空研から充電式インパクトレンチの新製品発売

シェア:
カテゴリー: ニュース
KW-E160pro
「KW-E160pro」

 空研(大阪府羽曳野市、中川禎之社長)は、2月中旬に新型12.7mmSQ充電式インパクトレンチ「KW-E160pro」を発売する。本体のみまたは電池パックや充電器、ケースを加えたセットを販売し、それぞれ価格はオープン。

 同商品の差し込みサイズは12.7mm、実用トルク範囲は50~260N・m。全長143mm、全高249mm、重さ1.8kgで、同社では「重量バランスが良く小型、軽量」としている。なお無負荷回転速度は2500rpmで騒音レベルは75.0dB、振動値a(3軸合成値)は12.8m/S2。

 また、ブラシレスモーターの採用でモーターの長寿命化を目指し、打撃モードは強・中・弱の3段階で調節が可能だという。さらに、電池の残量が確認できる電池容量表示を搭載している。


[PR]

[PR]

【関連記事】