ミシュラン

ミシュラン 2019年にフロラン・メネゴー氏が新CEOに就任
ニュース 175
175

ミシュラン 2019年にフロラン・メネゴー氏が新CEOに就任

 仏ミシュランは2月9日、フロラン・メネゴー副社長がCEO(最高経営責任者)に昇格する人事を発表した。5月に開催される株主総会で承認を得て、来年の株主総会後に正式に就任する。現CEOのジャンドミニク・スナール氏の任期満了に伴うもの。  メネゴー氏は1997年にミシュランに入社。英国とアイルランドでトラック用タイヤ事業部門のディレクターを務めた後、2008年にグループの乗用車・ライトトラック用タイヤ…

タグ: ,
日本ミシュランタイヤ 三重県でフードフェス開催
ニュース 147
147

日本ミシュランタイヤ 三重県でフードフェス開催

 日本ミシュランタイヤは1月30日、ナガシマリゾート(三重県桑名市)で開催される「ミシュランガイド・フードフェスティバル2018 in ナガシマリゾート」を特別後援すると発表した。期間は3月27日から4月8日までの13日間。  国内で2回目となる今回のイベントでは、ミシュランガイドに掲載された日本全国のビブグルマンと星つき店舗から出店を募っている。来場者は同ガイドお勧めのお店の料理を食券制で気軽に…

タグ:
ミシュラン BFグッドリッチの2商品に新サイズ追加
ニュース 189
189

ミシュラン BFグッドリッチの2商品に新サイズ追加

 日本ミシュランタイヤは1月16日、BFGoodrichブランドのクロスカントリー用SUVタイヤ「All-Terrain T/A KO2」と、オフロード用4×4ラジアルタイヤ「Mud-Terrain T/A KM2」に新サイズを追加し、2月から順次発売すると発表した。  今回の追加サイズはそれぞれ16~20インチの全17サイズ、17~18インチの全8サイズで、価格は全てオープン。  「All-Te…

タグ: ,
タイヤメーカーのトップに聞く今年の重点施策
ニュース 650
650

タイヤメーカーのトップに聞く今年の重点施策

 景気拡大への期待を背景に、米国を中心とする世界的な株高が続く一方、今後大きな需要増は見込めない国内市場――先行きの不透明感が強まる中でいかに戦略を進めていくか。日本自動車タイヤ協会が1月18日に都内で開いた賀詞交換会で、タイヤメーカーのトップに今後の展望を聞いた。 ブリヂストン 津谷正明CEO兼会長  「経営改革のフレームワークを継続しながら、中身を変えていく。事業の重要度や優先度に合わせて動い…

タグ: , , , , , , ,
ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版 4月16日に発売
ニュース 197
197

ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版 4月16日に発売

 日本ミシュランタイヤは1月16日、「ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版」を4月16日に発売すると発表した。また、発売に先駆けて会員制公式ウェブサイト「クラブミシュラン」で先行公開する。  ミシュランガイドは、レストランやホテルを紹介するガイドブックとして100年以上の歴史がある。日本では2007年に「ミシュランガイド東京2008」、2009年に「ミシュランガイド京都・大阪2010」を発行し…

タグ:
「ベンチマークになり続ける」ミシュランの2輪車タイヤ戦略
タイヤ事業戦略 313
313

「ベンチマークになり続ける」ミシュランの2輪車タイヤ戦略

 仏ミシュランは1月からモーターサイクル用スポーツツーリングタイヤの新商品「MICHELIN Road 5」(ミシュラン・ロード・ファイブ)を各国で順次発売する。グローバルで1回目となるプレスイベントのため来日したアジア地区コマーシャルディレクターのアダム・ストーレイ氏に事業の展望と日本市場の位置付けを聞いた。 高性能スポーツの成長に期待  ――グローバルでのMC事業の状況は。  「アジアや南米な…

タグ: , , ,
【ミシュラン】スポーツツーリング「MICHELIN Road 5」試乗会開催
ニュース 241
241

【ミシュラン】スポーツツーリング「MICHELIN Road 5」試乗会開催

ウェット性能維持し、プレジャー提供  日本ミシュランタイヤは昨年12月、栃木県のGKNドライブラインジャパンテストコースで新商品「MICHELIN Road 5」の試乗会を開催した。  新商品はドライでの優れた操縦安定性を確保しつつ、最新のコンパウンド技術とサイプの採用により走行に伴うウェット性能の低下を抑制したのが特徴。同社では「5000kmを走行しても新品時同等のウェット性能を維持できる。距離…

タグ: , ,
【ミシュラン】米国で住友商事と提携 タイヤ卸売りでシェア2位に
ニュース 504
504

【ミシュラン】米国で住友商事と提携 タイヤ卸売りでシェア2位に

 住友商事は1月4日、仏ミシュランと米国やカナダ、メキシコにおいて市販用タイヤの流通事業で提携すると発表した。両社の販売や物流ネットワークを統合して、今後も成長が見込まれる北米エリアで事業拡大を図る。  住友商事の子会社、TBCコーポレーション(TBC)に、ミシュラン・ノース・アメリカ(北米ミシュラン)の子会社タイヤセンターLLC(TCi)を統合した上で、北米ミシュランと米州住友商事がTBCの株式…

