ニュース

2017年のタイヤ生産 6年ぶりの増加に
ニュース 65
65

2017年のタイヤ生産 6年ぶりの増加に

 日本自動車タイヤ協会が1月29日に発表した2017年のタイヤ生産実績は前年比0.7%増の102万6450トンだった。前年実績を上回ったのは6年ぶりとなる。  このうち、国内出荷は2.8%増の54万791トンとなったが、輸出出荷は1.2%減の49万5416トンとなった。  12月単月の生産は前年同月比1.6%増の7万9583トンと2カ月連続でプラスとなった。国内出荷は3.4%増の4万1560トン、…

タグ: ,
北米市場の市販用タイヤシェア ブランド間の競争激化
ニュース 259
259

北米市場の市販用タイヤシェア ブランド間の競争激化

 米専門誌「モダン・タイヤディーラー」がまとめた統計で、北米市場での市販用の中大型用タイヤは過去最高の出荷本数を記録したものの、ブランド別では上位3ブランドのシェアはいずれも下落したことが分かった。一方でこの数年、価格競争の要因となっていた中国メーカーは関税へのリスク回避を図る動きを活発化しており、今後の市場動向が注目される。  2017年の北米市場での市販用中大型用タイヤの販売本数は前年比4.3…

タグ: , ,
横浜ゴム BMWに初のOE納入を開始
ニュース 163
163

横浜ゴム BMWに初のOE納入を開始

 横浜ゴムのフラッグシップタイヤ「ADVAN Sport(アドバン・スポーツ)V105」が独BMWの新型「X3」に新車装着された。同社がBMWへ新車向けタイヤを納入するのは今回が初めてとなる。装着サイズは225/60R18 104Wと、ランフラットタイヤの245/50R19 105W。「X3」は北米市場を皮切りに、全世界で順次発売を始めている。日本市場への導入サイズは245/50R19 105Wの…

タグ: ,
東洋ゴム 来年から社名を「TOYO TIRE」に
ニュース 214
214

東洋ゴム 来年から社名を「TOYO TIRE」に

 東洋ゴム工業は2月15日に開催した取締役会で社名を「TOYO TIRE株式会社」(英語表記:Toyo Tire Corporation)に変更することを決定した。3月29日に開催する株主総会での承認を経て、2019年1月1日付けで実施する。  同社は2017年から事業本部制を機能別組織経営に改正し、タイヤや自動車用部品といったモビリティ分野での成長を柱とした中期経営計画をスタートさせている。その…

タグ: ,
ネクセン スポーツタイヤの新商品「N Fera SUR4G」5月に発売
ニュース 135
135

ネクセン スポーツタイヤの新商品「N Fera SUR4G」5月に発売

 ネクセンタイヤジャパンは2月8日、乗用車用タイヤの新商品「N Fera SUR4G」(エヌフィラ・エスユーアール4ジー)を5月から順次発売すると発表した。発売サイズは16~19インチの16サイズで、価格はオープン。  新商品は高速走行やサーキット走行を楽しむスポーツカーやプレミアムセダン向けに開発したスポーツタイヤ。  モータースポーツに近いレベルのドライグリップとハンドリングを提供するために、…

タグ: , ,
横浜ゴム インドで乗用車用タイヤ工場増強 生産本数2.2倍に
ニュース 106
106

横浜ゴム インドで乗用車用タイヤ工場増強 生産本数2.2倍に

 横浜ゴムは2月6日、インドの乗用車用タイヤ生産販売会社であるYokohama India Pvt.Ltd.(ヨコハマ・インディア)の生産能力を拡張すると発表した。インドの自動車市場の成長に伴って拡大が見込まれるタイヤの需要に対応する。  38億ルピー(約66億円)を投じて年間生産能力を現在の70万本から約2.2倍の153万本に引き上げる。3月から拡張工事を開始し、2019年第4四半期に稼働する。…

タグ: , ,
ミシュラン 2019年にフロラン・メネゴー氏が新CEOに就任
ニュース 161
161

ミシュラン 2019年にフロラン・メネゴー氏が新CEOに就任

 仏ミシュランは2月9日、フロラン・メネゴー副社長がCEO(最高経営責任者)に昇格する人事を発表した。5月に開催される株主総会で承認を得て、来年の株主総会後に正式に就任する。現CEOのジャンドミニク・スナール氏の任期満了に伴うもの。  メネゴー氏は1997年にミシュランに入社。英国とアイルランドでトラック用タイヤ事業部門のディレクターを務めた後、2008年にグループの乗用車・ライトトラック用タイヤ…

タグ: ,
日本ミシュランタイヤ 三重県でフードフェス開催
ニュース 141
141

日本ミシュランタイヤ 三重県でフードフェス開催

 日本ミシュランタイヤは1月30日、ナガシマリゾート(三重県桑名市)で開催される「ミシュランガイド・フードフェスティバル2018 in ナガシマリゾート」を特別後援すると発表した。期間は3月27日から4月8日までの13日間。  国内で2回目となる今回のイベントでは、ミシュランガイドに掲載された日本全国のビブグルマンと星つき店舗から出店を募っている。来場者は同ガイドお勧めのお店の料理を食券制で気軽に…

タグ:
ブリヂストン 米国子会社がTPMS「プレッシャースタット」を発表
ニュース 420
420

ブリヂストン 米国子会社がTPMS「プレッシャースタット」を発表

 ブリヂストンの米国子会社であるブリヂストン・アメリカス・インクは1月31日、建設車両用タイヤ向けのタイヤ空気圧監視システム「プレッシャースタット」を発表した。現在は北米市場で購入が可能。  同商品は、センサーが検知したタイヤの空気圧や温度のデータをモバイル端末に表示するシステム。ドライバーはリアルタイムで数値を確認でき、車両の稼働時間の最大化やコスト低減などに貢献する。  また、同社が提供する「…

タグ: , , ,
横浜ゴム「FIAワールドツーリングカーカップ」にワンメイク供給
ニュース 92
92

横浜ゴム「FIAワールドツーリングカーカップ」にワンメイク供給

 横浜ゴムは2月3日に「ADVAN」(アドバン)レーシングタイヤが「FIAワールドツーリングカーカップ」(WTCR)のコントロールタイヤに採用されたと発表した。契約期間は2018年から2019年の2年間で、ドライ用の「ADVAN A005」とウェット用の「ADVAN A006」を供給する。サイズはともに250/660R18。  2018年より初開催される「WTCR」は、「FIA世界ツーリングカー選…

タグ: ,
グッドイヤーとジャイアントタイヤ たつの市のマラソン大会を支援
ニュース 82
82

グッドイヤーとジャイアントタイヤ たつの市のマラソン大会を支援

 日本グッドイヤーは1月28日、関連会社である日本ジャイアントタイヤとともに、第46回「たつの市梅と潮の香マラソン大会」に協賛し、大会運営にもボランティアとして参加した。同社が大会に協力するのは昨年に続き2年連続となる。  今回のマラソン大会は、はりまシーサイドロード(国道250号線)を往復10kmにわたり完全通行止めにして行われた。  米グッドイヤーの100%子会社である日本ジャイアントタイヤは…

タグ: ,
住友ゴム エアレースの室屋選手を今シーズンも支援
ニュース 87
87

住友ゴム エアレースの室屋選手を今シーズンも支援

 住友ゴム工業は1月31日、「レッドブル・エアレース・ワールド・チャンピオンシップ2018」に参戦する室屋義秀選手を「チーム・ファルケン」として4年連続でサポートすると発表した。室屋選手は昨シーズン、アジア人初の快挙となるワールドチャンピオンを獲得している。  同シリーズは、エアレースパイロットたちが機動性に優れた軽量のレース専用飛行機を操縦し、技の正確さと速さを競う飛行機レースの世界選手権。2月…

タグ: ,
横浜ゴム 冬用テストコース内に「屋内試験場」開設
ニュース 180
180

横浜ゴム 冬用テストコース内に「屋内試験場」開設

 横浜ゴムは冬用タイヤの開発力強化を目的に、北海道旭川市にあるテストコース内に屋内氷盤試験場を開設した。屋内の試験場は、屋外と比べて天候や気温など外的要因の影響を受けにくく氷面を安定的に保つことができる。タイヤの高性能化に伴い評価数が増加する中、試験データの精度向上や計測業務の効率化へ繋げて競争力を高めていく。 氷上試験の精度向上、効率化へ  横浜ゴムは2月1日、テストコース「北海道タイヤテストセ…

タグ: , , , , ,
ブリヂストン バン・LT用の新商品「ECOPIA R710」発売
ニュース 159
159

ブリヂストン バン・LT用の新商品「ECOPIA R710」発売

 ブリヂストンは1月29日、バン・小型トラック専用タイヤ「ECOPIA R710」(エコピア・アールナナイチマル)を3月から発売すると発表した。発売サイズは145/80R12 80/78Nと145/80R12 86/84Nの2サイズで、価格はオープン。  今回は、転がり抵抗改良剤を新たに配合した「VAN専用エココンパウンドⅡ」や、用途に合わせて材料の特性を最大限に引き出す超微細技術「ナノプロ・テッ…

タグ: , ,
タイヤ産業世界CEO会議開催 環境や人体への影響を報告
ニュース 312
312

タイヤ産業世界CEO会議開催 環境や人体への影響を報告

 世界のタイヤメーカーのトップが一堂に会する「タイヤ産業世界CEO会議」が昨年11月に米国で開催され、タイヤが人の健康と環境に与える影響を検討するタイヤ産業プロジェクト(TIP)の最新結果を発表した。同プロジェクトは2005年に設立し、WBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)の傘下で活動しており、近年は摩耗粉塵の影響や廃タイヤの管理に焦点を当てて研究を進めている。  今回、摩耗粉塵に関し…

タグ: