業店の一層の知識向上を目的に行われたもの。当日は組合関係者13人が参加した。  青年部の吉田秀雄部長は、「エコと環境は、タイヤ販売でも大きなキーワードとなっている。今回の見学を機に、販売したタ…

タグ: ,
廃タイヤ中間処理の現場から イトウの省人化への取り組み
レポート 2,410
2,410

廃タイヤ中間処理の現場から イトウの省人化への取り組み

 株式会社イトウ(千葉県千葉市中央区、伊藤嘉靖社長)は、千葉港にほど近く、JFEスチールをはじめとする京葉工業地帯の一画にある。クルマなら京葉道路、館山自動車道の蘇我ICから10分程度。鉄道を使う場合はJR内房線・浜野駅から1キロ圏内と、交通の便に優れる。同社のオフィスを訪ね、伊藤社長、高林重嗣顧問、小松敏子総務課長から廃タイヤの中間処理業の昨今の状況を聞いた。 高品質なチップ製品の安定供給図る …

タグ: ,