タグ: ,
値上げ、事業拡大、法令遵守の取り組み――2017年を振り返る
ニュース 566
566

値上げ、事業拡大、法令遵守の取り組み――2017年を振り返る

 国内外で様々な出来事があった2017年も残すところ僅か。今年は海外では景気の回復が見られた一方、国内に目を向けると、日本を代表するような企業で不祥事が相次いで発覚したほか、多くの産業で人手不足に拍車がかかるなど不安定な要素は増している。こうした状況下、タイヤ業界にとっては、どのような1年だったのか――。 ■値上げに揺れた国内市販タイヤ市場  日本自動車タイヤ協会の統計によると、2017年の市販用…

タグ: , , , , , , , , , ,
【ミシュラン】ゲレンデタクシーに「X-ICE XI3」供給
ニュース 137
137

【ミシュラン】ゲレンデタクシーに「X-ICE XI3」供給

 日本ミシュランタイヤは12月12日、SUBARU(スバル)が開催する「SUBARU ゲレンデタクシー2018」の全車両にスタッドレスタイヤ「MICHELIN X-ICE XI3」(ミシュラン・エックスアイス・エックスアイスリー)を供給すると発表した。  同イベントは、通常は車で走行できないスキー場のゲレンデ内で、リフトの代わりにSUV車両を用いてユーザーを山頂まで届けるもの。5回目となる今年は、…

タグ: ,
【ミシュラン】国内リグルーブ拠点を500店舗に拡大
ニュース 221
221

【ミシュラン】国内リグルーブ拠点を500店舗に拡大

 日本ミシュランタイヤは10月2日に「エコ・ファーストの約束」を更新した。その中で、トラック・バス用タイヤにおいて、従来の3R(リデュース・リユース・リサイクル)に「Renew」(リニュー)を新たに加え、「ミシュラン4R」として推進することなどを掲げた。  ミシュラン4Rでは、2022年までにトラック用タイヤの寿命を延長させるリグループ作業店を500店舗設置するほか、2020年までにリトレッドタイ…

タグ: , ,
【ミシュラン】中国でダブルコインとの合弁会社を解消
ニュース 264
264

【ミシュラン】中国でダブルコインとの合弁会社を解消

 仏ミシュランは11月20日、中国化学大手の上海華誼集団(フアイグループ)との合弁会社であるDouble Coin(Anhui)Warrior Tire Co.Ltd.(安徽回力輪胎)の全保有株を売却すると発表した。中国のメディアによると、売却金額は約4.3億元(約72億7800万円)とみられる。  安徽回力輪胎は「Warrior」(ウォリア)ブランドの乗用車用やライトトラック用タイヤの生産拠点と…

タグ: ,
ミシュランと現代自動車がEVタイヤの開発で提携
ニュース 249
249

ミシュランと現代自動車がEVタイヤの開発で提携

 仏ミシュランと韓国の現代自動車は11月15日、EV(電気自動車)向けのタイヤ開発で技術提携すると発表した。仏ミシュランが持つ技術力を活用し、EV用オールシーズンタイヤを開発していく。また、現代自動車のタイヤデザイナーとミシュランのエンジニアがタイヤテストや解析の手法などを共同で進めるほか、ニュルブルクリンクのサーキットや室内の試験装置を用いて、走行テストやデータ分析などを行うことで、高速時のタイ…

タグ: ,
変革するかタイヤの未来 求められる新たな価値
ニュース 581
581

変革するかタイヤの未来 求められる新たな価値

 クルマの電動化が今後急速に進むと見込まれる中、タイヤはどのような形でモビリティへ貢献できるのか――。電気自動車(EV)ならではの構造、あるいは航続距離といった課題に対して、これまで以上に燃費性能に優れ高いライフ性能を実現したタイヤが必要になることは容易に想像できるが、その先に到来する自動運転時代に備え、大手メーカーを中心にセンシング技術やエアレスタイヤなどの開発も加速している。車両の急速な変革に…

タグ: , , , , , , , , ,
「ミシュラガイド東京2018」新たに82軒の飲食店を追加
ニュース 53
53

「ミシュラガイド東京2018」新たに82軒の飲食店を追加

 日本ミシュランタイヤは11月28日、都内で「ミシュランガイド東京2018」の掲載店を発表した。2007年に国内で最初の「ミシュランガイド東京2008」を発行してから11年目となる今回は、三つ星評価の12軒を含む512軒の飲食店・レストランと、42軒の宿泊施設を掲載した。新たに82軒の飲食店が追加されるなど、「技術レベルが高く、流行の変化が速い東京という土地柄を反映」(同社ミシュランガイド事業部の…

タグ: