ニュース

【横浜ゴム】生産財事業を強化 愛知タイヤ工業と連携
ニュース 97
97

【横浜ゴム】生産財事業を強化 愛知タイヤ工業と連携

 横浜ゴムは今年3月に買収した愛知タイヤ工業(愛知県小牧市)と一体となり、フォークリフト用を中心とした産業車両用タイヤの販売を強化する。横浜ゴムの国内市販用タイヤ営業部門と愛知タイヤ工業の営業部門がタッグを組み、生産財タイヤのユーザーに向けてトラック・バス用タイヤと産業車両用タイヤをトータルで提案する活動を進める。  横浜ゴムはこれまで国内では産業車両用タイヤの販売体制構築が課題だったが、ノーパン…

タグ: , , ,
【住友ゴム】池田社長「将来は他業界からの参入で競争環境が変化」
ニュース 246
246

【住友ゴム】池田社長「将来は他業界からの参入で競争環境が変化」

 住友ゴム工業の池田育嗣社長は12月12日に都内で開いた会見で「自動車産業は全く異なる業種から新規参入する動きが出てきた。将来、技術革新によりタイヤ業界においても他業界からの参入で、競争環境が変化する可能性がある」と述べた。その上で「変化を先取りし、他社優位性のある商品開発やサービスによって変化をチャンスに変えていく」と意欲を示した。  同社は今年10月に、従来とは一線を画した新しいタイヤを開発す…

タグ: , ,
【住友ゴム】将来に向けた次世代タイヤの開発加速
ニュース 194
194

【住友ゴム】将来に向けた次世代タイヤの開発加速

 住友ゴム工業が従来とは次元が異なる次世代タイヤの開発を加速させている。自動運転やカーシェアリングサービスなど、自動車産業を取り巻く環境が大きく変化する中、2020年代にはライフ性能を大幅に引き上げた技術や、路面の状態によってゴム特性を最適化できる商品を市場に投入する。タイヤ産業の将来をも見据えて新たな技術の確立、価値創造へと取り組みを強化していく。  住友ゴムは今年の秋に開かれた「東京モーターシ…

タグ: , ,
【ブリヂストン】「バトラックス」シリーズから5商品投入
ニュース 55
55

【ブリヂストン】「バトラックス」シリーズから5商品投入

 ブリヂストンは来年2月に二輪車用タイヤブランド「BATTLAX」(バトラックス)から、スポーツツーリング用「SPORT TOURING T31」(スポーツ・ツーリング・ティーサンイチ)やアドベンチャー用「ADVENTURE A41」(アドベンチャー・エーヨンイチ)など5商品を発売する。  「BATTLAX」ブランドは1983年に誕生して以来、ユーザーに“走るよろこびと安心感”を届ける商品展開を進…

タグ: , ,
【横浜ゴム】軽量タイヤ「BluEarth-air EF21」100本限定発売
ニュース 129
129

【横浜ゴム】軽量タイヤ「BluEarth-air EF21」100本限定発売

 横浜ゴムは12月5日からヨコハマタイヤのウェブサイトを通じて、大幅な軽量化を実現した低燃費タイヤ「BluEarth-air EF21」(ブルーアース・エアー・イーエフ・ニーイチ)を100本限定で発売した。発売サイズは205/55R16 91Vの1サイズで価格は税抜き2万8700円。  同商品は、最新の軽量設計技術を採用することで、同社の一般的な質量の「ADVAN dB V551」(アドバン・デシ…

タグ: , , ,
【ピレリ】2018年版カレンダーが完成 テーマは“ふしぎの国のアリス”
ニュース 119
119

【ピレリ】2018年版カレンダーが完成 テーマは“ふしぎの国のアリス”

 伊ピレリは11月10日、米ニューヨークのマンハッタンセンターで2018年版のカレンダーを発表した。45作目となる今回は、イギリス人フォトグラファーのティム・ウォーカー氏が、英文学の名作である「不思議の国のアリス」を再現するものとなっている。  撮影は今年の5月にロンドンで行われ、ミュージシャンや俳優など18名をモデルに起用。カレンダーには、28枚の写真を収めた。物語の主人公であるアリスは、南スー…

タグ:
NASA 火星での使用を想定したタイヤを開発
ニュース 136
136

NASA 火星での使用を想定したタイヤを開発

 米航空宇宙局(NASA)はこのほど、未来の火星で使用する車両を想定した非空気入りタイヤ「スーパーエラスティック・タイヤ」を開発したと発表した。  このコンセプトモデルは、高い弾性を持つ「形状記憶合金」を採用することで、過度の変形に耐えられるのが特徴。硬い岩石の地表などを走行することによって変形した際も、元の形状に回復することができる。またタイヤとホイールを一体化させたデザインを採用し、軽量化を図…

タグ: ,
【ミシュラン】国内リグルーブ拠点を500店舗に拡大
ニュース 167
167

【ミシュラン】国内リグルーブ拠点を500店舗に拡大

 日本ミシュランタイヤは10月2日に「エコ・ファーストの約束」を更新した。その中で、トラック・バス用タイヤにおいて、従来の3R(リデュース・リユース・リサイクル)に「Renew」(リニュー)を新たに加え、「ミシュラン4R」として推進することなどを掲げた。  ミシュラン4Rでは、2022年までにトラック用タイヤの寿命を延長させるリグループ作業店を500店舗設置するほか、2020年までにリトレッドタイ…

タグ: , , ,
【ブリヂストン】トラックタイヤのデジタルソリューション刷新し国内導入
ニュース 159
159

【ブリヂストン】トラックタイヤのデジタルソリューション刷新し国内導入

 ブリヂストンは11月28日、トラック・バス用タイヤのデジタルソリューションツール「Toolbox」(ツールボックス)を刷新し、12月から日本にも導入すると発表した。同社の直営店から順次運用を開始し、今後販売代理店への展開も予定している。  「ツールボックス」は、同社のスタッフが運送事業者を訪問した際に取得する装着タイヤの情報やタイヤ点検結果などを管理するもので、既にアジアや中近東・アフリカ、欧州…

タグ: , ,
東北の冬タイヤ装着率は9割に NEXCO東日本
ニュース 119
119

東北の冬タイヤ装着率は9割に NEXCO東日本

 NEXCO東日本東北支社は12月4日に実施した「冬用タイヤ装着状況調査」の結果を12月6日に発表した。  それによると、東北全体の冬タイヤの装着率は90%で、11月27日に行った前回調査の結果に比べて7ポイント増加した。県別では青森県と秋田県、山形県が100%で、次いで岩手県が99%、宮城県が89%、福島県が82%だった。  今回の調査台数は1403台で、冬タイヤの装着台数は1264台だった。 …

タグ: , ,
芝浦工大 砂地でも移動を可能に 車輪走行システムを開発
ニュース 70
70

芝浦工大 砂地でも移動を可能に 車輪走行システムを開発

 芝浦工業大学は11月28日、機械制御システム学科の飯塚浩二郎准教授が、砂地やぬかるみでも前進できる車輪走行システムを開発したと発表した。  この技術は、惑星探査ロボットなどが細かな粒子の軟弱地盤ではタイヤが回転すると沈下していき、その場から動けなくなる問題を解決する目的で開発した。移動が困難な地盤でもホイールベースを伸縮させる“尺取虫”のような動き方で前進し続けることが可能になるという。  また…

タグ:
ブリヂストンの津谷CEO「曖昧な商習慣が変わる時期」
ニュース 360
360

ブリヂストンの津谷CEO「曖昧な商習慣が変わる時期」

 ブリヂストンの津谷正明CEOは12月1日に東京本社で開いた会見の中で、神戸製鋼所や東レ子会社など国内の製造業で品質データの改ざんといった不祥事が続いて発覚したことについて、「日本式の曖昧な部分が変わる時期に来ている。契約社会、訴訟社会に徐々に移行していくのではないか」と見解を示した。  その上で「米国では厳しい契約があり、違反したら損害賠償になる。日本的な曖昧な状態は時間をかけても変えていかない…

タグ: ,
【グッドイヤー】「大阪モーターショー」に初出展
ニュース 183
183

【グッドイヤー】「大阪モーターショー」に初出展

 日本グッドイヤーは12月8~11日の4日間、インテックス大阪(大阪市)で開催される「第10回大阪モーターショー」に初出展する。  東京モーターショーや名古屋モーターショーに続き、未来のモビリティ社会の実現に向けて、安全で持続可能なコンセプトの提案や主力商品の紹介を行う。  ブースでは、タイヤと車両の接点に磁気浮揚方式を採用した球体タイヤ「イーグル360」や発電タイヤ「BH-03」などのコンセプト…

タグ: ,
【ミシュラン】中国でダブルコインとの合弁会社を解消
ニュース 181
181

【ミシュラン】中国でダブルコインとの合弁会社を解消

 仏ミシュランは11月20日、中国化学大手の上海華誼集団(フアイグループ)との合弁会社であるDouble Coin(Anhui)Warrior Tire Co.Ltd.(安徽回力輪胎)の全保有株を売却すると発表した。中国のメディアによると、売却金額は約4.3億元(約72億7800万円)とみられる。  安徽回力輪胎は「Warrior」(ウォリア)ブランドの乗用車用やライトトラック用タイヤの生産拠点と…

タグ: ,
【JAF】冬道でのノーマルタイヤの危険性を実証
ニュース 511
511

【JAF】冬道でのノーマルタイヤの危険性を実証

 JAF(日本自動車連盟)は11月17日、氷雪路における「ノーマルタイヤやスタッドレスタイヤ等の制動距離」と「衝突被害軽減ブレーキ」(自動ブレーキ)に関する検証実験を行い、その結果をまとめた。非降雪地域ではスタッドレスタイヤやタイヤチェーンを保有していないユーザーが多く、降雪時でもノーマルタイヤで走行することによってスリップ事故や渋滞の原因になっていることから降雪時期を前にドライバーに安全運転を啓…

タグ: , ,